【拾骨(しゅうこつ)】覚書

fc2blog_20170419194536438.jpg
















「20歳とはとてもとても思えないお骨でしたよ。」














fc2blog_201704191947456d4.jpg














相方とふたりでサマンサの拾骨


焼かれた骨を前にセレモニーの方の話を聞く


「とてもとても、しっかりとした骨で

骨盤、尾骶骨、これは尻尾の骨。

大腿骨から脚の指先、爪まで、

肩から腕、手の指先、爪まで、

背骨は全て綺麗に並び、

胸骨、肋骨、喉仏…

何より驚いたのは歯が全て揃っていた事!

奥歯まで綺麗に残っていて

この子は歯周病も起こさなかったんですね…。

人間もそうですけど

歯がしっかり残っているというのは

本当に健康だった証拠ですから。

この子は元気な子だったのでしょう?」


















fc2blog_20170419194630b58.jpg














若かりし頃のサマンサのやんちゃの数々………

手を焼いた脱走癖…

散歩道でボール遊びをさせようとして
逆に説教された道端に置かれたボール。

散歩途中で首輪が抜けて
私達の周りをおちょくるように
全力疾走する姿……

川遊びで私が転び呆れ顔で見られた…。




野良生活が3年以上と推測され、
出会った最初の酷い人間不信が
何年間か残っていたけど
私達を信じてわがままを言うようになったり
私達もサマンサを信じて
仔犬を躾けてもらったり、
わが家の犬世界の中では
頼りきっていた存在で……





長生きしてくれたおかげで

長く一緒に居られた。
















fc2blog_20170419194659296.jpg

















「驚いた事に…

この子はまだ脂肪がついていたんですよ!

この骨に時々こびり付いている赤い部分は脂です。

この子は、痩せてきていたのでしょうけど

ちゃんと食べてきた子なんですね。」





16Kgあった体重が

最期は7.0Kgになって、

顔も身体もコツコツになり、

眼窩も窪んでしまったけれど

それでも脂肪が残っていたか………






















fc2blog_2017041909365418a.jpg













そして………


「本来ありえない事なのですが…」


「頭の向きだけが逆を向いたんです…」



確かに私達の目の前にあるサマンサの骨、

その頭部の骨だけが背骨の上に乗っているような
異様な形になっている。
まるで後ろにいる何かを嚙みつきに行ったような形。


「大きな力がかかって向きが変わったなら
喉の骨とか砕けるはずなんですけど…
この子の骨は喉仏も綺麗に残っているんですよね…」

少し言い辛そうなセレモニーの方、



(あぁ、やっぱりサマンサらしい)




「最期まで戦ったんだ。」




私達はそう思った…


身体が焼かれるその瞬間まで

きっとサマンサは抗ったんだ。




強い火力で焼かれた時、偶々顔が浮きあがり、
逆向きに煽られたのかもしれないけれど…



私達には

骨になっても

サマンサはサマンサらしい姿だと

愛おしく思えた。






何もかもがサマンサらしい



















fc2blog_20170419093756431.jpg














サマンサが最期に噛みついたもの


それは


私の腕(笑)



日曜日の最後になった散歩道、
毛布で包んでいる四肢をまとめて抱っこしていた事に気づき
持ち直そうと腕をサマンサの顔の前に差し入れた時

カプ〜〜〜〜!!!

!!!!!!


(痛たたた……!)




















fc2blog_201704190939138fa.jpg















喰らいつく とか、

噛みちぎる とか、

そういう皮膚が裂けるような強さではなく、


カプッと咥えて吸いついているような感触で……

実際、噛まれた跡は牙は刺さらず内出血だけ…

そうね、

一週間もすれば消えてしまうくらいの跡。






くっきりと証を残してくれました。(笑)




本当に何もかもがサマンサらしい…


















fc2blog_201704191948147d2.jpg



















遺骨は玄関前に


七日毎の節目を七度過ごし


四十九日にわが家の庭の一角の


八雲とダリの眠るお墓に、


土に還す事にしている。















fc2blog_201704191948398a5.jpg













庭の花を摘んで


お水とたくさんのフードをお供えして




食べる事が大好きだったサマンサだから

どんぶりいっぱいお供えしてあげる(笑)











お疲れ様だったね…






土に還るその日まで



其処此処で自由にくつろいでいてね…














☀︎
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

風人

Author:風人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

風人

Author:風人
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR