12度目の日曜日(真夏日)

fc2blog_20140601184853b83.jpg











今日は朝から真夏日











fc2blog_20140601184921720.jpg











玄関前を開け放し

真っ先に防止柵に飛びついたのは虎鉄











fc2blog_20140601185003c13.jpg











fc2blog_20140601185037525.jpg











fc2blog_20140601185103ace.jpg











ちょっと日射しが強すぎる…











fc2blog_20140601185138510.jpg











相方が傘をさしました











fc2blog_20140601185205832.jpg











うん、いい感じ♡(虎鉄)











fc2blog_2014060118523944d.jpg











うん、いい感じ♡(慈雨)




(夢路は日射しにアレルギーがでるから中に移動)











fc2blog_20140601185309b53.jpg











fc2blog_20140601185350f29.jpg











fc2blog_2014060118542395b.jpg











fc2blog_20140601185500ae3.jpg











萩乃は少し痩せてきた











fc2blog_20140601185527f72.jpg











日射しを吸収して暑そう…。

武蔵は6才になりました。

(推定だけど5月生まれだから)











fc2blog_201406011856441e3.jpg











真夏の日射しの中

思い思いに転がっている♡










fc2blog_201406011857322d5.jpg











傘の影から外れてますよ〜












fc2blog_20140601185756d87.jpg











ワンコの散歩は刈り入れ真っ最中の麦畑











fc2blog_20140601185821411.jpg











12度目の日曜日

急変してから丁度今日は80日目。




ダリは尻尾を振って散歩に出てくれます♡












fc2blog_20140601185851873.jpg











皆の先頭をきって歩いています。











fc2blog_20140601190314bb0.jpg











今日は暑かったから川辺へ寄り道











fc2blog_20140601185946cd2.jpg












fc2blog_20140601190037e87.jpg











fc2blog_2014060119011098c.jpg











fc2blog_20140601190143ebc.jpg











fc2blog_20140601190224c15.jpg











少し身体を冷やして帰途に着く




今日も一緒に散歩出来て良かったね♡






















ー私信ー


帯広の相方の息子から〈ウド〉が送られてきてまして、

酢味噌和えにしていただきました。

美味しかった♡ありがとう。













fc2blog_2014060119033986d.jpg













ちなみに、今日の晩御飯は
アボガドとトマトとキュウリのサラダ、
焼き茄子、キュウリと鱧の梅酢、カメノテの味噌汁、でした♡



息子くん、ちゃんと御飯食べてるかなぁ…。













☀︎














スポンサーサイト

休日の情景(日陰の君)

fc2blog_20140602182404f80.jpg











裏庭の紫陽花が色づいてきました











fc2blog_20140602181733cd0.jpg











玄関前の猫スペースは太陽の光サンサンで

紫外線にアレルギーの出る夢路は北側窓辺に移動、



(陽射しを浴びるのが好きな夢路には

仕方ないけれど「我慢してね」と、言い聞かせ)











fc2blog_201406021818105ca.jpg











相方作の裏庭猫スペース、

風の通る涼しい場所











fc2blog_20140602181832133.jpg











すぅ〜っ

夢路の深呼吸











fc2blog_201406021819035dd.jpg











おかぁちゃん、

ここも中々良いよ。

(でも、ひとりじゃあつまらないね…。)











fc2blog_20140602181924f8c.jpg











(大丈夫、おかぁちゃんはここにいるよ。)




って言って、

眠っちゃったんだ………

(ごめん…。)






目が覚めた時、夢路は私に寄り添って寝てました…(笑)



幸せな休日♡












fc2blog_2014060218165313f.jpg











今日は朝焼けの朝

明日からは天気が崩れるらしい











fc2blog_201406021819471b8.jpg











ワンコの散歩は畑焼きの中、

昨日刈り取られた小麦畑

焼かれて燻されています。

(この灰をすき込んで土壌消毒、そして田植え)

農業って無駄なくできているものだ…。









fc2blog_20140602182009e96.jpg











今日もダリは元気に散歩。

皮下輸液200cc、

食欲少々、

(気力はまだまだ大丈夫!)











☀︎

父の見た光景(黒い仔犬)

fc2blog_20140603180416298.jpg












父の見た光景

6月1日(日)18:30

夕方のワンコの散歩時
仕事場の駐車場の側溝から仔犬の鳴き声が…
「キャン!キャン!」と、
コンクリートの溝の壁に反響して聞こえた。

少し深い側溝に出られなくなったのであろう
まだ生後2ヶ月位の黒い仔犬。
黒柴風の四つ目、胸の毛が少し白い。

父は助けてやろうとしたのだけれど
その仔は驚いて側溝を逆走し、なんとか上れる場所があったのか
次の溝に入り込み走って逃げてしまったそうだ…

水の張られた水田の畔を
バシャバシャと身体を濡らしながら
走って行ってしまった…

気になって
夜、暗くなってもう一度餌を持って探して見たけれど
もう、気配は無かった。













fc2blog_20140603180505a51.jpg













6月2日(月)6:15

朝のワンコの散歩時


「夕べ、黒い仔犬が捨てられていたみたいで、
駐車場に餌を置いているから、そのままにしておいてね。」

ハチを連れ出そうとしている私に母がそう言った。

先に他のワンコを散歩させていた父は
駐車場の側溝をゆっくり、ゆっくり、歩かせていた。

父からその時、前日見た仔犬のことを聞いた。



山で生まれた仔犬なら、親犬が迎えに来るだろうし
あの溝で出て来れないようなら、この場所まで辿り着かない。

「あの溝に捨てられたんだと思う…。」

父は、そう言った。






【「四つ目の犬は飼い主を殺す」という言い伝えがあり、
(もちろん迷信です。)
インドの神話では、ヤマ(閻魔大王)は四つ目の犬を飼っていて、
この犬は人間を死の国へ連れて行く役目があります。】

(こんな話から“飼い主を殺す”っていう迷信が生まれたのかもしれません)




田舎ではまだ、こんな話を聞くのです。

不吉と言われる四つ目の黒柴(風)だから
捨てられたのかもしれません…

その日の朝の散歩は、ついつい耳を澄ましてみたり、
目をこらして黒い仔犬を探してみたりしながらでした。

(何も、見つけられなかったけれど…)











fc2blog_20140603180603c73.jpg












6月2日(月)8:00

同僚のひとりが何思わず言ったひとこと…。

「今朝来る時(出勤)に、すぐそこの道路で黒い猫かなぁ?
車にはねられとったよ。胸のところが白かった…」

!!!!!


(猫くらいの大きさに見えたのなら“あの子”なのかもしれない…)

大きな道路上の事だから
もう、片付けられていて姿は確認出来なかった…



でも、その場所は
“あの子”が走って逃げて行った水田地帯の先の道…

“あの子”だったのだろう…
(もう、まったく姿を見ることはないから)













fc2blog_2014060318053887d.jpg












薄暗くなる頃見知らぬ場所に捨てられて

心細さと空腹と

泥水に濡れた身体に
夜風は冷たかっただろうか…

鴉や鷺や、
鴨や鳩の声…

そしてうるさいくらいの蛙の声…

あの日、夜の闇は
“あの子”に優しくしてくれただろうか…

それとも冷たく突き放したのだろうか…


助けようと伸ばした手は届かなかった。

出会って…

12時間後には、もう、この世から旅立った。












fc2blog_20140603180640caf.jpg












捨てないで!

捨てられた仔が生き延びる確率なんて

本当に“わずか”なのだから…








ー父の見た光景の中にのみ生きた黒い仔犬のためにー












fc2blog_20140603180707552.jpg











いよいよ梅雨入り

小麦の刈り入れ、畑焼き、大忙し











fc2blog_201406031807278f3.jpg











“ ペロリ…”

ダリは元気♡

皮下輸液250cc
(相方、注射上手になったみたい。)












☁︎

休日の情景(カナブンと慈雨)

fc2blog_20140604165442a49.jpg











カナブン…











fc2blog_201406041655157cd.jpg











玄関前の慈雨…。











fc2blog_20140604165542499.jpg
































fc2blog_20140604165637a20.jpg











もぞもぞ動くカナブン…











fc2blog_201406041657083a0.jpg











多分、この子は気づいていない…。











fc2blog_2014060416573257a.jpg












fc2blog_20140604165754b49.jpg












fc2blog_20140604165821602.jpg











多分、気づいていない…。









慈雨って…

やっぱり、お外には出ちゃダメだよ〜






















fc2blog_20140604165846acb.jpg











今日はそぼ降る雨…。

ワンコの散歩は川沿いの道











fc2blog_20140604165905e78.jpg











小走りダリ

雨でも元気♡






皮下輸液230cc、入りました。


突然、真夏日から肌寒い日になり、
少しハラハラしたけれど
今日のダリは大丈夫♡






北海道は100年ぶりの暑さらしい…。
(確かにこの時期で信じられない)

水分とって、気をつけてね。











休日の情景(西陽の君)

fc2blog_20140605180854e91.jpg











西陽の窓辺











fc2blog_201406051809282d8.jpg















fc2blog_2014060518095872f.jpg
















fc2blog_20140605181038d4c.jpg















fc2blog_201406051811005b7.jpg











ほっこり…

にっこり…



























fc2blog_20140605180728724.jpg











夏椿が咲きはじめました











fc2blog_20140605180820bb1.jpg











昨夜からずっと雨、

肌寒い一日

ダリの調子はイマイチ…。











fc2blog_2014060518075781e.jpg











食べなくて…

皮下輸液、今日は150ccが精一杯…。

針を何度も刺したけど…

(痛かったね…。ごめんね、ダリ…。)





どんなに足もとがフラフラしてても
散歩に行くって意思表示をする。


明日もきっと立ち上がる!











小雨の夕べ

fc2blog_201406061822090d8.jpg










小鳥より

子猫より

足音微か

小雨が降る… (小学生の頃、歌ったな…。)











fc2blog_2014060618263055d.jpg











小雨が降り続いているけれど

小鳥の声も聞こえてくる


小鳥の声が聞こえてくると

猫達はじっとしていられない











fc2blog_20140606182338815.jpg











北側の窓辺の猫スペースはぎゅうぎゅう…











fc2blog_20140606182418306.jpg











ツィーヨ、ツィーヨ、と鳥の声

カカカ…カカカ…と猫の声











fc2blog_2014060618244493a.jpg











身軽な虎鉄は跳び上がり、











fc2blog_2014060618250918d.jpg











重たい慈雨は立ち上がる…。











fc2blog_201406061825385a0.jpg











はるか頭上にいる虎鉄











fc2blog_20140606182606f81.jpg











楽しそうなのは良いんだけれど

網戸はいつまで持つんだろう…











fc2blog_20140606182245a78.jpg











網戸越しに紫陽花が笑っているようだ



















fc2blog_2014060618265470e.jpg











小雨の中、

濡れて光る散歩道











fc2blog_20140606182733e3b.jpg











枕パットの簡易雨合羽、

なんだか緩くなったみたい…



ダリがまた、ひとまわり小さくなったみたい…。




小雨の中も元気に散歩に出たけれど

軽やかに歩いたけれど




どこまで軽くなるのだろう…



今日の皮下輸液150cc、

食欲はないなぁ…




薄ら寒い夕方だけど

みんなで寄り添っていてね。











花のためにできること

fc2blog_20140607203443af0.jpg











久しぶりの青空

梅雨入りしてからの雨で湿度が高い











fc2blog_20140607203507810.jpg











散歩道の途中にタチアオイが咲いていた

この花が一番上まで咲ききったら梅雨が開けるって言われてる。

(まだまだだなぁ…)











fc2blog_201406072035491ba.jpg











今日もダリは散歩に行くって立ち上がる











ダリは3月14日に急性腎不全になり、
高齢(老犬)であったがゆえ、
慢性腎不全に移行しました。
血液検査クレアチニン4.8、
この数値は犬には厳しい数値です。
血中尿素が高く、気分が悪く(吐気、目眩)
食べることが出来ません。
ダリの尿は色も匂いもありません。

壊れた腎臓機能はもう戻らないので
皮下輸液で脱水症状を抑え、
クレメジン(活性炭素吸着剤)と、胃薬だけが命綱。

明日が無いかと思われた状態から
フラフラ、ヨタヨタ、歩き続け
もうじき三ヶ月が来ようとしています。











fc2blog_20140607203609027.jpg











散歩で出会うご近所さん達も
もはや、あたりまえのように
「今日も散歩に行けたね。」
目を背けることなく、笑って見守ってくれています。
(呆れるほどの痩せっぷりですけど…)
幸せそうに見えるらしいですよ♡

積み重ねる日々って大切ですね。











fc2blog_20140607203724b89.jpg











腎不全末期の苦しみぶりを聞いたことはあったけれど
尿毒症で苦しむのか、
餓死の苦しみを味合わせるのか、
いざ、自分達で看取ることを受け入れた時、
その日から、不思議に穏やかな気持ちになれました。

なんなのでしょうね…。
出来るだけの事はしている…という自己満足?
いや、違うような気がします…

それは、きっと、
そう遠くない日に分かるのかもしれません…











fc2blog_20140607203629314.jpg











今日のダリの笑顔♡

この嬉しそうな顔を見られるだけで幸せ。

ダリの悲鳴を聞きながらの皮下輸液150cc、

この非日常的な毎日が繰り返される…

この日々は、

ダリが私達に与えてくれている慈しみの日々…





ダリのためにできること…

ダリが私達にくれた時間…












ーひとりごとー

友達のところの高齢猫ちゃんが慢性腎不全になったと知った、
きちんと毎年健診していても、高齢猫には多い病気です。

まだまだ早期の発見だから、
まだまだ出来ることはある。

落ち込まないで、
いつもどおりの生活で
ストレス少なく暮らしましょうね。

飼主の気持ちを
猫はとても気遣うものだから…
(微笑みで包んであげましょう)












13度目の日曜日(梅雨の晴れ間)

fc2blog_2014060818061281a.jpg











梅雨の晴れ間

蒸し暑い休日











fc2blog_20140608180053d16.jpg











萩乃の瞳の色

榛色(はしばみいろ)











fc2blog_20140608180123bd5.jpg











夢路の瞳の色

秘色色(ひそくいろ)












fc2blog_20140608180151a5f.jpg











武蔵の瞳の色

不言色(いわぬいろ)











fc2blog_20140608180214500.jpg











虎鉄の瞳の色

翡翠色(ひすいいろ)











fc2blog_201406081802547e2.jpg











慈雨の瞳の色

紅檜皮色(べにひわだいろ)











みんな それぞれ 色違い

みんな それぞれ 綺麗だな


(日本語って美しい)





















fc2blog_2014060818034267a.jpg











ワンコの散歩道

額紫陽花が咲き始め











fc2blog_2014060818044410d.jpg











風に目を細めて笑っているようなサマンサ











fc2blog_20140608180540028.jpg











ルパンとキャロル











fc2blog_20140608180511bde.jpg











そして、ダリ


13度目の日曜日

今日もダリは元気に歩く











fc2blog_201406081804204ac.jpg









踏切の坂から

ワンコ達の見た風景

梅雨の晴れ間の夏空


(風が気持ちいいね)











fc2blog_20140608181231b32.jpg











暑いから…

今日も川辺に寄り道











fc2blog_20140608180724c3b.jpg











fc2blog_2014060818084947b.jpg











fc2blog_201406081807561c8.jpg











ダリも笑っているみたい











fc2blog_20140608180644378.jpg











浅瀬の流れに身体を冷やす











fc2blog_20140608180957ea1.jpg











緑陰の坂の木漏れ日の中を歩く












fc2blog_201406081811040e0.jpg











(早くおいでよ)











fc2blog_201406081811597f7.jpg











タッタカタッタカ追いかける











fc2blog_20140608181133482.jpg











今日の皮下輸液は100ccしか入らなかった…

何箇所も刺したけど

瘤のように硬くなって、注射針を押し出す…

背中の皮を引っ張って引っ張って

なんとかやっとの100cc…



今日はダメだったけど

明日は入るかもしれない。

そんな日々の繰り返し…



明日の散歩を夢みながら

ダリはスウスウ眠っています






日はゆっくり暮れてゆく


また明日ね、ダリ。











☀︎

お米ちゃん(未然の命)


fc2blog_20140609191352136.jpg











今日は夢路の検診日、

そして、クロエのコンベニア注射の日











fc2blog_2014060919090980b.jpg











体重、3.3kg(200g痩せちゃった)

少し小さくなったように思えていたから納得。

もう、18才過ぎているはずだから(推定)

無理もないのだけれど、

それでも、お世話係のAちゃんが

甲斐甲斐しく色んなフードを食べさせてくれるので

クロエはまだまだ元気です♡











fc2blog_20140609190930338.jpg











すこぶる調子は良さそうで

歯茎からの出血は一箇所あるものの

食欲は衰えず、水分補給も十分出来ているようで

脱水症状もなく、毛艶も良い♡


また、2週間後ね。











fc2blog_2014060919095997c.jpg











夢路は…今回、目尻の炎症から顔が腫れてます…。











fc2blog_2014060919102204c.jpg











左眼と、左頬が膿んでしまいました…

何においても免疫力が弱くなっている夢路、

点眼薬、ベルベゾロン、タリビット、

眼軟膏、オフロキシン

今回それらに加えて

化膿止め、セファクリア錠、



(薬ばっかり増えていく…)




下腹部のイボも腫れたり、伸びたり、摩滅したり…

何度もオムツで擦れて出血したり…


化膿することを考えて

先生も切るか切らぬか考え中…



オムツで蒸れて、治りにくい事を思うと

私も切るか切らぬか悩み中…


結局、先生も私も今日は保留…と、いうことで…。

顔の腫れがひくまでの投薬のみ処方…












fc2blog_20140609191205d91.jpg










未然の命、〈お米ちゃん〉にも会えました♡










fc2blog_20140609191046d95.jpg











もう、すっかり仔猫になっていました♡

生後50日かな?




今日は午後一番に動物病院に行ったけど

とてもとても混んでいて、

助手の彼女の手が空かず、

それでも

「ほいっ!」ってソフトケージごと渡されました…。











fc2blog_20140609191109ed5.jpg











病院の待合室の椅子の上の夢路とクロエのケージの上、

「遊んでで良いよ!」と、乗せられて

ほんのひと時、成長具合の確認撮影。











fc2blog_201406091911399bf.jpg











なんだか、ずいぶん大っきい首輪…。

カリカリ食べるようになったんだって!

でも、まだミルクなんだって(笑)

トイレは自分で探して出来るようになったんだって!

でも、十日も便秘しちゃったんだって…




良くも悪くも日々成長!

一長一短、一進一退…(笑)



育てる彼女の頑張りが

〈お米ちゃん〉の命をつなげた!






良かったね♡

あとは、どんどん育つだけ、

あとは、どんどん幸せになるだけ、















fc2blog_2014060919133060b.jpg











ジメジメ…ジトジト…

湿った風の吹く中を、

今日も散歩に行けました












fc2blog_20140609191251680.jpg












痩せて痩せて痩せて…

フラフラ…ヨタヨタ…歩くけれど、

尻尾を振って歩くんだ。












fc2blog_20140609191310fc2.jpg











ダリの叫び声の中、

今日の皮下輸液なんとか200cc、

背中の皮を引っ張って引っ張って引っ張って引っ張って引っ張って…




また、10日分、点滴パックと針をもらってきました。

点滴が入らなくなるその時まで、

ダリが立ち上がらなくなるその時まで、

頑張ろうね。相方さん!











☀︎

テッペンカケタカ(痛い痛い慈雨)

fc2blog_20140610201608b20.jpg


(webより不如帰)











テッペンカケタカ…

本尊掛けたか…

特許許可局…





不如帰(ホトトギス)の鳴き声…











fc2blog_20140610195805445.jpg











今日の慈雨は…意気消沈…。










fc2blog_2014061019583854b.jpg










鼻から上唇にかけて…負傷…。











fc2blog_20140610195931bfd.jpg











少し肉が削げてます…。(痛い痛い…)











fc2blog_201406102000111c7.jpg











涙目うるうる…。




昨日に引き続き、動物病院に走りましたとも…。


ピッタリ鼻筋に沿って縦に切れ目が入っています。
縫うにも縫えない場所なので
舐めて治るでしょう…と、いうことに。

鼻筋の切れ目は多分くっつくけれど、
テッペンカケタカの一部欠損部分は
おそらく今の鼻の色とは違うピンク色の肉になるでしょう…。

爪痕とか、噛み傷ではないから
顔から落ちたか、滑ったか、ぶつかったか、
(自損事故…みたい…。)











fc2blog_201406102000578cf.jpg











かわいそ、かわいそ、痛かったね…。




ついでに1歳前の健康診断もしてきました。

「鼻の怪我以外、健康そのもの!(笑)」

肥満児かと思ったら、これくらいで良い。そうです♡

鼻の傷痕は残りそうだけど、オトコノコだからね、

〈わんぱくでもいいたくましく〉だね♡




(今日の慈雨はしょんぼり寝てます(笑))












fc2blog_2014061020013857c.jpg











雨に濡れる擬宝珠(ぎぼうし)











fc2blog_2014061020020711a.jpg











強雨の後の小雨の間の散歩

今日もダリは歩き出す。

(サマンサとダリには簡易合羽)











fc2blog_20140610200240076.jpg











尻尾を振って歩ききりました。



皮下輸液200cc

食欲は無し






今夜は少し肌寒い…

寄り添って眠ってね…。










懲りない慈雨1

fc2blog_20140611192812f5f.jpg











夕べの雨が残る朝











fc2blog_201406111923310f5.jpg











痛い痛いかわいそな慈雨ちゃん

大丈夫?











fc2blog_201406111924079ce.jpg











まだ痛い?











fc2blog_201406111924334ee.jpg











ため息ひとつ “ ふうっ… ”


鼻息ひとつ “ ふんっ! ”










fc2blog_201406111924526f1.jpg











化膿もせず、

発熱もせず、

痛みもずいぶん癒えたらしい

今朝の慈雨











fc2blog_201406111926123d5.jpg











筋雲が立ち上っていくような午後の空











fc2blog_20140611192154c9b.jpg











北側窓の網戸登り競争………………











fc2blog_20140611192225b50.jpg











慈雨の負けっ!


(凝りてないなぁ……凝りてない…)



結局、慈雨の怪我した場所も分からぬままに

慈雨はまた、暴れ始めるのだろうか…

(やれやれ…)














fc2blog_20140611192700f79.jpg










晴れた夕方のワンコの散歩

いつも通り しっぽを振ってダリも出発。









fc2blog_20140611192720e54.jpg











今日は少し熱っぽいダリ、

固く口を閉じて黙々と歩きました…。

(昨夜の雨が堪えたのかな…)







皮下輸液180cc(やっとこさ)

今は食欲なし!



夜、10時過ぎくらいになれば食べられるようになることが多い、

今日も夜には食べられるかなぁ…。











☁︎



懲りない慈雨2

fc2blog_20140612174855fda.jpg











お風呂の湯張り中…











fc2blog_20140612174921e0b.jpg











光…ゆらゆら…。











fc2blog_20140612174950fb4.jpg











気になる気になる…お湯のふき出し口…。











fc2blog_20140612175015007.jpg











(もう、お腹まで浸かってますけど…。)











fc2blog_201406121750383e0.jpg










ゆうらり…ゆらり…。

(身体、軽々〜♪) ???










fc2blog_20140612175102748.jpg











そろそろ…上がろっかな…。











fc2blog_20140612175127fda.jpg










湯面を見つめて ゆらゆらゆらり…。










fc2blog_20140612175203dbf.jpg











まだまだ遊びそうだったので…











fc2blog_2014061217522943b.jpg











強制撤去!

(びしょびしょ…。)











fc2blog_201406121803479f6.jpg











鼻の傷はだいぶん治ってきました。

見たら痛そうなんだけど、

慈雨はあんまり気にしてない…

時々、思い出したように舌でペロペロ舐めてます。

(軽傷で良かったね。)






(もう少し、おとなしくしてると思ったんだけどなぁ…。)(笑)














fc2blog_20140612175305cac.jpg











今日の散歩は

今にも降りそうな空模様の中











fc2blog_20140612175410655.jpg











今日もダリは立ち上がって歩き出す!











fc2blog_20140612175349ebc.jpg











雨に追われながらの慌ただしい散歩だったけど











fc2blog_20140612175433e58.jpg











遠くを見つめて佇む姿が

(また、痩せちゃったね)

(どこまでちいさくなるんだろう)





少し せつない 曇り空…。











今日も熱っぽいダリ。

相方、頑張って、皮下輸液300cc入れられました。

「身体、ラクになるからね!」

「我慢してね!」

ダリは大声で泣いたけど、

ダリのために、ダリのために、ダリのために、

それだけを思いながらの点滴時間。







おかげで、一時間後に、少し食欲が出てきました♡

きっと、夜にも食べられるはず!

きっと、熱も下がるはず!











☁︎

花との暮らしで気づくこと

fc2blog_201406131811402c6.jpg











庭の梔子(くちなし)が一気に咲いた

むせかえるような香りが犬小屋を包む











fc2blog_20140613181258e54.jpg










日曜日、顔が腫れてしまった夢路(6月8日)












fc2blog_20140613181520236.jpg











点眼薬2種類と、投薬。











fc2blog_20140613181320cf5.jpg











目元の傷はまだ少し残っているけど

顔の腫れはひきました♡












fc2blog_20140612175526b80.jpg











慈雨の鼻も思っていたより傷跡は目立たないみたい♡




(どちらも 一安心)












fc2blog_20140613181343e10.jpg











ワンコの散歩道、

梅の実がたわわになっていた。









fc2blog_20140613181403d06.jpg










夏草が青空に手を伸ばしているようだ











fc2blog_2014061318143173f.jpg











今日のダリ。

痩せた身体の換毛期、

さすがに触られることも痛がるダリに

ブラシをかけることはとても無理…。

(だって、もう皮の下は骨だもの…)

やさしく優しく撫ぜて

そぅっと浮いてくる毛だけ取ってます。











fc2blog_20140613181458c3d.jpg











今日は天気が良くって、

風が涼やかに吹いていて、

楽しげにダリは歩いて、

(こんな日が続けばいいなぁ…。)








皮下輸液300cc。

今日もダリは熱っぽい。

アバラ骨の横に輸液が重たそうで可哀想だけれど

300cc近く入ったら、ずいぶんラクになるみたい

3時間後くらいになれば食欲も出てくれる

明日もお散歩行こうね。














fc2blog_20140613181215505.jpg










ご近所さん達や、散歩で出会う人達が
「まだ、頑張っとるんやな!
元気そうになったな。」
よく、声をかけてくれる。

ふと、思い出すと…
ご近所さん達もそれぞれに飼っていたコを見送った人達ばかり…
歩けなくなった柴犬〈レオ君〉を抱いて散歩していたOKさん、
癌で毎日病院通いをしていたミニチュアダックス〈ベルちゃん〉を
最期まで看病し続けたOOさん、
足を痛めて歩けなくなって、寝たきりで食べられなくなっていった
ゴールデンレトリバー〈タロウちゃん〉、
好きだった軽トラックに寝させて
シリンジで一生懸命食べさせていたIさん夫婦、
老いて痴呆症になった豆柴の〈元気君〉と〈静ちゃん〉
ぐるぐる回りながらも散歩していたOさん、
両隣のSさんも、Uさんも老いて亡くなるその日まで
老犬の世話をしてきた人達、

皆、看取ったことのある人達ばかりだから
私達に声をかけてくれるんだなぁ…

多分、そうでなければ、きっと遠巻きに見て
かける言葉が見つからないのじゃないかなぁ…

「かわいそう」と、言われるのには
ちょっと抵抗があるのだけれど、

「散歩に行けて良かったね」と、言われるのは
嬉しかったりする…。


ダリとの暮らしのなかで
〈延命〉という状況のなかで
ペットとともに暮らすということは
〈看取り〉のその時まで責任を持つということ、
そして、失った悲しみのそのあとには…
今より少し強くなった自分がいるのかもしれないな…

そんな事を考えてみたりしている。

いろんなことを気づかせてくれるような気がする…。








☀︎









夕涼み

fc2blog_20140614184405926.jpg











紫陽花の花を見ながら

北側窓からの涼風を引き込む











fc2blog_20140614184428eb5.jpg











夕涼みを独り占めしているような慈雨…











fc2blog_2014061418445186b.jpg











fc2blog_201406141845337ba.jpg











昼間の暑さのこもる部屋が

少しづつ冷やされていく











fc2blog_201406141845108ae.jpg











慈雨、気持ちいいね
















fc2blog_20140614184208d6b.jpg











ワンコの散歩は晴れた空の下、











fc2blog_20140614184229e54.jpg











もう間もなく田植え

水を引き込むための下準備がそこかしこではじまりました。











fc2blog_20140614184250879.jpg











田は興され、

乾ききったような風景の中の散歩



カシャカシャ…と、軽い足音











fc2blog_20140615194057c3f.jpg












しっぽを振って歩きました











fc2blog_2014061418434067f.jpg











穏やかに笑っているようなダリの表情…

(ほ〜っとするね。)






今日の皮下輸液、300cc

明日のダリの笑顔のために!











☀︎

14度目の日曜日(紫陽花の季節)

fc2blog_20140615183814f3d.jpg











裏庭の紫陽花に木漏れ日が揺れる











fc2blog_20140615183852cc3.jpg











陽射しは強いけれど

風は涼しい

窓を開け放ち

部屋を風が通り抜けてゆく

気持ちのいい日曜日











fc2blog_20140615184147265.jpg











fc2blog_20140615184211338.jpg











fc2blog_20140615184234d08.jpg











fc2blog_20140615184258c5f.jpg











慈雨…

足癖…悪いよ…。











fc2blog_201406151843231e8.jpg











夢路…

ちょっと怒ってもいいと思う…。
















fc2blog_20140615183920ed3.jpg











午後の散歩も紫陽花の花を見ながら歩きはじめる











fc2blog_2014061518394821b.jpg











fc2blog_20140615184015561.jpg












一昨日からほとんど食べていない…

a/d缶の強制給餌と、皮下輸液

お腹はギュルギュル鳴っている

飲み込むことが辛いみたい




















fc2blog_20140615184039f4b.jpg













それでも、

散歩に行くっていう…














fc2blog_201406151840586ed.jpg











歩ききって満足気なダリ

(今日も散歩に行けて良かったね)







皮下輸液300ccなんとか入りました

点滴の間中、嫌がって

「痛い!痛い!」

「重い!重い!」

「やめて!やめて!」

私達の顔を見ながら吠えて吠えて吠えるけれど

黙らせて耐えさせるよりは

吠えていた方が気が紛れるんじゃないかと思って

(そうだね。そうだね。痛いね。)って返事しながら

吠える声を止めようとは思わない。







明日も散歩に行こうね。









桜の花の咲く前から

紫陽花の花の季節まで

ダリの命はつながってきた



次の日曜日には100日目…。

目標の日を決めてしまうと

その日を越す時が怖い気がしてしまうから


一日一日…越して行こう。








☀︎



水をたたえた散歩道

fc2blog_201406161856091b2.jpg











昨日は、満濃池のゆる抜き

いよいよ讃岐の田圃に水が張られていきます。











fc2blog_2014061618563029b.jpg











いつもの散歩道も

水をたたえた風景に変わりました











fc2blog_201406161857108ce.jpg











晴れた空と

少し湿り気を帯びた風…

田植えの季節の匂いです











fc2blog_20140616185731b05.jpg











散歩に行こう!

って、今日も立ち上がる






最後まで歩ききる。











fc2blog_20140616185751420.jpg











散歩道で出会うご近所さん達が

「元気になったね。」っていう…

(不思議だ…)

また、さらに痩せこけて、よろけながら歩いているのだけれど

ダリの気力が元気に見せているんだろうか…?





なんだか…

もう…

いろんなものを乗り越えた処に

ダリはいるのだろうか…?



(きっと、私達は不思議を見ているんだろうね)


今日も穏やかに笑いあいながら散歩が終わる…







ダリの熱も下がったようだから
今日の皮下輸液は200cc、
(300cc入れるとダリは何も食べられなくなる)
発熱している時は出来ることがそれしかなかったけど、
身体への負担を少しでも減らせたら
少しは食欲出てくれるかなぁ…。











☀︎

雨の中、美し緑

fc2blog_20140617173924feb.jpg











蔦の絡まる散歩道の塀











fc2blog_201406171739555c7.jpg











今日は小雨…

緑の喜ぶ季節です











fc2blog_20140617173902f72.jpg











濡れて光る散歩道











fc2blog_201406171740232d4.jpg











弾むような軽い足取り











fc2blog_20140617174104fb2.jpg











時を待つ、苗。











fc2blog_201406171740424c6.jpg











トテトテトテトテ…

足取り軽くかけてゆく…。











fc2blog_20140617174158794.jpg











鏡のような水田地

もうじき田植え











fc2blog_20140617174348cec.jpg











食べないんだ…。



皮下輸液も150ccしか入らなかった…。



(しょんぼり…)











fc2blog_20140617174254aa3.jpg












今日、ペット介護士さんが仕事場に来店し、
今のダリの状況を伝えることができた。
「自宅での皮下輸液だから、ダリも甘えて嫌がって泣くよ。」
「そうか、そうか、って聞くだけ聞いてる」
って、言ったら、
「皆、泣かれるのが辛くて皮下輸液を辞めるんですよ」
「そして、安楽死を頼んでくる…」
そう、言った…。

そっか…。

「私達は逆に、ここまでダリも頑張って耐えているから
きっと、行きたいだけ散歩に行って、
そんなに苦しまずに逝けるような気がしてる…」
って、言った。

「うん!。」
「散歩行きたいだけ行って、行けるだけ行って、
きっと、ある日、ぽっくり逝けるよ…。」


そんな話を微笑みながら
仕事場の店先で語らっていることが
なんだか不思議だった今日…。




きっと、

みんな、

思いは同じ…。













鏡の水面(源の力)

fc2blog_20140618184032d3d.jpg











紫陽花の花の隣を

嬉しそうに歩くダリ

小雨の中の散歩です











fc2blog_20140618184202297.jpg











いったいどこまで痩せるのか…

けれど、その現実に反比例して

嬉し気に軽やかに歩く











fc2blog_2014061818441355d.jpg











重苦しい雨雲が散り

青空が見えはじめた











fc2blog_20140618184227565.jpg











鏡のような田圃の水面が

行き過ぎる電車を映した











fc2blog_20140618184438bb0.jpg











踏切の坂から見渡す風景が

水をたたえ、

光をたたえ、











fc2blog_20140618184256621.jpg











田圃を潤した水は

大井手へと流れ出る

“ ドウドウ…ドウドウ…”

ほとばしり落ちる水の力

源の力。











fc2blog_20140618184324bd2.jpg











流れる水の力強さに

ダリも立ち止まる





源の力、水の力、自然の力、

(ダリに力を分けてください…。)











fc2blog_20140618184352f2e.jpg











散歩の終わる頃には

空は優しい青空に…





皮下輸液200cc、

つくねを少し食べました。




今日も嫌だって泣いたけど、

点滴が終わって気分転換のひと歩き、

尻尾を振ってひと回り。

(また明日♡)










今日は夢路の定期検診日。
(夢路は潜血なしで概ね好調♡)

〈自宅での皮下輸液で刺し方が悪くて肺炎起こしたりしますか?〉
〈発熱の原因って何かありますか?〉
〈熱冷ましってどれくらいから必要ですか?〉
心配に思うことを聞いてみた。

「背中から真下に向けて脊髄に針を刺さない限り、
皮下輸液が原因の肺炎はないよ。」

「発熱は腎臓からきているかもしれないし、
(暑い日なら)熱中症の可能性が一番高い。」

「熱冷ましは〈座薬〉があるけど、
熱中症で急速に体温を下げる必要がある時くらいしか使わないよ」

いつも明確に答えてくれるのでありがたい。

夢路の〈膀胱破裂〉の日からずいぶん身近になった動物病院。
知らない事、わからない事、はじめての自宅での医療行為…
無我夢中で始まったけど
せっかく知ったことだから知識と知恵にしていきたいね。

自分達で出来ることがたくさんある。
知ることができて良かった。



(先生、ありがとう。)















未然の命(お米ちゃん)

fc2blog_20140619182254d7f.jpg











お米ちゃん

生後58日目…











fc2blog_20140619182416762.jpg











動物病院の待合室の椅子の上











fc2blog_20140619182348c32.jpg











iPadに興味津々…

(近いっ、近いっ、)

午後の診療時間少し前

お米ちゃんのママはまた、

「ほいっ!」って渡すんだもの…。

(写真、撮っちゃうよね♡)












fc2blog_201406191825410b2.jpg











真っ白、白猫。

瞳はアイスブルー。











fc2blog_201406191826461e2.jpg











「綺麗な青い瞳だねぇ〜」(私)

「緑色か、金色だったら良かったのになぁ〜」(彼女)

(心にもない贅沢言ってる(笑))











fc2blog_20140619182717db0.jpg











「夢路の瞳、緑やで、交換する?」(相方)

「いやいやいやいや…触れんし…。」(彼女)

「(夢路)置いてかれたら困るなぁ」(先生)




(冗談です!)(笑)











fc2blog_2014061918282237f.jpg











悪さがひどいらしい(笑)

(だって、白猫で女の子だもん)


小顔で可愛いね。

(横太りの顔が彼女好みらしい(笑))


何言っても逆らうんだよ(笑)

それだけ可愛がっているんだね♡




(そりゃ〜、わがままに育つさ♡)

おめでとう♪


本当に無事に育って良かったね。

すくすくすくすく元気いっぱい♪

(楽しみ、楽しみ♪)





〈昨日のたわいもない動物病院での光景〉
















fc2blog_2014061918285532e.jpg











ワンコの散歩は晴天の空の下

(暑い…。)











fc2blog_2014061918293097c.jpg











いっせいに田植え、

湿度むしむし…。











fc2blog_20140619183003789.jpg











元気に出発したダリも暑さでバテバテ…。

食欲激減…。

(今日もしょんぼり…)



皮下輸液はなんとか200cc

強制給餌a/d缶少々



まだ大丈夫!











☀︎

去年の今日がはじまりだった…

fc2blog_20140620181421a6d.jpg











去年の今日、6月20日・大雨の夜明け

私の手の中に転がりこんできた四つの命。

一命喪って、三命一歳を迎えた。











fc2blog_20140620182708008.jpg











右端が慈雨。

(ちっちゃかったね♡)











fc2blog_20140620182054832.jpg











誕生日おめでとう♪













fc2blog_20140620181538f0a.jpg











fc2blog_20140620181638f89.jpg











fc2blog_201406201817123f8.jpg











fc2blog_201406201817443b3.jpg











fc2blog_2014062018181590a.jpg











………………。











fc2blog_20140620181906665.jpg











そうそう、10日前に怪我した鼻は

少し鼻の色がピンク色になったくらいで完治しました♡

(しかし、長年猫を飼ってきてはじめての傷の場所でした(笑))











fc2blog_201406201819402b8.jpg











fc2blog_20140620182008a16.jpg










うちの猫達の中で唯一仮装出来そうなコ♪

今日はカブリモノ♡

(きっと明日はタンテイモノ♡)(笑)





おめでとう🎉













fc2blog_20140620182232b65.jpg











今朝の空…

彩光と不可思議な雲が出ていた

(地震雲かなぁ?)











fc2blog_20140620182439463.jpg











今日もダリは散歩に行った。











fc2blog_20140620182308fe5.jpg











“ ふぁ〜あ。”

うふふふ… おっきなアクビ…。











fc2blog_20140620182510a33.jpg











ふふふ…。

優しい瞳…











今日の皮下輸液200cc、

今日は少し食べられるかも♡











きっと迷探偵

fc2blog_2014062018213130e.jpg











黒いドレスの女…。

(慈雨の誕生祝い仮装ショー♪)











fc2blog_20140621153830787.jpg











消えた女の謎を追う…。











fc2blog_201406211531322e5.jpg











手掛かり探し…。











fc2blog_20140621153051893.jpg











ふむふむ…ふむふむ…。











fc2blog_20140621153351773.jpg











「分かるわけないもん!」











fc2blog_2014062118402636c.jpg











相方さんが手縫いで作ってくれた探偵衣装♪

“イギリス風のこんな帽子にこんなマント”

私の身振り手振りでのイメージを形にしてくれました♡

(うちの相方さん、器用です♡)

(ちなみに私は不器用です…。)











fc2blog_201406211541005b8.jpg











目指したイメージはマーロウか、ホームズ…。

出来上がったのは…きっと、迷探偵…。(笑)

一才の記念写真♪










はじめて服を着せたり帽子をかぶせたり…

私達は楽しんだけど、慈雨にはウンザリだったかなぁ?

(ごめんね。慈雨)

楽しかったよ、ありがとう♡














fc2blog_20140621182910894.jpg











田植えの終わった水田に山々が映る

雨降り前のどんより雲…











fc2blog_20140621182951122.jpg











雨降り前にギリギリセーフ!

散歩終えるとともにざあざあ降りになりました…。

(良かったね。ダリ♡)











fc2blog_201406211830294d9.jpg











雨粒が当たった………ピットン…!

可愛いね♡ダリ。






皮下輸液200cc、

今日は、焼き鳥(皮)一本と

ウィンナー(シャウエッセン)を一本食べました。

(なんでもいいから食べさせたい。)



明日は雨の日曜日かなぁ…。













15度目の日曜日(百日目の花)

fc2blog_20140622183647345.jpg











雨の日曜日

裏庭の紫陽花も雨にうたれて項垂れ気味…











fc2blog_2014062218405834b.jpg











目が覚めて一番に目に入るもの…

枕元で私を見つめる夢路♡











fc2blog_2014062218401252c.jpg











二番目に目に入るもの…

オッピロゲ慈雨…。











fc2blog_20140622183735dbb.jpg











紫陽花には雨が似合う











fc2blog_2014062218414964c.jpg











あら、武蔵は紫陽花が似合う











fc2blog_2014062218393644b.jpg












fc2blog_201406221902226c2.jpg











萩乃と虎鉄、毛並みの色合いが似てるキジトラ組











fc2blog_20140622184406308.jpg













多分、こんな季節に産まれた子。

16才になったかな?

(さすがにお肉も落ちてきたけど、まだまだ元気、長生きしようね)












fc2blog_20140622183818aab.jpg











fc2blog_201406221843263c8.jpg











fc2blog_20140622184256133.jpg











花を見つめる風情が

成長したかな…慈雨















fc2blog_2014062218460778c.jpg











午後の散歩は雨上がりの匂いの中

(森の匂い…緑の匂い…)











fc2blog_20140622184700c9d.jpg










今日も全員揃って行進中。

散歩道の途中にある〈金比羅灯篭〉の前で立ち止まり(?)

(雨上がりだからいつもと違う匂いがしたのかな)











fc2blog_201406221847324da.jpg











踏切の坂を越え、











fc2blog_20140622184835810.jpg











水田風景を見入るダリ

(そうそう、最近は来た道を振り返ることはなくなってます)











fc2blog_20140622185013aaa.jpg











川沿いの道にも少し寄り道

(こちらも田植えがいっせいに終わりました)











fc2blog_20140622184922d17.jpg











微笑んでいるような表情で

タッタカタッタカ歩くんだ…











fc2blog_20140622185159f11.jpg











途中で道草喰いながら











fc2blog_20140622185049dfe.jpg











琉球月見草の咲く丘まで歩きました。











fc2blog_2014062218512009d.jpg












15度目の日曜日

ダリ、100日生き延びてます。
自宅での皮下輸液も80日を越しました…
(習うより慣れよ)ですね…。
今日も200cc入りました。
ウィンナーも5本食べられました。

〈なんでもいいから食べられるものを食べさせて!〉

身体に良いとか悪いとか(悪いに決まっているけれど)
もう、そんな事は意味がない状態で、
命をつなぐためだけの食べる量です…。

胃の中を空っぽにしないためだけの量。
(胃酸があがって潰瘍をつくってしまわないための口からの給餌)

100日………………。
痩せて痩せて痩せていきながらも…
歩く足取りはしっかりしています…
そして、何より、穏やかな瞳をしています…

不思議不思議な毎日を過ごしています。

100日………………。
こんなに長い〈延命措置〉をしたことは今までもなかった…

でも、
毎日を散歩に行くためだけに生きているようなダリを見ていると

私達は〈延命措置〉を自宅で出来て良かったと思っています。

あとは、どれくらい一緒にいられるかということだけです…
一分一秒でも長く一緒に暮らせますように…。














会えたかな…(ウーちゃん)

fc2blog_201406231839410ca.jpg











仕事場の庭の一画

今日は白い花を散らした











fc2blog_20140623184021c92.jpg










今日は思い出の日なんだ…

今日はウーちゃんの命日

2011年6月23日

1才11ヶ月でお空に駆け上がっていってしまったウーちゃん。











fc2blog_20140623185312e54.jpg











どこかトロくって、可愛らしい性格の男のコだった

“痛いの嫌だよ”って、あっという間に逝ってしまった

懐かしいな…。











fc2blog_20140623185339ecd.jpg











去年の秋、9月29日にお空の住人になった兄妹猫ミーちゃん、

もう会えたかな…?

のんびりやのウーちゃんと、

せっかちなミーちゃんだったから

二年半の時の差は

丁度よく出会えたかもしれないね…











fc2blog_20140623184159204.jpg











ひとり遺された母猫マロ

相変わらずのひきこもり猫、

でも、今朝は

お骨を埋めたあの場所に

ぼんやり座っていたんだよ…

(やっぱり何か感じるものがあるのかな)

(会えたかい?)












fc2blog_20140623184242c45.jpg











白い花を散らす私を

もずくも見てました。

(覚えているかい?)
(僕のオトーサンに違いない!って追いかけて来たあの子を)










fc2blog_20140623184434c63.jpg











おばあさまクロエも庭の入り口まで見に来てました。

(あの、僕のおばーちゃんに違いない!って寄って来ていた
恐れを知らないウーちゃんを思い出しているかしら…)











fc2blog_201406231845275ee.jpg











この土の下に眠る

この仕事場に縁のあった子達…



思い出す時は何とも言えぬ
こみ上げてくるものがあるけれど、

楽しかった思い出話を語りあえた命日でした…。



またね♡

ウーちゃん

ミーちゃん












fc2blog_20140623184619e96.jpg











散歩道にも白い野の花











fc2blog_20140623184721beb.jpg











今日もダリは笑顔で歩く



皮下輸液200cc

食欲無し


ヤキトリ、皮、買ってきたけど
今日は欲しくないらしい…(しょんぼり)

(いっぱい買ってきちゃったよ…。)











☀︎

忘れられない君がいる

fc2blog_201406241808143eb.jpg











去年の今日…

雨上がりの朝

君は身体をおいて逝った











fc2blog_20140624180450755.jpg











6月20日に育てはじめた命











fc2blog_201406241806188a6.jpg











名前をつけたその夜が

別れの夜になりました…。

緑雨(りょくう)

体重80gでした…。











fc2blog_20140624182908548.jpg










昨日、白い花を散らした仕事場の一画に

緑雨も眠っています…。






いえ、

彼は多分ともに産まれた

あの時、一番小さくて、一番弱くって、

緑雨が逝って一日後に感染症で死にかけた

“あの子”の中にいるような気がしています。











fc2blog_20140624180849ba9.jpg











泣きながら亡骸を埋めたあの日から一年がたちました











fc2blog_20140624181813618.jpg











一番大きくなるのが早かった〈翠雨〉(今は〈サクラ〉)











fc2blog_20140624181111bb2.jpg











一番にへその緒がとれた〈慈雨〉











fc2blog_201406241819030ec.jpg











そして、一番に目が開いた〈祈雨〉(今は〈ランちゃん〉)

そして、身体が小さくて小さくて死にかけた…

小さい時と比べると薄茶のトラ模様が増えたのよ

きっと、緑雨はランちゃんと一緒に育っているんじゃないかなぁ

きっとね、きっと…。

(私達の夢かなぁ)











fc2blog_20140624182029f25.jpg











忘れないよ…

忘れない。

はじめて育てた私の赤ちゃん











fc2blog_20140624181947f28.jpg











緑の風の中

緑の中の実り

忘れない君を思い出すとき

せつないような幸せが私の心をいっぱいにする…











fc2blog_20140624182201171.jpg










晴れた空

ごめんね。

ありがとう。















fc2blog_201406241823345b6.jpg











ますますダリは痩せていき…











fc2blog_20140624182255fc5.jpg











ますます嬉し気に歩くんだ…











fc2blog_20140624182411ec5.jpg











そして、にっこり笑うんだ…











皮下輸液250cc

強制給餌少々

食欲ちょっぴり…











☀︎

急転直下の朝(次の課題)

fc2blog_2014062518452863f.jpg










昨日の朝、
ハチの散歩を終えた私のところに
仕事場の動物達のお世話係のAちゃんが
泣きながら駆け込んで来た。

「姉さん、〈さくら〉が痙攣しています!!!!」
「もう、駄目かもしれない…。」

大急ぎで仕事場の犬小屋へ、

横倒しになって手脚を突っ張るように暴れ、
失禁、脱糞、水入れを頭からかぶったのか全身ビショ濡れ…
眼振、白眼を繰り返し
もう、このまま心臓が止まるのかと思うような状態
五分くらいで痙攣は止まったけれど
〈さくら〉は呆然としたまま…
(何が起きたのか分からないような顔をしている)

急いでお湯を用意して、糞尿にまみれてしまった身体を拭きながら
心臓の動きや、舌の色、眼球の色、歯茎の色、耳の中…
いったい原因がどこなのか、
今すぐ私に出来ることは何なのか、
考えながらのAM7:00…
(病院が開くのはAM9:00)

病院に行くまでに5回痙攣がおきた。
耳の中を拭いたあととか、
プルプルッと頭を振ったあとに倒れることに気づいた。
そして、2~3分間くらいの痙攣…
(耳の奥の三半規管? もしくは、癲癇?)











fc2blog_20140625184640862.jpg











痙攣をおこしている間に
犬小屋の角にぶつけてしまったらしい目の下の傷…

(昨日の朝の痙攣がおさまった後の呆然としている〈さくら〉











どうしても午前中のうちに病院に連れていってやりたかった。
でも、ひとりで運転しながら〈さくら〉が痙攣した時を考えると
誰か一緒に行けないだろうかと…。
(でも、仕事場の同僚や、相方は無理だし…)
で、甥っ子に頼んだ。

8:45には病院についたけど、
私達よりもっと早くに待っている人達がいた…


待合室で〈さくら〉の頭を手のひらで支えて
順番を待った。




〈さくら〉は診察前も診察中も痙攣はおこらず、
身振り手振りで説明することに…。
「いろんな原因は考えられるから検査をして
ひとつひとつ消去していく方法になるよ」と、先生。
まずは、血液検査。
血液検査の待ち時間に頭を振った途端、痙攣が起こった。
待合室に突然横倒しになりバタバタと足掻き出した…
(変な話、そのときの私は痙攣の状態をみてもらえる安堵感があった)
3分間くらいで痙攣はおさまり、眼振の確認も出来ました。











fc2blog_201406251850374b3.jpg











その日結果の出る血液検査は〈内臓系〉。
腎臓、肝臓、血糖値、カリウム…etc…

「問題無し!」
内臓関係の数値からは痙攣を起こす原因は見つかりませんでした。

「あとは、脳神経系か、脳腫瘍」
それは検査が外注になるので翌日以降に分かるとのこと、

「どちらにしても、薬はたくさんあるよ。」
「痙攣を起こす犬猫はとても多いんや。(高齢化もあるけどな)」

〈さくら〉は身体はいたって健康で、食欲旺盛、白内障もまだまだ初期、
と、いうことは
血液検査の結果で脳神経系(癲癇)か、脳腫瘍かが分かったあと、
〈さくら〉に合った飲み薬をこれから試していくことになります。

とりあえず昨日は【痙攣止め】の座薬を先生が入れてくれました。











fc2blog_20140625185104add.jpg











「少し眠くなる薬だからね。
体重に合わせているけれど少し少なめにしているから、
これで痙攣が起こらなければ良いんだけれど
次に痙攣が起こったら、倍の量を入れるようにして」

と、座薬を2回分もらって来ました。











fc2blog_20140625191308363.jpg











今朝、早めに仕事場の〈さくら〉のところに行ったら
私の父がもう居ました。
(犬小屋の見える座敷で昨夜は横になり、
1時間おきに〈さくら〉の様子を見ていたようです。)

「夜には痙攣はおこらんかったよ。」
ほっとしたように私に笑いかけました。

(お父さん、ほとんど眠らんかったんやね…)

座薬の説明はしていたけれど、きっと気が張っていたんだろうな…。












fc2blog_201406251851438a0.jpg










痙攣がおこらないと【痙攣止め】は出来ないから
なんとか朝までもってほしかった。

その願いは聞き入れられたのか
朝の掃除をしている時に父も私もいる時に痙攣がおこりました。
1~2分でおさまって〈さくら〉もたちあがれたところで
父が〈さくら〉の頭を押さえ、私が座薬を昨日の2倍入れました。
この薬の効き目は8~12時間。
(お父さん、もう1日お願いします…。)

越していける事しか来ないはずだから
私達に課せられた次の課題なのでしょうね、











fc2blog_201406251852098a9.jpg











仕事場で卸売配達をしている父、
配達先で〈さくら〉と同じ症状のワンちゃん情報を仕入れてきました。
ー年齢も同じ15才、柴犬。
この五月に今回の〈さくら〉と同じ症状の痙攣を起こし、
それでも足腰が弱らないように毎日散歩にいっている。ー

父には同じ症状のワンちゃんが近くにいたことが安堵になったようです。
(そこのお家もワンちゃんを大事にしているところだから)



〈さくら〉に合ったお薬が、はやく見つかりますように…。

明日には最初の薬が処方されている予定、

脳腫瘍か、癲癇か、
いろいろ勉強させてもらえる毎日です…。

この話は明日に続きます













fc2blog_20140625193202ab5.jpg










〈さくら〉はサマンサの子供、ダリの姉妹です。


(ダリより先に、サマンサより先に逝くなよ…さくら)












fc2blog_20140625185315852.jpg











ダリのお腹はギュルギュル鳴ってる…

今日は一生懸命草を探して食べた。











fc2blog_20140625185847173.jpg











ダリ、

さくらのことを覚えているかい?







皮下輸液250cc

食欲無し、

強制給餌少々…











fc2blog_20140625185913f82.jpg











ダリが行きたがったから河原まで足をのばした

合歓の木に優しい色の花が咲いていた





ねぇ、ダリ、

〈さくら〉を診察してもらっている時に
〈さくら〉の背中を引っ張ってみたら
皮下脂肪もしっかりついていて点滴しやすそうだったよ…
体重も13.5kgあったよ。

私は少し羨ましかったよ。











☀︎

覚悟があれば怖くない(前を向いて進もう)

fc2blog_2014062618523701a.jpg











早朝の仕事場の犬小屋に父は今日も居た

「夜には痙攣はおきんかったんやけど、今、少しおかしい…」

AM5:30ワンコの朝御飯

〈さくら〉の前脚がゆっくり横滑りして広がっていく…
頭がゆっくり左に傾いていく…

(発作の前兆かなぁ)











fc2blog_20140626185309e97.jpg












痙攣がおきない限りは次の座薬は入れられない
倒れることを覚悟で散歩にいった。
父がリードを持ち、私が座薬を持って一緒に歩いた。

排便してすぐに〈さくら〉は倒れた
痙攣がおきた…

〈さくら〉の頭を手のひらですくい上げるように持ち上げて
顔をまっすぐにしてやると痙攣は徐々に止まっていった
父は少し慌てていたが

「慌てないで、ゆっくり押さえてやれば大丈夫だからね。」

私の言葉に頷いた。

(これなら出来ると思ったようだ)


痙攣がおさまらなければ、その場で座薬を入れるつもりだったけど、
思いのほか早くおさまって立ち上がることが出来たので
歩いて帰って、犬小屋に戻ってから座薬を入れました。












fc2blog_20140626185346b54.jpg











〈さくら〉の
生活のリズムと
薬の効力の切れる時間と
発作のタイミングと

これらが私達の生活のリズムに合えば
どちらにも(心の)負担が少なくてすむように思えます。











fc2blog_20140626185515dc4.jpg











仕事が終わって動物病院へ、

外注していた血液検査、結果が出ていました。

〈フェノバルビタール5.0未満〉(基準値15.0~40.0)

【脳腫瘍】なら基準値以上

基準値より少ないので



さくらは【癲癇(てんかん)】でした。


【脳腫瘍】でなかった事にほっとしました…
脳腫瘍だったならば、腫瘍が大きくなるにつれ、
失明、半身麻痺、咬みつき犬になったり、吠えつくようになったり、
どんな症状がこの先出るのか分からなかった。

さくらがさくらでなくなって行く様を
見ることになったかも知れない…。



【癲癇】で良かった。

さくらに合う薬を今夜から試薬はじめていきます。

まずは、一週間、
この最初に処方された薬が
さくらに効く事を願っています。


覚悟があれば、怖くない。

(きっとね、きっと)














fc2blog_201406261854159c8.jpg












発作(痙攣)をうまく抑えながら

食欲を失わない程度の薬の効き目

折り合いをつけながら

気張らず、気負わず、

過ごしていこうね。












fc2blog_2014062618572670b.jpg











雨の止み間のワンコの散歩

(今にも降ってきそうな空模様)











fc2blog_20140626185546a0c.jpg











ダリは今日も小走りさ…











fc2blog_20140626185651d2a.jpg











濡れたアスファルトが気持ち良いのかな…











fc2blog_20140626185624174.jpg











雨に濡れたアガパンサスに蝶が雨宿り…











fc2blog_20140626185844671.jpg











緑の匂いが好きなんだ…











fc2blog_20140626185909351.jpg











久しぶりの久しぶりの久しぶりの

自力の食事(おやつ)

強制給餌じゃないことが嬉しい。




皮下輸液200cc



ダリ、

明日も少しは食べようね…。











絆を感じた光景

fc2blog_201406271755599f0.jpg












〈さくら〉を診てもらうために動物病院に早めに行ったあの日、
私達より先に待っている人がいた。





まだ誰も来ていない動物病院の入り口に
紺色の作業着の男性が中型犬を抱いて立っている。

まだ開いていない動物病院は鍵がかかってカーテンがひかれている

その閉まった扉の前で
黒い長靴を履いた男性が黒い皮の首輪をした
老犬だと思われる茶色の犬を抱いて立っている。




どうやら、仕事に出ようとして犬の急変に気づいて
そのまま、まっすぐ病院に来たらしい。
腸が内膜を破ってしまったみたいで脇腹の形が変だった。
診察台の上で、即、手術。
溜まった血膿を出して、内膜を縫っていく…

飼主の男性は、その犬の頭をしっかり押さえて
顔を深く覗き込むように見ていた。
犬も彼をずっと見つめ返していた。
ふたりの絆が深いことがその姿から伝わってくる。



臍ヘルニアのようだった



飼主の男性も慌ててはいなかったから
飼犬の持病として受け入れているのだろう…




一番最初に診てもらう!
出来るだけはやく処置してもらう!
早く、早く、痛みを取り除いてやりたい!


飼主の強い意志と、
祈るような願いを
形にしたような
彼の犬を抱きしめて佇む姿


臍ヘルニアはいわゆるデベソが大きくなる状態、
ひどくなると腸閉塞をおこす、
この子もそうだったらしい…

「硬い便にならないように気をつけてやって、」

先生のそんな声が聞こえた。


飼主の男性が、自分で出来る処置を真剣に聞いていた。




(なんだか、とても、嬉しい風景だった)











一番先に立っていたその男性の後ろには
額と、脇腹に深い噛み傷をうけて、血がポタポタと落ちている
少し大きめの老犬が…。
野犬の群れに襲われたらしい…
(放し飼いにしているようだ)
待合室では助手の女の子がその老犬の患部を剃毛し始めた…





いつも思うんだけど…
(野戦病院みたい…(笑))












fc2blog_20140627175630418.jpg











〈さくら〉の試薬

排尿、排便のあとに、ほんの数秒“ころりん”と、倒れる…
そして、普通に立ち上がる。

「ひどい痙攣をおこさない限りは〈座薬〉はしなくていいよ」

昨夜から今朝にかけて、おそらく軽い痙攣が2回、
朝から夕方までで、おそらく3回、
すべて10秒以内くらいで痙攣は止まる。

(薬の効用みたい)

一日中、うつらうつら過ごしている。
散歩の時、シッポを下げたままだから
少し、気分が悪いのかな?

まだまだ、観察中…。












fc2blog_20140627175700cc0.jpg











庭のハーブが花ざかり











fc2blog_2014062717573511c.jpg











しっかりとした足どり、

しっかりとした気迫の瞳、

(私は散歩に行くのです!)(笑)














fc2blog_201406271758095d3.jpg











満足気な穏やかな瞳…。








今日も散歩、行けました。



皮下輸液200cc

食欲ちょっぴり…











病院で暮らす猫

fc2blog_201406281942357c7.jpg











私達のかかりつけの動物病院には

〈病院の猫〉がいる





去年、6月10日生まれのスコティッシュフォールド

〈ヨシオちゃん〉











fc2blog_20140628193758daa.jpg











すいている時間の病院の待合室

お米ちゃんと、ヨシオちゃん











fc2blog_201406281940059c6.jpg











白猫お米ちゃんは、なんともお転婆さんで

おっとりしたヨシオちゃんは心配性…。











fc2blog_20140628193831a4c.jpg











ヨシオちゃんは穏やかで優しい…。











fc2blog_201406281940384b5.jpg











ヨシオちゃんはいつも困り顔に見えてしまう…











fc2blog_201406281939123b4.jpg











ヨシオちゃんは一才になった。

ヨシオちゃんは生後三ヶ月くらいの頃からここに居る

去勢手術や、

乳歯の生え変わり、

うちの慈雨とずっと同じ時期だったから

息子の同級生のような感覚で見てしまう。





ヨシオちゃんは

動物病院で夜を越す…。











fc2blog_2014062820110289d.jpg











スコティッシュフォールドは先天性疾患を持つ子が多いらしい

ヨシオちゃんが子猫の頃

ブリーダーさんか、ペットショップの人が

ヨシオちゃんを(病院に)連れてきていたのを見た事がある。



「先生、この子は売れん?」

「売ったらいかんやろ…」





そんな会話を聞いたことがある…。





それからひと月後くらいからヨシオちゃんはここに居る…。



(そういうことなのかも知れない…。)



動物病院の先生も助手の人達も

ヨシオちゃんの経緯は言葉をにごすから

病院内で暮らさなければならない〈何か〉があるんだろうな…。



長生きしようね。

ヨシオちゃん。












fc2blog_20140628195056e4d.jpg











お米ちゃんはママと一緒に通い猫。

ママは、こんな写真を送ってきました…

(面白、楽しく、過ごしてますね。)



未然の命は

完全な命になったのかもよ♡












fc2blog_201406281943108a7.jpg











〈さくら〉は薬の効き目のおかげか

発作をほとんどおこさず過ごせています。

様子見、様子見…。











fc2blog_20140628194356a0e.jpg











今日もダリは元気だ!(笑)

軽やかに散歩を楽しみました…。

皮下輸液200cc

食欲少々…
(でもね、自力で食べたのよ♡)



明日も散歩に行けそうですね♪












☁︎

16度目の日曜日(幸せの条件)

fc2blog_20140629181404974.jpg











気持ちのいい朝

《幸せの条件》って、たわいもないことかも知れない






天気が良くって、

気持ちのいい風が吹く…

家族がみんな元気で、

みんな一緒にそばに居る…。



いつも通りのなんの変哲もない

変わらない幸せ…。











fc2blog_20140629174923afb.jpg











すべての窓を開け放した

家中に風が通る…






トイレの小窓に猫の影











fc2blog_201406291749561cd.jpg











意外や意外、萩乃ちゃん

もう、何年も高い所には上がらなくなっていたけれど

最近少し痩せてきた。

身体が身軽になったせいか意外な所に居ることが少し増えた。

筋力を維持するためにも喜ばしいことなのだけれど、

実は、「降りれない!」と、怒ってました…(笑)

(抱いて降ろして差し上げました(笑))











fc2blog_20140629175033a7b.jpg











北の窓辺に武蔵と夢路

風の通りがいいらしい…











fc2blog_20140629175143734.jpg











気持ちの良い風に

あくびする武蔵と

目を細めて深呼吸の夢路











fc2blog_20140629175334b0b.jpg











玄関前には虎鉄と慈雨…











fc2blog_20140629175432ee4.jpg











日差しの中、ダンゴムシをつついている虎鉄と、

何をされても起きる気の無い慈雨











fc2blog_20140629175622243.jpg











玄関の扉の枠を枕に

おっぴろげの慈雨です…。











fc2blog_20140629175658da6.jpg











午後の散歩も風の中











fc2blog_20140629175745f8c.jpg











ダリは今日も立ち上がる











fc2blog_201406291759214c9.jpg












(行こうよ!) ペロリん!

ダリの表情は、ますます意志を表すようになったような…











fc2blog_2014062918000850c.jpg











いつもの坂道

先頭きって歩くんだ!











fc2blog_20140629180115962.jpg











みんな、一緒に歩くんだ!











fc2blog_201406291802138a4.jpg











青草の匂いを嗅ぎながら











fc2blog_20140629180257301.jpg











社(やしろ)の小径まで遠回り











fc2blog_20140629180339504.jpg











水田の横をスタスタ歩き、











fc2blog_201406291804161dc.jpg











風でさざめく水面は綺麗











fc2blog_201406291804590ed.jpg











嬉しそうに歩くので

私達も幸せになる











fc2blog_2014062918055803e.jpg











川沿いの道にも行くという…











fc2blog_201406291806502c1.jpg











ふたりの老犬は嬉しそうに歩くんだ…。












fc2blog_201406291807475c8.jpg











「もっと、歩こう!」ってダリが言う…












fc2blog_20140629180846580.jpg











ルパンとキャロルは暑がりだから、











fc2blog_2014062918124654a.jpg











川の水で身体を冷やす











fc2blog_20140629181315368.jpg











気持ち良さそうなフタリ♡











fc2blog_20140629180916237.jpg











幸せだねぇ

幸せだねぇ




今日もみんなで散歩に行けた






皮下輸液200cc

食欲少々…



ここ最近のダリの食事は
鶏皮と、砂肝を鳥肉屋さんから買って来て
相方さんが少し味付けして煮て、
ミキサーにかけて細かくしているもの。
(これだと便も良い感じ♡)











fc2blog_20140629181404974.jpg












ダリがなんにも食べなくなることがある。
今回でこの107日間で3回目…
そんな時は皮下輸液も入らない
その度ごとに
(ここまでか)と、諦めそうになるのだけれど
3~4日間の断食を越したあと、
また、少しづつ食べられるようになる…

その度ごとに痩せてしまって
そのあと体重はもう戻らないので
身体は削げていくばかりなのですけれど

不思議なことに表情は
しっかりと意志を伝えてきます。

今、姉妹のさくらが癲癇の薬の効果もあって
表情が失われていっているのと対照的で

同じ腹から産まれたふたりが
老いて、真逆の病を持ったことが
不思議なような…
それが真理のような…

見守る私達の不可解な心境です。





命の尽きるその時までを
その子らしく生きていければ…

そう、願ってやみません。






今日が

幸せな休日で嬉しかった。

《幸せの条件》は

たわいないことだけれど

気がついたものだけが感じられる幸せですね…。












☀︎

さくら

fc2blog_201406301840589a3.jpg











さくらのことを書いておこう…。

さくらは一度里子に出したことがある。
もう、15年前のことだ…

〈野良犬〉と呼ばれた親犬、成犬、仔犬4頭の群れ。
捕獲箱があちこちに仕掛けられ、なんとか助けたくて捕獲した。
怯えて全く人に懐かないダリ以外の仔犬達は里親募集まで辿りつけた
雄の仔犬2頭は、知り合いの所にもらってもらえた。
さくらは新聞の里親募集に連絡をくれた人の所に行くことになった。

「中学生になる孫娘がベージュの仔犬を欲しがっているから」
70過ぎくらいのおばあちゃんが電話をしてきた。

全く知らない人の所に里子に出すのは初めてのことで
私も母も不安でした…
少しでも仔犬のうちにと、向こうが望んだこともあり
生後3ヶ月で保護した仔犬を
生後4ヶ月で渡すことになり

・6月~11月までのフィラリア予防薬は
毎月私達が飲ませに行くこと、

・時期がきたら〈避妊手術〉に私達が連れて行くこと、

これを条件に自宅に届けてきました。










fc2blog_20140630184200c61.jpg











鬱蒼とした山道の突き当たりの一軒家
その先には道はなく、敷地の片側は切り崩した崖、
門から母屋までは山の曲がり面にそうように隠れて見えない。

さくらの行った家はそんな場所にあった。

さくらは40日間、その家に居ました。
母屋の灯りも見えない門の横。崖に面した外。
犬小屋こそあれ、敷物もない。
欲してくれた女の子も中学で部活動をはじめてからは
散歩も行かなくなっていたようで糞がそこかしこに残っていた…
フィラリア予防薬を飲ませ、フロントライン(ノミ取り)をさす時
さくらの足元からノミの群れが顔の中まであがってきた!
ベージュの毛並みに黒いノミの群れが大挙して押し寄せる…
その時のショックが私も母も目に焼き付いている。

2回目も同じような状態で、
さくらが可哀想で可哀想で、泣きながらの道中
(返してほしい)
と、言おうか。
母とそんな話をしていたある日、その家のおばあちゃんから電話が入った。

「あの子、吠えなくて番犬にならないから
他の吠える子と替えてほしい。」

「さくらは返してください!
他に仔犬は居ませんから替わりはありません!」

その日、仕事が終わってすぐに母と迎えにいきました。











fc2blog_201406301841345b1.jpg











決して大事はされていなかっただろうに、
さくらはシッポを振って私達を迎えてくれた…。
もう、挨拶もそこそこに車に乗せ連れて帰った。
ノミだらけのさくらを後部座席に乗せ、
用意していたノミ取りブラシで櫛削りながら
家までの30分を謝りながら帰ってきた…

「辛い思いをさせてごめん」

「寂しい思いをさせてごめん」

「痒いね。痒いね。ごめんね。」

「もう、どこにもやらないからね。」











fc2blog_20140630184233c54.jpg











あれから15年

何年経とうと忘れない光景

私達を恨んだりすることなく
笑って許してくれたさくらに
私達の心は救われた…











fc2blog_201406301842579ba.jpg











15年前…
サマンサファミリー以外にも保護した子達が居た。
手前のリリーも一度は里子に出たけれど戻された、
奥のサリーは首輪をしていた迷い子だったので
保護して探してくれることを願ったけれど
誰も探しあててはくれませんでした…

仕事場の犬3匹は
みんな揃って15才。

リリーは2度前脚に出来た腫瘍を切除している。
歯肉炎を起こして歯も抜いた。

サリーは老化によるイボが身体中に増えている。

そして、
さくらが癲癇をおこした…
(痴呆の症状もではじめたように思う)


みんな長生きしている証だね。











fc2blog_20140630184330962.jpg











日々、表情がなくなっていく

さくらがせつない…。












fc2blog_20140630184357163.jpg











田んぼの水面に空が映る











fc2blog_20140630184450662.jpg











今日もダリは散歩に行った。












fc2blog_20140630184552fdc.jpg











まだまだ、こんなに高くジャンプが出来る…











fc2blog_20140630184618ec0.jpg











ダリの意思は、はっきりしている。


(もう、何も言えません…。)



穏やかに今日も終わっていきます…











☀︎
プロフィール

風人

Author:風人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

風人

Author:風人
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR