時の刻む足音

fc2blog_20151201181147215.jpg














今日もお散歩出来たねぇ…
















fc2blog_20151201181230ee5.jpg















今日はなんだか暖かいねぇ…

















fc2blog_20151201181324820.jpg














今日はヒヨがうるさいねぇ…







見上げた空から

鳥の声が降り注いでいるようだ…


















fc2blog_20151201181510b5b.jpg















ひどい脱水症状を起こして病院に走った日から

今日で一週間


この一週間、一度も排便していなかったのだけれど

皮下輸液で水分補給が出来たからか

朝、健康そうな便がトイレにしてあったのだと

私達より先に出勤したお世話係の Aちゃんが

見つけて片付けてくれたと聞いた。

















fc2blog_20151201181405355.jpg















私達が出勤してきた時には

身体中の筋肉が緩んでしまったかのような

ぐったりとした〈もずく〉がいた。




排便、排尿がダラダラと止まらなくなっていた…





汚れてしまった身体をお湯で拭き

オムツをした




尿で濡れてしまった身体はすっかり冷えて、

私達は温める事に必死になった。















fc2blog_20151201181433895.jpg














そんな状態だったから

朝の散歩に連れ出す事をどうしようかと少し悩んだけれど





約束したものね…



湯たんぽで温めながら

庭へ連れて行ったんだ…

















外が好きなんだよねぇ…


庭が好きなんだよねぇ…


日差しが好きで


優しい風も好きなんだよねぇ…













昼間、仕事場の営業時間は

『夢路の部屋』で身動きしないくらい深く眠り…



閉店後の食事の時間や、掃除の時間には

わいわい、きゃっきゃと楽しげな

みんなの輪の中で

耳をかたむけながら居たんだよね…


















fc2blog_201512011830165fe.jpg













ねぇ〜もずく〜♪







キラキラした時間だったね♪
















fc2blog_20151201183040e53.jpg















暖かい日差しだったね♪

















fc2blog_20151201182203014.jpg















晴れていて良かったね♪

















fc2blog_20151201181550a72.jpg


















部屋に戻って来た〈もずく〉は

なんとなく満足気な表情に見えた

















fc2blog_20151201181624968.jpg













今日はもう、皮下輸液はやめた。

今日はもう、強制給餌もやめた。

口の中の渇きを癒すためだけの

ブドウ糖だけシリンジで湿らせた。





身体の中のものを全て出しきろうとしている

排便も排尿も出しつくしたように

身体中の筋肉が弛緩した







時の刻む足音が聞こえるようだ



〈その時〉がもうじき来る。











私達にしっかり時間をくれたね









「〈もずく〉、また明日ね!」


そう言って皆んな帰っていった




明日ね。













☀︎
スポンサーサイト

なんて君らしい…

fc2blog_20151202184751a11.jpg


















寒い朝


冷たい露を抱いた椿


















fc2blog_20151202184902958.jpg















君は今日も待っていた…


朝の散歩を待っていた
















fc2blog_2015120218493330d.jpg















今日は寒いからね、

湯たんぽふたつ、

掛ける毛布も一枚増し、




















fc2blog_2015120218501473c.jpg
















本当に君は朝の庭が好きだね




外の風の匂いをかぐと

嬉しそうに見えるもの♪





















fc2blog_201512021851037b3.jpg














営業時間は夢路の見守り

















fc2blog_20151202185136432.jpg















そうっとね、

そうっと見守っていてね



連れて行かれそうになったら

母ちゃんを呼ぶんだよ。



お前の声を聞いたら

誰かが私に伝えに来るから…






夢路に言い聞かせての昼間の時間。



















営業時間がもうじき終わる頃、

異変を感じた相方の伝言を同僚のひとりが伝えに来て

急いで君のもとへ走ったよ





瞳孔が開き、

口を半開きにして、

固まったような君を見て

慌てて抱き上げたら意識が戻った。




(庭で日向ぼっこをしたいんだ!)







君は、そう言ったんだよね…






ブドウ糖を少し飲ませて、

オムツを替えて、

湯たんぽを入れ換えて、










まだお客様は少し残っていたけれど

ベッドを毛布で隠して

裏庭の日向に急いで行った。














皆んなの食事の時間や、掃除の時間。

昨日のようにお世話係のAちゃんが

ベッドごと抱いて歩いて…










皆んなが帰る時間にも

君の心臓はまだまだ強く動いていた












fc2blog_20151202185225b6c.jpg















「本当にお前は心臓が丈夫だったんだねぇ…」

「本当にお前は健康だったんだねぇ…」

「なかなかラクに逝けないねぇ…」




母が涙ぐんで呟いた…













「もずく!また明日ね!」



今日も皆んなが、そう声をかけて帰って行った。








今日の君は喉が渇いていたようで

ブドウ糖を2本ペロペロと舐めきってくれたから

手元のアンプルが無くなった。




私達は

明日の君のためのブドウ糖をもらいに病院へ行ったよ

5本もらってきたんだ。




明日の君のために、

明日の君のために。




































fc2blog_20151202185453046.jpg











PM18:30…

母からの電話


『ワンコの散歩が終わって、お父さんが覗いたら

もずくは、もう、逝ってしまっていたんやと…………

ベッドの中で、苦しんだ様子もなく

眠るように逝けたみたいや…」






追いかけるように、父からの電話


「お前達が帰った時に見た時のままや…。

ホットカーペットの電気は切って、

あとは明日までこのままにしとくで」














もずく、推定14才

12月2日 推定16:30

衰弱して亡くなりました。








もずくはひとりで旅立ちました…









仕事場の同僚達の目を盗み、

私達の目を盗み、

母の目を盗み、

父の目もすり抜けて

ひとりになった瞬間に、

抜け殻のようになった身体から

ひとりで旅立ちました。















雨が降り始めた…


もずくは雨降り前に旅立ちました。









一番、一番、大好きだった父に見つけられるなんて


なんて君らしい旅立ち


(お父さんの事、好きだったものね…)










明日は

君を弔う日













君の身体は空に還る

fc2blog_201512031005058cd.jpg

















昨夜から降り続いた雨は朝には上がり



雨に打たれた花は泣いているようだった
















fc2blog_20151203100942758.jpg

















昨夜のうちにわが家の庭の花を

君のために摘んでいた

白い薔薇、白い侘助、白いランタナ、白い大手毬…








昨夜のうちに

お世話係のAちゃんにメールしておいた


『もずく、旅立ちました。
お父さんがワンコの散歩を終えて戻ってみた時には
もう息をしていなかったようです。
苦しんだ様子もなく、眠るように逝けたようです。
ホットカーペットの電気を抜いて、
そのままで眠らせています。
明日、お別れしましょうね。

いっぱい、
いっぱい、
ありがとう。』





『もずく旅だったんですね
良く頑張ってくれたよね
ありがとうございます』




毎朝、もずくを気にかけて

早く早く出勤していたから

『もう、いいよ。』

の気持ちと、感謝を込めてのメール。




ちょうど買い物途中だったようで

今朝、もずくの横に花が供えてありました。




















fc2blog_20151203101024bf8.jpg














トルコキキョウ、スターチス、カーネーション、スプレー菊…




昨夕、別れた時のまま…

昨夕、見たままの君が横たわる



すでに身体は冷たく硬くなってはいたけれど

少しだけ開いていた瞳が濡れているようだった…




少し排尿していたオムツを外して

君の身体に花を添えていった














fc2blog_20151203101109d6d.jpg
















庭が好きな君だったから

最期の時は庭で過ごそうと決めていた







庭のいつもの場所にベッドごと移動して

朝の空気の中に置いた









そして


私は


花を摘む



君のために


君のために




















fc2blog_20151203101148ae1.jpg
















赤い椿、白い椿、白い山茶花…


君の身体に添えていく





お世話係のAちゃんが

カリカリ、猫缶、そして

猫草とちっちゃな苺を持ってきた




父を好きな君だったから

父の好きな紅葉も供えようと、

綺麗な色の紅葉を飾った
















fc2blog_20151203101622524.jpg















君の身体は花に埋もれて


仕事場の同僚達に

別れの言葉をかけられながら




AM11:00にペットセレモニーに

父の運転する車の助手席に乗って行った…


















fc2blog_20151203101854644.jpg

















もずく…


















fc2blog_20151203101832175.jpg
















もずく…

















fc2blog_20151203101932abe.jpg


















迷い猫だった君


君の生まれ育った場所は

分からないままになったけれど


君は

君の意志で

この庭を住処とした





だから

君は

もう、此処の猫だよ




生まれ変わる時も

此処に来るんだよ。
















fc2blog_201512031005528b9.jpg














椿の花影に
















fc2blog_2015120310090032a.jpg















紅葉の木陰に




君の姿を探すけれど


君の姿は見あたらない









寂しいよ…



















fc2blog_201512031826540d6.jpg














雨は上がっても薄暗い空だったけれど



君の身体が空に還る頃には


不思議に晴れてきたんだよ















fc2blog_20151203182721dad.jpg












強い風が吹いている



君の身体は空に還る

















fc2blog_20151203182755c99.jpg














君の身体は空に還り、



君の魂は此処に戻る






皆んなが そう信じてる








早く生まれ変わっておいで、


きっとすぐに会えると信じてる。






また会う日まで


さようなら…












☁︎

君の名残

fc2blog_201512041831188b4.jpg















そらに きみの こえを きけり





この庭には

君の思い出が満ち満ちている
















fc2blog_20151204183357b20.jpg













弱ってきた君を

気持ちよく眠らせてあげたくて

同僚が描いた柔らかな注意書き


















fc2blog_20151204183443bd0.jpg















君が昼寝する場所に貼り付ける予定だった




仕事場の庭の喫煙場所の一角

いつも君が昼寝する所



お客様の中でも猫好きな人とか、子供達は、

眠っている君にたいてい気づいて近づく

撫でたり呼んだり

調子のいい時はそのままでも良かったのだけど

弱りはじめて起こされてよろよろと移動していく姿は

見ていて辛いものだったから

“ 見守ってほしいな… ”

の気持ちを込めて作られた文字だったけど



君がものすごい勢いで衰弱したので

この札は使われなかった…



いつでも貼り付けられるように

用意したまま置きっ放しになっていたよ。




















fc2blog_2015120418365797c.jpg

















人のざわめきが好きだったから


どこで眠っていても


目立ったものね…





















fc2blog_20151204183935204.jpg


















静かに眠りたい時に

いつも君が寝ていた庭の裏



















fc2blog_201512041840028ff.jpg















焼杉の板壁に爪痕を見つけたよ


















fc2blog_20151204184043676.jpg
















杉板をバリバリと爪とぎする音を

今日、仕事中に聞いたよ。



いつも君がたてていた音だ。





君の名残は


其処此処にありすぎて


微笑んでしまうね…
























fc2blog_20151204184124012.jpg















もう一つ、同僚が見つけたよ。


土産売り場の搬入口、

熱を遮断するためのスポンジ仕様の引戸。



















fc2blog_20151204184152bbf.jpg
















思いっきり残っている君の手形(笑)











一度、ここに閉じ込められた夜があったんだよね(苦笑)

こっそりと人目を盗んで奥で隠れていて

夕方の施錠の時、締め込まれちゃったんだよね…

翌朝、鍵を開けた私の前に

欠伸をしながら中から出て来た君に

驚かされたけれど、

笑い話になったね。













fc2blog_201512041842193dd.jpg














一晩中、トイレも我慢してたんだよね…




自分から隠れておいて

見つけてくれなかったからって

腹立ちまぎれに引き戸に爪をたてたのかなぁ…







それとも、

押したり引いたりして

開けようとしたのかなぁ?



肉球のあとまで押されて残っていたんだよ…




思い出して笑っちゃったよ






















fc2blog_2015120418432840d.jpg














君の身体を

空に還したのは昨日の事なのに




笑って思い出せる日々の名残…
















fc2blog_20151204184439aa6.jpg











よく、ここで水を飲んでた…















fc2blog_20151204184521327.jpg












よく、ここで、おトイレしてた…













fc2blog_20151204185456eb0.jpg














よく、ここで座ってた…














fc2blog_20151204185616ce8.jpg

















よく、ここで空を見てた…




















fc2blog_20151204201818c0b.jpg



















「いつも、何時でも、暗うなって帰ってきたら

どっからか足もとに来て

一緒に家の中に入っていたんやけどな…」



「もう、誰も待っとらんのやなぁ…」




父が寂しそうに母に言っていたらしい…





両親の住む母屋は50メートルくらいだけ仕事場から離れていて
食事や風呂は母屋で済ませるのだけれど
仕事場の防犯の為と、
老犬3匹(サクラ、リリー、サリー)
外猫(クロエ、マロ、ウー、ミー)、外中自由な(もずく)が居たから
父は夜、眠る時には仕事場の2階の部屋を寝室にしていた。







君はお父さんが好きで

いつも眠るのは父の部屋で父と眠っていた







君が居なくなって


一番寂しいのは


父なのだろうと思う…











君への名残は尽きないね…














☁︎
















追憶(もずく)

fc2blog_20151204183542f32.jpg













一枚の写真がある




お客様が撮ってくれた




仕事場の猫〈もずく〉














fc2blog_20151205114217a4f.jpg














君と出会ったのは
10年前の12月初め…
ちょうど今くらいの時期だったね



夜明け前、突然現れた君は
痩せて、
汚れて、
声のしゃがれた猫だった



とてもお腹を空かせていて
仕事場の出汁を作る匂いや、
天婦羅を揚げる匂いにつられたんだろう
キャットフードをあげたら
ガツガツ食べて、どこかへ歩いて行った

そのまま流れて行くのかなぁ…
そう思っていたら
仕事場の営業時間になると再び現れて
今度はお客様の丼の食べ物を狙い始めた!


慌てて椅子から降ろしても、
いつの間にかやって来て
枯れた声で
「何かおくれ!」
って鳴いている。


お店としては困ってしまう猫だった。



その頃、家の中には老猫が5匹くらいいた頃で
家の中には入れられず、
外にはクロエが血気盛んな頃で
夜中には喧嘩の声が響いていた。



毎日やって来る君に私達も困り果て、
父が車に乗せて離れた場所に君を連れて行った。
1度目は、仕事場から遠くない橋を渡った場所、
猫好きな人が住んでいる家の庭先に
君を置いたのだという…

翌朝、君は当たり前に戻って来てた。
(お父さんは困り顔だったよ)

そして、
君は、もう一度連れて行かれた。
2度目は、雨降りの日。
ずいぶん遠い場所、山をひとつ越した山間の隣町、
野良犬や、野良猫にエサを与えている事を知っている
牧場の入り口にあるお堂の中に置いてきたという…

辛かった…

後悔して道を遡っても、もういない

暗い気持ち。





一週間後…
やっぱり夜明け前、
申し訳なさそうに君は現れた!
雨で身体が濡れて汚れて
鳴きもせず、
「戻って来てしまったんですけど…」
こちらの表情を伺うように
庭の入り口から私達を見ていた。
(お父さんは泣いたよ)


「ごめんな…ごめんな…

もう、わしはよう連れて行かん!」


そう言って、父は泣いた。

その日から、君は父の《特別》になったね。
そして、不思議な事に、
君はこの日から
お客様の丼から食べ物をもらおうとはしなくなった。
座っている君に、お客様の方が食べ物を与えようとしても
全く食べないで居られるようになった。
私達の会話を聞いて理解したのか
気持ちを汲んでくれたのか
不思議だったけれど
この日から
君はキャットフードだけを食べる
仕事場の看板猫になったんだ。


















fc2blog_20151204183740e7a.jpg



















どうやって戻ってこられたのか分からないほど遠い道のり、
未だに、分からない…

ただ、分かった事は、
こんな距離を帰ってこれる君が、
多少、遠い所から迷って来ても
帰ろうと思えば帰れるんじゃないか?って事。

若しくは、長距離のトラックなどに乗り込んでしまって
〈もう帰れない〉と、自分で思うくらい
遠い遠い場所から来たのか?

どちらにしても
君は去勢済みの雄猫で、耳先カットもなかったから
どこかの誰かが飼っていた猫には違いない。

人馴れの仕方といい、
3才前後の推定年齢の割には老けている所といい、
穏やかな初老の人に飼われていたような気がするのだけれど
10年前には迷い猫の飼い主さんを探す術は
新聞に出すくらいしかなかった…

仕事場の掲示板に張り出したりもしたけれど
君を君の飼い主に返してあげる事は出来なかった。
君がしゃがれてしまった声で
「ガー!」って鳴くたびに
迷った時にどれほど泣き続けたのだろうと
想像して切なくなったよ…



営業時間には必ず人前に現れて
自分の姿を見せるのは
飼い主さんを探してなのかと思った事もあったけど、
そんな風にお客様の前に堂々と寝姿を披露する君は
いつの間にか、仕事場の看板猫になっていったね。














fc2blog_20151204183835cc5.jpg



















この12月で10年目…



2010年中に家の中の老猫たちは天寿を全うし、
家の中に猫は居なくなった。

順番で言えばクロエを家の中に入れてあげる予定だったけど
クロエは家の中に入る事を拒んだ。
そして、君が家の中外自由な猫になり、
夜は父のベッドで一緒に眠ってた。

人間は好きだけれど自分以外の猫が嫌い。

君は、10年前のあの日以来
父を下僕のように扱って、
毎日、笑い話になるような事をしながら
お父さんと一緒に歩いてきたんだね。

お父さんの2階の部屋の窓の網戸はボロボロに破れている。
夏の夜、
夜遊びして帰って来た君は
屋根に上がって父の部屋の窓を外からバリバリ引っ掻き、
「帰ったぞ〜!開けろ〜!」と、呼ぶ。
すっかり寝入っている父がその音で目を覚まし
窓を開けた時には、もう網戸は破れていて
その破れた間から君が飛び込んできたらしいね…


お父さんが、よく言っていたよ。
「夕べ、もずくに噛まれてなぁ…」
深夜、眠っている父の頬に近づき、
「撫でろ〜!」と、擦り寄り
眠いながら両手で顔や身体を撫でていたけど
眠気に負けて手を休めた途端、
噛みついたんだってね。(笑)
お父さんの手には、
君につけられた傷がいつもあったね。



よくまあ、ずっと強気でいたよねぇ…



お父さんねぇ、
昨日、部屋の掃除をしていたよ。
君との思い出の布団や枕を干したり、
君の毛が床に舞っているのも
掃除機で吸い取っていたよ。

なんだろうね…

君がいなくなった寂しさを
部屋を片付ける事で紛らわしているようだったよ…

思い出を整頓していたのかもしれないねぇ…




誰もいなくなった…と、

寂しい気持ちの父が

君を最期まで見送ったんだよ。















fc2blog_20151205121300bff.jpg


















君の写真はもう増えない


でも



忘れないよ


忘れられないよ



君は


2度捨てられたけど


2度戻り


捨てた人間を許し


そこを住処と決め


そこで寿命を全うした。






あの時


帰ってきてくれてありがとう。





あの時


帰ってきてくれたから


私達は悔やまない人生を送れそうだ



感謝の気持ちで


君を送り出せたんだ













fc2blog_20151205114149752.jpg














10年前の捨てた事実を描く事は迷ったけれど
その上に築かれた君とお父さんの絆を伝えたくてね。
だって、ありのままなんだものね…


















fc2blog_20151205114427b37.jpg















昨夜、お花が届いた。




いつも気にかけてブログを読んでくださっているMさん。


お正月に会える予定だったから
〈もずく〉にも会ってもらえると思っていたのに残念です…




いつも

いつも

ありがとう














fc2blog_201512051145113a4.jpg













仕事場のコ達は
四十九日までは仏壇の横に置いて
(もともとは住居だった所なので仏間もあります)
毎朝、私がお水をかえて、お経をあげます。

四十九日がきたら
庭の一角、今までのコ達が眠っている場所に
一緒に納骨します。




それまでは

のんびりと


君らしく過ごしていなさいね…











また会える日を

楽しみにしているよ











☁︎








オコリンボお嬢

fc2blog_20151206175007582.jpg














7月半ばに手元に来て、

猫風邪をうつさない為に

預かりを申し出てくれた同僚に預けていた山葵。




コクシジュームの駆除に30日かかり、

ワクチン2回を終わらせた頃には

避妊手術の時期が来ていて

浅葱と仲良くなれて、

フタリ同じ日の避妊手術と、

【運】がよくて、【縁】があれば

フタリ一緒に(〈アサリとシジミ〉という名前になって)

里親さん候補宅へ、まずは、山葵からのトライアル。

そんな話も出ていたのだけれど、

【縁】が無かったのかなぁ…







《年末年始には預かれない》

もちろん、そんなに長く預かりをお願いするつもりもなかったのだけど

気がつけば12月!


避妊手術の抜糸が終わったら

連れて帰る予定が

〈もずく〉の急変で先延ばしになり、

ずいぶん遅れてしまった引き取り……


(ごめんね…)










土曜日の夜からわが家へ。

















fc2blog_201512061751042b4.jpg

















預かりをしてくれていた同僚宅を

すっかり〈わが家〉だと思っていた山葵。



大事にされ、

先住猫のフタリの兄ちゃんとも仲良く暮らし、

今更、なぜ自分だけが

お家に帰れないのか理解するのは難しい…





険しい顔のオコリンボお嬢。










同僚の子供もクリスマスのプレゼントのサンタさんへのお願いに


『 わさび 』と、手紙を書いたのだけど、

3匹目となると難しく、


「生き物はダメ!」

と、言われたらしい(苦笑)




もともと、一匹ならと仔猫を見に行って、

兄弟二匹をもらい受けてくれた同僚夫婦。

三匹目は無理なことは最初から分かっていた事、






ただ、

山葵には

分かっていなかった事。






長くお世話してもらっていた事が

山葵にとっての辛さになっちゃったね。




年末までに馴れるために

さて、

わが家へのトライアル。



















fc2blog_20151206175149e1c.jpg















わが家に来て5時間。

ゲージに引きこもっていた山葵を

出る気にさせる突破口は〈甘露〉でした。














山葵は、外での怖さはあまり知らないままに保護され、

警察署に持ち込まれ、

保健所に連れていかれる前に、

駐在さんからの話で

私が引き取る事にした子。





甘露も、そんなに怖い思いをせずに

私達に保護された子。




似た者同士、

気持ちが分かるものなのかもね…















fc2blog_20151206175224dfe.jpg













まずは、少しだけ探検中。
















fc2blog_20151206175340821.jpg















ちょうど、夢路の浣腸中…





いっぱいいる猫達に

山葵の目はまん丸になってた(笑)
















fc2blog_20151206175427101.jpg















fc2blog_2015120617550708d.jpg














fc2blog_2015120617555723e.jpg













不思議な生き物に見えているんだろうな………(笑)














fc2blog_20151206175628d90.jpg















プピプピ〜〜、プヨプヨ〜〜、


どんな時もマイペース。


伸之助って言うんだよ。


見ているだけで笑えるよ。
















fc2blog_201512061757113f4.jpg













ずっとうなり続けながら

自分で居られる場所を見つけた。



夜明け前にトイレも出来た。



フードとお水は

この場所に置いたら食べた。


















fc2blog_20151206175757167.jpg














ここに置いてあった『菜月の部屋』


ミッチリだけど

中に入っていると安心できるらしい…



















fc2blog_20151206175831f7e.jpg












布一枚挟んで

甘露と文太がひかえています(笑)







オコリンボお嬢がフッフッ!!シャッ!シャッ!と怒っても

うちの子達は怒らないよ。



気持ちが落ち着くのを

みんな、待ってくれているみたい。







みんなが優しくて嬉しいよ♪













山葵は、

〈お家を持っていた子〉だから、

うちに馴染むのは少し時間がかかる事は分かっていた事。







気長に行きましょ、


気長にね。














一週間くらいは

仕事場に連れて行って

今までのママ(同僚)に合わせてあげる予定。

ママにはいっぱい文句言うかも知れないけれど

それは想定内の事だから



早くわが家に慣れてくれたら良いな。





預かってくれていた同僚にも、

同僚の子供達、パパ、風太、甘太兄弟、

辛い思いをさせてごめんね…





長い間、

家族として生活させてくれてありがとう。




山葵を幸せに育ててくれてありがとう。





ありがとう。













☁︎


オコリンボお嬢 2

fc2blog_20151207183814042.jpg















暮れなずむ山々

野焼きの煙となびく雲















fc2blog_201512071839084dc.jpg












オコリンボお嬢は

今日もウ〜〜ウ〜〜!唸ってる♪

元気♪元気♪















fc2blog_20151207183947d54.jpg















ロフトへの階段を何度も何度も上り下り
















fc2blog_20151207184022f28.jpg















唸っているけど

ずいぶん馴れたよ♪















fc2blog_20151207184103f6e.jpg













今朝、一緒に出勤して、

預かりママに会えた時、

ママの鼻に齧りついたんだって(苦笑)


ママは土曜日の夜、

甘太兄ちゃんにも鼻を噛まれたんだって、

甘太兄ちゃんは

「わ〜さ〜!わ〜さ〜!」って、

山葵を探しているんだって、

ママに

「どこへ連れて行ったの〜!」って、

かみついたみたいだってさ。

















fc2blog_20151207184146efe.jpg














山葵も、

今日はママの所へ帰れるって思ってたんだろうけど

ママが

「バイバイ、山葵。また明日ね。」って、

帰って行った時

もう、風太、甘太兄ちゃんには会えないのかも…と、

感じたのかも知れないね…














唸ってはいるけれど

ひきこもってないものね。

















fc2blog_201512071842162fd.jpg















階段から下を見たら

こんなに呑気な白黒猫が転がっているし…



山葵が唸って怒っても

誰も怒らないし…





みんな優しいと思わないかい?















fc2blog_20151207184306146.jpg














なっちゃんも根気よく姉ちゃんぶってる(笑)












「ほら、ここでお水飲むのよ」









まだまだ、オコリンボお嬢だけどね(笑)




きっと、大丈夫だよ♪





















fc2blog_201512071843357a0.jpg





















今日も、あちこち探検中♪


昨日より今日が伸び伸びしてる…

頼もしいね♪














fc2blog_20151207184626585.jpg


















新しく猫を家に入れる時、
先住猫のストレスが一番気がかりで、
わが家も昔は気をつけて
最初はゲージ越しに顔合わせさせて
しばらくは隔離している方が良いのかな…
そう、思っていた頃もあったけれど
ここまで増えると
どのコも保護したコ達ばかり…
自分達が越してきた道だからなのか
新しいコをすんなり受け入れ、
新しいコの威嚇も
不安だからなのだと分かっているみたい…


一日一日、馴染んでいくように見える事は
とても嬉しい事だよ。


ウチのコ達への信頼感。


嬉しいね。














☁︎















仲良しさん♪(慈雨と浅葱)

fc2blog_20151208185250931.jpg















寒い朝だったけど

その分、昼間は晴天。

青空に白い雲がゆったり流れてた
















fc2blog_201512081853215de.jpg















ふっくら、むちむち、

浅葱の太もも

















fc2blog_201512081853480b8.jpg














浅葱の寝相は少し変。




右脚が伸びたままなんだ

















fc2blog_20151208185418ee4.jpg














浅葱の右脚は靭帯断裂している




筋肉がついたから

歩いたり、走ったり、跳んだり出来る。





でも、

リラックスして

力を抜くと

右脚はダラ〜〜ンと、伸びちゃう…
















fc2blog_20151208185450d1c.jpg














「レディを枕にするなんて信じられない!!」




もたれかかられてイカ耳の浅葱(笑)


















fc2blog_20151208185520e7b.jpg














「全く、…もう。」





自ら、永遠の末っ子宣言している慈雨。


(お前は、もう2才半だよ〜)(苦笑)















fc2blog_20151208185548642.jpg














のほほん…ジュッちゃん、

なんだか気がぬけるねぇ…
















fc2blog_20151208185619b2e.jpg














今年生まれの浅葱にも

兄ちゃん扱いされてない…






お花の咲いたジュッちゃん、


いつも幸せそうだねぇ…















fc2blog_20151208185646ae5.jpg
















仲良く眠っているようだったけど…



















fc2blog_20151208185717ba2.jpg














よく見たら、

慈雨のお腹を足で蹴っているみたい(笑)










仲良しさん♪












☀︎

【花寂し】

fc2blog_20151209144021f65.jpg


















花寂し








〈サクラ〉の時間は止まりました




食べることが好きだった〈サクラ〉




最期の日まで食べることが出来ました









穏やかな表情で




眠るように




静かに 静かに




逝きました













認知症が出はじめて二年、



癲癇の発作を起こして一年半、



お世話させてくれて




ありがとう





















fc2blog_201512090811008b4.jpg















12月9日



午前0時を過ぎて間もなく






サクラ 16才


(あともう少しで17才でしたが…)





老衰にて逝きました








本日午後1時


身体を空に還します




今日が晴れていて本当に良かった















☀︎

【花埋み】

fc2blog_20151209075519fe0.jpg
















AM4:30

父からの電話




「サクラがのぉ…逝ってしもうた。もう、冷うなっとるんや…」









冴え冴えと星の輝く夜



サクラは思い通りに動かなくなった身体から

魂を解放させました。











8時.10時半.1時半…………


サクラが気になって父は夜中、何度も見に来ていた。



サクラが呼吸をしていないことに気づいたのは1時半の時。

冷たく硬くなる前に…と、

まだ温かみの残るサクラの身体を

毛布を敷いたダンボールの箱に入れ、

毛布を掛けて朝を待った。


















fc2blog_20151209075551a2f.jpg















サクラ、


夜が明けるよ。

















fc2blog_20151209075617d60.jpg

















お前が散歩に行けていた時、


フタリで見ていた夜明けだよ。

















fc2blog_20151209075713d70.jpg
















昨日の朝から前兆はあった……



四肢が震えて立つことも出来なくなった。


ご飯は食べたけど、


呼吸音が変化していた。





「ゼェェェェェェ…」


苦し気な呼吸…



眼窩が落ちて、

目が小さくなった…


















予想出来ていた今日だった…



















fc2blog_20151209075757cad.jpg














紅葉の下を歩いたね…














fc2blog_20151209075840b5e.jpg


















白椿がサクラの為に咲いてくれた















fc2blog_201512090759100cd.jpg















草の上が好きだったから

羊歯を身体の下に敷きました。


















fc2blog_2015120907593458a.jpg























雪柳


時知らずで咲いてしまった枝を


「サクラと一緒に行ってね。」


って、サクラの身体に添えました。



































fc2blog_20151209080009c95.jpg















赤い紅葉、



















fc2blog_20151209080038dfd.jpg














白椿…















fc2blog_20151209080126291.jpg



















南天の赤い実




庭の花…


咲いている花を全て摘んで


サクラの身体に添えていく…















fc2blog_20151209080200526.jpg

















もずくを見送って一週間






この一週間で

父は3度目の見送り…










12月3日にもずくを…


12月7日に実の姉を…


そして12月9日、今日サクラを…







父にとって近しい者達が逝ってしまった…


























fc2blog_20151209092605c2e.jpg













一昨日は父は自分の姉の葬式で、夜、家に居なかった。





サクラは、見送ってほしい父がいる時に

その時を迎えた。



サクラは、

逝く時を自分で選んで逝ったんだ…










寂しいけれど

さようなら…









フードもおやつもいっぱい持たせた。

おにぎりもパンも、鳥の唐揚げも持たせた。




食べる事が一番好きだったサクラ、


旅立ってもお腹を空かせる事はないように、






お前は

穏やかな顔で旅立つ…






もう、苦しくないね、

もう、痛くない、







緑の草地で微睡むような


そんな顔で旅立った…








さよなら…





サクラ











☀︎



追想(サクラ)

fc2blog_20151210181231cef.jpg

















昨夕…

サクラのお骨が帰って来る頃

空がとても綺麗だったんだ…








沈む太陽の

最後の光に反射して

美しい彩雲が

キラキラ輝いていたんだよ…









サクラの無垢な魂が

彩雲とともに空に還っていくようで

なんだか嬉しかったんだ…



















fc2blog_20151210181155b05.jpg













元気な頃、

16Kgあった体重は、7.6Kgまで痩せて


その身体は焼かれてさらに軽くなり


小さく、小さくなって


骨壷に入って…


もずくのお骨と共に並んでいます。














(しばらく、ここでいようねぇ…)



(毎日、お前達の為に祈るよ…)




(安らかに…と)



















fc2blog_2015121018103476f.jpg
















毎朝、ここでご飯を食べさせていたんだ…


毎朝、目ヤニをとっていたんだ…


毎朝、顔を拭いて


毎朝、傷口を消毒して、手当てしていたんだ…









今日は、もう、何もする事がない…


今日は、もう、ここにサクラはいない…













毎日、日課のようになっていたから、


ポカンっと、時間が空いて


淋しさが押し寄せてくる…






















fc2blog_2015121019034960a.jpg















サクラから表情が消えて、

それでもわずかな感情を読み取ろうと神経を張りめぐらし…




サクラが歩けなくなって、

それでも歩きたいと言っていると感じた時には

介助しながら支えて歩き…




サクラが立つ事も出来なくなった時には、

口元までフードを運び…





いっぱい、

いっぱい、

お世話させてくれたねぇ…












最期の朝ごはんの時、

パンに埋め込んだ癲癇のお薬を食べさせるため、

口の前に持っていった指をサクラに噛まれた私の父、

あの時の噛み傷は

父の左の人差し指に刺青のように痕を残した。







「サクラが、忘れんようにって残したんかなぁ…」




父はそう言って、その傷を撫でていた。














サクラは

春にも、夏にも、秋にも……

もう逝ってしまうのだと思うくらいの状態になっていたから

覚悟はあったはずなのだけど






やっぱり



居なくなるのは辛いなぁ…





















fc2blog_20151210193240f61.jpg















若かりし頃のサクラ



里子に出して、戻された頃。


あの時、戻してもらえて良かったよ。
























昔、昔の思い出さ………
















fc2blog_201512101929384dc.jpg























fc2blog_20151210193012a1b.jpg
















出会った頃のお前達……












もう、


サマンサを残して


みんないなくなった…

















fc2blog_20151210193045898.jpg


















あぁ…



サクラとダリ









小さい頃のお前達




可愛らしかったね…




















fc2blog_2015121019315200b.jpg













不自由だった身体から解き放たれて


軽くなった魂で


走り回っておいでよ





どこまでも走っていける


どこまでも飛べるよ














看取りの時間を


私達に与えてくれて


本当にありがとう…












☁︎

オコリンボお嬢 3

fc2blog_20151211183405c67.jpg














オコリンボお嬢、山葵


お嬢は

月曜日と火曜日の2日間は

私達と一緒に出勤して

仕事場の山葵の部屋で過ごしていた。















fc2blog_2015121118343549d.jpg














預かりをしてくれていたママとも会えて

同僚達にも可愛がられ、

美味しいオヤツももらえるし、

良い事ばかりでしょう…
















fc2blog_20151211183504cce.jpg














一週間くらいは

通うことになるだろうと思っていたの





一週間くらいすれば

わが家にも慣れて

浅葱の時のように

「お家で居るよ。もう行かないよ。」って、

自分で言う日が来るまで

仕事場に通おうと思っていたの…


















fc2blog_20151211183557b35.jpg











わが家でのお守りは

甘露が「僕の番だね!」って出てきて、

オコリンボお嬢を見守っていた。
















fc2blog_20151211183643e98.jpg














階段で遊びはじめたのも

甘露が誘った



ちゃんと兄ちゃん出来てるんだね♪
















fc2blog_201512111837189d9.jpg














先住猫10匹


新人さんが戸惑うのも無理ないことだから

わが家と仕事場を往復しながら

ゆっくり慣れていけば良いと思っていたの…
















fc2blog_20151211184017586.jpg














甘露が見ていない時には

ちゃんと次が控えてる


文太と虎徹…













fc2blog_20151211183833584.jpg













ロフトに駆け上がっていった山葵を

心配気に見つめる文太















fc2blog_20151211183803ed8.jpg














追いかけて、心配して…


















fc2blog_20151211183907084.jpg














下で見ている虎徹も

















fc2blog_20151211183939011.jpg
















僕らは怖くないよってアピール…


















そんな風に過ごしていたせいなのかなぁ…


水曜日、

山葵は仕事場に行かなかった。
















fc2blog_20151211184110f29.jpg













朝、山葵のゲージの口を開けて


「山葵、行くよ〜!」

って呼びかけてる。





















fc2blog_20151211184202616.jpg











月曜日は飛び込んだ!

火曜日は少し考えているようだったけど、
捕まえてゲージに入れた。


水曜日からは
「もう行かないよ!」って言って
ロフトに上がって出てこない…






「ママに会えるよ〜!」って呼んでも出てこない…


もしかしたら

月曜日、連れて行った時、
山葵はママと一緒に帰れると思っていたのだろう…
ママにゲージに入れられて
「山葵、バイバイ」って言われた時に
山葵は、もう帰れないのかも…
風太兄ちゃん、甘太兄ちゃんにも
もう会えないのかも知れない…

そう、知ったのかも知れない…
















fc2blog_20151211184239ea2.jpg












水曜日からは

山葵はもう仕事場には行ってない。

ママにももう会ってない。



わが家での生活に慣れるための努力をしてる。















fc2blog_20151211184305f2e.jpg











今日は梯子で上がるロフトに駆け上がっていった…












fc2blog_2015121118433986e.jpg














今日のお守りは慈雨兄ちゃん、















fc2blog_201512111844117ed.jpg













慈雨はねぇ、

お守りと言うよりは

同じ精神年齢で

遊んでいるだけなのかもね…(苦笑)











浅葱の時と同じ、

土、日を越して、

月、火の2日で順応していっている







お世話焼きが多いから


慣れていくのも早いのかな?











山葵もずいぶん慣れました♪















☁︎

想う朝

fc2blog_201512121948242af.jpg














仕事場の庭の紅葉が散り敷いている




誰も飲みに来なくなった蹲の水が

紅葉の枝を映している




(寂しいね)
















fc2blog_20151212194855ab6.jpg














空の雲が流れている















fc2blog_201512121949215e2.jpg
















太陽が昇る前の

静かな光が

流れる雲を優しく包む














fc2blog_20151212194951510.jpg














廃校になった小学校の校庭の水たまり

空を映す水たまり…

















fc2blog_201512121950184d8.jpg














濡れた土の上に

小さな空がここにある

















fc2blog_20151212195044ed6.jpg















あの子と一緒に見た空だね…







ひとりで校庭に佇む



(寂しいね)

















思い出す時、

君達はいるんだよね…








想いの募る今朝の空…


















フタリの看取りの日々の前に
夢路の後脚の変化を感じてレントゲンを撮った












fc2blog_20151212195441934.jpg













骨折はしていなかったのだけど
左後脚の靭帯のひとつが断裂したようで
内側に向いて曲がってしまいました。
ただでさえ両後脚の骨盤骨折で
後脚はクランクランなのに、
さらに曲がってしまった事で
下半身を引きずる度合いが増して
机の角や絨毯の端に引っかかりやすくなっちゃった。

最近体重が増加気味で
4.5Kgまで増えていたのだけれど
上半身の力で下半身を引き上げづらくなったようだから
少し減量しようね。

(まあるくなって可愛らしいのにね)

















fc2blog_20151212195135e84.jpg













『夢路の部屋』の夢路















fc2blog_2015121219521618e.jpg













朝は寒いからね

毛布を掛けてぬくぬくっとね♪

















fc2blog_2015121219530039e.jpg













夢路にだけ残っている【真菌】も

あともう少し。


毎日消毒しているものね。


















fc2blog_20151212195349ce6.jpg













「大丈夫だよ!母ちゃん。」


「母ちゃんは心配性だからなぁ〜」


「母ちゃんは泣き虫だからなぁ…」


「でも、それが母ちゃんだよなぁ」




(そうだよ。だから夢路はそばにいてね。)





鬱陶しいくらいの私の愛情に

仕方ないなぁ…って居てくれるんだ♪



ねぇ、夢路。(笑)














☀︎


オコリンボお嬢 4

fc2blog_2015121220403340b.jpg













オコリンボお嬢、

キャットウォーク(もともとは本棚)の上。















fc2blog_20151212204101370.jpg













ロフトの上とか、

階段の上とか、

キャットウォークの上とか、

少し高い場所で

わが家での暮らし方を自分なりに考えていたのかな
















fc2blog_20151212204139563.jpg












今日は浅葱と遊んでた♪
















fc2blog_20151212204214f4d.jpg












年の近いもの同士、仲良くなるのは早いね♪














fc2blog_201512122042432c7.jpg












今年生まれの3匹のうちでは、

山葵が一番体格が良かったんだけど

気がつけば…

浅葱もかなりムチムチしてる(笑)

(栄養つけすぎたかなぁ)(苦笑)














fc2blog_20151212204311a5c.jpg











女の子だけどまだ子猫だからね

ドタドタバタバタ

走って跳んで

家の中は賑やかだ〜(笑)
























fc2blog_2015121220442285a.jpg















昨日と今日の山葵の寝床。

山葵が自分で選んだ寝床。





部屋の真ん中の薬箱の横、

もともとは夢路のオムツ入れだったのだけど

文太と甘露が乗って潰して

今や一人寝用猫の寝床。














fc2blog_20151212204502eb8.jpg













「おはよう、わさび〜♪」

声をかけると


『オハヨ〜〜』

って応える。(笑)















fc2blog_20151212204534bbe.jpg














(眼つきが悪いぞ〜わさび♪)








『何よ!猫さらい!』

最初は猫さらいの家に連れてこられて
この家にいるたくさんの猫を見て

『こんなに猫をさらってきたのね!』

って思っていたのかもね(苦笑)


ずいぶん怒っていたものね〜


唸って、唸って、

『みんな、さらわれたのね!逃げなきゃ〜!』

って言っていたのかなぁ(苦笑)


虎鉄が説得してくれたんだよね。


ウニャ〜ゴ、ウニャウニャ…

山葵に向かっていっぱい、いっぱい喋ってたんだよ(笑)




(猫達は面白い!)
















fc2blog_201512122046067cd.jpg












預かりママに言わせると

「わさびはアイラインが失敗してるんですよ!

だから怒ってるみたいな目元で、残念賞なんですよ(笑)」

なんだって。




だからね、

怒ってるように見えるだけで

笑ってるんだよね(笑)







『なに笑ってるのよ!猫さらい!』



やっぱり

『猫さらい!』って

呼ばれているような気がする…(笑)





ふふふっ♪


順調、順調♪


嬉しいな♪












☀︎

冬色散歩(椿咲く道)

fc2blog_201512131724013ad.jpg















12月にしては暖かい

それでも曇り空の日には

時折見せる太陽の光が嬉しいね















fc2blog_2015121317251328c.jpg













木洩れ陽の道














fc2blog_2015121317272817f.jpg













サマンサが追いつくのを待ってくれる















fc2blog_2015121317275373e.jpg
















一生懸命歩いているんだ


なかなか、後脚がもどかしいね…















fc2blog_20151213172604092.jpg













古い椿の赤い花

















fc2blog_20151213172629e22.jpg














光が透けて美しい
















fc2blog_20151213172657258.jpg














落ちた花にも見惚れてしまう



一重の椿の潔さ
















fc2blog_2015121317293111f.jpg















大きな椿の古木なんだよ
















fc2blog_2015121317300276c.jpg


















見上げる高さの赤い花




もうじき 花が落ちる



この道が



赤い椿に染められる

















fc2blog_20151213173038a98.jpg













ダリの山桜の隣には

白い八重咲きの椿も咲いている








椿屋敷なんだよね






椿の花を見ると


冬の花だなぁ…と、思う。

















fc2blog_201512131728246bc.jpg















元気なルパン、
















fc2blog_20151213172855e6b.jpg













やんちゃなキャロル















fc2blog_20151213173140653.jpg













そして


ずいぶん弱ってきたサマンサ



それでも

食欲はあるし、

散歩にも行きたがるから

まだまだ大丈夫。





























fc2blog_20151213173108c3b.jpg












踏切の坂道からの風景は

撒かれた小麦が緑色に育ち始めた



季節は早く過ぎるねぇ…

















fc2blog_20151213173216804.jpg














暖かい日が多いから

菜の花も咲いていました







さすがに師走

一日一日が驚くほどに早く過ぎて

気ばかり焦ってしまうね…





















fc2blog_2015121317325442c.jpg











夕方、サクラへの供え花が届きました。




Mさん、

いつも、いつも、ありがとう。




もずくの時に頂いた花が

まだまだ綺麗なまま…



本当に続けて失ってしまったのだなぁ…と、

まだ一本も痛んでいない花を見て

いっそうに切なくなりますね…















☁︎

オコリンボお嬢 5

fc2blog_20151214093358b64.jpg













休日の光景


庭の侘助が花盛り

白い花が清楚
















fc2blog_20151214093439868.jpg











太陽が昇ると

サンルームは光に満ちる



サンルームが光に満ちると

猫達がやってくる♪








なっちゃんが新人さんを連れて来た♪














fc2blog_201512140935163b3.jpg













2度目の日曜日だね。

一週間過ごして

山葵もすっかり馴染んだみたい♪















fc2blog_20151214093551bd1.jpg














お茶目な素振りも見せはじめ

もう、唸ってはいないんだよ♪
















昼間に北側の窓辺を開放したら

浅葱と一緒に山葵も来たの♪















fc2blog_20151214093636dc8.jpg














外の匂いに興味津々
















fc2blog_2015121409371051c.jpg

















くるくる回って、

浅葱と遊んでる♪















fc2blog_20151214093752ff0.jpg















ひと月早くわが家に来た浅葱が

お姉ちゃんぶっているのが可笑しい(笑)















fc2blog_201512140938383f4.jpg













山葵も気が強いからね、

浅葱がお姉ちゃんぶっても

あんまり甘える気配はないなあ…














fc2blog_201512140940000a1.jpg














ひとりでどんどん探検してる。














fc2blog_20151214094033899.jpg












外であまり怖い思いはしていないらしい…

網戸越しに見える外の風景を

しばらくひとりで凝視してた。


















fc2blog_20151214094121514.jpg













もうひとりのお姉ちゃんぶってる菜月。















fc2blog_2015121409415923f.jpg














三匹で、どんな話をしているのやら、



わがままで、

気が強くて、

自立してる。




やっぱり

女子の方が強いな(苦笑)





女子はみんなひとりで眠りはじめるんだよ、

夜明けにはくっついてきている時もあるけど

ベタベタな甘え方はしないんだなぁ…


















fc2blog_201512140942579f3.jpg













お花の咲いてるジュッちゃん、



もうすでに…


女子達には呆れられているかもよ(笑)


















寂しさを乗り越えて

山葵もわが家を受け入れたようです。






強い子だ。



良い子だね。





















fc2blog_20151214094348bec.jpg















今朝の空


雲が輝いて綺麗だった















fc2blog_201512140944150a7.jpg














麒麟が駆けているような

走る雲もあった




















fc2blog_20151214094459240.jpg














私事ー


今夜はお通夜に行くのです。

自治会の方でまだ60才になったかならぬか…
脳梗塞を2度…昨年からは身体もほとんど動かせなくなり
懸命に介護をしていた奥様でしたが
子供二人共成人しているのだけれど障害があり
お兄ちゃんの方は働けているけれど
妹の方は重度の障害があるので、
毎日の送り迎えもあるし、奥様自身も働いているし…
今年には施設に入れざるを得なくなり
つい一週間程前に施設で骨折して今は入院中だと聞いたばかり
まさか、亡くなってしまうとは思ってなかった。

奥さん、頑張っていたんだ…

細い身体がますます痩せて
見ていても痛々しいくらいだった。

お疲れ様でした。

奥さんも少し休んでくださいね…



☀︎

休日の光景

fc2blog_201512152157130c8.jpg















fc2blog_2015121521575284a.jpg
















fc2blog_20151215215818173.jpg
















fc2blog_20151215215858e44.jpg















fc2blog_201512152159309d2.jpg
















fc2blog_20151215220040273.jpg















fc2blog_2015121522012131c.jpg
















fc2blog_20151215220156d8e.jpg




























君達への祈り

fc2blog_20151216072827427.jpg












「この近くで甲斐犬を飼っている家を知りませんか?」






一昨日の午後、
仕事場の営業時間が終わって間もない頃、
掃除にかかっていた同僚に声がかけられた。






ーーーー保健所の人だったーーーーー






首輪に鎖がついたままの甲斐犬が捕獲箱に入っていた。














fc2blog_2015121607293561c.jpg

















川の近くの雑木林で木に鎖が巻きついて動けなくなってたらしい…
鳴き声に気がついた近所の人が保健所に通報したのだと言う。
保健所の人も動けなくなった甲斐犬を捕まえたものの
首輪もしているし、鎖もついているから
近くの家で飼われているのではないかと
最寄りの駐在所に問い合わせに来た。



その駐在所は仕事場の近くで、
そこの駐在さんは


夏の初めに白い犬〈チビ〉が前夜
車にはねられた事を私に教えてくれた人で、

夏の盛りには警察署に持ち込まれた仔猫〈山葵〉を
保健所に連れていかれる前に私に相談に来た人だ。


そんな駐在さんだから
「○○うどんさんの所で聞いてみたら知っているかも」と、
保健所の人に言ったらしい…(苦笑)















fc2blog_20151216072910d96.jpg














知っていましたとも(笑)







甲斐犬の名前は〈カイ君〉、
両親の家の裏、
近所の人の、材木の加工を趣味を兼ねている仕事場に
飼われている二才くらいの若い犬だ。
力が強いうえに、その家の人達はあまり散歩に連れていかないので
〈カイ君〉は時々脱走して
里山に住む白い犬のひと群れと一緒に遊んだりしていた。





母が、保健所の人をその家に案内して行った。

家の人達が居ないので少し近所を探したらしい、
その家でも〈カイ君〉を探してみんなが出ていた所だった。








飼い犬を放し飼いにしない事、

居なくなったらすぐに警察署か保健所に連絡する事、

保健所の人はその事を注意して

さらに付け加えた…






「今、保健所では感染症が蔓延していて、
もし、保健所に連れて帰ったら、
この子も助からないところだったんですよ。」


!!!!!


ジステンバー、アデノウィルス、そしてパルボ!


何の感染症かは聞かなかったし、
保健所の人も言わなかったけれど
辛そうだった…








そりゃ、そうなんだよね…

保健所に連れてこられる犬や猫達の中には
もちろん弱りきってボロボロの子もいる。
その子達の中に感染症を持って入ってくる子もいるだろう…







辛いな…







保健所に蔓延している死に至る感染の中に
連れて行かれる犬や猫の姿を想像すると
泣きたくなる…





連れてこられた犬や猫達を受け入れなければならない
保健所の職員さん達の暗い気持ちを思うと
苦しくなる…









辛い…








〈カイ君〉、
保健所の人が優しい人で良かったね。
お前は家に連れて来てもらえたものね…
















fc2blog_2015121607335897f.jpg















fc2blog_20151216073507ae2.jpg















fc2blog_201512160735458b9.jpg

















fc2blog_20151216073631db9.jpg















仕事場近くの里山に《優しい犬》の群れは住み、
春には《彼》の妻がイノシシの罠で命を落とし、
夏にチビが事故で命を落としたあと、
《彼》と《ルミちゃん》のフタリだけになった…
と、思っているうちに《彼》の体調が崩れ、
この夏を越せないのではないかと私達が感じていた頃、
《彼》は離れて暮らしていた子供を呼び寄せたらしく、
《キューちゃん》と、チビによく似た白い男のコが
突然《彼》らと行動を共にするようになった。








おそらく、弱ってしまった自分だけでは
《ルミちゃん》を守れない事を考えての事だったようだ。

チビによく似た白い男のコを
私達は《チョビ》と名付けたが、
両親宅で保護した《みかん》の兄さんのようだ。
朝夕の散歩時、
《チョビ》は必ず現れて、《みかん》の散歩について来る。
フタリとも、シッポを振って嬉しそうに歩いているそうだ…

《チョビ》は成犬になってから現れたコだけど
父親に似て人懐こい…













fc2blog_20151216073125d81.jpg















fc2blog_20151216073159f5a.jpg


















fc2blog_20151216073312d9e.jpg














本当によく似ているよねぇ…


















fc2blog_20151216073012302.jpg













今回、《カイ君》が飼い主さんの元に戻れたのも
【飼い犬】だったからこそなんだよ…

《優しい犬》の群れのコら、
お前達の誰かが捕獲されたのでなくて本当に良かった。

お前達の誰かが捕らわれたのなら、
きっと、保健所の人も飼い主を探すことなく
感染症蔓延している保健所に
誰に知られることもなく連れて行かれたのだろう…




私達には祈ることしかできない…


お前達は捕まるな!

決して、決っして、檻に入るな!


お前達を人間の都合で殺させたりはしたくない!




野に生きるお前達には

フィラリアや、バベシアという命に関わる病が

いつ発症してもおかしくない身近だ。




そんなに長生き出来るはずもない…


せめて、

せめて…


その命が尽きるまで

飢えることなく、

幸せな気持ちも時には味わいながら

過ごさせてあげたいんだよ。






君達の無事をいつだって祈るよ…



















寒い夜のぬくもり

fc2blog_20151217094304113.jpg














fc2blog_20151217094348fcc.jpg

















fc2blog_20151217094426ea3.jpg
















fc2blog_201512170945076fc.jpg














fc2blog_2015121709454424f.jpg















fc2blog_20151217094632a84.jpg
















fc2blog_2015121709471258f.jpg
















fc2blog_20151217094759a41.jpg















fc2blog_20151217094855cc4.jpg















fc2blog_20151217094948559.jpg
















fc2blog_20151217095028e68.jpg
















fc2blog_20151217095118818.jpg














fc2blog_20151217095239bfa.jpg
















fc2blog_20151217095323ded.jpg














fc2blog_20151217095503c0a.jpg
















fc2blog_201512170956244c6.jpg















fc2blog_201512171013270d2.jpg














fc2blog_2015121710141168c.jpg












fc2blog_20151217101448e45.jpg














fc2blog_20151217101532aa5.jpg













fc2blog_20151217101720b81.jpg













fc2blog_20151217101802909.jpg













fc2blog_20151217102039577.jpg















fc2blog_20151217102227783.jpg















fc2blog_2015121710230637c.jpg
















fc2blog_2015121710240495a.jpg













寒い夜だけど



ほっとするね…














☁︎

只今、製作中。(娘夫婦様々)

fc2blog_20151218091812552.jpg














衝動買いしちゃったペンダント照明設置。

















fc2blog_20151218091852339.jpg

















ガラスに描かれた模様が

壁に反射されて幻想的…
















来週末に里帰り予定の相方の娘夫婦プラス子供達。

今回は9月に産まれたばかりの長男とも初顔合わせ、

さすがに親子4人に寝泊まりしてもらうには

せめて寝間には仕切りを作ってあげたいと思って、

来るまでにはアコーディオンカーテンを設置する予定だったんだけど、

頼んでいた友人が事故で入院。

頼んでいた工事をするのは春になりそう…




と、言うことで

とりあえず、

とりあえずの簡易的な仕切りを

相方が即席に制作することにしたのよ(苦笑)


















fc2blog_201512180919418bc.jpg














この間の日曜日に資材を調達。

ベニヤ板や、角材を買ってきて

部屋に持ち込んだ途端に猫が来る…














fc2blog_20151218092025397.jpg













一番最初に興味津々にやって来たのは山葵。

















fc2blog_20151218092104971.jpg















そして、次に無敵のコンビ

慈雨と伸之助。















fc2blog_20151218092147559.jpg














ふんふんふんふん…………
















fc2blog_20151218092243506.jpg















うろうろうろうろ…………
















fc2blog_201512180923243d1.jpg















インパクトでガガガガ…ガガガガガガガガ…


うるさい音に慈雨と山葵は離れたけれど…

















fc2blog_20151218092444315.jpg















音なんて平気…な伸之助は離れない!


















fc2blog_20151218092528559.jpg














ついて回る、














fc2blog_2015121809262975b.jpg













ついて回る、




















fc2blog_201512180927075ac.jpg













ついて回って、
















fc2blog_20151218092807023.jpg















危ない、














fc2blog_2015121809290579b.jpg















危ない、















fc2blog_20151218093007d37.jpg













危ないよ!

















fc2blog_201512180931111c7.jpg












怖いもの知らずの伸之助…
















fc2blog_20151218093615393.jpg












なんにも怖くないんだよね…

















fc2blog_201512180937317c2.jpg
















困っちゃうねぇ〜伸之助。







ちっとも仕事が進まない…
















fc2blog_201512180938435dd.jpg











100円均一ショップで購入のプレート(笑)




「娘さんを下さい。」と、
初めてわが家に来たのは2009年の12月
その時居たのは萩乃、夢路、武蔵の3匹。


結納は翌年2010年の9月、
結婚式もその年の10月、


2011年には長女誕生。
その年の12月は夢路の膀胱破裂で無我夢中!
(同じ頃に相方の父親がこの世を去った…
夢路の状態が落ち着くまでは…と、
相方はお葬式に帰らなかったんだ…。
ごめんね、…ありがとう。)


この年までは
わが家の猫は3匹だったんだけどねぇ…




2012年8月に虎徹
2013年6月に慈雨(達)
2014年には7月に文太、10月に甘露と伸之助
2015年には4月に菜月、7月に山葵と浅葱


毎年増えて、とうとう11匹…




娘家族がわが家に来るたびに増えていく猫……。





(やれやれ、困ったな)(苦笑)


















fc2blog_20151218094019fd6.jpg














仕切り壁(笑)



増えた猫達をどこまで防げるのかは分からないね…

















fc2blog_201512180943136e8.jpg












仕切り引戸、

100円均一ショップで購入の取っ手付き(笑)















fc2blog_20151218094222d0f.jpg
















未完成のままになるかも…

天井までのスペース(苦笑)

(梯子のロフトが丸見え!)















fc2blog_2015121809462468e.jpg













“ ヌッ!!! ”



脚の悪い浅葱が上がれてしまう仕切り壁!!??


なっちゃんなんて壁の桟を走っているし…

仕切って出来た空間は

あっという間に猫の遊び部屋………






私達(相方)に残された時間はあとわずか!

(手伝うと脚を引っ張る私ですまないねぇ)(苦笑)






娘様…


努力はしてみるけれど

どうなるかは分からない(笑)




来たら笑ってね♪







そして、そして、

増えちゃった猫を覚悟して来てね♪













☀︎

お気に入りには弱い…

fc2blog_20151219210702ea5.jpg

















すやすや…すやすや…


甘露が眠る




















fc2blog_20151219210611917.jpg


















!!!!!!!






伸ばした足が萩乃の顔を挟んでる!



















fc2blog_2015121921093305a.jpg















甘露は萩乃のお気に入り、


他の猫がこんなことしたら


萩乃は唸って怒っているはず…




(お気に入りには弱いねぇ…)(苦笑)

















fc2blog_20151219211034b6f.jpg

















萩乃?


怒らないの?




















fc2blog_201512192113526d6.jpg


















目が覚めて、

身づくろい中♪


















fc2blog_201512192115014d2.jpg



















甘露?


萩乃ちゃん大丈夫?






















fc2blog_20151219211607931.jpg














ぜんぜん平気なんだねぇ…







見ている私達の方が気になるよ!




ハラハラしながら笑ってたんだ…









相性ってあるんだねぇ…




気難し屋さんなのに不思議ねぇ













☁︎

師走の日曜日

fc2blog_2015122018300149c.jpg













師走の日曜日


今週末には娘家族が来る予定、

私達(相方)も今日がラストスパート。





玄関に運び込んだ脚立、


山葵が一番にとんできて興味津々。

















fc2blog_20151220183035c65.jpg
















山葵もうちに来て3週間、

自由に動き回り、

眠くなったら眠り、

猫らしいコだ♪

















私は風呂場と洗面所の大掃除



相方は小部屋作り(先週の続き)














fc2blog_20151220183117127.jpg















ラティスと角材で

天井までの隙間を埋めることに、


















fc2blog_20151220183211a8b.jpg
















猫の乗り越え防止策(笑)



















fc2blog_20151220183245da8.jpg















うん。

これなら猫達も越えないかな?


















fc2blog_20151220183526f26.jpg














息抜きがてら、ワンコの散歩へ


この冬初めての水仙が咲いていました



















fc2blog_20151220183552889.jpg















赤い木瓜の花も咲いていて…


(なんだか花の季節が早い気がする)


















fc2blog_2015122018363200f.jpg















今日も皆んなで一緒に歩けました♪















fc2blog_20151220183817258.jpg















椿屋敷の赤い椿















fc2blog_201512201838531a7.jpg
















垣根の緑の上に落ち…

















fc2blog_20151220183701ed2.jpg











小道にも降り落ちて…

















fc2blog_20151220183746114.jpg
















サマンサは赤い椿を踏んで歩き出したよ…















fc2blog_2015122018394818f.jpg
















わが家の庭の苺の花も咲いていた





(早すぎるよねぇ)




















散歩を終えて、


小部屋作りも最終に、

















fc2blog_20151220183331054.jpg















寄木細工とか、

組み木細工のような出来だけれど、

私達的には面白がってる♪














fc2blog_201512201834026fe.jpg















仕切り部屋、間に合いました(笑)

















fc2blog_20151220183438c36.jpg
















ぞろぞろと猫達が入り込む………


(自分たちの部屋だと思っていないよね…)
















fc2blog_201512201841089a6.jpg
















ペンダントライトも仕切り部屋に引き込んで

なんとも不思議な空間になりました(笑)


















fc2blog_20151220184238609.jpg

















文太と菜月














fc2blog_20151220184515a7e.jpg














文ちゃん、

お客様が来ている時には

こっちに入っちゃいけないよ。


(分かってくれるかな?)














fc2blog_20151220184324016.jpg












洋ダンスの上に飛び乗る菜月、


なっちゃん、

お客様が来ている時は上がっちゃいけないよ。



(分かってないだろうな…)















fc2blog_2015122018441725f.jpg













文太はここが気に入った。



















fc2blog_20151220184652ed0.jpg












いやいやいやいや……………




どうなるんだろう…









私達(相方)が作ったのは

猫のための小部屋だったんだろうか…?







まぁ、

師走らしい慌ただしい毎日ですね。









私達の仕事は年末まで繁忙期なので
大掃除は今日ので終わり。

あとはお仕事頑張ろう。











☁︎

女三人寄れば…

fc2blog_20151221184045add.jpg















山葵…














fc2blog_20151221184118873.jpg














何してる?
















fc2blog_20151221184147f83.jpg













何見てる?
















fc2blog_2015122118421801f.jpg













ふふっ、

可愛い立ち姿だねぇ…
















fc2blog_201512211842460d9.jpg














菜月と浅葱が本棚(キャットウォーク)の上、















fc2blog_201512211843147fa.jpg

















遊ぶフタリを山葵は見てる
















fc2blog_201512211843480da.jpg















fc2blog_20151221184423f94.jpg















fc2blog_20151221184456295.jpg















fc2blog_20151221184534417.jpg















fc2blog_201512211846083bd.jpg















fc2blog_20151221184645908.jpg
















fc2blog_20151221184749e0c.jpg














ふと見れば、山葵も来てた♪
















fc2blog_20151221184845a2c.jpg














遊び盛りだものねぇ…

















fc2blog_201512211849473f8.jpg















一緒に遊びたいよねぇ…





















fc2blog_20151221185029eb5.jpg














でもね…。





張り切りすぎたのかなぁ…




!!!!!



山葵、手をすべらせて落ちちゃった(苦笑)













人も猫も多分一緒ね、


箸が転がっても可笑しい年頃…





《女三人寄れば姦しい》





本当にね、



そんな光景もすぐそこなんだろうな(笑)













小部屋(猫部屋)の光景

fc2blog_2015122219263038c.jpg
















fc2blog_201512221927167de.jpg














fc2blog_201512221928013be.jpg















fc2blog_20151222192859e5b.jpg















fc2blog_20151222192953ca4.jpg















fc2blog_20151222193039c73.jpg















fc2blog_201512221931137fd.jpg













fc2blog_20151222193200855.jpg














fc2blog_20151222193248d28.jpg














fc2blog_20151222193326d21.jpg



















fc2blog_20151222193405740.jpg

















猫達お気に入りのスペースが出来たようです……………(苦笑)













☀︎

小部屋(猫部屋)の光景

fc2blog_201512231902489df.jpg

















fc2blog_20151223190317dcd.jpg
















慈雨のフミフミ…














fc2blog_2015122319034340e.jpg














fc2blog_201512231904083fe.jpg















真剣、真剣…















fc2blog_20151223190440580.jpg















fc2blog_20151223190507625.jpg
















寝んね…




(あぁ、…猫になりたい…)
















fc2blog_201512231906232fc.jpg













今年のクリスマスの飾りは慎ましく玄関に……




11匹の猫達から守る術がないので

家の外で飾りましたよ♪












merryXmas🎄





fc2blog_20151224193819e2c.jpg


















fc2blog_20151224193844809.jpg













☀︎

不安の種の行方

fc2blog_20151225104802f3f.jpg












不安の種の行方








わが家には定期的に通院しなければならないコが3匹いる。

10日に一度の夢路の尿検査、

ほぼ一週間に一度の伸之助の眼と喉の診察、

2ヶ月に一度になった萩乃の血糖値検査。




そして、最近追加されたのが

状態を見ながらだった慈雨の喉のしこり…















fc2blog_20151225105116b33.jpg

















1才半くらいの時から気管支炎が始まり、
喘息のような咳き込みを起こしたり
食べたものをすぐに吐いてしまったり…

5Kgに近いくらいまであった体重が
少しづつ少しづつ減少して、
昨日の診察では4.2Kg。

2ヶ月前くらいに慈雨の喉に
小さな小さな種のようなシコリに気づいた。
米粒よりもまだ小さいくらいの硬い粒…
ちょうど、気道のすぐ横あたり、

毎日通院していた頃だったから
もちろん気づいてすぐに診てもらい
大きくなるようなら切りましょう…と、いうことに。






慈雨の持つ〔不安の種〉


















fc2blog_20151225105153455.jpg





















そして昨日の通院時

少しづつ少しづつ大きくなっていたシコリ、

「気道を圧迫するようになる前に切除した方がいいね。」

「年が明けたら切ろうか」

先生の判断に従って、
来年初めに慈雨は喉の切開手術をします。


クリクリと硬く、
気道や血管とも癒着してはいないから
悪いものでは無い可能性の方が高いけれど
やっぱりねぇ…
切開手術となるとねぇ…

ちょっぴり気持ちが落ち込むね。

















fc2blog_20151225105241498.jpg




















でも、

シコリを取り除いたら

咳き込まなくなるかなぁ…

ご飯も吐かずに消化出来るかなぁ…

また、ふっくら太るかなぁ…



良いように考えようね。


きっと、

一番良い方法になるはずなんだから。














fc2blog_20151225104850af9.jpg















年明け早々の手術になるってことは、

来年は私達にとって

頑張らねばならない事が

多く起こる年になるのかも知れないね…










まだまだ、私達は頑張れる!って事なのかなぁ…(笑)















やれやれ…

本当に最後まで何が起こるか分からないねぇ…(苦笑)


















fc2blog_20151225104922b11.jpg













今日は相方の誕生日。


出会って22回目の誕生日。





この先も


ずっと、ずっと


ともに歩けると


信じられるね…









“ おめでとう ”



“これからもよろしくね ”













☀︎

不思議の伸之助

fc2blog_20151226153354a62.jpg















fc2blog_201512261534302cc.jpg

















fc2blog_20151226153501104.jpg















fc2blog_20151226153539157.jpg














fc2blog_20151226153607395.jpg














fc2blog_20151226153635faf.jpg














fc2blog_20151226153709794.jpg

















fc2blog_20151226153743e25.jpg













本当に不思議………



なぜ伸之助なんだろう?













☁︎

冬色散歩(幸せ時間)

fc2blog_201512271702217cb.jpg

















fc2blog_20151227170254b3a.jpg

















fc2blog_20151227170423043.jpg















fc2blog_2015122717060350f.jpg


















fc2blog_2015122717065004d.jpg
















fc2blog_20151227170724607.jpg























fc2blog_201512271707594a5.jpg

















fc2blog_2015122717083218c.jpg















fc2blog_201512271708552b7.jpg
















fc2blog_201512271709270ea.jpg













fc2blog_20151227170957f6b.jpg














fc2blog_201512271710376a9.jpg















fc2blog_20151227171112c27.jpg















fc2blog_2015122717115556b.jpg
















fc2blog_20151227171224633.jpg

















fc2blog_20151227171257f02.jpg


















fc2blog_20151227171336391.jpg


















fc2blog_20151227171408737.jpg

















fc2blog_20151227171442fb7.jpg




















みんなと一緒にお散歩



サマンサ、良かったねぇ…












幸せな時間






ありがとう

















☀︎

幸せな休日

fc2blog_2015122818502497a.jpg















孫が作ってくれた日曜日の朝食♪


サンドイッチだよ♪














fc2blog_20151228185101e3a.jpg














ポテトサラダ、ゆで卵、トマトと、ハム♪















fc2blog_20151228185133e9c.jpg
















レタスを挟んで

綺麗に並べよ♪














fc2blog_20151228185235cb8.jpg
















fc2blog_20151228185310692.jpg
















fc2blog_20151228185347861.jpg


















ほら♪



綺麗にできたでしょ♪

















fc2blog_20151228185438ddb.jpg


















籐椅子を向かい合わせにしてのベビーベッド(笑)



























fc2blog_20151228185545812.jpg














もちろん皆んなのぞきに来るよ♪
















fc2blog_20151228185513359.jpg



















初めまして♪















fc2blog_201512281857464d7.jpg















9月に産まれて

やっと会えたね♪























fc2blog_20151228185647a03.jpg














おねぇちゃんは庭で花摘み♪














fc2blog_20151228185836802.jpg















わが家に来た時は


花摘みと絵を描く事は決まりごとらしい…(笑)

















fc2blog_20151228185905962.jpg
















今回は額に入れてみた♪







お家に帰ったら、おばあちゃんに見せるんだよね♪


















fc2blog_20151228190036c12.jpg














虎鉄にバイバイ…







虎鉄はやっぱり寂しいね…












またね。











幸せな時間をありがとう♪














☀︎

日常光景

fc2blog_201512291947212e0.jpg















今年生まれの女子は元気♪



なっちゃんと浅葱のプロレスごっこ















fc2blog_201512291948009f5.jpg














ドタドタドタドタ…



バタバタバタバタ……

















fc2blog_20151229194900061.jpg















“ エイッ! ” ってとびついて


“ キャアッ! ” って走り出す…






賑やか、賑やか…




















fc2blog_20151229194952ce5.jpg













ガブリ…ガブリ!


伸之助の手を噛む山葵!
















fc2blog_2015122919502018a.jpg














“ 何か文句あるの? ”



気が強いよね〜 (笑)















fc2blog_20151229195054008.jpg















“ えいっ!…えいっ! ”




伸之助がトロいからなのか…


それとも愛されやすいのか…???
















fc2blog_20151229195127422.jpg













山葵も伸之助が好きみたい〜





変なの!(苦笑)











毎日毎日、賑やかで…



私達は仕事の繁忙期!




わが家の猫達は


かまわれなくても楽しそう…






優しい子達で嬉しいね♪













☀︎

小晦(こつごもり)

fc2blog_20151230190605335.jpg














小晦…



私達の仕事場の繁忙期のピーク


夜の領分のうちに出勤し、

夜の領分になって帰宅…




わが家の猫達の寂しさもピーク(…のはず。)

















fc2blog_201512301906382e9.jpg













虎鉄は誰に対しても保父さんみたいにお世話やき、


茶トラの甘露はやっぱり大きく育ったよ

虎鉄よりもずっと、ずっと大きくなった…



それでも

虎鉄にとっては可愛い弟なんだねぇ…















fc2blog_20151230190711726.jpg












相方が玄関から入ってきた…





















fc2blog_201512301907515d4.jpg















fc2blog_20151230190848056.jpg















甘露はゆったり大あくび(笑)


















fc2blog_20151230190931543.jpg
















fc2blog_2015123019100927c.jpg

















fc2blog_20151230191046a96.jpg

















fc2blog_20151230191130762.jpg












転がる無敵のフタリ…




見ているだけで面白い(笑)








今日は疲れたよ〜!


明日の朝、

頑張って、頑張って、起きて

今年最後の仕事に行かなくちゃ!





あともう少し!


頑張ろう!















☀︎

大晦日

fc2blog_20151231183154014.jpg















大晦日



悲喜こもごもの今年ももうじき終わる


















fc2blog_2015123118322092d.jpg















今年の初めから


“ 喪う年になるのだろうな… ”



そんな予感の年だった…
















fc2blog_201512311839070e4.jpg















2月3日 ダリとの別れ
















fc2blog_20151231183504049.jpg















4月15日 菜月との縁


















fc2blog_20151231184010a08.jpg















6月6日 クロエとの別れ
















fc2blog_201512311837097f3.jpg
















7月13日 山葵との出会い


















fc2blog_20151231183623053.jpg















7月29日 浅葱との出会い



















fc2blog_20151231185008e63.jpg
















12月2日 もずくとの別れ



















fc2blog_20151231184251555.jpg
















12月9日 サクラとの別れ




















fc2blog_201512311832569cc.jpg

















命を救えた時の喜び







命を失った時の悲しみ
















何度泣いた事だろう…





それでも



私は救える命を救いたい




別れの辛さを何度味わった事だろう



それでも





別れの悲しさに耐えられないから


もう動物は飼わない…


何て事は考えたこともない。




















fc2blog_20151231183401c71.jpg














今年も夢路と一緒に越えて行けます。






なんて嬉しい事だろう…





















fc2blog_20151231183335762.jpg














夢路、



来年もよろしくね。





一緒に越えていくよ…


















応援してくださっている皆様へ


ありがとうございました。


なかなか平穏な毎日が続いてくれないわが家、


来年も波乱を含んでいますけれど

よろしければお付き合い下さい。






皆様の健康とご多幸をお祈りさせていただきます。


よいお年をお迎えください












☁︎


プロフィール

風人

Author:風人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

風人

Author:風人
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR