47度目の日曜日(自然(あるが)ままに)

fc2blog_20150201163437c0e.jpg











昨夕の空

早く出でた月を

青空と雲が囲んでいた。











fc2blog_20150201163542c58.jpg











川沿いの道を散歩した











fc2blog_201502011647229d2.jpg









昨日から

「下りたい」って意思表示をしても

もう、立つことが出来なくなった。











fc2blog_201502011636211fd.jpg











散歩の終わりの終わりの終わり…

家の前から犬小屋までのわずか2mくらいだけ

ダリは渾身の力で歩いた。






………これが歩くダリの姿の最後となった…。











この散歩の後、私達は動物病院へ。
夢路、萩乃、慈雨、伸之助の通院、
ダリの衰弱ぶりに少しでもそばに居てやりたくて
通院を延ばしてた…
(この時間にもダリは逝ってしまうかも知れない)
そう思いながらも












fc2blog_20150201173448103.jpg











フードを飲み込めなくなったダリのために
ブドウ糖アンプルをもらってきました。
(なんて諦めの悪い私達(笑))




夜、ダリは飲んでくれました。





土曜日の夜を越せるとは思えなかったので

眠らない覚悟で外の気配に耳をそばだてていたのだけれど…












fc2blog_20150201163644a24.jpg











47度目の日曜日を迎えることが出来ました。












fc2blog_201502011637168fa.jpg











朝7:00

相方とふたりでおそるおそる犬小屋へ…

夜にかけた毛布の中に包まったまま動かないダリ、
そっと肩に手をそわせると、ダリはフゥッと、目を開けた。
相方がブドウ糖を飲ませている途中でダリは少しもがいた。
排便、排尿をしたかったらしい…
抱え出して排尿は間に合ったけれど、
排便は毛布の中で出ていた。
お尻も尻尾も汚れてしまっていたので
お湯を用意して、相方が前向きに抱いて私が洗った。

「最期には排尿、排便をして〈死〉を迎える」と、言われる。

(あぁ、これがダリの最期の排便だ…)

そう感じて、相方とふたり、泣きながらダリのお尻を洗った。
泣いている私の顔をダリは正面からじっと見ていた。



ひとつ、ひとつ、最期の事象が現れる…



あとは、もう、どれだけの時間が残されているのか分からない…

今日の散歩が出来るとも実は思っていなかった…












fc2blog_20150201163759fa7.jpg











驚くことに………散歩に行けました…。(笑)




もう、立ち上がることは出来ないけれど











fc2blog_20150201163910735.jpg











抱き上げて散歩に行けました。












fc2blog_20150201163947cc4.jpg











「下りたい」って素振りはあるのだけれど











fc2blog_20150201164026461.jpg












皆に見守られながら立てろうとはするのだけれど











fc2blog_201502011641072cc.jpg











介助しても、もう後脚が突っ張って立てない。











fc2blog_201502011642205c7.jpg












fc2blog_2015020116425428e.jpg











それでも

サマンサのダリを見る瞳は優しい…











fc2blog_20150201164144d98.jpg











踏切の坂を越え、

見慣れた田園風景をひとしきり眺め、











fc2blog_20150201164406132.jpg











ダリの瞳には何が映っているのだろうか…












fc2blog_201502011644421cc.jpg











どこか幸せそうな表情に見えることが幸せだ…











fc2blog_20150201164512f3e.jpg











この日曜日を越していけたら

私達が看取ることは難しくなるのは確かなことだけれど

それもまた…ダリが選んだ事なんだろう…。




《命の火》は私達が思っていた以上に強く、

《家族の支え》は私達が思っていた以上に頼もしく、

彼らは全てを自然に受け入れていることが分かる。











fc2blog_20150201164558778.jpg











寒い夜中は身を寄せ合って温めて、

暖かい昼間には一歩離れてダリを見守っている。




自然(あるが)ままの姿を

自然(あるが)ままに受け入れる






老いての衰弱死になるので

「眠るように苦しまず逝くよ。きっと」

そう聞きました。



前頭骨がおちたらあとは2.3日くらい…らしい。

2.3日は過ぎたので、もう予想も出来ないけれど

生きたいだけ生きられればいいんだ…







今日で327日目。












☀︎




スポンサーサイト

花の声

fc2blog_20150202175146dd4.jpg











fc2blog_20150202175213ce1.jpg











輝く夜明け

寒い朝









ブドウ糖アンプルと投薬。

毛布に包まって動く気配も見せないダリ…

心を残しながら私達は出勤。





























fc2blog_20150202175304858.jpg











ダリの命の火はまだ消えてはいませんでした。











fc2blog_201502021755179a2.jpg











fc2blog_201502021756086eb.jpg











fc2blog_201502021756442c9.jpg











川沿いの散歩道

翡翠(かわせみ)を見ることが出来ました。











fc2blog_2015020217535428a.jpg











fc2blog_20150202175442130.jpg











fc2blog_20150202175734d7e.jpg











今日、ダリの声を久しぶりに聞いた。

「ファン…ファン…」

弱々しいけれど川に向かって少し鳴いた。

(私達はまだ声が出たことに驚いた)














fc2blog_20150202175830f3e.jpg











さぁ、お家に帰ろう













fc2blog_20150202175956f28.jpg











もうじき家だよ。












fc2blog_20150202180046b04.jpg











嬉しそうなダリ。















fc2blog_20150202190937db9.jpg













昨日の散歩からはダリはもう歩けない。
抱えている私からはダリの後頭部と手の先しか見えていない
私の歩く振動にダリの身体も揺れる

もしも、もう、抱えられていることが
ダリの苦痛になっているようなら
散歩に連れ出さずに眠らせていた方がいいのだろうか…

そんな事も考えたのだけれど…

昨日も今日も相方が撮ってくれた写真の中の
ダリの表情は嬉しそうで、
それなら最期まで一緒に散歩しようと決めた。



「最期には鳴く」とも聞いた…




散歩から帰ってからは
毛布に包まれて眠り続けています
もう、姿勢を変えることもなく
ゆっくり深く呼吸していることが
腹部の毛布の動きで分かるだけで
今はもう、その動きだけを
食い入るように見ています。





今、ブドウ糖アンプルを飲ませに行った相方が
散歩の時に飲ませたものを吐いていた…と、言った。

もう、投薬はやめます。








サマンサが寄り添っている…




私達がそばに居ると
ダリが無理に頑張ってしまいそうだ…と、感じた。






あとは、もう



サマンサ達に任せよう…
















☁︎



















【花眠る】

fc2blog_20150203061919deb.jpg













【花眠る】




花は眠りについた




花は深い眠りについた




本当に 生きるだけ生きた

本当に 歩けるだけ歩いた












fc2blog_20150203061822818.jpg











見守って下さった皆様、ありがとうございました。


去年、酷いほど痩せた身体のダリの写真を
ブログに載せることに抵抗が無かったわけではありませんが、
今、最期を迎えたダリを見て
この子の命の詩だったのだとつくづく感じています。






ダリは、

ダリらしく生きて、

ダリらしく逝きました。







出会えたことに感謝します。











2月3日午前0時に近い頃


ダリ 16才 永眠しました












花の名残り

fc2blog_20150203182853452.jpg











美しい空の日にダリの身体は昇華した











fc2blog_2015020318293971d.jpg











晴れた日で良かった











fc2blog_201502031830250e5.jpg












fc2blog_20150203183221fa5.jpg











fc2blog_201502031831482b0.jpg












小さい骨壷に入って帰ってきたダリを

置いて散歩に行くことが出来ず

鞄に入れて

リードにつないで

「一緒に行こうね。」って、連れて行った。






自分がそんな行動に出たことが不思議だったけれど

きっと、まだダリの魂はここに居るのだろうと思って

四十九日までは何があっても不思議じゃあないね…って笑いあった。











fc2blog_201502031832490cb.jpg











fc2blog_20150203183329354.jpg












fc2blog_201502031834110e7.jpg











ダリの魂が身体から離れるまでの何日間か

闇からダリを守るかのように

宵の口まで吠えていた…




疲れたろう…




ダリの息がある間

サマンサは守り続けた…



(母親ってすごいなぁ…)


最期の最期まで諦めなかったのはサマンサだった。











fc2blog_2015020318345522f.jpg











fc2blog_20150203183528447.jpg











元気そうだけれど、

サマンサは今年19才になる…



こんな歳のコとの生活も私達には初めてだ。



今日の散歩も嬉しそうに歩いた。


(ずっと生きてて欲しいなぁ…)














fc2blog_201502031840557da.jpg











多分、

まだダリは一緒に居るんだね。

ルパンもキャロルも変わらない

犬小屋の中の寝場所も

ダリの場所は空いている。

(きっと、いつも通りの場所で眠ってるんだ)











fc2blog_20150203183720ccb.jpg











少し寒いかなぁ…と思ったけれど

今は玄関前のスペースにダリの遺骨を置いています。



家の中に置くと花を飾ってやれなくなるから

(8匹の猫達がきっとひっくり返すでしょう)











fc2blog_20150203183757737.jpg











ダリは花が好きだったんだ…。

明るい色の可愛らしい花をどうしても飾りたい




















fc2blog_20150203183924f79.jpg











花の好きだったダリが

花の最も少ない季節に逝ってしまった




ダリには何度も何度も泣かされたけど

でも、

頑張って生き延びた329日のおかげで

ダリの命と真摯に向き合った329日のおかげで

春も夏も秋も冬も

ダリと季節の花の思い出はたくさん出来た…

(四十九日までを入れたら1年を越す日数になる)

ブログの記録も花と共にある…

(良かった…)











fc2blog_20150204184418ed1.jpg











今はまだ、何を見ても涙が溢れてしまうけれど
その涙は悔いの涙ではなく、
いなくなってしまったことへの喪失感の涙。
さすがに、出来ることはし尽くした感があったせいか
後悔することは何も無いことを実感しています。
ただ、16年という年月、一日も欠かすことなく歩いた散歩道
思い出が溢れてきても当たり前な事。

幸せな散歩道

ダリへの思いも幸せな記憶ばかり

諦めなかった日々は

不思議な幸福感を私達に与えてくれました。





いろんな不思議が起こりそうで

少しわくわくしています。

ダリの名残が楽しみです♡












ダリの冥福を祈って下さった皆様、ありがとうございます。

初めてコメントを下さった方、とても嬉しかったです。

私達のことも心配して下さってありがとうございます。

私達、泣いてますけど元気です。

多頭飼いの良いところかも知れません。



皆様に感謝いたします。











☁︎

感謝の詩

fc2blog_201502051859151c4.jpg












ダリを語る上で、どうしても語っておきたい人がいる




「ダリちゃん、元気?」



最期の日まで、そう問い続けてくれた人

毎日、朝、夕おやつを与え続けてくれた人

ダリが食べられなくなってからは


「何を食べさせても(食べられれば)いいんやろ?」

と、聞いた上で

クリームパンや、生クリームを使った少しでも脂質のあるものを
私達が仕事に行って家にいられない間
何とかダリに食べさせようと工夫してくれた人

この人が居たから
昨年の春も夏も秋も冬も越せたのだと思う。

年が明けてダリの体調が崩れはじめた時も、いち早く気がついた。



気にかけて、気にかけて、
何かあれば連絡するから…と、言ってくれていた。


最後の日曜日、いつものようにおやつを与えに出て来た。


「この3日間くらい、ダリの顔を見られてないんよ」

「ずっと毛布に包まっとるけん、
呼んで頭が動くとホッとするんやけどな」




この日…

犬小屋から抱き上げてダリの顔を見せた。



(あぁ、…この人に見てもらえたから、これで最期になるな…)

そう感じた…。



ダリに縁のある人達すべての顔見せが終わった…













fc2blog_2015020519132066f.jpg












この後は、もう、意識も朦朧となっていたように思う。


ただ、散歩に抱えて連れ出した時、
風を顔に感じた時だけ、表情が少し和らぐように思えた…

そんな風に一日を越し、次の日の散歩で最後の声を発し、

「ファン!ファン!」 「ファン!ファン!」

川沿いの散歩道と、家に帰り着いた時の2回、鳴いた。






わが家への最後の坂道を上り、
最後の曲がり角を曲がり、
庭の入り口まで来た時に…

ダリは確かに身体を起こそうとした。
そして、鳴いた。

そのまま…もう、目は開けたまま意識を失っていった…
この日、ダリの体温は低くなりはじめていました。
寒くないように毛布に包み、頭の下にはタオルを枕のようにあて、
そっと、…そっと、寝かせました。






前頭骨がへこんだように見えるのは
頭部の脂肪やタンパク質をエネルギーに代えたから…
最後に削る場所なのだそう…
そのあとは眼が奥に落ちて、
身体の中の便も尿も出し切り、
使えるエネルギー全てを使い切り、
最期の時を迎えました。




「あぁ、穏やかな良いお顔ですね。

苦しまずに逝けたんですね。」


ペット霊園の人の言葉に胸が詰まった。






お骨になって帰って来た日、

花を飾り終えた頃


「ダリは元気?」

「今、お骨になりました」

「あぁ、いよいよ…逝ってしもたんやなぁ…」

涙をこぼし、

手を合わせ、

おやつを供えてくれました。



ダリが大好きだった人。

わが家のお隣さん。

優しい、優しい、お隣さん。



お世話になりました。

貴女が居てくれたので、

ダリは今まで頑張れました。



《感謝》しかありません。





ここに住みはじめて14年目…

14年間、ダリを愛して下さってありがとうございました












fc2blog_20150205185108919.jpg











fc2blog_20150205185329444.jpg











fc2blog_20150205185154b90.jpg











fc2blog_20150205185224b50.jpg











fc2blog_201502051853593cd.jpg












fc2blog_2015020519020251e.jpg












14年間…なんて早かったのだろう…。













痩せて痩せて痩せて…

必死で毎日過ごしているうちに

ふと、気がつけば

ふっくらしたダリがいた。



あの時の嬉しい嬉しい一枚の写真。











fc2blog_20150205185521ab1.jpg












私達の誇りのダリの写真。


(ありがとう。)













fc2blog_2015020518571865a.jpg












つい、今しがた花が届いた。


ずっと見守って、応援していてくれた友人からの花。











fc2blog_201502051856129b5.jpg











突然届いた花に驚いたけれど

嬉しくて、またまた涙がこぼれそうです。




Mさん、ありがとう。











fc2blog_20150205190257063.jpg











写真を撮っている間にも

ギャング達(虎鉄と文太)に襲われそう…





遺骨の横に飾らせていただきますね。







感謝いたします。


















追悼(ダリ)

fc2blog_201502061856210d6.jpg











動物病院の皆様にお礼を言いに行きました。

(夢路と伸之助の検診も兼ねて)



ダリが苦しまずに逝けたことを伝え、

頑張らせてもらえたことのお礼を言いました。



「頑張ったな。」

「ダリも頑張ったけど、あんた達が頑張ったな。」




そんな言葉をかけられたら

もう、涙が止まらなくなった…。




ありがとうございました。






























昨年の春からの日々











fc2blog_20150206182413966.jpg

3月14日











fc2blog_20150206182507ee1.jpg









急性腎不全から慢性腎不全への移行











fc2blog_20150206182810d01.jpg












fc2blog_201502061829300ad.jpg












fc2blog_20150206182623710.jpg










通院の点滴から自宅での皮下輸液へ












fc2blog_20150206183119e06.jpg












fc2blog_20150206183221533.jpg











fc2blog_20150206183651fbd.jpg












夏には痩せて痩せて…皮下輸液もやめた。











fc2blog_2015020618355278a.jpg











fc2blog_2015020618343388c.jpg












fc2blog_20150206183738c74.jpg












fc2blog_201502061840469cb.jpg









秋にはなぜか持ち直し、楽しげな毎日。











fc2blog_201502061838362d4.jpg












fc2blog_2015020618414247f.jpg














fc2blog_20150206183945604.jpg












fc2blog_201502061844279e7.jpg









そして冬の寒さにも耐えていたけれど











fc2blog_20150206184250715.jpg











fc2blog_2015020618453156f.jpg











fc2blog_201502061846157d8.jpg









fc2blog_201502061847204db.jpg












fc2blog_201502061848015f3.jpg









1月半ばからは転がるように衰弱していった…









fc2blog_201502061848587cd.jpg












fc2blog_20150206185016b5b.jpg













fc2blog_201502061852163e7.jpg













fc2blog_20150206185051a48.jpg












fc2blog_201502061854051be.jpg













fc2blog_20150206185539b3a.jpg











それでも

ダリはダリらしく逝った…。









ありがとう。













☀︎
















《中空》

fc2blog_20150207194655495.jpg











一昨日の散歩は冷たい雨風の中だったので

ダリ(の遺骨)を連れて行かなかった。





昨日の散歩は晴れていたけれど

ダリ(の遺骨)を連れて行かなかった。











fc2blog_20150207194736da9.jpg












fc2blog_201502071948182ef.jpg












fc2blog_20150207194929ec8.jpg











fc2blog_20150207195007fd3.jpg











fc2blog_201502071950423e0.jpg











光に満ちた散歩道











fc2blog_201502071948538af.jpg











やぁ、山桜。

ダリは逝ったよ…。

お前さんが眠っているうちに逝ってしまったけれど

お前さんが花を咲かせる頃には

花見に来るかもしれないね。

(その時はよろしくね)











fc2blog_20150207195215ef1.jpg











不思議なことが起こってね。

一昨日、サマンサの瞳は白内障が一晩で一気に進み

あっという間に白濁した。

白髪も一度に増え、

一気に老いが来たようだった…











fc2blog_20150207195113986.jpg











それが、昨日の散歩では

瞳は黒々と光り、

鼻も黒々と濡れ、

足取りもしっかりと歩いていた。







不思議なんだけど

サマンサは前より元気になった。




一人では何処へも行けないようなダリだったから
サマンサは急いで一緒に逝こうとしたんだろうか…

だけど
知っている迎えがやって来て
ダリは素直について行ったのだろうか…

(ダーリンが、来たのかなぁ)


サマンサも、それなら良いか…と、思って
自分らしく生きることにしたのかなぁ…











fc2blog_201502071953090c8.jpg











散歩の帰り道、

「あれ?もう一匹居たよねぇ?」

近所のおばあちゃんに声をかけられた。


「……空に、…先に、逝きました。」

そう、すんなり答えた自分に少し驚いた。




(もう、空に行ったのだろうか?)



でも、良いんだ。

きっと今はまだダーリンと一緒に《中空》に居て、
私達が思い出すたび来られるし、
サマンサ達が会いたいと願った時には
すぐに会いに来られる。

ダーリンだって
サマンサが懐かしいだろうに…

しばらくは近くの空に居てね。












fc2blog_2015020719540443f.jpg











今日の朝焼け…










fc2blog_20150207195508915.jpg























今日、仕事が終わってその足で
病院へお見舞いに行った。
仕事場の動物のお世話係りのAちゃんが、
先天的な手の親指付け根の手術をした。
いつも、お世話になっているから
何とか見舞いに行きたかった。

病院が遠くてねぇ。
車で一時間かけて行った…
行って駐車場で車から降りたところで
母からの電話がきた。



「山の仔犬が川に落ちて怪我をしているみたいで助けたい!」


手伝ってもらいたい旨の電話だったのだけど
なんせ、今、病院に着いたばかり…

その事を伝えて

お世話係りのAちゃんには
仔犬の救出をしに行く予定を伝え、
大急ぎに帰路に着いた。









この間に、父が毛布を被せて保護に成功。
(少し、手を噛まれて居たけれど)



早めに保護出来るのは生き延びる可能性が増える。




かかりつけの動物病院で合流してその仔犬を見れば、
脇腹から太ももにかけての大きな切り傷。
首回りの針金の裂傷。
そして、身体中にはノミ、ダニの温床。

病院では大きな傷を切って、縫って、

今は母が自宅に連れ帰っています。



ナナの散歩中に、川に落ちている仔犬を、父が見つけた。
大きな怪我を負っていることも見えたから
そのままにしておけば死んでしまう。

「見てしまったことを見なかったことに出来ないから。」

そう、言っている父の事を、

心強く思った。






もう、声も出ないくらいに弱っていたけれど、

この夜を越せるか越せないかは

このコの【運】もあるんだろうな…








ダリの魂が

少し遠くへ行ったかな?

と、思ったら

次の動物病院通いが現れたみたい。


不思議だなぁ…。








それぞれの20日間(萩乃)

fc2blog_20150208170531779.jpg











寒い寒い日曜日

雨雪混じった涙空

風が強くて冷たい日











fc2blog_20150208170602a0b.jpg











雪のような猫柳(ねこやなぎ)











fc2blog_20150208170635a6d.jpg











風にビュンビュン揺れている











fc2blog_20150208170746b16.jpg












風に向かって散歩道

3匹のワンコは風に負けずにしっかりと歩いている。











fc2blog_20150208170830926.jpg











今日は川まで行ったんだ。

寒さに負けたのは(人間)私達、

山の雪に追いつかれそうになりながら

急いで帰る散歩道。












この20日間以上、猫達の記事が書けていなくて
残しておきたい記録でもあるので
しばらくはこの空白期間を埋めていきます。


まずは、おばあさま《萩乃》


20日前、血糖値はすっかり落ち着いてきて安心した矢先、
右眼が【角膜炎】をおこした。
右眼の角膜自体に爪での傷がついてしまっていた…
子猫達とのじゃれ合いで出来た傷のようだった。

気難し屋の萩乃が誰に対しても怒ってはいなかったので
悪気の無い誰かの爪を上手くよけられなかったみたいです。











fc2blog_201502081704520f4.jpg











タリビット点眼薬。

ヒアレイン点眼薬。

朝晩2~3回。



少しづつ、少しづつ、角膜の傷が盛り上がってきてくれて

それでもひと月以上は治るまでかかりました。

(今もタリビット点眼薬は念のためにしています)











fc2blog_20150208165904204.jpg











あんなに気難しかったのに

今は皆の輪の中で当たり前のように居ます。

良かったんだけど、

何があったのかなぁ?











fc2blog_201502081700027c3.jpg











fc2blog_20150208170045c59.jpg











fc2blog_20150208170129eec.jpg












萩乃と、文太。












fc2blog_20150208165459db1.jpg












fc2blog_20150208165422e01.jpg











一昨年までは6kg近くあった肥満気味の萩乃も
昨年の猫風邪と、糖尿病で体重は一気に3.5kgまで落ち、
食べられなかった時期には本当に危うかったのだけれど
ササミと、カツオブシのオヤツのおかげで食欲復活♪
今は4.3kgで安定しています。
体重が軽くなったせいか
高い所へのジャンプも出来るようになりました。
14才になった頃から動きがすごく遅くなっていたのだけれど、
16才半の今、若者達に混じって元気になっています(笑)











fc2blog_201502081656114b1.jpg












今日の萩乃


ほらね。

目ヂカラ十分♪











fc2blog_20150208165802257.jpg











若々しくなって

良かったね♡


萩乃。



まだまだ元気な16才。

今年の夏には17才。



頑張れ、元気なおばあさま♪












山の仔犬(順のいいコ)

fc2blog_20150209183234699.jpg











土曜日の夕方に助けられた仔犬。

無口な女の子。

(ここはどこ? あたしをどうする気?)

そんな上目遣いで見つめる

気丈で、我慢強い女の子。











fc2blog_20150209183127b71.jpg











首の傷はかなり深い

針金か、輪ゴムか、細いゴムか、

もっと小さい頃に首に巻きついていて

身体が大きくなるにつれて首を傷つけながらめり込んで

首回りの肉が裂けて血が出ていました。











fc2blog_201502091830545eb.jpg











腹から太ももにかけての大きな切り傷は

何か鋭いもので裂かれたような傷で

イノシシの牙か、

人の手による刃物か、

よく神経を傷つけなかったものだと思うような大きな傷。






他にも身体中に突かれたような傷がたくさんあって

最初は何の傷か分からなかったのだけれど

傷の深さや、他の傷との幅から

《有刺鉄線》の傷だと分かった。

身体中に巻きついた事があったようだ…




もちろん、

ノミ、ダニは傷の中にも入り込み、

見ているだけでも

痒いやら、痛いやら、



山に生まれた仔犬達は

皆、きっと似たようなものだ。



傷が深いので、とても洗ってやることは今は無理だから

レボリューションをして、

ノミ取り櫛で梳いてやるくらいしか今は出来ない。











fc2blog_20150209183203838.jpg











しばらくは病院通い。

喉の傷には触らないように言われている。

太ももの傷は包帯の巻直しをするはずだったけれど

あっという間に外してしまい、

喉に触れないからカラーは出来ない。





今は、亡き祖母の介護部屋にゲージを置いて、その中で療養中。

傷が癒えるまでの間に

人慣れ修行もしようね。











fc2blog_20150209183337f32.jpg











それでも、このコは順がいい。



落ちていた川、と言うのは幅の広い用水路。
春から秋にかけてはかなりな水量が流れているが、
この冬の季節は大雨でも降らない限りは
水は全くと言っていいほど流れていない。
だから、このコは流されもせず、ほとんど濡れもしなかった。


ナナの散歩で父が見つけたが、
ナナは川が怖いのでこの道を歩くことはまず無い事で、
かなり深い(1.5mくらい)この用水路を
なぜ父が覗き込んだのかも不思議なことだった。
仔犬は全く鳴かず、震えながら隠れていたというのに…


父が、ナナをいったん家に連れて帰り、
母に仔犬が大怪我を負っていることを告げ、
自分達だけでは保護する自信が無かった母が
私達に連絡してきて、でも、すぐには手伝えないことを知り、
父が決心して、用水路に降りて毛布に包んで保護出来た。

そして、その足で動物病院に直行し、
即、手術してもらえた。


土曜日の夜は雨が降った…

日曜日は風が強い寒い日だった…

夜には霰(あられ)が、礫のように落ちてきて、

今朝は冷え込んで氷が張った。

雪の散らつく一日で、

つくづく…あの日、あの時、助けなければ

このコの命は失われていたな…と、思います。






助かるコって、そんなものです。


今は、身体中傷だらけだけれど、

きっと元気になると信じてる。




だって、

お前は〈順のいいコ〉だもの。












それぞれの20日間(慈雨)

fc2blog_201502091823046cc.jpg











fc2blog_20150209182345d45.jpg











fc2blog_2015020918241748d.jpg












fc2blog_20150209182454723.jpg











fc2blog_20150209182523582.jpg











20日前くらいの頃、

慈雨は痩せてきた 。

顔が少し小さくなったし、

ただでさえ大きな瞳がさらに大きく見える。











伸之助が飼っていた回虫。

トイレを介して慈雨にもうつっていました…!!!

お腹に回虫が居るようになっていたので

食べても痩せてしまったみたい…。











fc2blog_201502091825575a6.jpg











慈雨自身は、あんまり気にしていないみたいだけど

お母ちゃんは痩せた慈雨は嫌だよ。

早く、ふっくらに戻ろうね。











fc2blog_20150209182646afd.jpg











回虫駆除の後、少しづつふっくらしてきた頃、

今度は左目の結膜炎!!!

兄弟で遊んでいてまぶたのフチに爪が入ったらしい…

結膜に少し傷がついていた。











fc2blog_20150209195047004.jpg











ベルベゾロン点眼薬。




朝晩2回、10日間くらいで治りました。

(やれやれ…)











fc2blog_2015020918280174f.jpg











サンルームの椅子に座っている私の膝の上。

(可愛いねぇ♡)











fc2blog_201502091829088e9.jpg











頭上を虎鉄が通って行く。

虎鉄のシッポが慈雨のおでこに乗っかっても、

慈雨はぼ〜〜っと、平気なの。




のほほん、のんびり、ジュッちゃんだねぇ。





あと、もうちょっと、

ふっくらしてほしいなぁ…

フワフワ、やわやわ、

気持ちいい手触りなんだ♡












【花偲ぶ】(初七日)

fc2blog_20150210182002375.jpg











初七日











fc2blog_20150210182029c42.jpg











今日は偲ぶ日











fc2blog_201502101821436e8.jpg











fc2blog_20150210182208945.jpg










いつもの小道を歩いているよ…


ルパンも、キャロルも元気だよ。





















fc2blog_20150210182259582.jpg











ダリ…

あの、古木の赤椿も花をたくさん咲かせたよ。











fc2blog_20150210182334f8c.jpg











サマンサ母ちゃん、元気だよ。






時々、皆がシッポを振ってこっちを見ている時がある。

お前、時々居るんだね。











fc2blog_20150210182419672.jpg











お前の好きだった

踏切の坂道からの田園風景…

小麦が青々としはじめたよ。








散歩道の全てに

お前の姿を思い出せるよ。











fc2blog_20150210182519a05.jpg











風の中、暮れていく…

一週間たったんだねぇ…












fc2blog_201502101829354f6.jpg











私の腕は

まだ、お前の重さを覚えているよ。




あの日の声を覚えているよ。












fc2blog_20150210183318021.jpg











まだまだ…

しみじみ…




寂しいよ。











七日ごとの偲ぶ日

七回目には

何か変わっているのかな…。












☁︎

それぞれの20日間(文太)

fc2blog_201502110641053e6.jpg











11日は文太の日。

7ヶ月が、経ちました。











fc2blog_2015021106415071d.jpg












fc2blog_2015021106530231a.jpg











fc2blog_20150211064251e2d.jpg












相変わらず仲のいいフタリ…

でも…

そろそろ椅子が狭そうだ。











fc2blog_20150211064920d40.jpg











fc2blog_20150211064357fca.jpg











文太。

…………太ったの…。












fc2blog_20150211064453dce.jpg











fc2blog_20150211064537032.jpg











お腹回りが……太ったの…。











fc2blog_201502111756047e0.jpg











白菜、キャベツ…そして菜の花…。

文太の好物はお野菜なのに…











fc2blog_20150211064623032.jpg











fc2blog_20150211064700808.jpg












まだ1才前なのに、

こんなにムチムチ、まるまる…

どうしよう…。(焦)








年末までは最後まで猫風邪が治らなくて
涙目、鼻水、クシャミで辛そうだったけど
食欲は落ちないでいられたから回復も早かった。
そこまでは良かった…

なんだかこのひと月で勢いよく太ってきたみたい…
毛艶はとても良いんだけど
上向きに抱き上げられると苦しそう…

肥満猫用のフードを気に入って食べてくれるのは良いんだけど
気に入って食べ過ぎているんじゃないのかなぁ…



身体が重いでしょう、

高い所へジャンプ出来ないでしょう、

ジャンプの着地が滑っているでしょう、





気をつけようね!文太。











昨年【午年(うまどし)】生まれの文太。











fc2blog_2015021106480918f.jpg











こんな感じかなぁ…。











気がつけば肥満猫…


飼主、反省中。












☁︎

山の仔犬(回復中)

fc2blog_201502121803021e6.jpg











光を浴びる はぐれ雲











土曜日に保護した運の良い山の仔犬

順調に回復中。











fc2blog_201502121756317ab.jpg












fc2blog_20150212175712129.jpg












腰の傷は鋤とか、鎌とかの刃物による傷っぽい…

首の傷は人間が針金とか、ゴムで引っ張った傷っぽい…


病院での見たて…(辛いね)












fc2blog_20150212175743025.jpg










山の用水路











fc2blog_20150212175818a7e.jpg











fc2blog_20150212175922b89.jpg











今は川が干上がっている











fc2blog_20150212175851d4f.jpg











泣き声も出さず、枯れ木の影に隠れて

蹲っていることしか出来なかった傷を負った仔犬…





お父さん、

よく見つけられたものだねぇ…








何も思わず、干上がった水路を覗いたんですって、

何も思わず、落ちている枯れ木に白っぽいゴミが引っかかっているなぁ…

そう思ったんですって、

そしたら、その白っぽいゴミから

上目遣いに父を見ている瞳と目が合ったんですって、

視線に気づいて、よく見て見たら

腰の傷が開いて痛々しい仔犬が

震えながら居たんですって…












お父さん、




それは、【運】と、【命】に

呼ばれたんだね(笑)












fc2blog_20150212175959a48.jpg











今日の通院は私達で行きました。

私の両親が用事のある時は私達で手伝います。









仔犬は順調に回復中♪

来週には抜糸出来るところもありそうです。











fc2blog_20150212180026454.jpg











もう、傷口のテープも外されました。












fc2blog_20150212180101249.jpg











fc2blog_2015021218013431e.jpg











大きな傷の所だけバリカンで刈られているから

今だけプードル風…(?)





(丸刈りにされなくて良かったね…)












fc2blog_201502121802077ae.jpg











少しづつ表情も出てきました♪






あともう少し、頑張ろうね。


きっと、すぐに


元気になるよ。












☀︎

それぞれの20日間(虎鉄)

fc2blog_20150212183117a2d.jpg











美しい翠色の瞳の虎鉄











fc2blog_20150212183153cc8.jpg












fc2blog_20150212183231d7a.jpg











慢性猫風邪で涙眼はいつもだけれど

それも、お前の特徴のひとつだよね。












fc2blog_2015021218330979e.jpg











スリムな身体を維持している虎鉄は

身の軽さ一番!

いつも、皆より高い所で悠々としている。











fc2blog_201502121833543eb.jpg











皆より空を近くに見てる











fc2blog_201502121834336ae.jpg











fc2blog_20150212183505ed8.jpg











fc2blog_20150212183548de3.jpg










ふふふっ…

(余裕の笑)














fc2blog_20150212183632d86.jpg











ポール渡も慣れたもの♪






















翌週の日曜日…











fc2blog_20150212183838c40.jpg











心配そうな虎鉄…











fc2blog_201502121839399be.jpg











綺麗な瞳で 何見てる?












fc2blog_20150212184012731.jpg











保父さん虎鉄は心配症…



瞳の先には…














fc2blog_201502121840512c5.jpg











甘露、登頂成功!




いっぱい、いっぱい、失敗してたけど

諦めないで挑み続けていたみたい…






おめでとう。甘露。




(虎鉄ちゃんが心配してるよ)(笑)







今のところ、

サンルームのカーテンレールに乗れるのは虎鉄と、甘露のフタリだけ。













☀︎

それぞれの20日間(甘露)

fc2blog_20150213111516f47.jpg











ふふふふふ…♪


(誇らし気な甘露)











fc2blog_2015021311155353a.jpg












高い所は気持ちいい♪












fc2blog_20150213111812ae9.jpg











空が青いねぇ♪











fc2blog_201502131117319fc.jpg











「虎鉄っちゃんは、ここを歩く…………」




(やめた方がいいぞ〜!!)

















fc2blog_20150213111908c80.jpg













fc2blog_2015021311203143a.jpg











甘露の様子に

ソワソワしはじめる虎鉄…。























fc2blog_20150213112553173.jpg












そして、

結局、飛び乗って

ポールに歩き出しそうだった甘露を押し戻し…





(過保護、過保護!)(笑)












fc2blog_20150213112737319.jpg













fc2blog_20150213112826d79.jpg












fc2blog_20150213112902e78.jpg











fc2blog_20150213112940548.jpg











念願かなって上がれたものだから

なかなか降りてこない…

そのうち、ポカポカ陽気に うつらうつら…(笑)





(ゆらゆら…危ないよ)






虎鉄、子守中…(笑)


(やれやれ、保父さんは、いつまでも保父さんだねぇ)












fc2blog_201502131135446f5.jpg












恵まれた甘露は、

ずっと、恵まれたままで居られるのかな?











fc2blog_2015021311351322c.jpg












昨日、突然…

「姉さん、茶虎の子猫の写真をメールして下さいよ!」
さくら(翠雨)パパが言ってきた。

???

親バカ丸出しで、可愛い写真をいっぱい送ったあとで
「うちのも乗り気なんで!」って言われた…???


(今更?)

(里親?)

まさかね〜(笑)



「もう、子猫には見えないよ!」
「もう、去勢済みだよ!」
「大喰らいだよ!」
「お行儀悪いよ!」

いっぱい言っといた(笑)



そして、今日


「うちのが、やっぱりもっと仔猫から育てたいって…」
「すみません。」


「そりゃ〜、そうだよ!」
「気にしないでね!」





心の底から ホッとした…。(笑)



今更、手放す気は全く無いことを思い知ったよ。
甘露は甘露でとてもとても大切な家族だものね、
お前は、きっと、今のまま
〈恵まれた甘露〉で居続けられると思うよ(笑)



ただ、
茶虎の男のコだからねぇ、
一番大きなサイズになる可能性も…あるねぇ。



大喰らいな甘露は、どんな風になるのかな?











fc2blog_20150213113434d0b.jpg











甘露も〈午年〉


こんな感じかなぁ…(笑)


















ー鍵コメさんへー
〈山の仔犬〉に応援してくださってありがとう。
あの子の傷を見ると心が痛むのですけれど
その反面、大きな傷を治しつつある【命】の力強さに
見惚れてしまいそうにもなります。
きっとあの子は大丈夫!

ラッキーにしようか?
ハッピーにしようか?

悩んだ末、母が名付けた名前は
〈みかん〉と、なりました。(笑)
(可愛いのよ〜)って目尻を下げて話しています。



ブログを始めて良かったと思えることは
見て、感じた事を文章にすることによって
自分自身、気持ちの整理も出来ているようにも思えます。
書き残すことでしか姿を伝えられないのだけれど
それでも、その時確かにそこにあった【命】の事を
ほんの一握りなのだけど証として残したいなぁ…

こつこつと書き続けていただけだったけれど
ふと、読み返して見ると、
その文章は、いつの間にか【我流】だけれど
自分自身の文章になっていたんだなぁ…と、
最近思うようになりました。

私自身がここにあるんですね。







☁︎

それぞれの20日間(伸之助)

fc2blog_20150214192400176.jpg










「我眠い…故に…我起きぬ。」














fc2blog_201502141924355fe.jpg










空気を読む気のない伸之助。













fc2blog_20150214193721a00.jpg












エコリシンと、ジクロード点眼薬。

伸之助の角膜炎の治療、

朝、晩の点眼。












fc2blog_201502141925199d4.jpg










点眼嫌がらない伸之助はいいコ。











fc2blog_2015021419254838e.jpg











鼻クチョ取って、











fc2blog_201502141926271f6.jpg











顎のざ瘡を消毒。

(このコは皮膚が弱いらしく…手間のかかるコらしい)(苦笑)













いつかの光景…

相方の孫が居た日曜日。

孫から見れば、来るたびに猫が増える不思議なお家かもしれないね(笑)











fc2blog_20150214184059319.jpg











fc2blog_20150214184138991.jpg











「折り紙もっていったらあかん!」











fc2blog_2015021418421308f.jpg











「もう!あかんていうたやろ!」


孫が伸之助に説教してた(笑)







虎鉄が見守る中、今回の帰省での孫のお気に入りは伸之助…

動きが遅くて捕まえやすい、

抱っこして、抱っこして、過ごしてました。














fc2blog_20150214192702e5a.jpg











今日、通院日。

随分、瞳は綺麗になりました。

点眼、毎日頑張ろうね♪



体重3.3kg

やっぱり、小さめの身体だね。











fc2blog_20150214192734d47.jpg












fc2blog_201502141928066a6.jpg











fc2blog_20150214192842560.jpg












fc2blog_20150214193011e6b.jpg












このコも〈午年〉











fc2blog_20150214194026dda.jpg












こんな感じかなぁ…













fc2blog_20150214210554cbe.jpg












〈奇跡の実話スペシャル〉

瞼が腫れるほど泣いちゃった。

【命】の話には涙腺が緩んでしまう…




日課の途中の夢路も一緒にTVを観てた。

泣いちゃった私を

(やれやれ…まったく…僕の母ちゃんは…)

って言っているように見てたけど、




感動しての涙だから勘弁してね。





涙を流すことによって

ストレスも少しは流れて行っているのかもね…













☀︎

日曜日のサンルーム

fc2blog_20150214183517b84.jpg











この何週間か、日曜日を迎える度に
サンルームの椅子から犬小屋を見つめていた











fc2blog_20150214183548098.jpg











硝子の向こうには皆に見守られながら
静かに息づくダリが居たから











fc2blog_201502141836461ec.jpg











fc2blog_2015021418372877c.jpg











いつもなら、子猫達の遊び場のサンルーム
賑やかな気配が満ちているのだけれど
やはり、ダリの見送りが近づく頃には
この部屋も静かな空間に変化していました。











fc2blog_20150214183833ae8.jpg











fc2blog_2015021418391701f.jpg











fc2blog_20150214184001331.jpg











私の隣には、いつもいつも夢路が居た…

私の見ているものを

夢路は一緒に見ていたのだろう…











fc2blog_20150215090612008.jpg











外の気配に祈るような気持ちで
〈その時〉をひたすら待っていた…






娘夫婦と孫が来る前の週の日曜日、
(あの子(娘)に会える日をダリは待ってくれるはず)

娘夫婦と孫が来ていた日曜日、
(会わせてやれて良かった…でもダリは見送られることは避けた)

娘夫婦と孫が帰った後の…最後の日曜日、
(すべての事象が〈その時〉を知らせていた)











fc2blog_2015021509064515b.jpg











お母ちゃん、

…………分かっているね。











fc2blog_2015021509071601a.jpg











お母ちゃん、

…………訣れの時が来るよ。











fc2blog_20150215090833931.jpg











お母ちゃん、

………泣くのはいい…引きずるな!











そんな言葉が聞こえてきそうな

そんな瞳で私を見つめる。






夢路は私の護りなんだな…

つくづく、そう感じた。












fc2blog_20150215091127d20.jpg











諦める…と、言うことと

覚悟をする…と、言うことは違うね。






《諦めないで覚悟を決めさせてもらえた》

そんな日曜日を過ごさせてもらえたんだなぁ…。


















fc2blog_20150215090921605.jpg











今日の夜明け











fc2blog_2015021510024553c.jpg












fc2blog_20150214183420ca8.jpg











fc2blog_2015021510020881e.jpg












fc2blog_20150215100135720.jpg











fc2blog_20150214184250c0f.jpg











fc2blog_20150215095957841.jpg











fc2blog_2015021510061521f.jpg











今日のサンルームは、もとどおりの子供部屋。

思い思い、散らかして遊んでいます。

観葉植物の鉢から土を掻き出して

サンルームは泥だらけ…





明るい陽射し

楽しげな子猫たちの笑い声



日曜日のサンルームは

切なさも哀しみもひっくるめて

明るい方向に導いてくれそうな

優しい場所になっています。












☁︎

ランちゃん便り

fc2blog_201502160813090ba.jpg











お久しぶりのランちゃん便り。

ランちゃんママからのメールはもっと前に届いていたのだけれど

《猫風邪騒動》と、《ダリとの訣れ》で

すっかり延び延びで…。











fc2blog_2015021608124035a.jpg











リンちゃん、ランちゃん、仲良しさん♪











fc2blog_20150216081408c10.jpg













fc2blog_20150216081514801.jpg











fc2blog_201502160814344b5.jpg














fc2blog_201502160816091c2.jpg














fc2blog_2015021608165245b.jpg













fc2blog_201502160815426b5.jpg














『最近よく、くっついてます。

リンちゃんがランちゃんを舐めたりもしてます(*^^*)

追いかけっこしていて、止まっているリンちゃんの上を、

ランちゃんがモモンガのように、

両手両足を広げて飛び越えたりするのを見ると、

すげーなー(笑)って身の軽さに感心します(笑)』


(ランちゃんママ談)













fc2blog_20150216081341785.jpg











目ヂカラ十分!


気の強さは相変わらず…。




さすがだね。ランちゃん♪


















そして、滅多に送ってこない『サクラちゃん便り』












fc2blog_2015021608173643f.jpg












fc2blog_201502160818358a1.jpg











ドアのサンに飛び乗って、

降りられなくなったんですって…。

(慈雨とよく似ています。)(笑)






仲が悪いのかと思われていた先住猫の1匹とは
人間が居ない時には
猫団子になったり、身づくろいし合ったり、
仲良くいられて居るらしいことが最近発覚したようです(笑)

パパ、ママが居る時は
《愛情の奪い合い》をしてしまうみたい…


ま、いいか…。

どっちも負けてないものね♪
















やっと、これで

空白にしてしまった猫達の20日間が

(【お便り】に関してはほぼ5ヶ月が)

現在の時と重なりました。











【花偲ぶ】(二七日 ふたなのか)

fc2blog_201502171847274e8.jpg











晴れたり曇ったり、

雨が降ったり止んだり、

何と無くざわめくような一日…











fc2blog_20150217183157b4b.jpg











朝方の雨に打たれる椿の花











fc2blog_201502171831231c6.jpg











晴れ間の光を受ける椿の花










今日はダリの二七日(ふたなのか)











fc2blog_201502171835389e6.jpg












fc2blog_20150217183623def.jpg











fc2blog_20150217183710c2b.jpg











fc2blog_20150217183754130.jpg











fc2blog_2015021718390374e.jpg











走る 走る 走る …


サマンサが走る…!












fc2blog_20150217184118799.jpg












fc2blog_20150217184207a4d.jpg











嬉しそうに尻尾を振って追って来る…!












fc2blog_20150217183421384.jpg











古い椿の花の咲く坂道











fc2blog_2015021718325675a.jpg











椿の花がこちらを見てる











fc2blog_20150217183330db8.jpg











挨拶していた山桜











fc2blog_20150217184043a9d.jpg












ダリ…


お前、一緒に居るんだね。


散歩の時間、気持ちが満たされる気がする…













fc2blog_20150217184011d51.jpg











走ることなんて、ほとんど無かったサマンサが
毎日、散歩に走り出る!
走って、走って、ジャンプして、走って、
走り出す時の姿は
あの嬉しそうに走り出す、ダリそのままで…
ルパンもキャロルも嬉しそうについて来る。


そして、サマンサの瞳!
白内障が進んでいたのに、今なぜか黒々して見えているみたい…
「ダリがサマンサに遺したんだねぇ」
そう言われて、………そうなんだろうか…。


もうひとつ、
サマンサの失禁、尿もれが、今止まっている…
日曜日に洗っていたサマンサの下半身、
ダリの急変から後、サマンサの気が張っていたからなのか
犬小屋の中での失禁、寝ている間の尿もれ、
どちらもしなくなって、下半身もしばらく洗っていない。





サマンサに何が作用しているのかは分からないけれど
ダリが自分の身体の中で遺せるものを遺して逝ったのだと
感じられることも………ある意味幸せな気がする。











fc2blog_20150217184259c9b.jpg











いつも通りの散歩道



ダリは散歩が好きだったから

きっと、この《中陰》の間

散歩の時間が来るとサマンサの身体を借りて

嬉しそうに走り出すんだろうな…





不思議、不思議…。











fc2blog_20150217183041422.jpg












雨が降り始めたけれど

今日の雨は冷たくないね。




ダリも、もう、寒くないんだね。

(良かったね)













fc2blog_20150217184357b41.jpg











花を活けかえて、

お供えをかえて、











fc2blog_2015021718443001a.jpg











今、玄関前は花でいっぱい。











fc2blog_20150217184457ad8.jpg











花が好きなダリだったから

花で囲んであげましょう







まだね、

時々、涙はこぼれるよ




でもね、

七日前には朝のハチの散歩の時、
夜明け前で人気も無いのを良いことに
「え〜ん!え〜ん!!」と、子供のように大声で泣いたりしたような
そんな泣き方はしなくなった。(笑)


楽しかった事や、困らせられた事を
笑いながら話していることも多くなった。



七日ごとに少しづつ…




法要と言う儀式は

確かに逝った者への供養なのだけれど

遺された私達にこそ意味があるものなのかも知れないと

しみじみ感じています。







ダリ、


ありがとう。

















休日の光景(久しぶりの日光浴)

fc2blog_20150218173925f6e.jpg











日曜日の昼間は暖かかった

家中の窓を開け放し、

玄関前のスペースも久しぶりの開放♪












fc2blog_201502181740124f0.jpg











久しぶりの陽気に庭仕事に勤しむ相方さん♪

相方大好き!の虎鉄。

相方のいる方を一生懸命見つめています。

(健気だねぇ…)











fc2blog_20150218174324040.jpg











ダリも久しぶりに日光浴♪

(玄関前スペースから少し移動)












fc2blog_20150218181015ad3.jpg












家の中の掃除機をかける間、

猫達が玄関前に居てくれる方が助かる私♪

皆、喜んでワラワラ出てくる。










fc2blog_20150218174835c93.jpg











fc2blog_20150218174914b58.jpg











fc2blog_201502181749569ef.jpg











萩乃、夢路、そして武蔵。











fc2blog_201502181750332a0.jpg











fc2blog_201502181751084de.jpg











fc2blog_2015021817514415e.jpg












ふふふ♪


調子が良さそうだね♡

萩乃ちゃん。











瞳の傷も治ったし、

血糖値も落ち着いているし、

体重も4.5kgまで増えたし、





順調、順調な 萩乃ちゃん。

日向ぼっこ、満喫中♡











まだまだ寒い日もあるだろうけれど

日曜日に天気が良くて、暖かいと嬉しいね。





風が通って気持ち良かったね。











☀︎

仲良しさん♪(萩乃と甘露)

fc2blog_201502191807332de.jpg












fc2blog_20150219180830ab7.jpg











fc2blog_20150219180914a05.jpg











fc2blog_20150219180950b27.jpg











fc2blog_20150219181030bcc.jpg












fc2blog_20150219181113260.jpg











fc2blog_20150219181151e3f.jpg











fc2blog_20150219181221a11.jpg











fc2blog_201502191812507dc.jpg











fc2blog_20150219181342364.jpg












ほっこり…

まったり…







カーペットを変えたんだ、

暖かいオレンジ色なんだ、




暖かいオレンジ色っぽい猫は

同系色が好きみたい(笑)




萩乃は何故か甘露がお気に入り♡











☀︎

仲良しさん♪(慈雨と文太)

fc2blog_20150220171632a3e.jpg












fc2blog_201502201717066fb.jpg












fc2blog_2015022017174216e.jpg












fc2blog_201502201718207b2.jpg











fc2blog_20150220171846333.jpg











fc2blog_20150220171919143.jpg











fc2blog_2015022017200010c.jpg











fc2blog_20150220172035d92.jpg












fc2blog_20150220172114146.jpg











fc2blog_20150220172153a8e.jpg












「べぇ…! 」






くすくすくすくす…♪





体重5.3kg……………文太!

体重4.8kg……………慈雨!




文太はムチムチ派。

慈雨はフワフワ派。





お腹回りがでっかい文太。

お顔がでっかい慈雨。







仲良しさん♪


だけど、


狭苦しそう…(笑)












☀︎




珍妙可愛い伸之助

fc2blog_201502211919512eb.jpg











相変わらず…

自分用ナプキンを咥えて

皆の迷惑顧みず

フードに被せて食べる伸之助…。











fc2blog_2015022119192562b.jpg











ブビブビ…ブピブピ…

いっつも鼻が詰まって苦しそう…













fc2blog_20150221192110ade.jpg











アンバランスな瞳。

アンバランスな鼻。











fc2blog_20150221192144c0c.jpg











ブビブビ…ペチャペチャ…ブビブビブピ…











fc2blog_20150221192223da3.jpg











水を飲むのも下手なんだ…











fc2blog_20150221192330c5e.jpg











先週、やっと瞳の濁りがなくなりそうになったのに











fc2blog_20150221192252d52.jpg











今週はじめには、また、結膜に傷を作った…

調子が良くなると、皆と遊びたくなる、

皆と遊んでいると、夢中になって走ったりもする、

走って、跳んでみたりもする、

脚に少し障害が残っているこのコは、

バランスを崩して怪我をしたりする…。



(この繰り返し…)(やれやれ…)











fc2blog_2015022119240264e.jpg











怪我をして調子悪くなると

死んだように眠ってる…











fc2blog_20150221192432add.jpg











目を開けたまま眠るのは私達の心臓に悪い…











fc2blog_20150221192509f02.jpg











思わず呼吸しているか確かめてしまうもの…(笑)



静かすぎても心配だし、

鼻詰まりで苦しそうなのも心配。



口で呼吸して

プー…プー…


(苦しそうだね…)




















fc2blog_20150221192543476.jpg











fc2blog_2015022119264036e.jpg











fc2blog_20150221192720be1.jpg












「苦しそうで、可哀そう…」

(ペロペロ…ペロペロ…)











fc2blog_20150221193227757.jpg












慈雨、優しいね♡













fc2blog_201502211933300e3.jpg












慈雨、でっかいね…。


















fc2blog_20150221193301c72.jpg












fc2blog_201502211934036cd.jpg











そばに誰かが居ると

伸之助も安心できるらしい…











なかなかなかなか…

伸之助は不憫だ…




呼吸が苦しい…というのは

生きて行くことにおいて

不利なことが多そう…






でもでも…

きっと《助け》なくしては育つことが出来なかったと思われるのに
今まで生き延びてきたことは、
このコの間違いない《強運》を示しているのだから、
うちに来たのもこのコの《運》。

空気を読む気のない伸之助だけど、
そんなコもいるよね。って認めて暮らす皆が居て…












fc2blog_201502212048017e0.jpg












良かったね。


伸之助。








でもね、

兄ちゃん達の背中や顔にアオッパナとばした時は

少しは申し訳なさそうにしてみてね。

(兄ちゃん達が困惑しているからね)(笑)













春風の日曜日(猫の日)

fc2blog_20150222162905af2.jpg











雨が降ったり、晴れてみたり、

落ち着かないお天気だったけれど

今日の風は 春風 だった。











fc2blog_20150222162943c46.jpg











fc2blog_20150222163008249.jpg











春の花が咲いて

風が柔らかく吹いている











fc2blog_201502221631176de.jpg











fc2blog_201502221650093a5.jpg











気持ちの良いワンコの散歩♪











fc2blog_201502221630383ec.jpg











fc2blog_201502221632419c4.jpg











春が来るね












今日は『猫の日』











fc2blog_2015022216335405e.jpg











fc2blog_201502221634377ba.jpg











武蔵と虎鉄











fc2blog_201502221635275e6.jpg











fc2blog_201502221635559fa.jpg











萩乃と文太と甘露











fc2blog_201502221636384ba.jpg











fc2blog_201502221637155bd.jpg











夢路と伸之助












fc2blog_2015022216374691d.jpg











fc2blog_20150222163829139.jpg











ふふふっ♪

(夢路はいつも隣に居るね。)












fc2blog_20150222163906fcc.jpg












慈雨はひとりで遊んでた(笑)






いやいや…

日向ぼっこ中のダリのそばに居てくれてたのかも知れないね♡










夕方まで窓を開けていられるなんて

今日はすっかり 春 なんだなぁ♪












山の仔犬(此処)

fc2blog_201502231825475dd.jpg











庭の白梅が咲き始めた




此処は
私の両親の家の庭
怪我を負った山の仔犬の居るところ











fc2blog_201502231809017a4.jpg











fc2blog_20150223181029242.jpg











fc2blog_201502231811102e6.jpg











先週の火曜日
少しだけ抜糸出来た。
まだまだ傷は痛々しいけれど
少しづつ元気になって来ている。











fc2blog_2015022318122391a.jpg











fc2blog_201502231812558cc.jpg











fc2blog_201502231814598dd.jpg











毎日毎日、少しづつ傷は治ってきている。

首の周りの毛も少しづつ生え始めている。











fc2blog_20150223181354e91.jpg











fc2blog_20150223181427b0d.jpg











今朝の〈みかん〉

〈みかん〉と名付けられ、只今人慣れ修行中♪
ずいぶん表情がしっかりしてきました。











fc2blog_201502231811441d7.jpg











今は母の部屋でゲージの中での治療中だけれど

窓の外には庭と、

その庭にあるサークルの中の姉さん達が見える。











fc2blog_20150223182103d64.jpg











相変わらずの引きこもりの〈マイちゃん〉(3才)











fc2blog_20150223182028b32.jpg











一昨年のデモドリムスメ〈ナナちゃん〉(2才)、




このフタリが一緒に暮らすサークル。

〈マイちゃん〉も、〈ナナちゃん〉も
〈みかん〉の存在をいつも気にかけているようで
もう少し傷が癒えて、首輪が出来るようになったら
このサークルで過ごさせてみようと母は考えている。
きっとフタリが大事にしてくれそうだから…














fc2blog_201502231822089bf.jpg











その先の通路を利用した空間には
里親募集はしたけれどイキソビレた〈メリーちゃん〉(1才半)
兄弟の〈シロ〉と、〈リュウ〉は貰われて幸せに暮らして居る。











fc2blog_20150223182306420.jpg











〈メリーちゃん〉の後ろの扉の向こうには

あのイノシシの罠にかかって居たところを保護した〈ハチ〉、


体重30kg近く…でっかい身体なのに甘えん坊…。
やんちゃ盛りの3才くらい、




誓って言うが
両親の家は決して保護犬のシェルターでは無い(笑)

〈ハチ〉は私と相方が保護して治療をしていたけれど
うちの家には〈ハチ〉を置いてやれる場所がなくて、
両親の家の裏庭に場所を間借りさせてもらっている。
(父の事が大好きで今は良い番犬になっていたりもする)


その他のコ達、
〈マイ〉、〈ナナ〉、〈メリー〉、〈みかん〉、
この女の子達は、実は皆、父親が一緒だ…。
山で暮らす白い犬の群れのリーダー犬の子供達だ…

悲しいことに皆、母親が違うのは
それだけ生き抜くことが難しいからだ…
〈みかん〉の母親は後脚がイノシシの罠にかかって失っている。
それでもその千切れた後脚は何とか自分達で舐めて
折れた骨の先を肉が巻いて切断面が塞がった…
昨年末の寒い頃のことだったので、化膿せずに済んだのだろう。
今年の夏、越せる可能性は少ないかもしれない、
治療してやりたいけれど、人の手にはかからない…

助けられる〈命〉と、
助けられない〈命〉と…

助けたいと思っても、助けられなかった事の多さを思うと
〈運〉と、〈命〉の過酷さを、切に思い知ります。











fc2blog_20150223182425ba6.jpg











〈みかん〉はきっと助かる命。






幸せにならなきゃね。









明日は〈みかん〉の通院日。

どれくらい抜糸出来るかなぁ…












☁︎








【花偲ぶ】(三七日(みなのか))

fc2blog_20150224185205097.jpg











今日はダリの三七日(みなのか)

七日を3度越して行きます







この7日間は少し不思議な7日間でした




ダリの魂が身体から離れる少しだけ前、
散歩で出会っていた人達と
まるで別れの日を知っているかのように会い、
一様に優しい言葉や感情をダリに注いでくれた日があった。


その日から一週間もしないうちに
ダリは逝ったのだけれど、
翌日からのダリ不在の散歩時には
何故か、あんなによく出会っていた人達と会わなくなっていた
不思議なくらいに誰にも会うことの無い散歩が続いて
一週目、二週目…三週目のこの7日間、
不思議なくらいに、あの時言葉をかけてくれた人達全てと会いました。

さすがに、面と向かってダリの事を問う人は
近所に住むダリをよく知る人達くらいで、
散歩の時に遠く近くに見ていた人達は
ひとつ減ったシルエット、
毛布を抱えていない私の腕を見て
全てを理解って、会釈をしてこちらを見てる…

私達も頭を下げる…

(優しい言葉をありがとうございました。)

(頑張らせてもらえました。)

(あのコは無事に逝けました)

(気にかけて下さって、ありがとうございます。)


そんな気持ちで満たされる…

そんな風な7日間をかけての散歩でした。




〈別れの時〉は、押し寄せる波のように心をもらった。

〈知らせの時〉は七日かけてゆっくりと沁みわたらせた…


不思議な7日間…











fc2blog_20150224185322cb2.jpg











花が咲くよ










fc2blog_20150224185406fa7.jpg












陽光が影を深めるよ













fc2blog_20150224185522a75.jpg











サマンサの歩みがゆっくりになったよ











fc2blog_20150224185552acd.jpg











椿の古木の影を踏み











fc2blog_201502241857054f7.jpg











落ちた椿の花を見て











fc2blog_2015022418563303d.jpg











見上げる高さの椿に見惚れ











fc2blog_20150224185241bd7.jpg











花に見惚れ…











fc2blog_20150224190028021.jpg











fc2blog_201502241901029b3.jpg











いつもの道を

いつものように歩く











fc2blog_20150224190000630.jpg










サマンサがゆっくり、ゆっくり歩く時は

きっとダリは遠くに行っていて











fc2blog_20150224190143cb3.jpg











元気に跳びはねている時は

きっとダリは一緒にいるんだ。











そんな風に

遺された者達を傷つけないように

ゆっくりと

ゆっくりと

遠く、近くを繰り返し

少しづつ

少しづつ

魂は光に透けていくんだね…












fc2blog_20150224190243b2d.jpg











ダリ、

三七日(みなのか)の花だよ












fc2blog_20150224190315c89.jpg











花に埋れていられるような…

そんな七日、七日を過ごそう

そんな七日を七度過ごしたら

きっと花盛りの季節が来る


春の中の春

花の中の花

花々の笑い声の中

お前を微笑みで見送ってあげられるはず…。











☀︎

仲良しさん♪(武蔵と虎鉄)

fc2blog_20150225184358893.jpg










休日のサンルーム

ロッキングチェアーの上の武蔵と虎鉄















fc2blog_2015022518534720d.jpg











武蔵5才、

虎鉄2才、


虎鉄の世話をしてくれたのは武蔵。

















fc2blog_20150225185422195.jpg












うちのコ達の中で

一番、世話焼きなのは虎鉄。













fc2blog_2015022518545349c.jpg












そんな虎鉄が

唯一、甘えられるのが武蔵。

















fc2blog_20150225185527c86.jpg











弟達の世話に少〜し疲れた時は

ちゃんと兄ちゃんが甘えさせてくれる♪






うちは今、ちょうど良い状態なのかな?








武蔵も虎鉄も寂しがり屋の甘えん坊。

だけど、フタリとも気遣い屋さんだから

弟達に場所を譲って我慢する…




そんなフタリだから

足りなかった愛情を

フタリで補いあっているのかも知れないね…。






ごめんね。



でも、ありがとう。












☀︎

仲良しさん♪(萩乃と甘露と文太)

fc2blog_20150226172300cff.jpg











休日のサンルーム

兄ちゃん〈文太〉は弟〈甘露〉に優しい…










fc2blog_20150226172334a8c.jpg











fc2blog_2015022617240428c.jpg












fc2blog_20150226172438091.jpg











男のコ達は、本っ当に身づくろいしない…






だけど

可愛い弟の身づくろいはしてやるらしい…(笑)












fc2blog_20150226172545579.jpg











〈甘露〉がお気に入り♪…の萩乃。











fc2blog_201502261726163c9.jpg











fc2blog_20150226172648e9e.jpg











fc2blog_20150226172717112.jpg











自分の身体が椅子から落っこちそうになっていても

愛おしそうに舐めている…


















だけど、

一番の末っ子は、

恵まれている境遇を

当たり前に感受して、














fc2blog_20150226182509b40.jpg











目が覚めた途端に

文太兄ちゃんに飛び乗って、











fc2blog_2015022618254638d.jpg











眠っている文太を

舐めてあげる気は全く無いらしい…(笑)











愛され甘露♡



お前は本当に恵まれてるね♪












慈雨のマイブーム1

fc2blog_20150227182633120.jpg











梅の香が漂う季節になりました♪











春めいて来たこの頃、

なんとなく頭にお花が咲いているような…うちの慈雨…

慈雨的マイブームが始まりました…











fc2blog_201502271816428be.jpg











風呂場のシルエット遊び











fc2blog_20150227181742497.jpg











fc2blog_20150227181545308.jpg











風呂場の明かりがついている間、

慈雨は扉の前を離れません(笑)








しつこい…しつこい…











fc2blog_20150227181836716.jpg











fc2blog_20150227182251011.jpg











面白いし、

可愛いんだけど…











fc2blog_20150227182338993.jpg











何かが楽しいはず!

って思い込んだ弟達が並んで待つようになったりして…(笑)











慈雨はね…

お外を知らずに私達の手で育てたせいか

成長が遅いのかな…?



もうね、

文太にはすっかり追い越され、

甘露にもなんとなく追い抜かれ、

不思議系の伸之助と追いかけっこをしていたりする…。




(ま、良いかな…)(笑)



8匹いれば

少し変わったコもフタリくらいはいるよね(苦笑)













fc2blog_201502271827052ec.jpg











悲しい事件が多い。
救いのない暗い事件の報道にやりきれなくなる…

せめてあの子の魂が
大好きだった美しい青い海に還れるように祈ります。












慈雨のマイブーム2

fc2blog_2015022819210960b.jpg











最近の慈雨のマイブーム…

籐椅子の座に冬用のマットを敷いている

そのマットを咥えて引っ張って…

………迷惑な遊び。











fc2blog_20150228192207c24.jpg












fc2blog_20150228192247663.jpg











………悪い顔…。(笑)












fc2blog_20150228192711691.jpg











楽しそうに見えたのか…


伸之助も参戦!











fc2blog_20150228192322675.jpg











fc2blog_201502281924144f2.jpg











fc2blog_201502281924542ac.jpg











fc2blog_20150228192542c26.jpg












散々バタバタ暴れた後は…











fc2blog_20150228192617925.jpg












籐椅子の下に押し込んでいた…





……………何がしたかったんだろう…。(?)












fc2blog_20150228193848f9c.jpg











ね、慈雨…(笑)






可愛いね。











プロフィール

風人

Author:風人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

風人

Author:風人
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR