春色散歩

fc2blog_20170402183907712.jpg














ダリの山桜の木陰


蕾ふくらみ


明日明後日には咲きそうな…















fc2blog_20170402183933bbf.jpg













足元の白いハナニラが

日陰に光るように咲いている















fc2blog_201704021840120ee.jpg













ポアロに引っ張られて


ゆらゆら揺れての散歩道






なんとなく、

見えているように思えるのは私達だけかな…







ねぇ、サマンサ。



見えてるんじゃない?













fc2blog_20170402184040453.jpg















踏切の坂道


天気が良いと気持ち良いね♪















fc2blog_201704021841290bc.jpg

















あの菜の花のところまで行こう♪



















fc2blog_20170402184212184.jpg

















fc2blog_20170402184243cc5.jpg
















fc2blog_20170402184317f3f.jpg















fc2blog_20170402184355ff9.jpg













fc2blog_20170402184431e75.jpg
















fc2blog_20170402184502f5e.jpg















明るい黄色が鮮やか


近くに寄ると


菜の花の匂いがむせかえるよう…


















fc2blog_20170402184530c9f.jpg













ふふっ♪


ルパンの大あくび

















fc2blog_2017040218455797a.jpg















サマンサ、見える?


緑に映える黄色い花















fc2blog_2017040218462683d.jpg













サマンサ、


菜の花が咲いているよ♪


















fc2blog_20170402184649776.jpg














小麦が青々と風になびく












fc2blog_201704021847159f2.jpg














空の雲が眩しい
















fc2blog_20170402184744425.jpg














青い空















fc2blog_20170402184806b77.jpg
















相方と3匹の犬♪



広い空の下、歩く















fc2blog_201704021848351ca.jpg
















桜並木の花咲き始め

















fc2blog_20170402184902c5a.jpg
















群青色のムスカリ
















fc2blog_20170402184929a75.jpg















藤色の芝桜
















fc2blog_20170402184949990.jpg













白い雪柳










春の花咲く散歩道




みんな一緒の散歩道




暖かい日曜日♪













☀︎
スポンサーサイト

雨の日の花の姿に…

fc2blog_201704032004025f9.jpg














仕事場の庭の枝垂れ桜


優しい色の桜


今年も花を咲かせてくれました












ついこの間、


冷たい冷たい雨が降る日があった


凍えるような涙雨















fc2blog_201704032005058df.jpg



















fc2blog_20170403200439345.jpg
















fc2blog_20170403200533e8c.jpg

















fc2blog_20170403200601e74.jpg
















fc2blog_20170403200627cd2.jpg

















雨の日の花の姿に



切ないあの子達を想う………

















fc2blog_20170403200717069.jpg















fc2blog_20170403200758752.jpg















fc2blog_2017040320083837f.jpg















fc2blog_20170403200911842.jpg















fc2blog_20170403200950047.jpg

















前脚の切断面は綺麗に肉が巻いたようだけど


片腕を失っての歩行は辛そうだ








雨に濡れて


疲れ果ててる





〈彼〉を守るように〈ルミちゃん〉は傍にいる



雨やどり……


少し休んでお行きね





















お前達を見ていると切ないよ















fc2blog_20170403201023f88.jpg













今日は晴天、


青空に桜の花が輝いている
















fc2blog_201704032010469b7.jpg
















fc2blog_201704032011097c9.jpg
















fc2blog_2017040320113079b.jpg
















ちょうど一年前、


お前達から託されて


里親さんへの橋渡しをした〈乱歩(スポット)〉






桜の花の満開の頃


花々の応援歌の中


もらわれていったんだ

















fc2blog_20170403201209454.jpg















元気だよ♪

















fc2blog_201704032012438d4.jpg














本当にお前達にそっくりなコだよ。





幸せに暮らしているよ













☀︎

武蔵の審判 3

fc2blog_2017040420132808a.jpg














日曜日の武蔵は自由。



玄関前のスペースで


日向ぼっこのわが家のコ達♪

















fc2blog_20170404201404bc9.jpg














fc2blog_201704042015002fd.jpg
















fc2blog_20170404201540e08.jpg















fc2blog_201704042016196e5.jpg
















みんなと一緒が嬉しいね♪






朝晩の皮下輸液を確実に行う為と、


食欲不振な武蔵への特別食を

他のコに食べられない為に、




日曜日以外は小部屋に隔離。



(寂しいんだろうな…)


















fc2blog_20170404201718ac0.jpg















サンルームで日向ぼっこ♪




















fc2blog_20170404201805e0d.jpg















fc2blog_20170404201838bb7.jpg



















fc2blog_2017040420191168e.jpg












武蔵と文太、仲良しさん♪










火曜日は審判の日。


週一の血液検査。






BUN 18


CREA 2.7








BUNは良いの。


クレアチニンが減少したとはいえ僅か………

(もっと、もっと減少しているかと思っていたんだけど)

なかなか1.0に近づけない………






それでも

0.15減ったから先生からは及第点をいただけました。





体重は前回4.2Kgから4.5Kgに増加。


良し!









次の火曜日、一週間後を目指して


朝晩の皮下輸液、吸着剤の投薬、


なんとか食欲増進させたいなぁ…














☀︎

休日の光景(お花と螺子)

fc2blog_20170405201010188.jpg















木漏れ日の降り注ぐサンルーム♪
















fc2blog_2017040520103469b.jpg
















fc2blog_20170405201100355.jpg















気持ち良さそね♪


ね、ジュッちゃん♡



















fc2blog_20170405201142df9.jpg
















お花と螺子は仲良しさん♪

















fc2blog_20170405201206e6b.jpg


















fc2blog_20170405201240970.jpg
















ジュッちゃん、伸ちゃん、


気持ち良さそに寝ているけれど
















fc2blog_2017040520131433b.jpg
















その白いマット、


ロッキングチェアの上で天日干ししてたんだよね……



















fc2blog_20170405201400a91.jpg













まぁ、仕方ないっか、



猫って気持ちの良い場所を見つけるのはやいもんね。













日向ぼっこ♪




幸せね♪













☀︎

花散らしの雨の前に

fc2blog_20170406203048c6e.jpg















fc2blog_20170406203129a21.jpg
















fc2blog_20170406203214ddb.jpg













fc2blog_201704062032455ed.jpg















fc2blog_201704062033569e4.jpg
















fc2blog_20170406203435c32.jpg















fc2blog_201704062034581bc.jpg

















ここ一週間くらいで


桜の花が満開になった




















fc2blog_20170406203531b37.jpg














今夜からの雨は三日間くらい降り続くらしい








花散らしの雨になる
















fc2blog_20170406203552428.jpg















花の命は短いなぁ…









惜しみながらの満開の桜

















fc2blog_20170406203715fd4.jpg
















fc2blog_201704062038106b0.jpg















fc2blog_20170406203900a4b.jpg











みんなで写真を撮っておこう♪

















fc2blog_20170406203924390.jpg













サマンサと桜















fc2blog_20170406203954589.jpg















穏やかな時を過ごしています













悲しさに身をやぶるまじいぞ

fc2blog_20170407204350ec3.jpg













動物病院の待合室で居合わせたその女性は
オレンジ色のセーターとベージュのパンツ。
花粉症か風邪かアレルギーか、
大きなマスクをつけていた。
真新しいオレンジ色のキャリーケースの中に
白地にうす茶トラの小さい猫。

マスクをつけたその女性は
ずっと俯き加減のまま静かに座っている、
キャリーケースの中の小さい猫ちゃんも
身動きもせず静かに座っているようだった。





先に呼ばれたその女性は
動物病院は初めてな様子だった。

診察室の中から聞こえてくる声……




「ご飯を食べないんです」

「いつもは触れない猫なのに
今日はうずくまって、触っても怒らないんです。」

「病気なんでしょうか?」



『このコ、避妊しとらんかったんやな…
乳癌が出来て破裂しとる。』

『体温が34℃!!低すぎや!』

『食べれとらんけん貧血も起こしとる』

『このコ、だいぶ年寄りなんか?』




「………さぁ…。 ……多分10年以上はいたと思うけど…」





(いったい、どういう状況なんだ?)


















fc2blog_20170407204419211.jpg
















マスク越しのくぐもった声で
よく聞き取れない部分もあったけど
後でコソッと聞いてみたところ

この女性の母親が飼っていた猫だったようで
母親が亡くなり、もう誰も住んでいない家に、この猫は残り
娘さんは2日に一度ご飯を与えに行っていたのだという。
全く慣れていない猫だったから
ご飯を与えに行っても姿を現わすことは無く、
ご飯が減っている事と、水が減っていることで
存在を確認するばかりだったのだという…
ここ何回かご飯を食べていないようだし
水も飲んでいないようだと思った矢先、
うずくまって座り込んでいるこのコを見たのだという。





初めて抱え上げて、初めてキャリーに入れた。

初めて動物病院に来た。

【乳癌】を告げられた。

















fc2blog_20170407204455bb0.jpg











体温が下がり、弱りすぎている。
手術をするにももう少し体力をつけさせないと難しい。
術後のケア、そして年齢から見ても腎不全も疑われる、
その後の治療、ケアを考えると
世話をしてくれる人間が必要であること。
とりあえず今は暖かい寝床を用意して、
栄養価の高いフードを食べさせて、
元気にさせてあげるためにも



『(あなたが)家に連れて帰ってやれんの?』



先生のこの言葉が何度も何度も聞こえてくる。



『アパートだから飼えないの?』




(連れて来た女性の返答はない。)





病院のスタッフさんの言葉ばかり聞こえる。

「血液検査しますか?」

「朝預けに来て、夜迎えにこれるなら
病院で日中温かくしておけますよ。」



金額について聞いたんだろう、

血液検査で○○○○円、
入院させて○○○○円、
手術代で○○○○○円、
その後の通院、
そして………
【乳癌】が破裂していたということは
肺に転移している可能性は高いし、
死んでしまう可能性もある。

今後も空き家にひとりぼっちで過ごさせるのなら
あまりにも可哀想だ…。
一緒に暮らせないコにどこまでの事が出来るのか
家族で話し合って決めてからにしませんか…




病院側からの提案になった…




(返答はない。)





とりあえずこの日は
脱水症状を補うための輸液と、
抗生剤、痛み止めの投与。
乳癌のシコリを舐めて破裂した皮膚の消毒。
伸び過ぎた爪が肉球に刺さっていた傷の消毒。

化膿止めの飲み薬は
飲ませられないということで処方せず、
連れて来れるなら通院での注射を提案されていた。




(返答はない。)




血液検査を依頼すること無く
その女性は帰って行った。





















fc2blog_20170407204523dd8.jpg













『命懸けの手術をして、痛い思いをさせて

ひとりぼっちの空き家でひとりぼっちで痛みに耐えるのは

可哀想すぎるやろう………

そっとしておいてあげるほうがええんとちゃうかなぁ…』




先生がポツっと言った。





多分、連れて来た女性がそのコを連れて帰って
自分で飼うのだと言ってくれたら
きっと先生は手術をする事にしただろう。
血液検査もその日のうちにしただろうし、
場合によっては緊急手術にも踏み切ったかもしれない………



『あなたが連れて帰ってやれんの?』



何度も何度も言っていた…





「私が飼います。連れて帰ります。」


(その言葉が聞きたかったな)




でも、人それぞれに事情がある事だろうし…

病気や怪我の動物の治療やケアを

どこまでするのかは

結局、飼主さんが決める事で………





連れて来た女性にとっては
初めての病院での時間は辛いものになったと思うけれど
どうしたいのかは腹を決めないと進まない。







「やっぱり手術を受けさせたい。」

「ご飯を食べるようになりました。」


あの女性がそう言いながら

あの猫ちゃんをもう一度病院に連れて来ないかなぁ…

そんな日に出会えないかなぁ…

そんな日に出会いたい。








「あの猫ちゃん、お母さんのそばに行きたいのかな…」


相方がポツリと言った。

お母さんの心残りだったのかなぁ



(悲しさに身をやぶるまじいぞ)



別れは辛いね。



孤独は辛い。



悲しいね。















ポアロ 18

fc2blog_2017040821113304b.jpg















土筆が出はじめた頃、


ポアロを仕事場に連れて行かなくなった。














fc2blog_2017040821125921b.jpg














みんなと一緒にお留守番出来るようになったからね♪
















fc2blog_20170408210920f1b.jpg















家の中のポアロのサークルも

4月最初の日曜日に片付けた

















fc2blog_20170408212638e0f.jpg















ポアロと毎日散歩した

ポアロの秘密基地のある廃校になった小学校の桜の樹




春雨の中

満開の時期を迎えます














fc2blog_20170408212444b72.jpg


















fc2blog_2017040821251130d.jpg

















fc2blog_2017040821253475d.jpg
















fc2blog_20170408212602064.jpg














桜の花って


どうしてこんなに心を揺さぶるんだろう…


どうしてこんなに綺麗なんだろう…



















fc2blog_2017040821151752c.jpg














ポアロのサークルは片付けたけれど

ポアロにはまだ朝ごはんを食べさせているのでね、

(成犬達は一日一食夕飯だけ)

朝、ポアロだけお家の中でご飯を食べさせて

トイレをさせてから犬小屋に戻す毎日。







ポアロが3ヶ月くらい過ごした

家の中のサークルを置いてあった場所に

毛布を敷いての朝ごはん場所。


(いつも毛布を敷いたら浅葱が座ってるけど)(笑)














fc2blog_20170408211800a2f.jpg














『浅葱、ポアロのお姉ちゃんだもん』


そんな感じなのかなぁ…
















fc2blog_20170408211701aa1.jpg
















怖がり文太も

さすがに毎日ここで過ごしていたポアロには

あまり怯える事もないみたい(笑)
















fc2blog_20170408211600564.jpg















食い気の3匹(笑)


甘露に浅葱に慈雨

ポアロのおこぼれを狙ってる…

(ひと粒も残らないけどね)















fc2blog_20170408211954387.jpg













本当は食事の時にちょっかい出すのは危険なはずだけど

さすがにポアロも毎日見ていた猫達を

家族だと思っているんだろうな

自分が一番末っ子だしね(大きいけど)

一番甘えん坊なんだよね。















fc2blog_20170408212051878.jpg













伸之助は普通にポアロのそばに居る……















fc2blog_201704082118478e4.jpg













ポアロも伸之助が大好きだから

伸之助とはご飯を一緒に食べようとする……
















fc2blog_20170408211919bde.jpg














猫にドッグフードはダメだから食べさせないけどね(苦笑)


伸之助はフードを転がして遊ぶという悪癖がある(苦笑)



こんな朝の光景が

私達、忙しいというのに

ついつい笑って見ちゃう…















fc2blog_201704082108286b1.jpg
















fc2blog_20170408210755829.jpg














花の見頃に雨続き……



雨に濡れそぼる桜花














fc2blog_20170408210712c16.jpg













fc2blog_20170408210651662.jpg















薄暗い空に満開の陽光桜















雨が続いても


暖かい毎日


花は一気に咲きそろって


春雨に花びらを散らしている

















そんな今日













fc2blog_20170408212148cfb.jpg
















昨夜、ついこの間片付けたばかりのサークルを組み立てた。




今日の朝ごはんからは

ポアロの食事場所はサークル前になった。

















fc2blog_2017040821222793a.jpg















ちょっと不安気な表情に見えるのは

心配したからなんだよね……

















fc2blog_20170408212300397.jpg














『サマンサおばあちゃん、大丈夫?』














fc2blog_20170408212336305.jpg













昨夕、サマンサに痛い思いをさせてしまった……

(その話はまた後日)


ただ、

多分このまま、

サマンサはこのサークルで過ごさせることになるだろうな…




でもね、

散歩はみんなと一緒に行くよ♪













桜舞い散る散歩道

fc2blog_201704091900219e1.jpg















夜半の雨で

桜の花びらの散り敷いて



道端は花溜まり














fc2blog_20170409184408477.jpg














花散る小径


散歩道














fc2blog_20170409184341672.jpg















ソメイヨシノと紫木蓮















fc2blog_2017040918452357e.jpg















ダリの山桜
















fc2blog_20170409184552369.jpg















曇り空の下


透きとおるような花の姿

















ねぇ、ダリの山桜、

サマンサと今年もまた会えたね。




サマンサ、頑張っているんだよ。

















fc2blog_20170409184657006.jpg

















サマンサの顔から表情が消えちゃったかな…


家の中でのサークル生活、


外の空気を感じさせてあげたくて…


抱えて歩く散歩道














fc2blog_20170409184742ee0.jpg















八重桜も満開。




今年の桜は一時に一斉に咲いたなぁ…















fc2blog_2017040918482121b.jpg














サマンサ、桜の樹の下にいるよ。


桜の香りを感じるかい?
















fc2blog_20170409184912986.jpg














ルパン















fc2blog_20170409184936f6e.jpg













キャロル
















fc2blog_2017040918495852c.jpg












ポアロ
















fc2blog_2017040918502278c.jpg

















桜の樹の下で


舞い散る花びらが


アスファルトに敷き詰められる

















fc2blog_20170409185054fc1.jpg















fc2blog_20170409185120963.jpg














花びらの道は楽しいね


















fc2blog_20170409185229b36.jpg















桜並木の帰り道



















fc2blog_20170409185148f05.jpg

















fc2blog_201704091854412dd.jpg















みんなで待ってくれるんだ♪















fc2blog_20170409185301abc.jpg
















fc2blog_20170409185328dd8.jpg


















みんなで一緒に帰ろうね
















fc2blog_201704091854049c5.jpg















桜並木の坂道を上ればお家だよ




















fc2blog_20170409185530365.jpg

















fc2blog_20170409185651915.jpg















少しお花見して帰ろう♪


















fc2blog_20170409185718801.jpg















ほら、今歩いて来た道だよ。















fc2blog_20170409185804eb9.jpg















ポアロがサマンサに擦り寄ってくる



















fc2blog_20170409185954bb4.jpg

















桜舞い散る散歩道


桜は惜しげも無く散り敷いてゆく

















fc2blog_20170409185839801.jpg














花よ














fc2blog_201704091859049ab.jpg
















花よ












fc2blog_201704091859320b8.jpg













花を惜しむのは人のほう



花惜しむ春



曇り空の日曜日













☁︎

マゴット・パニック

fc2blog_20170410210015a70.jpg















桜の花に雨の降る















fc2blog_2017041021005581a.jpg

















桜の花も濡れそぼる

















fc2blog_20170410210119618.jpg
















花に降る雨



桜雨

















fc2blog_201704102101434dd.jpg















美し季節が移ろう
















fc2blog_20170410210215ade.jpg




















花を愛でるこの季節





わが家はマゴット・パニック!











先週の金曜日午後6時過ぎ
動物病院の受付前で
泣き顔でサマンサを抱えている私が居た。


「サマンサ……蛆虫湧いちゃった…。」






仕事から帰って来て

いつものようにワンコの散歩に出ようと
いつものようにサマンサを毛布で包み抱え上げ
いつものように身体の下に落ちている便を拾おうとして
(ほとんど場所を移動しなくなったサマンサは
だいたいその場で排便をしているので)
いつも見ないものを見てしまった!

サマンサを持ち上げた事で素早く散り散りに移動する
大量の白い蛆虫!!!!
思わず小さく叫んで
慌ててサマンサを犬小屋の外に出し、
寝ていた場所を見たら
毛布の上一面に白い蛆虫!

もう、すっかりパニック!


とりあえず敷き詰めていた毛布は全て引きずり出し、
庭に横たえさせてサマンサの身体に蠢く蛆虫を
相方と二人で夢中で取った!
下半身に集中して蛆虫は蠢いていて
素手で蛆虫を摘んだ事はなかったけれど
“サマンサの身体が喰われている ”と思ったら
気持ちが悪いとか、触りたくないとかは考えないうちに
手づかみで蛆虫達を毟り取っていた。
特に肛門付近、陰部周辺からは
まるでそこから湧いてきているように感じて

「早く病院に連れて行かなくちゃ!」

そう言い合いながらも
早く身体から蛆虫を取り除いてやりたくて
風呂場で洗い流してから病院に行く事にした。

蠢く蠢く蛆虫………
サマンサの絡まった毛の中に、
お湯から逃げてサマンサの腹や、背中から…
ポロリ…ポロリ…と、20匹ほどの蛆虫が排水溝に流れて行った。
外でも20~30匹の蛆虫を取り除いたはずだから
50匹近い蛆虫がサマンサの身体を喰らっていた事になる!!!

(気付いてやれなくてゴメン!ゴメン!ゴメン!)
(サマンサの身体の中の蛆虫はどうすればいい?)
(サマンサの内臓が喰われちゃう!)

もう、もう、すっかり動揺した私は
嫌な想像ばかりして
感情が消えていくような感覚の中で
泣きながらサマンサを洗っていた。



私がサマンサを洗っている間、
相方はルパン、キャロル、ポアロの散歩にひとりで行って、
散歩から戻る頃、サマンサもなんとか乾かし終えたところで
病院へと車を走らせた。


車中で相方も私も言葉は少なめで…
運転席の私と、後部座席でサマンサを抱えて座る相方。
どうして?
いつの間に?
なぜ今になって?
毎朝、毎晩見ていたのに。
なぜ気付けなかった?


「長生きしてくれているのに痛い思いさせちゃった…」

「昨日の夜、夜泣きが止まなかったのは痛かったからかなぁ…」

「やっぱり一週間に一度のシャンプーじゃダメなのかな」



グスン、グスンと、泣き声で

ポツン、ポツンと、呟いていた…。














fc2blog_2017041021024143a.jpg




















fc2blog_2017041021033438c.jpg
















fc2blog_20170410210358fda.jpg



















病院での処置は素早くて
バリカンと剃刀で下半身を綺麗に剃り上げて
アイボメック(駆除剤)の注射、
化膿止め、痛み止めの注射。
床擦れでただれてきていた腰の部分の消毒。


「大丈夫!蛆虫では死なんから!」

「早く来て良かったんやで!一日遅れたら酷くなるんやから!」





冬の寒さ、春先の朝の冷たさ、春の嵐、

ただでさえ体温が低くなりがちな老犬、
下半身が汚れてしまっていく事が分かっていても
毛を剃ってしまう勇気はなかった。





ずいぶん床擦れが出来ていたんだなぁ…

















fc2blog_20170410210440b8d.jpg



















fc2blog_2017041021050804b.jpg


















fc2blog_20170410210531c6b.jpg


















「多分、今までは一緒に居るルパンやキャロルが
蝿を追い払ったり、産みつけられた卵を舐めとったり
してくれてたんやろうなぁ」



「この爛れが治るまでは外では過ごさせれんで」

「また、すぐに蛆虫が沸くで!」






ポアロを一緒に過ごさせるために
サマンサを犬小屋内で隔離してた。
それが仇になったのかも知れない……。


痛かったろうな…
眠れず吠え続けた夜は辛かっただろうな…



あの日から


サマンサは家の中のサークルで過ごしている。
化膿止めの投薬と、化膿止め。
水は飲ませてあげないと溺れてしまいそうだから
朝、夕、晩、と何度も飲ませる。




















fc2blog_20170410213407721.jpg


















もう20歳だもの。



痛みや苦しみの無い毎日を
好きなものを食べて過ごさせてやりたいだけなんだ。


ごめんね。


サマンサ。

















fc2blog_2017041021344754e.jpg

















今年の桜は雨の中に咲く桜
















fc2blog_2017041021355152e.jpg


















薄曇りの空の下



優し色の花が寄り添う

















fc2blog_2017041021362495b.jpg



















あぁ、もうじき桜の花の季節が終わる




















fc2blog_20170410213646d0b.jpg















散り際潔い桜ゆえに



花惜しむ














優しい時間

fc2blog_20170411211135cfa.jpg
















風が桜の枝を煽り


花びらを舞い上げる
















fc2blog_20170411211207a9d.jpg
















fc2blog_2017041121123714e.jpg

















散り染める















fc2blog_20170411211308405.jpg















満開の桜に


雨風の厳しい今年の春


















fc2blog_2017041121135038e.jpg



















花は強いな…



















fc2blog_201704112114272d7.jpg
















日曜日、

お隣のUさんにサマンサを会わせてあげられました。

毎日毎日、朝夕にわが家のワンコ達にオヤツをくれる、
犬小屋の中に入ってサマンサ、ルパン、キャロル、ポアロ、
順番通りにそれぞれに…

ダリがいた頃、
この人が私達の仕事の間に
食べさせてくれていたクリームパンのおかげで
1年近くも生き延びたのだと心から思えた。
そのUさんにはサマンサを家の中に入れた事を
伝えなければ心配してるよね…
そう相方と言っていた矢先、
うちのワンコ達にオヤツを持って来たUさんに会えた。

「あぁ、良かった!
お昼にオヤツを食べてくれたのに、夕方には居なくって……。
お父さん(旦那様)が(相方)ひとりで三匹散歩させてたって聞いて、
まさか、まさか……亡くなっちゃった?
そう思って辛かったんよ。」



















fc2blog_201704112114577bb.jpg














お向かいのOさんは
木曜日から金曜日にかけての夜中、
夜泣きし続けたサマンサの声を聞いていて
翌日の昼犬小屋前で
「昼夜逆転しちゃったのかい?」って
サマンサに声をかけたのだそう。
『ファン!ファン!』と、泣き声は続き…
夜に犬小屋から姿を消したことで
いよいよ死んでしまったのじゃ無いかと
近所の人と話していたらしい(苦笑)


夜泣きがうるさかったことのお詫びと、
家の中に移動させたことを伝えると


「最期までじゅうぶんに看てやってな。」


そう言った。
























fc2blog_20170411211532417.jpg















(愛されているんだなぁ…)





















fc2blog_20170411211601969.jpg











優しい人々の思いを受けて

きっと、サマンサは生きてきた。



確実に身体は弱っているけれど…

うつらうつら…眠ってばかりになったけれど…

痛く無い!苦しく無い!ストレスの無い!

少しでもその環境を心地良いものに…





私達に出来ること…

















fc2blog_201704112116316b0.jpg















体重7.1Kgになっていた…



小さくなっちゃったね…










辛い時は呼ぶんだよ。




すぐに来るからね。













大切な日々

fc2blog_20170412202906c4f.jpg














春の嵐が行き過ぎて



水溜りに映る桜と花びらと
















fc2blog_20170412203002f97.jpg

















fc2blog_201704122030329bc.jpg

















fc2blog_20170412203101588.jpg

















散り敷く花びら



残りの桜



















fc2blog_20170412203200361.jpg














昨日の朝、出勤する時
玄関を出た相方の肩の横を一匹の蝶が飛び立った…
強風吹きしく夜明け前の空に
吹き上げられるように飛び立った…


思わず、サマンサの魂が飛び立ったように思えた…




いよいよ、そんな別れの予感を感じるようになって、
朝、仕事の途中でサマンサの様子を見に帰ってくるようにした。
ペットシートも交換してあげたいし、水も飲ませてやりたい…
一度だけだけど仕事の中抜けをさせてもらうようにした。














fc2blog_2017041220374547e.jpg















いつも、いつも、深い深い眠りの中

時折の鳴き声は

「オシッコ出たよ!」

「喉が渇いた!」




昨日と今日の未明、午前2:30前後に鳴きはじめる…
ペットシートを換えても、水を飲ませても、
15分おきに鳴きはじめる。
サークルの隣に横たわり、
サマンサの身体に手を添えているとスヤスヤと眠る。

(不安なんだろうか…)






そんな日々を過ごしてる















fc2blog_201704122035188b1.jpg















ぎゅ〜っと抱えて夕方散歩。
















fc2blog_2017041220324426b.jpg















やっと雨が上がったね♪
















fc2blog_20170412203357cbb.jpg















外の空気で気分転換♪


















fc2blog_201704122034460c5.jpg













ドキドキの毎日なんだけど…




大切な



大切な日々…













☁︎

泣き笑いの日々

fc2blog_20170413201515b92.jpg















人は桜の花に何を求めるのだろう……




其処に桜の花があるだけで


其処に向かって歩いてしまう…
















fc2blog_20170413201538561.jpg
















久しぶりの青空に



光に透ける桜の花が美しい


















fc2blog_20170413201601eb7.jpg

















fc2blog_20170413201641622.jpg

















fc2blog_20170413201711531.jpg

















fc2blog_2017041320174051c.jpg


















キラキラ…チラチラ……光が踊る





残りの桜の美しさ

















昨夜(今朝未明か)午前1:30頃…

サマンサの夜鳴き

水を飲ませても飲まない、

フードを食べさせても食べない、

ペットシートを換えても夜鳴きは止まらない。

サマンサの肩に手を置いて撫でても

四肢をバタつかせ鳴き続ける……





朝方にはもう声も無く

身体もなんだか冷えているようで

心臓の音も弱くなったように思え、

もう、ここまでか……と、

覚悟して泣いてしまったのだけれど…





私達の出勤前には

「お水をちょうだい!」

「お腹も空いたわ!」

そう言っているようにワンワンッと吠え、

仕事を中抜けして家に戻った私に

「オヤツもちょうだい!」

と、気力を見せてくれた。


















fc2blog_20170413201830d75.jpg















夜の弱り込み方は、いったいなんだったろう…


涙で腫れた顔の私、


こんな夜をこの先何度越せるのだろう…

















fc2blog_20170413201859214.jpg














ねぇ、サマンサ。




お前にはどれほど泣かされ、

どれほど笑わせてもらえるんだろうね。



















fc2blog_201704132019228dc.jpg














サマンサ、桜の花が綺麗だね♪
















fc2blog_20170413201952f51.jpg













緑の葉も芽吹いてきた



お花見ももうじき終わる



最後の最後まで


桜の花を愛でようね







最後のひとひらの花びらさえ


愛おしく思えるのだろう
















fc2blog_20170413202019138.jpg
















fc2blog_20170413202044899.jpg
















曇りのない青空に

桜の花びらが舞い上がる

















fc2blog_20170413202112852.jpg

















fc2blog_20170413202142a04.jpg














今夜も一緒に眠れるね♪











夜明けまでぐっすり眠れたらいいね。










今はサマンサを見つめ続ける毎日、


息を潜めて呼吸を確かめる。


今は、目が離せられないね。


















☁︎

光眩しく感じる日々

fc2blog_20170414200151e3e.jpg















桜の花も盛りを過ぎて


光に透ける花びらも白く見える















fc2blog_20170414200220d16.jpg















今年の桜は特に早く散ってしまうように感じる
















fc2blog_20170414200248a0e.jpg















惜しげも無く散ってゆく潔さ




散りゆく時まで美しい
















fc2blog_20170414200353399.jpg














朝を迎えられる度に


置いて仕事に行かなければならない事が辛い…















fc2blog_201704142004306ec.jpg

















心残りで時間のある限り撫でているのだけれど















fc2blog_20170414200456b87.jpg














「あたしは大丈夫!さっさと行きなさいよ!」




そんな目で見られる……


















fc2blog_2017041420053801e.jpg














朝、みんなを連れて来た。




ルパン、キャロル、ポアロ
















fc2blog_20170414200611428.jpg















心配気にのぞき込む



(みんな心配してるんだよね)



















fc2blog_20170414200709dc3.jpg















AM8:00くらいに仕事を中抜けして帰って来る。




庭のチューリップが元気いっぱいに咲き始めてる














fc2blog_20170414200731592.jpg














明るい花を眩しく見ながら


恐る恐る玄関のドアを開ける

















fc2blog_20170414200817968.jpg
















身動きせずに眠っているから



毎日毎日ドキドキする…















fc2blog_20170414200843aa3.jpg














今日はペットシートが全く濡れていなかったから

ますますドキドキしたのだけれど


世話が出来る30分の最後に


大量のオシッコが出てくれました(ホッ)

















fc2blog_20170414200925c85.jpg













朝もほとんど食べられなかったから

ボーロをみつぶ鼻先に持っていったら

ふたつぶだけ食べてくれた♪







じゃあね、


帰って来るまで待っててね!


















fc2blog_201704142009592a6.jpg














仕事に戻る私を


キャロルとポアロが呼び止める(笑)



「ねぇ、ねぇ、ばあちゃん大丈夫?」













fc2blog_20170414201021548.jpg














(うん。大丈夫、眠ったよ)















fc2blog_201704142010451f1.jpg















fc2blog_20170414201112270.jpg

















fc2blog_20170414201135af0.jpg















fc2blog_201704142011583ce.jpg















fc2blog_20170414201227a0c.jpg














fc2blog_20170414201251355.jpg
















なんだか……


お前達の若さが眩しいよ(笑)




















fc2blog_201704142013305c5.jpg














今日も散歩に行けました。
















fc2blog_20170414201406910.jpg















サマンサの身体はますます軽くなり、


力が抜けたような感覚で…















fc2blog_201704142014329a5.jpg













太陽の光が眩しいみたい




うつら…うつら…






それでいいよね、


夢の中にいるような毎日を


少しでも長く過ごしたいね。













☀︎

チューリップは光子の花

fc2blog_201704152056333a3.jpg














わが家の庭のチューリップ














fc2blog_2017041520571742e.jpg













夜明け前に摘んで仕事場に持って行く















fc2blog_20170415205743fa0.jpg















仕事場の庭の石楠花














fc2blog_2017041520580873c.jpg














赤紫色のヤマツツジ















fc2blog_20170415205837d4f.jpg













光に透ける

















fc2blog_20170415205913689.jpg
















わが家の庭のチューリップと


仕事場の庭の花をあわせて















fc2blog_20170415205952c6b.jpg














あの子の眠るお墓に供える


チューリップはあの子、光子の花。
















fc2blog_201704152100252e4.jpg















今日は光子の命日です





目を開けることなく逝ってしまった


菜月の姉妹



忘れないよ
















fc2blog_201704152100543ba.jpg
















見上げる先の枝垂れ桜はもう葉桜



涼し気な青葉が風になびいています















fc2blog_20170415210115056.jpg















今日は汗ばむような暖かい日



季節の移ろいを感じます

















fc2blog_201704152101466fd.jpg















菜の花揺れる散歩道

















fc2blog_20170415210220fe5.jpg

















菜の花月の菜月(なっちゃん)、


4月10日を誕生日と決めたんだ…


なっちゃん、2歳になりました。

















fc2blog_20170415210304a8a.jpg














なっちゃん、


お誕生日おめでとう♪
















fc2blog_20170415210343d51.jpg













今年はサマンサにかかりきりで

何にもお祝いできなかったよ…





(ごめんね)
















fc2blog_201704152104201b9.jpg













相変わらず小顔な菜月。



体重3.0Kg


身軽な菜月は気も強い。


ちっちゃくっても負けてない。















fc2blog_20170415210515311.jpg















なっちゃんはね、

にいちゃん達が甘やかして甘やかして育てたから

身づくろいもしないんだよね……





いっつも目には目ヤニ、

お尻にはウンチ、




なっちゃん、


ちょっとは身づくろいしようね(苦笑)























fc2blog_201704152105465a6.jpg













昨日からサマンサの食欲廃絶…………

シリンジで水を飲ませることしか出来なくて

もう時を待つしかないのだろうか…

そんな気持ちになっていたけど


















fc2blog_20170415210610164.jpg












やぶれかぶれでフライドチキンを買ってきて

鼻先に持っていったら


ガツガツガツ!!ッて食らいついた!





わずかなひとかけらだけど

自力で食べる意思を示してくれた事に

相方とふたりで大喜び!!



調子に乗ってウインナーもボイルした(笑)

次に目を覚ましたら鼻先に持っていってみるんだ♪












☁︎

葉桜散歩

fc2blog_20170416193604829.jpg















今日は夏日の日曜日
















fc2blog_20170416193721812.jpg














抱えるたびに軽くなる


これが最後かも知れないと


毎日覚悟の散歩道
















fc2blog_201704161938162ae.jpg















相方が「幸せそうだよ」と、撮ってくれた写真


笑っていたりしてくれたら


飛び上がりたいくらい嬉しいね♪


















fc2blog_20170416193858689.jpg















空き地に小さな小さな紫色の鉄道草が咲き始めた


可愛らしい花なんだ
















fc2blog_201704161939357bb.jpg


















fc2blog_20170416194008738.jpg















サマンサに見せたくて座ってみたら


ポアロがはしゃいで跳びはねる
















fc2blog_2017041619403407b.jpg














みんなと一緒の一場面♪
















fc2blog_201704161941143f7.jpg

















ルパン、



ずっと、ずっと、ありがとう…















fc2blog_201704161941452b6.jpg

















サマンサ、小さな花が見えるかい?
















fc2blog_201704161942141f7.jpg


















今日、サマンサから甘酸っぱい香りがしている…



この匂いを私は知ってる















fc2blog_20170416194253d9f.jpg














別れが近づいてきた印……





甘だるいこの匂いを私は死臭だと思っている
















fc2blog_20170416194327b5b.jpg















時が近づいてきている



















fc2blog_20170416194348c43.jpg
















“ いつか来る日 ”




それはもちろん理解している




苦しそうにもがいている時は


その時が早く来てほしいと願う時もあったけれど


少しでも一緒にいたい気持ちも本当で……


















fc2blog_20170416194426e0b.jpg















ダリの山桜に会いに行った
















fc2blog_2017041619450675b.jpg

















すっかり葉桜になっていた…





アスファルトに残る花びらの名残すらわずかで


この一週間で季節が疾く過ぎたことを感じた















fc2blog_20170416194536bf5.jpg

















もう、サマンサを連れては会いに来れないかも知れない




そんな気持ちで山桜を見上げていた私を

相方は撮っていてくれたらしい(苦笑)















fc2blog_2017041619461230e.jpg
















さよなら ダリの山桜
















fc2blog_20170416194643ad6.jpg















神社の階段の下に咲く


シャガの花


















fc2blog_201704161947202a5.jpg















踏切の坂道















fc2blog_20170416194804972.jpg















この道を


何度通ったことだろう
















fc2blog_20170416194836f77.jpg















この坂道からの風景を


何度見たことだろう
















fc2blog_20170416194900b1e.jpg
















ここからの風景は


いつも気持ちよかったよね










今日が晴れていて嬉しいね♪















fc2blog_2017041619494248e.jpg
















蒲公英の黄色い花















fc2blog_20170416195007458.jpg















毎年ここで見ていたね♪














fc2blog_20170416195035548.jpg














川辺の黄色い菜の花



毎年見ていた春の風景だね♪
















fc2blog_201704161951118f0.jpg















散り敷く桜の花びらを踏んで


さぁ、お家へ帰ろう

















fc2blog_20170416195137e09.jpg


















涙がこみ上げて風景がぼやける……















fc2blog_20170416195346d48.jpg
















みんなの後ろ姿を見ながら


サマンサと私はゆっくり歩く


















fc2blog_20170416195418344.jpg
















帰り道に咲く枝垂れ桜


一番最後に咲いた花が

葉桜になり始め














fc2blog_2017041619545232a.jpg














最後の花を美しく咲かせている

















(ありがとう…)















fc2blog_20170416195518448.jpg















疲れちゃったね、サマンサ。

















fc2blog_20170416195543aef.jpg













笑っているような寝顔を見せてくれていることが

とてもとても、嬉しいよ。










昨日、食らいついたひとかけらのフライドチキン、


そのあとボイルしたウインナーをひとかじり、





今朝はウインナーにかじりついたけど

もう飲み込めなくなっていた…



朝は水を飲んでくれたけど

もう水も飲み込めなくなった…










今は静かに眠っています。














☀︎






花の終焉

fc2blog_2017041709140060e.jpg

















4月17日(月) 午前4時42分


サマンサ 享年21歳












体も綺麗にして


口に水もふくませて



私達の見守る中


最期の息を吐ききりました



















fc2blog_201704170917295db.jpg












心臓が丈夫だったからなのか



生命力の強さだったのか




もがく腕、


苦しい息、


闇と戦い続けているような夜を越し


力尽きて逝きました。







(どうか早く逝かせてあげてください)


そう願ってしまうくらい長い夜






ただ、


最期の顔は穏やかで


戦いきった勇者の様な清々しさで…






サマンサは


最期まで


サマンサらしく生ききりました。






「サマンサ、ありがとう」



そんな言葉しか出て来なかった…

















見守っていただいた読者の方々、

いつも応援いただいてありがとうございました。
























花の終焉(覚書)

fc2blog_201704181955220c3.jpg
















サマンサと過ごす最期の日となった日曜日
















fc2blog_201704181958084f8.jpg















気温が高かったせいもあり
散歩から帰った時サマンサは体温が上がって苦しそうだった、
シリンジで水を飲ませて、少し身体を冷やし、
涼しい部屋の中に横たえると気持ち良さそうに眠りはじめた。

















fc2blog_2017041819583703c.jpg














スヤスヤスヤスヤ……静かに眠りについて
午後6時頃、
一転呼吸が早くなり前脚をもがきはじめた。
水も食べ物も受け付けず、
口を開き、目を見開いたまま
胸部は激しく上下して、呼吸音だけが聞こえ続ける。

そんな状態がそのままずっと続くことになった……
















fc2blog_20170418200106bd6.jpg














「チッチッチッチッチッチッチッ………」
(時計の秒針の音)

「ハッハッハッハッハッハッハッ………」
(サマンサの呼吸音)

秒針と同じ速さで呼吸音が聞こえ続けた。
1分間に60回の呼吸数は苦しかっただろう…

そのまま……そのまま…夜を越して
午前2:00頃、少し呼吸音が低くなったように感じた。
今思えば、その時間くらいから
排便をするために気張り始めていたのだと思う…

午前4:00に便が出ていることに気づき、
お湯を用意してペットシートの上で洗って…
私も相方もほとんど食べなくなっていたサマンサから
まだ普通便が出た事に驚いた。
筋力が弱ってきていたから
いきむことも苦しかったんだろう。














「フライドチキンや、ウインナー、食べちゃってたから
消化仕切るまで苦しんだのかなぁ…」

「やっぱり食べた物は全部出し切って逝くのかなぁ」

「……だから、長く苦しんでる?」




そんな会話をしながらも朝の時間は限られているから

「まだこんなに心臓は力強く動いているから
看取ってやれないのかな…
8:00に帰った時に冷たくなっているのかな」

そんな風な状態の中、
とりあえず毎朝の日課の一つになっている
武蔵の皮下輸液にかかって、
5分くらいかなぁ……
輸液を終わらせて先に部屋から出てきた私が見たのは
先程まで口を大きく開けて苦し気な呼吸をしていたサマンサの
口を軽く閉じて、目も軽く閉じかけている穏やかな顔。


(あぁ、少し楽になったのかな?)


そう思って近くで見ると
すでに胸部の動きは止まり、
軽く開いた口からは吐く息だけが聞こえて来て、
私が見ていただけでも4回か、5回
吐くだけの息がもれてきた………。


「サマンサが、逝ってしまう!!!」


相方を呼んで

私は号泣していた。
















fc2blog_201704182001311fc.jpg


















「まだ温かい!」

「まだ柔らかい!」


抱きしめた身体はグンニャリしていた……。




その瞬間から尿がポトポトポトポト………漏れだして、
軟便がダラダラダラダラ………出て、
とめどなく流れ出て………


私達はサマンサの〈死〉に直面した。



「頑張った!頑張った!頑張った!頑張った!」

「もう頑張らなくていいよ!」

「ちゃんと見届けた!」

「ちゃんと綺麗にするよ!」




ペットシートを取り替え、取り替え、
出勤までの時間の許す限り湯洗いして
汚れの無い身体にして
床擦れあとの最後の少しのカサブタも取って、
それでも、まだ少し漏れ出てきそうな尿があったから
ペットシートを身体の下に敷いて
8:00に私が戻った時に綺麗にする事にした。



















fc2blog_201704182002413fd.jpg













「サマンサ、………急いだのかなぁ」

相方が言った。

「私達が出勤する前に
身体を綺麗にしたかったのかな」


「私達に看取らせてくれたのかな」



















fc2blog_201704182004568f7.jpg
















サマンサを看取って3時間後、
仕事を中抜けして私が家に戻ってきた時
横たわったサマンサは
ペットシートの汚れもほんの少しで
朝のうちにほとんど出し切っていたのだなぁと
私達の動きやすいように
私達の都合のいいように
考えてくれたのだろうかと
そう思うとまた涙で……。


















fc2blog_20170418200520e17.jpg














月曜日の朝は霧の朝…







半眼半口(はんがんはんく)

身体は柔らかく

手脚の先はさすがに冷んやりしていたけれど

身体はまだほんのり温かくて


(穏やかな顔で逝けたねぇ…)



















fc2blog_201704182006003db.jpg














ペットセレモニーの予約は午後2:00
仕事が終わって大急ぎで向かう事になるので
庭の花、チューリップを咲いているもの全て摘んで
切り花にしてすぐに持たせられるように用意した。
















fc2blog_20170418200621a86.jpg
















私が運転して、
相方が毛布に包んだサマンサを抱えたまま
ペットセレモニーへの道を走る。

雨の中
山の緑が美しくて
最後の桜が花びらを散らしていた…















fc2blog_2017041820230048d.jpg















サマンサは

私の願いを全て聞いてくれた。




桜の花が咲くまでは一緒に居られるかな…


桜吹雪の中、お散歩したいな…


日曜日しか一日中見てあげられないから
最期の日は日曜日であってほしいな…


食べる事が好きだったから
最後まで食べられたら良いね。








桜の花の満開の下
みんなと一緒にお散歩できた♪



最後の日となった晴れた日曜日
ずっとそばで見ていられた♪
お散歩も行けた♪



土曜日の夜、
フライドチキンとウィンナーに食らいついた。




何より私達に看取らせてくれた。

















fc2blog_201704182011197fb.jpg














抗って、抗って、

戦って、戦って、

最後の最後まで諦めなかった。



凄い最期だったね……





















fc2blog_20170418201145bce.jpg












それでも清々しい顔で逝った姿に



なんてサマンサらしい最期だったかと

思わずにはいられなかった。















桜の季節を一緒に過ごしたいと確かに私は願っていたが

サマンサの終焉とともに叩きつけるような大雨になり

一夜のうちに桜の花は残りの花も散らされて



サマンサが桜の季節を連れていったように思えた。




なんて強引な……


なんてお前らしい…









そうね、


サマンサに穏やかに眠るような〈死〉は似合わなかったな…


最期まで〈生〉にしがみつく生き様がお前だったんだから。



お前らしい最期だったよ






ありがとう。














【拾骨(しゅうこつ)】覚書

fc2blog_20170419194536438.jpg
















「20歳とはとてもとても思えないお骨でしたよ。」














fc2blog_201704191947456d4.jpg














相方とふたりでサマンサの拾骨


焼かれた骨を前にセレモニーの方の話を聞く


「とてもとても、しっかりとした骨で

骨盤、尾骶骨、これは尻尾の骨。

大腿骨から脚の指先、爪まで、

肩から腕、手の指先、爪まで、

背骨は全て綺麗に並び、

胸骨、肋骨、喉仏…

何より驚いたのは歯が全て揃っていた事!

奥歯まで綺麗に残っていて

この子は歯周病も起こさなかったんですね…。

人間もそうですけど

歯がしっかり残っているというのは

本当に健康だった証拠ですから。

この子は元気な子だったのでしょう?」


















fc2blog_20170419194630b58.jpg














若かりし頃のサマンサのやんちゃの数々………

手を焼いた脱走癖…

散歩道でボール遊びをさせようとして
逆に説教された道端に置かれたボール。

散歩途中で首輪が抜けて
私達の周りをおちょくるように
全力疾走する姿……

川遊びで私が転び呆れ顔で見られた…。




野良生活が3年以上と推測され、
出会った最初の酷い人間不信が
何年間か残っていたけど
私達を信じてわがままを言うようになったり
私達もサマンサを信じて
仔犬を躾けてもらったり、
わが家の犬世界の中では
頼りきっていた存在で……





長生きしてくれたおかげで

長く一緒に居られた。
















fc2blog_20170419194659296.jpg

















「驚いた事に…

この子はまだ脂肪がついていたんですよ!

この骨に時々こびり付いている赤い部分は脂です。

この子は、痩せてきていたのでしょうけど

ちゃんと食べてきた子なんですね。」





16Kgあった体重が

最期は7.0Kgになって、

顔も身体もコツコツになり、

眼窩も窪んでしまったけれど

それでも脂肪が残っていたか………






















fc2blog_2017041909365418a.jpg













そして………


「本来ありえない事なのですが…」


「頭の向きだけが逆を向いたんです…」



確かに私達の目の前にあるサマンサの骨、

その頭部の骨だけが背骨の上に乗っているような
異様な形になっている。
まるで後ろにいる何かを嚙みつきに行ったような形。


「大きな力がかかって向きが変わったなら
喉の骨とか砕けるはずなんですけど…
この子の骨は喉仏も綺麗に残っているんですよね…」

少し言い辛そうなセレモニーの方、



(あぁ、やっぱりサマンサらしい)




「最期まで戦ったんだ。」




私達はそう思った…


身体が焼かれるその瞬間まで

きっとサマンサは抗ったんだ。




強い火力で焼かれた時、偶々顔が浮きあがり、
逆向きに煽られたのかもしれないけれど…



私達には

骨になっても

サマンサはサマンサらしい姿だと

愛おしく思えた。






何もかもがサマンサらしい



















fc2blog_20170419093756431.jpg














サマンサが最期に噛みついたもの


それは


私の腕(笑)



日曜日の最後になった散歩道、
毛布で包んでいる四肢をまとめて抱っこしていた事に気づき
持ち直そうと腕をサマンサの顔の前に差し入れた時

カプ〜〜〜〜!!!

!!!!!!


(痛たたた……!)




















fc2blog_201704190939138fa.jpg















喰らいつく とか、

噛みちぎる とか、

そういう皮膚が裂けるような強さではなく、


カプッと咥えて吸いついているような感触で……

実際、噛まれた跡は牙は刺さらず内出血だけ…

そうね、

一週間もすれば消えてしまうくらいの跡。






くっきりと証を残してくれました。(笑)




本当に何もかもがサマンサらしい…


















fc2blog_201704191948147d2.jpg



















遺骨は玄関前に


七日毎の節目を七度過ごし


四十九日にわが家の庭の一角の


八雲とダリの眠るお墓に、


土に還す事にしている。















fc2blog_201704191948398a5.jpg













庭の花を摘んで


お水とたくさんのフードをお供えして




食べる事が大好きだったサマンサだから

どんぶりいっぱいお供えしてあげる(笑)











お疲れ様だったね…






土に還るその日まで



其処此処で自由にくつろいでいてね…














☀︎

尽きぬ想い

fc2blog_20170420192831152.jpg














目に鮮やかな新緑






サマンサ…


お前が逝ったあの日の雨から

季節は初夏に変わったようだよ…
















fc2blog_20170420192919426.jpg













わが家の庭の大手毬















fc2blog_20170420192941f5d.jpg















涼し気な黄緑色の蕾を


大きな白い花に咲かせようとしている
















お前を保護したあの日から

18年目の春だよ











私とサマンサの関係は対等で

お互いがお互いに

本気で怒ったり、笑ったり…

ルパン、キャロルを保護した時は

サマンサに完全お任せしたり…


(私はサマンサに頼りきっていたんだな…)(笑)

















fc2blog_201704201930281df.jpg















保護時、病院の診察でフィラリア症に罹っていて、
野良で3年以上生きていると推定されたサマンサは
当時、保護した野良犬の群れのリーダーで
4匹の仔犬の母親でもあった。

サマンサ自身の裁量で住処を探し、
食べ物を探し、確保し、仔犬を育て群れを守る。
捕獲箱が何台も設置され、
人間に追われ、
山犬の群れに襲われる事もあり、
戦って、戦って日々生き延びていた。
雨風凌げる住処が探せない時は
土砂降りの雨の中、
田圃の畦の窪みに仔犬達をまとめて
自分の身体で覆って雨から守っていた…
ボロ雑巾が捨てられた毛布のような母犬の背中。


何が何でも守るんだ!

何としても生きるんだ!

この子達のために!

この子達のために!



仔犬達は結構コロコロと成長していたけれど
母犬はいつも眉間に縦皺を深く刻んだ険しい顔をして
身体中怪我や傷でボロボロで…
それでも毅然とこちらを見据える。
その清冽な姿に……私は惚れたんだなぁ。(きっと)

















fc2blog_2017042021084935e.jpg















人間不信もひどかったサマンサは
保護した後も身体を拭くことも、
ブラッシングする事も威嚇してさせず、
散歩に連れ出すにしても
目を合わせることもなく、
ひたすら脱走を図っていた時期もあったし…
道をすれ違う車すべて、
出会う人、動物すべてに吠えついて
困り果てる時もあったけど…
今の家に私達と引っ越して来たあとも
犬小屋を壊して脱走して、
ご近所さんが仕事場に連絡してくれて
連れ戻りに仕事を抜けて帰って来たことも
一度や二度じゃない!
連れに戻っても素直に捕まるわけもなく
途方に暮れて怒りつけた日だっていっぱいあった。

あぁ、思い出したらキリがない…(笑)

触らせなかった身体を
触れるようになるまでにいったい何年かかったか…
(もう、忘れちゃったな)

大変だった事はたくさんあったはずなのに

今は、もう…

楽しかった事しか思い出せない。


笑って、笑って、幸せだった…















fc2blog_20170420193138079.jpg















ダリと一緒にお散歩




(この頃はまだムチムチだね)















fc2blog_201704201931592ea.jpg
















ダリを先に見おくって…………
















fc2blog_20170420193359697.jpg













サクラも先に逝って…



サマンサの子供達はもう誰もいなくなった…

















fc2blog_2017042019344431a.jpg
















去年の初夏

















fc2blog_20170420193737abe.jpg















真夏の暑さに危うかった………

















fc2blog_20170420193831e58.jpg















秋からは介助しながらの歩行
















fc2blog_20170420194302262.jpg















今年の1月15日



後脚の血管が老化による劣化で裂けて


いよいよ後脚が動かなくなった
















fc2blog_20170420194743d39.jpg















抱えて歩く散歩道



















fc2blog_20170420200301639.jpg

















桜の花の下を一緒に歩いたこの春














fc2blog_20170420200430bfc.jpg

















最期の日は晴天の日曜日





抱えて歩いた最期の散歩


















fc2blog_20170420200501de6.jpg
















疲れて眠った寝顔は



幸せそうに見えたんだ………












感謝しかないよ



ありがとう サマンサ。



















fc2blog_20170420200603227.jpg














ついさっき、花が届いた。

















fc2blog_20170420200650768.jpg















嫁いだ相方の娘からの


サマンサへのお供え花












そうだね。

サマンサの魔法に一番にかかったのは貴女だったね(笑)



















fc2blog_20170420200721b1f.jpg















サマンサに似合う明るい色の花束♪


ありがとう。



















fc2blog_20170420201435ae3.jpg



















尽きぬ想いが駆け巡る






感謝の想いに満たされる








ありがとう、サマンサ。













☁︎

想いは巡る

fc2blog_2017042109101888e.jpg

















fc2blog_20170420193933f54.jpg

















fc2blog_20170421091151a52.jpg















fc2blog_201704201940486a7.jpg
















fc2blog_20170420194145f7a.jpg















fc2blog_20170420194348163.jpg














fc2blog_20170421090555501.jpg
















fc2blog_201704201944541c6.jpg













fc2blog_201704201945466c4.jpg














fc2blog_20170420194640901.jpg

















fc2blog_2017042109073617b.jpg




















fc2blog_20170420194743d39.jpg















fc2blog_20170420200301639.jpg
















fc2blog_2017042109013830a.jpg


















fc2blog_201704210900050e2.jpg






















fc2blog_20170421091239b53.jpg














抱えて歩いた散歩道




幸せだった




幸せだった







ずっと




抱えていたかった










想いは巡り



想いは巡り






今はまだ


想いの中で過ごしたい










☁︎














辿る道

fc2blog_201704222014268ea.jpg

















初夏の空















fc2blog_20170422201501761.jpg















春を連れていった


君の名残りを探す道

















fc2blog_201704222015242f5.jpg















君の思い出を辿る道
















fc2blog_201704222016018b2.jpg















鮮やかな若葉の緑
















fc2blog_20170422201629b88.jpg















見事に新緑の季節になった
















fc2blog_20170422201656a01.jpg
















空を見上げて
















fc2blog_20170422201719e25.jpg
















空を見上げて


君の名残りを探す道

















fc2blog_201704222017585f2.jpg















一週間前の今日は君は居た



フライドチキンとウィンナーを食べたんだ





今日、あの時と同じフライドチキンを買って来たよ。

















fc2blog_201704222018300f8.jpg















ルパンとキャロル
















fc2blog_2017042220185805d.jpg














ふたりの視線がシンクロしてる



















fc2blog_20170422201927779.jpg


















「何で、サマンサの気配を感じ取れないんだろう…」



気配を見つけられなくて


つい、口に出た言葉…。










相方が笑いながら言った。



「まだ抱えて散歩してるんじゃない?」



















fc2blog_20170422202121649.jpg















サマンサが逝った日から

妙にルパンが私を見つめる。

最初は泣き顔の私を心配して

見つめているのかなと思ってた…







私の中のサマンサを見てるの?



















fc2blog_20170422202156f0e.jpg


















そうなのかな?



そうならいいな。




そうあってほしいな。





此岸にいる間は

私の中にいてくれたら嬉しいな。

















fc2blog_20170422202059c4f.jpg
















毎日、一緒に風景を見よう。


ルパン、キャロル、ポアロ、


みんなと一緒にお散歩行こう。


















fc2blog_20170422202412e24.jpg



















でもね…



動かなくなった身体から解放されて


君は自由に動き回れる


痛くない、


苦しくない、


行きたいところに行けるよ






















fc2blog_20170422202436633.jpg















君の遺骨は花の奥


君が此岸にいるうちは


花をきらさず飾るから


帰り道は困らない。






行きたいところに行って、


食べたいものを食べて、


楽しく過ごしておいでね。














☀︎

【初七日】

fc2blog_20170423182538adb.jpg














雲ひとつない晴天の日曜日

















fc2blog_20170423182605717.jpg
















里山の新緑は鮮やかで


芽吹きのエネルギーをすごく感じる

















fc2blog_20170423182629323.jpg













ホーホーホケキョ……ケキョケキョ……


鶯の声が響いている


今年は鶯の鳴き始めが遅かったね





ツィー…ツィイー………


ケケケケ…ケキョケキョ…



野鳥の声が降ってくるようだった…

















fc2blog_20170423182656aaf.jpg














太陽の光をはじく若葉の緑















fc2blog_201704231827199f8.jpg


















木陰に涼を求めたいくらいの昼間の暑さ



やぁ、すっかり季節は初夏だね。


















fc2blog_201704231827502b3.jpg














道端の篠懸(すずかけ)が白い小花を咲かせ始めた


















fc2blog_201704231828123cf.jpg














花の向こうに相方達が見えている




道端に座って休んでる

















fc2blog_20170423182834515.jpg
















眩しい光の中


幸せそうなシルエット
















fc2blog_20170423182857309.jpg
















(あら、みんながこっちを見てる♪)










意図していないのだけど
時々写真が大ブレして撮れる………。
iPadの写真だから撮る時に何か失敗しているのかも知れないけど
私の心情的には印象的な写真になっているようで実は好き。

サマンサの見ている光景のように思えて
とても大切な写真に思えてしまう…


うん。

きっと、

サマンサの目が写した写真なのだと思っていよう(笑)

















fc2blog_20170423182922c32.jpg















ふふっ♪


お前達にはどう見えているんだろうね。















fc2blog_201704231829498b5.jpg















fc2blog_20170423183024d51.jpg















fc2blog_2017042318304859e.jpg













fc2blog_20170423183128cef.jpg















fc2blog_201704231831579fc.jpg














fc2blog_20170423183225a55.jpg















楽しそうな光景♪
















fc2blog_2017042318325186b.jpg














ね、ルパン♪




幸せだよね♪



















fc2blog_201704231833225ee.jpg















「この暑さじゃあ、サマンサは嫌だったろうね。」



「暑さに弱かったもんね。」





だから


春の終わりで逝ったのかな……















fc2blog_201704231834036dd.jpg















河原の菜の花ももう花の終わり


緑の草丈が伸びて風に靡いてる…
























fc2blog_2017042318343104f.jpg















わが家の裏庭の藤の花















fc2blog_20170423183502bad.jpg














この一週間で満開になった
















fc2blog_20170423183533995.jpg














甘だるい花の香り



優しい紫色の花びらが

ひとふさごとに揺れている















ひと枝もらってサマンサに供える
















fc2blog_20170423183604c52.jpg















今日はもう、【初七日】です



この気候で花々はどんどん開いていく


どんどん追花するからね(笑)















fc2blog_201704231836278d4.jpg


















何だか夢の中にいたような六日間だったな……




















fc2blog_20170423183652eae.jpg













お水に浮かべた花は苧環(おだまき)の花





紫色の苧環の花言葉は〈勝利〉なんだって、


サマンサ、

お前はお前の運命に勝利したんだと私は思うよ。

人に裏切られ、傷つけられて捨てられた…。

野に生きる者となっても諦めず生き抜いて

私達と出会った。





人に抱きしめられて看取られる最期を迎えて


やっぱりお前はお前の運命に勝ったんだよ。






私はそう思うよ。













☀︎

何処へ

fc2blog_20170424194736cb5.jpg














廃校になった小学校の染井吉野が咲き始めた頃


小学校のフェンス越しの公民館の駐車場に


捕獲箱が設置された
















fc2blog_201704241944218a6.jpg















一度、茶トラの雄猫が

囚われていた朝があったのだけれど

飼われているような綺麗な毛並みの猫で

公民館の主事さんが出勤してすぐに

捕獲箱は開けられて

茶トラの猫は走って帰っていったようだ。

















fc2blog_20170424194507e6e.jpg














仕事場の庭の椿の花が落ち始める頃


















fc2blog_2017042419453969a.jpg
















ポピーの蕾が膨らみ始めた頃

















fc2blog_20170424194626524.jpg
















花散らしの雨風が吹き荒れた夜を越して




















fc2blog_20170424194656316.jpg















桜の花びら散り敷く公民館の駐車場から


捕獲箱は撤去されていた。









けれど、


まだ山際に設置された二台の捕獲箱は


山に向かって扉を開けて仕掛けられている




















fc2blog_2017042419483327a.jpg
















『野良犬に餌を与えないで下さい。』



『人に危害を与えた場合、

餌をあげている人が責任を負うこともあります。』






役場からの封書が送られてきたり、


毎朝の広報で放送されたりもした…


















fc2blog_201704241949170ed.jpg














仔犬達もずいぶん育って


白い犬の群れは目立ちすぎる存在になっていた…















それでも飢えさせて捕獲されるのは嫌だ!



そう思っているのは私達だけではないので

彼等は飢えてはいなかったはずなのに………

















fc2blog_2017042419495775b.jpg















二週間ほど前、

見たこともない大きさの捕獲檻が設置され、

それまで置かれていた捕獲箱二台と合わせて

山に向かって扉を開けていた。

















fc2blog_20170424195109d61.jpg
















動物園の檻じゃないのか?

そう思うくらい大きな檻。





人間の悪意がそこにはある。


見ただけで威圧感を感じるその檻に


何故だ!


キューちゃんの産んだ3匹の子犬のうちの一匹が

この檻に囚われた!



回収も早くて、

その白い仔犬は連れて行かれた……








レン君……耳垂れの白い兄ちゃん犬が

檻に向かって吠え続けていたという……




















fc2blog_20170424195133783.jpg














大きな捕獲檻の扉の空いたその先には

長閑な里山の風景で

山道の横の朽ちた納屋、

道を進んだ坂の上には

雨風凌げる空き家がある…















fc2blog_20170424195201bb4.jpg
















彼等が住処にするのにちょうど良い

人のあまり入らない山道

前脚や、後脚を失っている彼やルミちゃんには

食べ物を得やすい場所からそんなに離れられないから

この辺りまでをテリトリーにしていたと思われる。






突然、設置された怖ろしげな檻は

彼等にどれほど恐怖を与えたことだろう…

















fc2blog_20170424195229546.jpg













遅く咲いた八重桜


あの山の奥に彼等はいるのだろうか…







〈彼〉の姿が4日前から消えた。






白い犬の群れから勢いが消えた。




〈彼〉に何事かが起こったのだろうか…



年老いてきていたし、

バベシア症のマダニもこの辺りにはいる。

〈彼〉も弱ってきていた…






〈彼〉の不在は群れにとって大きい。



何処へ


何処にいるのか



まさか


このまま消えたりはしないと


私達は信じているよ…










野に生きる者達の行く末を思うと切ない



この静かな静かな山里に

長閑な長閑な花咲く山に

野に生きる者達は

傷つけられて、

追い詰められて、

命を落としていく……






せめて


自然の死を待ってあげられないものだろうか…















☀︎

記念日〈ロビン〉

fc2blog_20170425092900ce0.jpg















可愛らしい


開き始めたポピー















fc2blog_20170425092931983.jpg















日差しの中でみるみる開く


“ ぴしっ ” って音が聞こえたよ


















fc2blog_20170425093008391.jpg















蕾の殻が


片っぽづつ落ちていった















fc2blog_20170425093036cf8.jpg













ふふっ♪



開いたばかりのオレンジ色の花。















fc2blog_2017042509310945a.jpg


















(おはよう♪)

















fc2blog_20170425093144595.jpg















一日で散っていく花だから

種を飛ばしながら

どんどん広がり花を咲かせる



















fc2blog_20170425094609d21.jpg
















少し離れた砂地にも


花を咲かせていたんだよ




















fc2blog_20170425094545073.jpg















今日、4月25日は〈ロビン〉の記念日♪




去年の今日


仕事場の庭に現れた。






このレッドロビンの葉陰から


キュンキュン鳴きながら現れた。



だから〈ロビン〉って名前をつけた。


















fc2blog_20170425093656817.jpg
















『おはよ〜♪』



















fc2blog_2017042509383998b.jpg














脱走ばっかりするくせに


仕事場の庭からは一歩も出ないコだったね




















fc2blog_20170425093923bbd.jpg















毎日庭を走り回っていたからかな?


筋肉質でスリムになった(笑)


















fc2blog_20170425094029a24.jpg
















お茶目な性格は変わらんね(笑)




















fc2blog_201704250943102f5.jpg
















避妊手術も無事終わり、



気がつけば


すっかり仕事場に馴染んだコになっていたね。






















fc2blog_20170425092809e3c.jpg















鈴蘭の花が咲き始めた
















fc2blog_201704250927044a2.jpg














山躑躅の花盛り
















fc2blog_201704250932378d7.jpg















相変わらず走り回って元気なコ。

















fc2blog_2017042509330967e.jpg















先週、狂犬病の注射も終わった。




小さい頃は人間はみんな大好きだったけど

一年経って、好き嫌い、怖い怖くない、

相手によって態度を変えるようになった。
















fc2blog_20170425093336d62.jpg
















人見知りも少しするようになったし、


大人になったってことなのかな?

















fc2blog_20170425093419ac2.jpg















甘える時は身体全部で飛びかかってくるから

人間の方がヨロケちゃうよ(笑)





(力があるんだもん)

















fc2blog_20170425093537b5e.jpg















来た日を誕生日にしているからね、


今日は〈ロビン〉の誕生日♪







1歳おめでとう♪


















fc2blog_201704250926264b0.jpg















お前のお父さんやお母さん、

兄さん、姉さん、弟、妹の分まで

幸せにならなきゃ!





伸び伸びと育てよ














☀︎

それぞれの20日間(武蔵)

fc2blog_20170426191023aee.jpg














サマンサの最終章を記事にして

気がつけば20日間…





不思議ね




二年前のダリの最終章の時も

20日間、猫達の記事を書いていなかった。




そうか…


だいたい残された時間の2週間前くらいになると

私にも何かが知らされているのかもしれないね…


















fc2blog_20170426191111062.jpg














日曜日は天気の良い日が多かった



外の空気に憧れる猫達のために

玄関前にすへを用意する。
















fc2blog_20170426191324f35.jpg














サマンサ、

少しだけ場所を変えるよ。

少しの間、猫達に場所を使わせてね。

















fc2blog_20170426191158463.jpg















いつも小部屋に隔離されている武蔵、

私達が家にいる日曜日だけ自由になれる

玄関の扉を開けたとたんに

飛び出したのは武蔵だった…




















fc2blog_20170426191236deb.jpg













〈武蔵の血液検査〉



3/18 BUN 28 CREA 3.9


3/28 BUN 19 CREA 2.9


4/4 BUN 15 CREA 2.7


4/11 BUN 21 CREA 2.9


4/20 BUN 10 CREA 2.8







BUNの数値は低すぎて心配になるくらい……

CREAの数値は足踏み状態………。


























fc2blog_201704261914087ce.jpg

















それでも気分は良いらしく


久しぶりにみんなと会えて嬉しそうだ♪















fc2blog_20170426191524b9f.jpg
















日向ぼっこも1週間ぶりだもんね♪


















fc2blog_20170426191655818.jpg















静脈注射点滴時の前脚の剃った後も


黒い毛が生えてきたね♪




















fc2blog_20170426191734b81.jpg













朝、夕、150CCの生食皮下輸液、

ネフガード(粒)一日3粒、

ラプロス朝晩、一錠づつ、




今の武蔵の日課。
















fc2blog_2017042619183511f.jpg














武蔵の腎不全のタイミングはきっと良くて、

猫の腎不全に効くという【ラプロス】という新薬が

今年の1月に認可を受けて、

4/4に発売される事が決まってた。





かかりつけの病院に届いたのは4/10、

4/11から武蔵に投薬開始し始めました。

















fc2blog_20170426191927362.jpg















ステージ2〜3の猫に有効。





(CREA2.0〜5.0の猫。)




ちょうど前後して萩乃と虎鉄も血液検査をしていたけれど

萩乃はCREA 9.0!!!

(高すぎて適応外!)


虎鉄はCREA 1.6

(腎不全予備軍くらい数値が低いから適応外)





わが家では


武蔵だけが試してみられる薬。



(効いたら良いな)
















fc2blog_2017042619281171f.jpg











火曜日毎の血液検査は

10日おきに変更。

【ラプロス】の効用を見るために少し変則的になった






20日間って……



長いようで短い



(いや、短いようで長いのか?)




毎日の皮下輸液、

武蔵もずいぶん慣れてきてくれた。



お前はまだ8歳なんだからね、


まだまだ、頑張ってもらわなくっちゃ!


私達も頑張るね。



























プロフィール

風人

Author:風人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

風人

Author:風人
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR