雨の日の休日

fc2blog_20130901181502c0b.jpg













朝から雷雨

昼から風雨

秋雨前線による雨が

しばらく続きそうな天気予報













fc2blog_20130901175542683.jpg













萩乃は雷が苦手。

遠雷が聞こえはじめると

なぜかこの場所、

トイレの前であり、

風呂場の前でもある

バスマットの上で座り込む。

(ここが落ち着くのかな?)













fc2blog_201309011756022fc.jpg













夜が開けても薄暗い


リビングとサンルームの間。


虎鉄と、武蔵













fc2blog_20130901175937be1.jpg













足下のモンステラ

新芽をかじる慈雨…。














fc2blog_201309011756559d6.jpg













雨の日でも

サンルームは猫達の遊び場所













fc2blog_20130901175715449.jpg













武蔵のシッポを狙う慈雨…。













fc2blog_20130901175732a8c.jpg













武蔵と目があって、













fc2blog_20130901175743f68.jpg















月下美人をかじるフリの慈雨…。













fc2blog_20130901175759b07.jpg













バリバリバリバリ…

隣で虎鉄は椅子でツメトギ













fc2blog_20130901175812413.jpg













もう、この椅子の

縁取りはボロボロです…。













fc2blog_2013090118151791b.jpg













雨に濡れる羊歯

雨の音は眠気を誘う…




朝のひと暴れのあとは

皆、ぐっすり夢の中…。

(人もぐっすり夢の中…。)













fc2blog_201309012038344cd.jpg













相方の膝の上で

爆睡中の慈雨…。

(人の手の温かさが好き)













fc2blog_20130901203847d1f.jpg













すごいアップで見てみたら、













fc2blog_2013090120392319b.jpg













産まれたての頃の面影が残っていて

思わず口元がゆるみます…。(笑)













fc2blog_20130901175841ae5.jpg













日暮れて夢路の日課

(今日は出ない…!)

(一日中、眠ってばかりだったものね…)













[ランちゃん(喜雨)便り]









fc2blog_20130901175903141.jpg













(可愛い。)

1.1kgになりました。











fc2blog_20130901175914916.jpg












食い意地のはった、

〈暴れ姫〉だそうです…。













やっぱり、

一度死にかけて、

生き延びた仔は強い!

(ある意味、自慢の仔です。)







ランちゃんも

最初の頃だけ持たせたピンクのモフモフに

ふみふみしていたようだけど、

今は、ふみふみもせず、

チュパチュパは全然しなかったそうです。




(愛情いっぱいありがとう!)










スポンサーサイト

「ランちゃん(喜雨)便り」

fc2blog_2013090217420847d.jpg













fc2blog_20130902174220548.jpg













fc2blog_20130902174234c7c.jpg













fc2blog_2013090217425950a.jpg













fc2blog_20130902174326922.jpg













fc2blog_20130902174312536.jpg













fc2blog_20130902174356e17.jpg













fc2blog_201309021743441ee.jpg













fc2blog_201309021744104a3.jpg













fc2blog_20130902174448d34.jpg













fc2blog_20130902174430099.jpg













fc2blog_20130902174501602.jpg













fc2blog_2013090217452128d.jpg













fc2blog_20130902174533c60.jpg













fc2blog_20130902174606783.jpg













fc2blog_20130902174551286.jpg













fc2blog_2013090217461834a.jpg













fc2blog_2013090217462903c.jpg














fc2blog_20130902174641545.jpg













お母ちゃん、

あたしは元気よ。

あたしはここを選んだの

あたしはここで

生きてくからね。

お母ちゃん、

安心してね。









先住猫の「リンちゃん」

一人息子で8年間

突然やって来た

わがままなお姫様。

戸惑いながらの一カ月。





二人の距離が近づいて、

昨夜

はじめて念願の寄り添い寝。





喜んで写メを送ってくれました。

(私が気づいたのは今朝でした…。)(寝ちゃってたの)


うふふふ…

嬉しくて

今日は里親さんから

送られてきた今までの記録を

並べてみました。





気長に面倒みてくれて、

(わがまま姫に成長させてくれて)

本当にありがとう…。



ランちゃん、(喜雨)

自分で選んだ里親先は

間違ってなかったね。









外は雷雨

私の気持ちは晴れ晴れ…。












優しい黒猫

fc2blog_20130903172605650.jpg













朝焼けの夜明け

美しい午前5時の東の空









朝焼けの約束のように

午前中から雨は降りはじめ

午後には肌寒い風を訪った。






台風17号の接近により

しばらく大雨が降る予定

近くの川も増水し

昨夜はダムの放水警報が鳴っていました。










fc2blog_20130901181529262.jpg












夕刻

久しぶりに

雨を「冷たいなぁ」と、感じました。

ワンコの散歩は雨の中…。









210日…(9月1日…)

《野分》の頃。

暦通りに進む季節

(ちょっと感心したりして…)














fc2blog_20130903172551318.jpg














優しい黒猫

うちの武蔵

(黒猫ちゃんは表情が分かりづらい)










fc2blog_20130901180025d91.jpg















多くを語らず

静かなる男なのだけれど、

瞳は多くを語るよう…。









fc2blog_201309011800143f6.jpg














甘えたい気持ちを

伝えるのが下手で、

多くを語る弟達を(虎鉄と慈雨を)

少し羨ましそうに見てる。













fc2blog_20130901180035431.jpg













遊んで欲しい

そんな気持ちを

精一杯表してます。










不器用なお前が可愛いなぁ…。













fc2blog_201309011801056d0.jpg














(これは、僕の椅子)

唯一、武蔵が譲らない場所。




それくらいはあっても良いよ。














fc2blog_20130820180011ad4.jpg













次の日には譲っていたりして…。












うちの黒猫

優しい黒猫

静かな黒猫








弟がひとりひとり増えるたび、

どんどん物分かりが良くなって、




一番わがままを言わないで

我慢強い男の子。




弟達がくるまでは

ある意味

一番の破壊魔でしたが

それも今では

楽しい思い出。





(人間って都合のいいように思い出を作れるものなのでしょうか…。)




大変だった過去を思い出しても、

今の武蔵が愛おしいものです…。























fc2blog_20130903181403c3e.jpg













《クックちゃん》

頑張ってます。

お父さん、お母さん、

頑張ってます。


〈ブドウ糖アンプル〉

一日二本づつ飲ませていたら

無くなった頃かなぁと、思っていたら

昨日、15本買ってきたと知りました。

15本?

やっぱり、お父さん、お母さんも、

「無理だ、無理だ、」と、言いながらも

9月9日を越したいのだなぁと、思いました。

切ないけれど、

すごく気持ちは分かります。

(アンプル15本)

一日二本で7日分。

同じ向きでずっと寝ているから

〈床ずれ〉を心配して

抱いて向きを変えようとすると

鳴いて嫌がるそう…。

「嫌がる事はせずに、時がくるのを待とうと思う」

そう、お父さんが言いました…。



「時がくるのを待つ」と、言いながら

喉の渇きを潤わせ

(水は飲まないけれど、ブドウ糖は飲めている)

ひととき、ひとときを

大事に過ごす。







いつかくる日…。

見習いたい事が

多いように思えます…。













豆台風

fc2blog_20130904175554c1e.jpg













台風17号の影響で

今日は警報づくし…

大雨、雷、洪水、



河川はずいぶん増水しました。


早明浦ダムの貯水率も94%になり、

香川用水の取水制限もなくなりました。













fc2blog_20130904175617cec.jpg














夕方には雨が上がり

虹がかかりました。






(自然って美しい…)













fc2blog_20130901175639ba5.jpg













家の中では

うちの小さな豆台風が

走り回っておりました…。








サンルームのステンドグラス

慈雨の立ち位置。

そこから飛び出す

椅子の上。








階段の上り下りも

躊躇無く駆け上がり、駆け下り、





無心にカボチャを切っていた

流しに立つ私の目の前で

静かに包丁の動きを見ていたり、

(目があってビックリ!)




もう、ほとんどの場所には

平気で行き来できるようだ。













fc2blog_20130901175951b79.jpg













観葉植物の葉っぱを

(こいこい…)





虎鉄のシッポを

(こいこい…)




見下ろす私のズボンの紐を

(こいこい…)








キラキラした瞳で

(幸せ、こいこい…)







可愛い仕草を見ているだけで

幸せな気分にさせてくれる

仔猫って

なんて愛しい

存在だろう…。


























夢路の不思議

fc2blog_201309052037294e9.jpg













昨日までの雨に

洗われたように

鮮やかな緑…。






風は秋風

日差しは晩夏


気持ちのいい一日













fc2blog_201309052037568ed.jpg













水草のようなホウキグサ

柔らかい葉には

昨日までの雨の名残…

光をはじいてゆれています













fc2blog_20130905204100fac.jpg













7年前の夢路













fc2blog_20130905204113ad7.jpg














今では薄墨のような

ひたいの模様も

最初は

墨汁をこぼしたような

墨色…。













fc2blog_20130905204130e87.jpg













年を経るごとに薄くなり

今では薄茶色の毛も混じる…。














fc2blog_2013090520402937a.jpg












まだ、写真では分かりづらいけれど

ここ最近、背中にも薄茶色の模様がではじめた。

7才過ぎて色変わり?














fc2blog_20130905204042a77.jpg














これは、30年くらい前の

私が一番はじめに飼った

王様のようだった《レオ》



この子の背中の茶色の模様のように

夢路の背中の二ヶ所に模様がではじめた。






この《レオ》と、

そのあと出会った

《レオ》の生まれ変わりのようだった《タマ》

夢路はこのふたりを合わせて

生まれ変わって来たと

私は信じて疑わない。

背中に模様がではじめた時、

(今更、姿に現れなくても分かっているよ)

と、空に向かってつぶやいてみたりして…。








今日ね、

病院に行ったついでに聞いてみた。






「大きな傷とか、何度も打つ注射とかで

そこの皮膚からは茶色の毛になる事がある。」



そうなのだそうだ!(知らなかった…。)



夢路は闘病時

それはそれはたくさん点滴してたから

静脈注射も、

皮下輸液も、

両腕、両脚、背中…

それはそれはたくさんの針を刺したね…。



思い返すと痛々しい思い出だけど

その痕が

《レオ》の背中の模様になるならそれもいい…





王様のように

誰よりも強く、

誰よりも優しく、

私の愛の全てだった《レオ》

亡き骸無き別れから

きっと何度も何度も

私の近くで見え隠れしていてくれていたのだろう。

夢路の中に《レオ》はいる。












fc2blog_20130905204200204.jpg













夢路のシッポを枕に眠る慈雨…。


すっかり眠りにつくまで

そのまま見守る。


優しい優しい夢路…。












fc2blog_2013090520421297c.jpg












7年前

出会った時に比べたら

ずいぶん美しくなったなぁ…。


瞳の光の強さも、

意志の強い口元も、

今まで生き抜いてきた証し。




今の夢路の顔を

毎日見るたびに

(美しいなぁ、綺麗だなぁ、)

毎日、そう思う…。









不思議な夢路に

「大好きだよ!」

って毎日言うの。









親バカでいいんだ。

だって、愛しているんだもの!(笑)









旅立ち

fc2blog_20130906180743a0e.jpg














今日の夜明け…

美しい朝焼け…

黄金色の日の出…














fc2blog_20130906180838995.jpg













紅いケイトウ

空を見上げて泣いています…。













午後3時頃…

クックちゃんは旅立ちました…。















fc2blog_201309061808051b9.jpg













お父さん、

お母さん、

兄ちゃん達(ふたり)

弟…。(ミニチュアダックス)



見守られて逝ったそうです…。






兄ちゃん達ふたり

もう、40過ぎです…。

それぞれ働いている毎日の中、

まるで(やはり、)

自分で選んだかのように

見守られて逝きました…。




兄はお経を唱え、

やんちゃな弟は昔の写真を持って来て懐かしむ…。



ワンコの弟 ロッキーは

…鳴いていました…。














fc2blog_20130906180823d87.jpg













クックちゃんは

自分で望んだ家族全てに見守られて

旅立ちました…。




(私たちは葬った後、知りました。)



来た日

9月9日には手が届かなかったけれど、

日にちにこだわってしまったのは人間の方、

クックちゃんは

家族が揃っている日を

自分で選んだのでしょうか…。







静かに

静かに

幕が降ろされました…。








クックちゃん、

幸せな夢の中に

ユックリ入っていきました…。







食べることができなくなって一週間…。


お父さん、

お母さん、

兄ちゃん達、

弟…。



見守られての旅立ち…。






静かで、

優しく、

穏やかな、

夏の終わりを思わせる

野分と共に…。






クックちゃん、

バイバイ…。




疲れた身体を置いて、

軽やかな気持ちで、

四十九日まで

この明るい空の下

楽しい散歩をしていてね。















変わらぬ日々、秋の訪れ

fc2blog_20130907215327986.jpg













気持ちのいい風の吹く一日…。

柘榴の実がなっている

熟するまでにはあともう少し、

秋ですよ…。
















籐椅子と夢路








fc2blog_201309072153549b1.jpg













少し思案中…。














fc2blog_20130907215410cc2.jpg













決心したら

後は一気に迷い無く!

しがみつき登り。













fc2blog_2013090721542968f.jpg













隣で見ているものありき、













fc2blog_2013090721545580f.jpg













登った夢路のシッポを引っ張る!













fc2blog_201309072155118eb.jpg













夢路の攻防













fc2blog_20130907215526440.jpg













慈雨の頭を

「パシパシッ…!」













fc2blog_20130907215551d44.jpg













飛び乗られて

「カミカミ…!」













fc2blog_20130907215607b5b.jpg













僕の勝ち!






(遠慮がないなぁ…。)






その遠慮の無さが嬉しいのですけどね…。





日常的に行われる

仔猫VS大人猫達…。



(私達は介入しません)



うちの猫達は

うちの猫達で

いじめもなく、

いじめられもなく、

それぞれが

それぞれのテリトリーの中でのルールを

子供に教えているようです。


(見ていて微笑ましいことが多いです)




















fc2blog_2013090721563950a.jpg













青花…。

露草(つゆくさ)

空の青さを思わせる花。

好きな花のひとつです。












fc2blog_201309072156576c6.jpg













今の夢路は

闘病ではなく、

治療でもなく、

維持させるための

「管理」です。






常に白血球が多いのは

身体の中の毒素と戦っているから、

少しでも毒素を排除するための吸着剤(ネフガード)


狭窄していく腰骨と、

蠕動運度をしない腸からの排便のための浣腸液(ミニカ)

この二つ。


ネフガードは炭だから

体内の水分を吸収しやすく

(便が硬くなりがち)


ミニカは便を柔らかくする浣腸液、

下剤とは違うので腹痛は伴わないが

効き目は緩やか…。


今は毎日3本~5本使います。













fc2blog_20130907215708a40.jpg













この頃

少し苦戦気味の毎日の日課、


時間もずいぶんかかるようになり

夢路もずいぶん我慢してくれている。




夢路が我慢してくれている限り

私も弱音は吐きません!

(弱音は吐かないつもりだ…)

(弱音、吐きたくないな…。)





時々ね…

弱気になるだけさ…。

平気だよ。














呼び名

fc2blog_20130908184706b52.jpg













雨音で目が覚めた朝…

午前中は降ったり止んだり、

薄暗い天気





午後から

一転

風が雲を流し

太陽が現れた



夏の日差し













fc2blog_20130908184719042.jpg













夏草や兵(つわもの)どもが夢の跡



切ない歌








伸びた草丈が影を落とし

見上げた空は青く

雲は流れて姿を変える





ワンコの散歩は

気持ちのいい風の中…




休日がゆっくり過ぎていきます。











《呼び名》

付けた名前の変化













fc2blog_201309081847340fe.jpg













「萩乃」(はぎの)



ちっちゃい頃は暴れ姫。

壊し屋「バギー」と、呼ばれてた

今は「ぎの」、「ぎのん」と呼んでいる。



(なんとなく、柔かい響き)















fc2blog_20130908184752999.jpg














「夢路」(ゆめじ)



病院では、「ユウチャン」「ユウユ」と呼ばれてる。

相方は「ユメ」と呼び、

私は「めいちゃん」と呼ぶ。

「めーすけ」だったり「めーじ」だったりもする…。



(これだけ呼び名が変わっても返事するんだ。不思議)













fc2blog_20130908184805de5.jpg













「武蔵」(むさし)



破壊魔だった頃は「ムサ!」と呼んでた。

弟ができて面倒見たりしているうちに

ずいぶん謙虚になって、

「ムーちゃん」とか、「むちゃ」

「むーしゃし」と、呼ばれている。



(甘えベタが可哀想でついつい赤ちゃん言葉で呼んでしまう…)














fc2blog_20130908184820b24.jpg













「虎鉄」(こてつ)



相方の孫の呼び名「コテテツ」、「コテテチ」が可愛くて(笑)

「こてっちゃーん」、「コテコテ〜」

悪さをした時は、

「オケツ!」「コタツ!」「コテッ!」



(ろくな呼び名じゃない…。)

今も保父さん頑張ってます(笑)













fc2blog_20130908184838460.jpg













「慈雨」(じう)



森羅万象の字「雨」をずっと使うのも良くないかもしれないと、

「十兵衛」に改名しようかと思ったけれど

なんとなくピンと来ないので

まだ保留…。

すでに、「ジュット」、「ジュッちゃん」と、

呼び名は変化しているから

このままでもいいかなぁ?

病院では、10番目の「ジュウ」だとおもわれてるし…。(笑)



(暴れて暴れて怒られてばかり…)

「コリャ!」っていう名前だと

本人は思っていたりして…。












ワンコ4匹、

ニャンコ5匹、

それぞれ呼び名があるものだから、

結局、私達が呼び間違えたりして…(笑)




(ルパンと、ムサシ)

(キャロルと、コテツ)

よく間違える子達…。




性格が似ているかもね。















呼び名(サマンサファミリー)

fc2blog_20130909185416437.jpg













朝焼け…

刻々と変化する空

早起きした者だけの役得













fc2blog_2013090918542875a.jpg













午前8時

青空の中

一直線の飛行機雲。

(気持ちのいい、潔さ。)













ワンコの散歩も楽しく進む






昨日のニャンコ達に続き

ワンコ達の呼び名

(ニャンコ達ほどには変化しないけど)










fc2blog_201309091853019f4.jpg













「サマンサ」

〈奥様は魔女〉から名付けたようなものだった。

ヤンチャする時は「タバサ!」って呼んでる、

17才は越したはずだけど

気持ちはまだまだ〈いたずらっ子〉のようなところが残っていて

頼もしい。












fc2blog_2013090918531502a.jpg

















「ダリ」

ものすごい怖がり屋さんだから

怒る事もほとんどないけれど

時々、ものすごく強情を張る時がある。

なだめて、すかして、

「ダーリア」、「ダリダリ〜」

脅して、

「ダル!」

誰よりも弱いと思って暮らしてきたこの子は

実は一番、意地っ張りでした…。














fc2blog_201309091853368d3.jpg













「ルパン」

妹が出来るまでは、やんちゃ坊主。

引っ張りグセもあったから

「コパン」、「アンパン」、「コッペパン」と、

いろいろ呼ばれていた。

今は、優しすぎるお兄ちゃん…。

心配性で、ちょっぴり情けない表情。

真っ黒で大きいから見た目怖そうに見えるらしいけれど

私達には

間の抜けたお人好しに見えます。(笑)













fc2blog_20130909185348f5b.jpg














「キャロル」

去年のクリスマスにうちに来た、

うちの末っ子。

まだまだまだまだ…やんちゃざかり…。

怒らない兄ちゃん相手に

やりたい放題…。

泥遊びも好きだから

白い身体が泥だらけ…。

「キャル!」、「オギャル!」

と、怒られてます…。

(ちっとも応えてないけどね。)













fc2blog_20130909185404666.jpg













日暮れも早くなったから

散歩帰りは曇り空。

気持ち良い涼風…。













キャロル、1才

ルパン、8才

ダリ、14才

サマンサ、17才以上



若さと、老いと、

未来と、過去と、

毎日、差を感じます。



サマンサとダリは

多分、耳はもう聞こえていない、

目も、ほとんど見えていないみたい。

ただ、毎日、同じ所で、繰り返される生活だから

あまり不便は感じていないみたいです。(私達も)

毎年、夏を越す事が一番不安なのだけれど

今年は意外に食欲廃絶を起こさず越せて、

涼しくなったからずいぶん元気になりました。

散歩も少し長く歩けるようになり

一安心…。




わが家は、ワンコを飼っていると、いうよりは、

〈ワンコの群れを飼っている〉と、いう状態だから、

群れのリーダーのサマンサが欠ける事は心配。

まだまだ、頑張れ、17才。



お前がいてくれないと、困るんだ…。

私はずいぶん依存してます。(笑)













ランちゃん(喜雨)便り

fc2blog_20130910180411bc4.jpg













かみつきランちゃん













fc2blog_2013091018042342b.jpg













振り回しランちゃん













fc2blog_201309101803577e1.jpg













リンちゃんに、挑むランちゃん













fc2blog_20130910180435523.jpg














甘えたいランちゃん













fc2blog_20130910180446a52.jpg













置き去りにされて

「ショボボーン…」














相変わらずの暴れ姫。



仔猫らしいぷっくらラインは無くて、

ひょろっとカリカリ…

(暴れすぎだよ…。)

1.2㎏になりました。













fc2blog_2013091018052306d.jpg














うちのジュッタン。

(やっぱり似てる。)







毎週毎週、写真を送ってきてくれるので

本当にとても近くで育っているように感じられます。

なんだか、

くすぐったいように、

嬉しいものです…。






(ありがとう…。)














共同育児(交代制)

fc2blog_20130911181827e75.jpg













今日は少しむし暑い

日差しも強く

湿度が高い




けれど

吹く風は秋の風













fc2blog_20130911181850b8e.jpg













道端の曼珠沙華

…の、ツボミ…。

(もうじき、もうじきの彼岸花)




暦どおり

彼岸にあわせて咲きそろいそう













fc2blog_2013091118200689a.jpg













仕事場の夢路

〈つっぷし寝〉













fc2blog_20130911181925337.jpg












ころりんと、

〈横倒し寝〉













fc2blog_201309111819462c8.jpg













〈爪のお手入れ〉

手の爪は整える程度。

夢路の身体にとって

この爪は必要。

走ったり、

よじ登ったり、

飛び降りたり、

方向転換も…

だから手の爪は

割れたり、

ささくれだったりしたものだけを切るだけ。










反面、

後ろ足の爪は

曲がって伸びてしまうので

布や物に引っかかる


思いっきり短くカット!

血の通いも少なく、

カルシウムもほとんどあたらないから

爪はホロホロ…。


身体も、いろんな栄養分を

優先順位に従って送るらしく

使わない部分は

どんどんスカスカになっていくようです。

(不思議だな)













仕事場の夢路は毎日のほとんどを

眠って過ごしいます…。













fc2blog_20130911182454ae1.jpg














家に帰ると

遊びざかりがお待ちかね。













fc2blog_201309111824360a9.jpg













昼間の保父さん疲れ果て…。

私達が帰宅するなり高見での爆睡。

(あとは、よろしく!)













夢路の昼寝はこのためかも…。














fc2blog_201309111825129e8.jpg













遊び疲れて眠ったら




大人猫達も一安心…。










2時間もしたら

また運動会がはじまります…。







大人猫達は、交代制育児をしているみたい(笑)







みんな、

ごくろうさま…。















夢路は私の子供と認知されるや否や

fc2blog_201309122107527b8.jpg













今日は33℃を越す夏日

最近の秋らしさに

少し気が緩んでいたせいか

久しぶりに暑かった…。













fc2blog_2013091221091715d.jpg













少し早いけど夢路の検診

いつも通り…。



今日は、動物病院にひとつ無理をお願いしてきました。

《夢路の診断書》













fc2blog_201309122108273d8.jpg













脊椎損傷により生涯歩行困難




















fc2blog_20130912210839164.jpg













膀胱破裂














今朝、電話でお願いしていたもので、

夕方の通院時にいただけました。













この診断書を添えて提出する書類。

国民の義務としての呼び出しに

「辞退する」旨の理由。




私以外の人間に対しての凶暴化、

膀胱破裂を起こした事により〈圧迫排尿〉できない事、

患部を清潔にしておくための4時間おきのおむつ替え、

そのために仕事先に共に出社している事、

〈猫〉ではあるが子供と同じ存在である事、

この子の命がある限り4時間以上かかる用事は無理な事、













fc2blog_20130912210928b24.jpg























辞退理由に動物の例えはないけれど、

本心を伝えて分かってくれたらと思います。




《夢路は私の子供と認知されるや否や》







認められなければ



どうしたら認めてもらえるのか

直談判する事になるかな?







仕方ない…と、言うわけにはいかないので、

(一週間以上12時間以上おむつ替え出来ないと

膀胱炎をおこす可能性があまりに高くなるので、)














fc2blog_20130912210939652.jpg













今の私に

この子と、離れた場所で居る事は

あり得ない事なので、

〈義務〉という言葉は

何の効力も無く、




ただ、

ペットを子供のように思って暮らしている人にとって、

動物は、動物だから、と、

一線を引かれる時、

とても

寂しい憤りを感じてしまいます…。


















急なお願いに

「診断書」を間に合わせてくれた

かかりつけの病院。




心から

感謝、感謝です。

(ありがとうございます)

















村の秋祭り

fc2blog_201309131938064a5.jpg













〈葛の花 踏みしだかれて 色あたらし この山道を行きし人あり〉






この花見ると

ついつい口ずさむ…。

ワンコ散歩の川沿いの道端

ひっそりと咲く

秋の花













fc2blog_201309131938187dc.jpg













葛の花道を過ぎると

反対側の土手には

栗の木

秋の実り













fc2blog_20130913193842929.jpg















田舎道の散歩の楽しさ

〈村の鎮守の神様の今日は楽しいお祭り日〉



小さい小さい〈小座八幡宮〉

広がる田園地帯の真ん中に

樹に囲まれて鎮座する

忘れられたような社(やしろ)




年に一度の晴れ舞台

七五三縄、

かがり火、

御神酒、

お供物、

神事の準備が整っていきます。














fc2blog_20130913193853e30.jpg














〈奉納 小座八幡宮〉

幟(のぼり)もたち、

日暮れには「お神楽」も来るらしい。


お太鼓や、笙の笛、…

祭り囃子もあるのかな…。









(実はこの社の場所は7年前に夢路と出会った所です。

社の横の里芋畑でもう動けなくなっていた 夢路を

ワンコ散歩中に見つけました。)


(もしかしたら、夢路はこの社に捨てられたのかも知れません。)

(もう、むかしの事ですけどね)
















fc2blog_2013091419130591b.jpg
















昔、むかし、からの

原風景のようで

なんだかほのぼの嬉しい気持ち…。



五穀豊穣を祝う祭り

昔々からの祭りなんだろうなぁ…。










篝火の中のお神楽

見に行きたかったのだけれど

夢路の日課の時間と重なるので

想像して楽しみました。













fc2blog_2013091319390739b.jpg













ジュッちゃん、




〈祭り囃子が聞こえるかい?〉





(ちょっと遠くて聞こえないねぇ)

(ちょっと残念)





でも、

実りつつある稲穂の中で

真っ暗な田圃道

かがり火だけが揺らめく社(やしろ)


人のざわめきよりも響く

囃子の音…。



(なんとも幻想的だなぁ)












fc2blog_20130913193932371.jpg











夢路のシッポにちょっかい出してた慈雨













fc2blog_201309131939216f3.jpg













遊び疲れて眠りはじめました。







(太鼓の音が聞こえるかい?)

(笙の音が聞こえるかい?)



私はやっぱり田舎が好きだ…。












リフレイン(繰り返し思う言葉)

fc2blog_201309142015315db.jpg













田園風景の中の小さな小さな社(やしろ)

あの大きな樹に囲まれた一画

昨日の神事が幻だったかのように

何のあとも残さず

静かに風景に溶け込んでいる…。

《神事》の終わりを告げているようでした。













fc2blog_201309142015137b2.jpg













3連休の初日で仕事が忙しく

帰ってくるのが遅くなり、

ワンコ散歩が終わる頃には

空が焼けはじめました…。













fc2blog_2013091420160197f.jpg













〈秋の日の釣瓶落とし〉

美しい夕焼けの潔さ

一瞬の天体ショー









運命の手が降りてきて

我が子の命が危うい時

必死に助けようと母はもがきます。

助ける術のすべてを尽くして助けようとします。

奇跡がおきて

危機を乗り越え、

助かった事に感謝しながらも

どこまでの処置が人の領分なのか考えてみたり…

なぜ、奇跡が起こり得たのかを考えてみたり…







そして、

また、

運命の手が降りてきたら…。





その時

私はどうするだろう…。














fc2blog_20130914201645796.jpg













夢路と慈雨

夢路の日課の時間

付かず離れずの慈雨













fc2blog_201309142017271a6.jpg













デリケートな時間だから

あまり近くに居て欲しくないのだけれど

チビッコ慈雨には伝わらず

夢路のそばから離れません。













fc2blog_201309142017406ca.jpg













夢路も慈雨を見ています。



鬱陶しいようだけれど、

いつも通りの毎日が、

いつも通りの匂いの中で、

いつも通りに過ぎていく…。




それが何よりの安心感。













fc2blog_2013091420175250b.jpg














こんなに

安心しきった

つぶれた寝顔…。



夢路が見ている

気の抜けるようないつもの顔…













fc2blog_20130914201803d89.jpg













ねぇ、

すーさん、

いつも通りって良いねぇ…。

安心するねぇ…。


ここが僕(私)の家だって思えるねぇ…。

ここは、

僕の終の住処さ、


すーさんも、

きっとそうだよねぇ。













fc2blog_20130914201816394.jpg














夢路に

運命の手が降りてきて

奇跡を祈る日が来ても、

入院はしません。



もう一度

透析状態の治療をさせるか?

もう、しません。





毎日を

いつも通りに過ごします。



それだけは決めているのです。












〈治療はどこまで続ける?〉

〈緩和ケアはどの時点から?〉

〈また、奇跡はおこる!〉

〈もう、奇跡はおこらない…〉

〈あきらめたくない!〉

〈それは自己満足だ!〉

〈あきらめられない…。〉







こんな言葉の繰り返し、

繰り返し、

繰り返し、








リフレイン…












懸命に

生きる事を諦めない子供が耐えている限り、

母は、その子を見守り続けます。

見守る事しか出来なくても

見つめられる事をその子が望む限り、

(いやもしも、その子が望まなくとも…)

手当(て・あ・て)をし続けたい。

(手を当てての治療)

私は結構信じているのです。

《生きるだけ生きる》

その子のために…。







《今日の記事は、すーさんに寄せて》




















幸せな慈雨

fc2blog_201309151916300a3.jpg













庭のヤブラン

雨に濡れて咲いてます。

一日中 雨…。

大雨、強風、洪水、雷の警報

午後には

ダムの放水警報



ワンコ散歩はずぶ濡れでした…。













fc2blog_20130915191642c70.jpg













萩乃

毛布を出せと無言の請求













fc2blog_20130915191653e04.jpg













夢路

家でみんなと過ごせる時間が嬉しそう













fc2blog_20130915191704edb.jpg













武蔵

サンルームの窓辺で雨音を聞いている













fc2blog_2013091519171679c.jpg













虎鉄

部屋の真ん中で子守中

(この頃涙目が目立つ「慢性風邪」も気温が関係するのかな?)













fc2blog_20130915191727bf4.jpg













慈雨

気の抜けそうな無防備さ…。

(虎鉄の子守を知ってか知らずか…)













fc2blog_201309151935300e3.jpg













叩きつけるような雨音も、

遠くで響く雷も、

この子にとってはどこ吹く風…





生まれ落ちてすぐから、

この家で育ち、

この家に住むもの達の匂いを感じ、

守られている自分を知って、

伸び伸びと成長できる。






幸せな仔だねぇ…慈雨…。






慈雨の毛並みはフワッフワ…。

子猫ってこんなに

柔らかくって、

温かくって、

気持ちのいい手触りなんだなぁ…。





今まで出会った子達は

ちょうど今頃は病院通い。

栄養不足でパサパサで、ポサポサ…。

信頼関係を築けるまでに

それぞれの過去を思い、

傷ついた心に涙し、

出会えた《縁》に感謝する。

いつもは、そんな風に過ごしている期間





慈雨には

知らない過去は無い。

食べたものもすべて知ってる。

心の傷もなさそうだ。



人の手が大好きなこの子は

どこに行っても幸せになれそうだけれど

どこにもやれないなぁ…。(笑)










はじめて知ったような気がする

子猫の毛並みのふわふわ感。






慈雨の手触りは新鮮です。(笑)












慈雨よ…。

お前が幸せそうにしているから

私達も幸せだ。



お前が楽しそうだから

兄弟たちも楽しそうで、

楽しそうな子供達を見ると

私達も楽しくなる。




子供らしさ、

愛らしさ、

健康的で、

ヤンチャ…。




なんとも

仔猫らしい仔猫になったね。





はしゃぐ姿が愛おしい…



まわりを幸せにしながら

幸せな仔猫時代を過ごそうね。















台風一過

fc2blog_20130916201735d18.jpg













台風一過

鮮やかに光る緑

大雨、洪水警報も解除され

青空が見えはじめました。













fc2blog_20130916201747121.jpg













雨に打たれても

すっくと伸びる曼珠沙華

花火のような赤い花が

青い空に映えてます。













fc2blog_201309162017586f9.jpg












稲穂も雨に耐え、

倒れず踏ん張っています。









今回の台風は

雨による洪水、河川氾濫、道路の冠水、

アクセスルートがあちこちで途絶え

3連休の帰り道を足止めされた人達がたくさんいそう…。

無事帰り着きますように…。



仕事中は知らなくて、

昼過ぎのニュースの映像で

[京都嵐山の渡月橋下を氾濫している桂川]

はじめて見た光景でした。

相方の娘の嫁ぎ先近く…

一瞬、血の気が引きました。

無事が分かるまで

ふたりでドキドキしてましたよ。

(離れて暮らすってこういう時不安だね)










何はともあれ、

家に帰れば













fc2blog_20130916201939dd8.jpg













虎鉄と、慈雨のひと暴れ、













fc2blog_201309162020012fb.jpg












拗ねたり、

甘えたり、

ふた暴れ…。













fc2blog_20130916201848e5d.jpg













疲れて虎鉄が高みに逃げる。













fc2blog_2013091620203231f.jpg













夢路相手に三暴れ…。













fc2blog_20130916202045fa9.jpg













夢路の日課の邪魔に来る…。













fc2blog_20130916202059ab6.jpg













ふと気づくと静かになって、

武蔵の寝床を取って眠る慈雨…。













fc2blog_201309162019091e8.jpg














慈雨がぐっすり眠ったら

虎鉄も椅子に降りてきて

やっとゆっくり眠ります…。








仔猫のパワーに押され気味

子育て疲れの虎鉄です…。

ご苦労さん。







(まあね。みんな、順繰りだけどね(笑))










fc2blog_2013091320443850d.jpg












台風が去って

突然、風が冷たい…。


すっかり秋の風情です。



夢路とひっついて眠る季節がやって来ました。

夜中目覚めて

真横に夢路の顔があると

ものすごく幸せな気持ちになります…。




いい季節がやって来た…。















ランちゃん(喜雨)便り

fc2blog_201309171900215bf.jpg













ランちゃんに横取りされないように

高い場所で食べるリンちゃん


…それを狙うラン…。













fc2blog_20130917190131c3a.jpg














買い物袋(エコバック)に

入りたがるふたり…。













fc2blog_20130917190107fec.jpg













リンちゃんの猫ベッド(秋冬用)

「僕のだよ!」

主張するリンちゃんと、

御構い無しで入り込むラン…。













fc2blog_2013091719015589c.jpg













膝の上を取り合うふたり













fc2blog_20130917190208200.jpg













ひどい所業…。


〈愛は惜しみなく奪う〉

ランちゃんの座右の銘…。














fc2blog_2013091719141796b.jpg













当たり前のように

仕事の邪魔をする…。






この小さな、

温かい、

確かに存在する命。











愛情いっぱい、

わがままいっぱい、

すくすくすくすく

育つ子供…。







食い意地がはっているのは

育ての親の私のせい…。



甘いお菓子が好きなのは

今の親の嗜好らしい…。









あとはよろしくお願いします(笑)














再会(夢路の部屋)

fc2blog_20130918182900223.jpg













夢路の部屋








AM4:02

「今日、ランちゃん連れで食べに行きます」

突然のメール

それならば、と、











fc2blog_20130918182920b09.jpg













連れて出勤いたしました…。

ひと月ぶりの

夢路の部屋です。


(着いてすぐは興奮状態)













fc2blog_20130918183001dd3.jpg












落ち着いて昼寝しはじめた頃

やって来ました。













fc2blog_20130918183051beb.jpg













7月31日

里親さんと行ってから

ひと月半ぶりのラン(喜雨)です…。













fc2blog_2013091818322075a.jpg











おっきな瞳‼













fc2blog_201309181833113fb.jpg












薄い錆色、

少し長毛、

フワッフワの手触り…。


美っ人さんになってました…。













fc2blog_201309181830133dd.jpg













分かっているのか

いないのか…?



近づくと「シャッ!」

言い合ってます…?













fc2blog_20130918183024092.jpg













緊迫感はないのですけどね…。













fc2blog_20130918183200393.jpg













あんたは誰よ!

ここは何処よ!


(ランちゃん不機嫌…。)













fc2blog_201309181832529b0.jpg














夢路はすぐに分かっていたようで、

(兄妹で何やってるんだか…?)

みたいな顔…













fc2blog_2013091818324171a.jpg












もう、すっかり

行った先の子供になっているランちゃん。

このひと月半、

成長著しいこの時期

身体も、

心も、

新しい家の子供としての

記憶に包まれ、







私の事も忘れてました…。













fc2blog_201309181833378cf.jpg











2時間くらい居てくれたので

ボール遊びをしてみたり

一緒にお昼寝してみたり

少し歩み寄ってました…(笑)













fc2blog_2013091818335715a.jpg












私と里親さんとの間で

転がるふたりを見ながら、



「会ったら喜んではしゃぐかと思った」



「でも、ものすごく喜んで

帰りたくないって泣きだしたら

それもお互い辛いよね…」



「お互い 思い出さないくらいに

今の暮らしが楽しいのだから良かったよね。」





ふたりの身体を撫ぜながら

そんな会話をしてました…。




うふふ…

本当にね。

幸せそうで嬉しいな。













fc2blog_201309181834172f1.jpg













それぞれが

独り立ちして、


それぞれの家の兄さんと

本当の兄弟のように過ごしている。





里子に出した子の

最も幸せな姿なのでしょうね…。










「また、連れて来ますね。」

そう言って友人は帰って行きました。


次に会う時は

慈雨を連れていけるかな?


(部屋から飛び出しそうで…無理かなぁ?)




合わせてやりたいと思う気持ちと、

もう、思い出さないのだろうな

と、いう気持ちと…。









会えて嬉しい気持ちだけが

心に残る。





突然だったけど、

幸せの再会。





















竹林の七賢(中秋の名月)

fc2blog_20130919192833332.jpg














竹林の七賢













さても黄色い圓月である、



さても閑雅な竹林である。




七人の賢い人、風月の友、

この幽人たちの面持、姿、

その清らかさはかぎりもないが、

あまりに世の中からかけ離れた、

それゆゑの月の出か、

明るい眞近な光である。





ああ、いませせらぐものに

何かのたよりがきこえさうだ。





さてもこの良夜に

言葉を失くした

ひとつひとつの霊である。






近いやうでもまた

遠い銀と紫の世の中である。








北原白秋



















fc2blog_20130919192844568.jpg













今宵はまた、

中秋の名月にふさわしい

秋らしい、

涼やかで、

美しい夜です…












fc2blog_201309191928153c1.jpg









昔話のような山の影

煌々と輝く満月


















fc2blog_20130919192900c6b.jpg


















満月のような夢路の顔…












今日は嬉しいことがあった。











先日の

[夢路は私の子供と認知されるや否や]

直談判覚悟の辞退申請

《辞退を認める》

封書が今日届いてました。





相方とふたり小躍りしての喜びの舞。











fc2blog_2013091919291224b.jpg











何事かと驚く猫達…。



嬉しかったんだよ。

夢路が私の子供と認知されたようで、




認めてはもらえないのだろうな…と、

ほとんど諦め気味だった申請



《診断書》の効力なのでしょうか?



動物病院の皆さんにも

お礼の電話を入れました。







今宵はまた名月、

見るものすべてが美しく、

見るものすべてに感謝して、

喜ばしい満月…。









世界が美しく見えるのは、

自分が幸せだからなんだね…。














夢路の部屋(僕の居場所)

fc2blog_20130920192511168.jpg













雲ひとつない

抜けるような青い空













fc2blog_20130920191931e65.jpg













夢路の部屋に

濃い影を落とす日射し













fc2blog_20130920191951cea.jpg













かあちゃんの出勤日

いつも一緒に来る部屋

一昨年の11月から…

もう少しで2年目。













fc2blog_20130920192010cbc.jpg













ここにも随分慣れたよ。




お家の方が好きだけど

母ちゃんと一緒だから仕方ない。

ここも好きになったよ。



(ここは風が通らないからね…。)

(僕は風が好きだから…。)













fc2blog_20130920192027852.jpg













ここも

僕の居場所だね。







退屈だけど大丈夫


毎日、夢を見ているよ。

何度かぐっすり眠ったら

帰りの時間が来るものね…。




僕はよく夢を見ているよ。

走ったり、

飛んだり、

僕は笑っているでしょう。












fc2blog_20130920192050b35.jpg













自分の居場所を持っている。



安心できる

好きな場所。




そのことを主張出来る猫達は

きっと幸せな猫達…。







身体の調子の良い時も、悪い時も

安心できる場所が欲しいね…。













慈雨の枕

fc2blog_20130921233422bf7.jpg












夕暮れの色がやわらかい…。

空や雲や風を見て

一日を終えられるのは幸せですね。













fc2blog_2013092123350271a.jpg













眠りたい時の慈雨













fc2blog_20130921233450a12.jpg













夢路のシッポが枕です…。













fc2blog_20130921233549ce4.jpg













時々、

夢路の胸に、潜り込む。

(甘えてオッパイを探しているみたい)


さすがに夢路もそれは拒否。(笑)








慈雨にとって

遊び相手で、お世話係は「虎鉄」

眠る時の枕は、「夢路」

「萩乃」には、遠慮気味。

「武蔵」のことは、少し遠巻き。



慈雨なりの

それぞれとの距離。






ちっちゃいけれど

随分考えるようになったね…。






私の夢路は不思議な子

人間には凶暴ですが、

猫には優しい…。


夢路以後の猫たちが

夢路の事を好きで、

不自由なことの多い夢路を

「お母さん」のように慕う…

みんなに愛される夢路のことが

何だかとても誇らしい。



今は小さい慈雨も

すぐに大きくなって

夢路の背丈を追い越す


でも、

今この時の関係が

大人になっても続くので

慈雨にとっても

夢路は

「お母さん」のような存在。





うちの子達はそんな風に

夢路に寄り添って暮らしています。




優越感や、劣等感

そんな感情からは程遠い関係





その事が

とても嬉しい…。











(夢路の日課の後、眠ってしまった…。

少し疲れていたのだろうか…。)









心地良い秋風の吹く休日

fc2blog_20130922163542be2.jpg













道端に白花曼珠沙華





赤い曼珠沙華は

緑の野辺に燃えるように群れて

もう間もなくの見頃ですが

この白い花もまた

静かな熱情の火花のようです…。













fc2blog_20130922163629ec0.jpg













今日は朝から快晴。

早々に家中の窓を開け放つ、

一気に風が吹き抜ける

気持ちのいい休日の朝。



窓辺にみんな勢ぞろい













fc2blog_20130922163650e03.jpg













萩乃は風を少し感じる部屋の角。













fc2blog_20130922163709772.jpg













夢路は私の姿が見える位置で転がる

(振り向くといつも目が合う)













fc2blog_20130922163721edd.jpg













武蔵は最前列で風を浴びる













fc2blog_20130922163739709.jpg













虎鉄は部屋の真ん中で













fc2blog_20130922163759c9a.jpg













虎鉄の隣には

気の抜けるような慈雨の寝姿…。













fc2blog_20130922163813a4f.jpg













あんまりな無防備さ…。
















fc2blog_2013092216382723b.jpg













気難し屋の萩乃も

さすがに少し呆れ気味…。

(通りすがりに「チョッ」と、舐めてやっていました)(笑)















fc2blog_20130922181032cbd.jpg








気持ちのいい風が吹いているので

少し早めにワンコの散歩へ





無花果の実も熟しはじめ

向こうの田圃の稲穂も稔り、

空は青い。












fc2blog_2013092216350745f.jpg













農業用水は溢れそうに満ちて流れて…



緩やかな坂道の向こうからは

「ヴィッ!…ヴィッ!…ヴィッ!………」

稲刈り機の後退する音。













fc2blog_20130922163522c49.jpg













坂道を越して踏切を越えた側の

田んぼの一面が稲刈り中。












野分の来る季節が刈り入れだから、

少しづつずらして稲を植え付け、

なんとか収穫に困らぬようにしているらしい…

(お百姓さん達の知恵なんだろうね)

実らなければ刈れないのだから…

自然との共存

自然からの恩恵




田舎に住んで

毎日毎日気をつけて見ていると、

お米の一粒一粒が

とても大切に思えます…。










fc2blog_20130922163452c41.jpg













散歩が終わって家に入ると、すぐに窓を開ける。

(散歩に行く時は窓を締めます)

少しこもった空気を風が吹き払い、

夕暮れの気配がし始める頃










fc2blog_20130922163842fbe.jpg













ひとしきり暴れて

仲良く眠気に襲われる虎鉄と、慈雨。













fc2blog_20130922163910302.jpg













夢路は武蔵の毛づくろい













fc2blog_2013092216385703c.jpg













萩乃は夢路を

夢路は武蔵を

武蔵は虎鉄を

虎鉄は慈雨を




《うちの子達のルール》



男の子の方が

実は面倒見がいいのだろうか?

(不思議…。)













晴れた日の休日は

うちの猫達は

窓を開けた北側の部屋で

ほとんど一日過ごしていました…。





(多分、もうじき 運動会が始まりそうな予感…。)






気持ちのいい休日が暮れていきます…。



今、夕暮れ時、

「何だか、時が止まっているようだね…。」




一日のんびりしていたせいか、

相方とふたり緩やかな時間。




こんな日もいいね。












☀︎

沈黙なれど饒舌

fc2blog_20130923205007dac.jpg













野辺の花が咲いている…。

曼珠沙華が咲いている…。













fc2blog_20130923205023ed7.jpg













花は何も語らない…。

ただ、無心に群れて咲いている…。




人はその無心な花の姿に

己の心情を映し観る。




昔、

《秘すれば花、秘さねば花なるべからず》

そう記した人の心が奥深い…。














fc2blog_2013092320515951b.jpg













わが家の庭の木瓜薔薇の枝に

雉鳩が巣を作った。

今、卵を温めている…。



あまりに雑な作りの巣に見兼ねて

相方が巣を補強した。













fc2blog_20130923205226632.jpg













多分、不器用な子なのだろう

巣作りに使われたであろう木っ端が

下にたくさん落ちていたらしい…




去年の今頃

同じところで雛を孵した雉鳩がいた。

去年は失敗してしまったんだ…。

孵った雛は、粗い巣から落ちて

薔薇の棘の間で冷たくなっていた…

その日から雉鳩はいなくなった。

去年は

「デーデー、ポッポ。」「デーデー、ポッポ。」

随分うるさくないていた…。



今年はヒトコトも鳴き声を聞かない…。



啼かない雉鳩が卵を温めて動かない…


(去年の子だと思います)

静かに静かに

卵を温めています…。



去年の失敗を繰り返さないために

動かず、騒がず、居るのだろうか…




語らぬ雉鳩に

人の思いが重なって

生まれてくる命に幸多かれと願います…。













fc2blog_201309232050402a8.jpg













欠けてゆく月のような

夢路の寝姿…。













fc2blog_201309232051047b0.jpg













語る瞳の饒舌さに

目を細めて答えます…。













語らぬものほど饒舌で、

聞こえてくる言葉は

自分自身の声なのかも知れませんね…。












「母ちゃん…。」


「なぁに…?」







「メイちゃん…。」



「なぁに…?」









一日何度も呼んでみる…





そんな

私と夢路の毎日…。













☀︎




季節の変わり目

fc2blog_20130924185717dcd.jpg













天高く

柿の実も色づきはじめ、













fc2blog_20130924185739666.jpg













無花果も

熟して割れた…。















fc2blog_201309241857526b7.jpg












今日は夢路の定期検診

濃い潜血が出てしまいました…。

クロロマイセチンの投薬開始、

しばらく調子が良かったけれど

やはり季節の変わり目には

少し身体が辛そうです…。












fc2blog_20130924185812c9d.jpg













水を飲む量が足りなかったみたいです。





今回から

新しい尿検査キット、

検査紙で、クレアチニンの数値が分かるようになりました。

採血をものすごく嫌がるようになってしまった夢路には朗報です。

10日おきの尿検査で、

クレアチニンの数値が上がったら

血液検査をすることにします。



3ヶ月ごとの血液検査は

夢路にはとてもストレス…



この新しい尿検査紙のおかげで

夢路も私も

痛みを軽減できそうです…。





(良かったね。 夢路)



(僕は注射が嫌いだよ!)



(分かってるよ…。)













fc2blog_20130924185826956.jpg













(膀胱炎のかかりはじめかも知れないから、

毎日、お薬ちゃんと飲もうね。)












ランちゃん便り

fc2blog_201309251729118e3.jpg













先週の再会の後、

お家に帰ってから、大変だったらしい…

先住猫のリンちゃんを

追いかけ回していたらしい…。

(お兄ちゃん、お兄ちゃん、あたしのお兄ちゃん!)

きっと、そんな感じ…




追いかけ回して、安心したら

それぞれのベッドで眠ったそうな…













fc2blog_201309251729268f6.jpg













しかし、この仔に

このベッドは大きすぎないかい?

(ゆうゆう伸び伸び寝ています…)













fc2blog_2013092517293981a.jpg













おとさんのあとをついて回る…

シッポは長毛、フワッフワ…。













fc2blog_20130925172951841.jpg













胸元の毛も

長めのフワッフワ…。





1.5kgになりました。

(9月20日で、3ヶ月)













fc2blog_20130925173003d2a.jpg













「フフフフン…!」

ちっちゃい時から、いい瞳をしているね。



毎日毎日 愛情いーっぱいもらって、

いい表情(かお)になったね。






まだまだ《暴れ姫》みたいだけれど

子猫時代を楽しんで

ゆっくり大人になるんだよ…




一週間ごとの写真、

随分大きくなったね…。




会えなくっても

寂しくないよ。




だって

お前は幸せなんだもの…






育てて良かった…

育って良かった…




幸せのアルバムが

どんどん増えてゆく…。






(ありがとう…。)













☀︎

秋風が吹いて

fc2blog_20130925172852dab.jpg













昨日と今日の間に

何があったというのか…。


突然の肌寒い秋風です


コスモスがゆらりと高く咲いています…。













fc2blog_20130926205958cbd.jpg












青空に

プカリ…プカリ…と、白い雲



少し寂しい秋の空













fc2blog_20130926210502735.jpg













fc2blog_201309262105284fa.jpg













6月20日

私がチビチビ乳飲み子(猫)を拾った日

私の両親が保護した子犬達



母犬からの感染症

マラセチアの治療がやっと終わり、

体調もやっと整い、

今週末の新聞の

【里親募集】に載せることになりました。













fc2blog_201309262105166bc.jpg













出戻り娘の「ナナ」













fc2blog_20130926210541d0b.jpg














そして、「ハチ」













何の音沙汰もないかも知れません。

(みんな育ちすぎたから…)

《運》とか、《縁》とかを考えて、

とりあえず

一度は募集してみようかと

私の両親も思ったみたいです。





「ハチ」に関しては、

もしも、飼っていた人が探していたら…

それくらいのゆるい気持ちで、



(本当は「ハチ」は、うちで引き取るつもりだった子、

何の連絡も無いようなら、いずれはうちに来るでしょう…。)








助けてやりたい子達はたくさんいて、

里子に出していければ

次の子を助けてやれるのだけれど

母体からの感染症等で治療に時間がかかると

行き遅れる可能性が高くなる。




ただ、

個人での限界ももちろんあって

少しでも幸せにしてやりたくて…



切ないですね…。





〈野良犬〉と呼ばれ、

いつもお腹をすかせ、

雨風をしのげるその日の寝場所を探し、

人に追われ、

石を投げられ、

自然の摂理で子供が生まれる…。

〈野良犬〉と、呼ばれる子供が…。










少しでも

そんな子達を減らしたい…。





少しでも

幸せな気持ちになってほしい…。




本当に

少しでもいいから

あったかい気持ちを持たせてやりたい…。









冷たい秋風が吹き始めると

そんな気持ちに

拍車がかかります…。









自分の無力を思い知ります…。













fc2blog_201309262100270b9.jpg













どうか

少しでも

幸せな子が

増えますように…。









☀︎

九月のうた

fc2blog_20130927183145804.jpg













九月のうた


<谷川俊太郎>





あなたに伝えることができるのなら

それは悲しみではありはしない

鶏頭が風にゆれるのを

黙ってみている












fc2blog_20130927183444dfa.jpg

 











あなたの横で泣けるのなら

それは悲しみではありはしない

あの波音はくり返す波音は

私の心の老いてゆく音













fc2blog_20130927183217cf7.jpg

 











悲しみはいつも私にとって

見知らぬ感情なのだ

あなたのせいではない

私のせいでもない
 












fc2blog_20130927183237233.jpg













9月が去って行こうとしています…。





昨夜から

今朝にかけては

とてもとても肌寒かった…。













fc2blog_20130926210058f85.jpg













猫達のために

ホットカーペットのスイッチを入れました。





みんなで

ぬくぬくっと

転がって












fc2blog_2013092718574945b.jpg








(気持ちいいねぇ〜)













朝方には

布団の取り合いをしてました…。





ふふっ…

秋深まる…ですね。










☀︎

伸び伸び慈雨

fc2blog_201309282201362fd.jpg












移ろいやすい秋の空…

時折、感傷的な表情(かお)を見せる雲の影













fc2blog_2013092822020478b.jpg













ワンコの散歩道に

毎年、コスモスの群れる道がある。

今年の花は少し小ぶり

おとなしそうな顔の花…。













fc2blog_2013092822023042b.jpg













慈雨は伸び伸び大きくなって、













fc2blog_201309282202531b3.jpg













身づくろいも一生懸命













fc2blog_20130928220310366.jpg













なんだか

足が長いようで、













fc2blog_20130928220323a52.jpg












持て余し気味の

慈雨の足…。













fc2blog_20130928220340b5c.jpg













寝ているクッションからも

はみ出て伸びる

慈雨の足…。













fc2blog_2013092822035609e.jpg













この子は大っきくなるかもよ…

今までのうちの子達の誰よりも

足が長いから…








大きくなるのは

ゆっくりでいいよ、


大きくなってからの方が

長い時間を共に過ごすのだから…



柔らかくって

あったかい…。





慈雨にとって

はじめての秋だね…。















上を向いて歩こう

fc2blog_20130929165812a10.jpg













今日の休日は一本の訃報で始まった。













「ミーちゃんが、車にはねられて即死しました。」






母からのメール(AM5:55)









fc2blog_20130502183434a19.jpg












仕事場の猫 ミーちゃん







2009年7月19日生まれ

4才と二ヶ月













fc2blog_20130929170019f01.jpg












AM9:30

ペット霊園にて火葬




庭の花を摘んで

梔子、ミニバラ、チェリーセージ、…







霊園に駆けつけました。













頭に致命傷を受けたようで

片目の眼球は損傷していたものの

身体は引き裂かれることはなく

わずかに血のあとを残して

横たわった姿で最後の別れをしました。











fc2blog_201309291658568ee.jpg













仕事場の庭のほんの一歩離れたところで

冷たくなっていたそうです…






いつもより

大きく見えた黒い姿に

最初は別の猫だと思って

道路上だから何度も轢かれないようにと

道からよかそうと近づいたら

紫色の首輪が近くに飛んでいて、

ミーちゃんであることに気がついたそうです…。











fc2blog_201309291659140a1.jpg











仕事場の道路を挟んだ向かいは

閉校した小学校、

今日行われる【子ども祭り】の準備で

昨夜は深夜まで車の出入りが多かったよう…






好奇心旺盛で、健康なミーちゃんは

きっと見学しに行っていたんだね…。




小学校から仕事場に戻る方向ではねられていました。












fc2blog_201309291659402b2.jpg













外で遊ぶことが大好きで

兄妹猫の「ウーちゃん」を亡くしてからは

ますます活動的になり、

トカゲも、

カエルも、

ネズミも、

鳥も、

捕まえることが上手で

毎日毎日

元気な姿を見せていた。





お世話係のAちゃんが大好きで

呼ばれたら尻尾を上げられるだけあげて

Aちゃんの回りを離れなかった…













fc2blog_201309291700013fc.jpg













Aちゃんのいない今日

荼毘に付されたミーちゃんは

本望だったはず、

大好きなAちゃんに

骸を見せたくなかったはずだから、








(大丈夫だよ。ミーちゃん。)

(Aちゃんには私がちゃんと伝えるからね。)

(ツヤツヤして、綺麗なミーちゃんの姿を

Aちゃんには覚えていてもらおうね。)













fc2blog_20130929170031ba4.jpg













〈上を向いて歩こう 涙がこぼれそうだから…〉


このフレーズが今日はなぜか繰り返されます…

今日が美しい秋の空で

青空と雲が踊っているような

気持ちのいい風の吹く

美しい空だからなのでしょうか…。









お骨を拾いに行った時のお話はまた明日。








今日は

ずっと上を向いて

空を見て

少しぼんやり

過ごしていました…。












明日からの日々の中

どれほどに

ミーちゃんの存在を感じることでしょう…。












焼かれた骨が語るもの

fc2blog_20130930184026e43.jpg













今朝の空

鮮やかな鮮やかな

朝焼け…













昨日のミーちゃんの火葬

霊園で最後の見送りをし、

2時間後のお骨拾い





お骨の語る言葉を

聞かせてもらいました…。













fc2blog_2013030219494882a.jpg













炉から引き出された台の上

横たわった姿でお骨になったミーちゃん



やはり頭蓋骨は大きな衝撃を受け

形をとどめてはいませんでした。



[全体的に、健康な身体、健康な骨。

ただ、年齢(4才)の割りに内臓に塩分が多い。

猫は一生に1gの、塩分で十分。

この子は塩分の多い食べ物をよく食べていましたか?



あと、この子のものではない小さな背骨が幾つかあります。

この子は妊娠していましたか?」













fc2blog_20130930184126968.jpg












意外な質問だったので

一瞬、ミーちゃんではない子の遺体を

運んできたのだろうかと、困惑したのですけれど

ひとつのパーツさえ入れば

全てが納得できました。








ミーちゃんはもちろん避妊手術済み。

キャットフードを主食とし、

人間の食べ物を与えることはありません。







ミーちゃんは、狩りが上手で

鳥や、鼠もよく咥えて戻り

皆にお披露目していました…。






仕事場は「うどん屋さん」

庭先で自由に食べるセルフ店。


お客様にうどんをせびってつつく雀達。

そして、落ちているクズを食べていたであろう野ネズミ。

それを狩って食べていたミーちゃん。





塩分の多いうどんを食べていた雀や鼠。



ミーちゃんのものではない小さな背骨は

それらのものだったのでしょう…。


消化していない状態で体内にあったということは

事故に会う前、

食べていたのでしょうね…。













fc2blog_20130930184203628.jpg













なぜなのでしょうね…

少し救われた気がしたのです…



自然児のように自由だったミーちゃん。

最後のその時の寸前まで

きっと夜遊びのスリルを楽しんで

走り抜けていた姿が思い起こされて

ミーちゃんらしい生き様だったのだなぁと、

なんとなくぼんやり思ったりして…。













fc2blog_20130930184224d2b.jpg













いつも、フンフン…と、歩いていた塀の上に

今日はいない…。

長いしっぽをゆうゆうと上げて

堂々と歩いていたミーちゃん。













fc2blog_20130930194032c32.jpg













いつも駆け上がっていた

しだれ桜の枝に

今日はいない…。





庭の中を駆け巡る

軽やかな足音が

今日は聞こえない…。









きっと、まだ

ミーちゃんの不在を

私達は受け止められていないのでしょうね。







少しづつ

少しづつ…









プロフィール

風人

Author:風人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

風人

Author:風人
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR