仕事場の【御庭番】

fc2blog_20130501205201cd7.jpg










仕事場の猫(現在編)

其の三

《マロ》(すずしろ改名)





この庭の一角は

夏も涼しい静かな庭

私達は

【マロの庭】と、呼んでいる。













fc2blog_20130501205040739.jpg











2009年2月の終わり

いったい何が起こったのか?

と、言うほど

いっときに、漂流していたかのような猫達が

流れ着いて来た!

まだ寒いけれど早春と言える季節

仕事場に辿り着いただけでも四匹、

『すずな』『すずしろ』『せり』『なずな』…

毎日あらわれる

痩せてボロボロの猫達…

人馴れの様子から

明らかに多頭飼いのゲージ飼い。

運動能力の低い

発情の来た雌猫達。



生後6~8ヶ月くらい

病院では血液検査の採血が出来ないほど

痩せて干からびていた…









fc2blog_20130501205109c8f.jpg













おそらく仕事場からは少し離れたところに捨てられたのだろう

ここに辿り着くまで

どれくらいかかったのか…



怖い思いもしただろうけれど

『すずしろ』以外の3匹は

人の手を恐れなかった。




他にも…


亡骸しか拾えなかったコや、

少し離れた所の家で

餌をもらえるようになったコ、

手にかからずに

やさぐれていった雄猫達、



いったい

何匹捨てられたのだろう…?







fc2blog_2013050120530333d.jpg











ともあれ、

仕事場に、流れて来た四匹のうち

『すずしろ』以外は、

避妊手術の後、貰われていった。


残るであろうこのこのコの名前を

呼びやすく『マロ』と改名した。


餌は食べるが、懐かない

手にかからなくて性別も分からない。

避妊手術も遅れた。




その年の7月19日

二匹の仔猫が産まれた。



私達の失敗。




仔猫の世話は必要なので

二ヶ月間は子育て専念。



秋になって

やっとゲージにいれる事が出来、

避妊手術が出来た。













fc2blog_20130501205441cc6.jpg












今は

娘猫と共に、

仕事場の【庭猫】として住んでいる。


人嫌いは相変わらずで

人前に出る事はほとんど無い。



ただ、

食いしん坊NO1なので(笑)

朝のおやつ(缶詰)の時は

必ず待っています。




庭から出る事も無い

行動範囲の少ないコなので

事故も、怪我もしない

飼いやすいコです。




もう

5才になったんだね。



あの時

助けられなかったコの分も

生きるんだよ。













スポンサーサイト

仕事場の【忍び】

fc2blog_201305021837281a5.jpg






早朝

夜露の残る

仕事場の庭の樹々





気持ちのいい朝









fc2blog_20130502183556cf2.jpg










仕事場の猫(現在編)

其の四

《みーちゃん》

2009年7月19日

《マロ》が産んだ子供。

二匹の黒猫

雄と雌

「海の日」生まれなので

《うーちゃん》《みーちゃん》と、

名付けられた。

里親を探すことはやめたので、

店でお客様に、呼んでもらいやすい名前にした。


あどけない黒猫姉弟。

それはそれは可愛らしかった…。


《うーちゃん》は、二才前にお空に帰った…。

《みーちゃん》は、二人分生きている。

今年の7月で、四才になる。











fc2blog_20130502184855c43.jpg













庭の緑の中、

鳥を獲ったり、

トカゲを獲ったり、

カエルを獲ったり、

ネズミを獲ったり…、


はっきり言って

自然児だ。










fc2blog_20130502183455ea5.jpg











知らない人に

自ら近づく事は無いが、

仕事場の人間には

触らせる

(お世話係の彼女には、シッポをあげてすり寄って来る)

ひとりの人がいてくれれば

《みーちゃん》は、満足らしい。











fc2blog_201305021835192ba.jpg










気ままに猫らしく

敏捷で、生き生きと、

一番若い【忍び】

(誰のお役にたっているかは誰も知らない)(笑)




緑の中で、美しく。



母猫《マロ》は、

《みーちゃん》の行動範囲には

とてもついていけない。


心配する母親を

知ってか知らずか

《みーちゃん》は、

毎日元気に走り回っている。











fc2blog_201305021836416de.jpg











お客様が、彼女の姿を見る確率は

とっても低い。


(だって、【忍び】だから…。)(笑)












fc2blog_20130502183537945.jpg











私の仕事場のお庭には、

現在、四匹の猫がいる。


選んだわけでは無いけれど

黒っぽいコ達ばかり…




それぞれが

テリトリーを守るので

争いごともおきず、

(《クロエ》には逆らわず)

全員がフレンドリーでも無いので

(《もずく》のみが、賑わい好き)

ひっそりと

(《マロ》なんて居ないも同然)

穏やかに

(《みー》は、夜行性)

暮らせています。

(見つけられづらいだけかも…)











fc2blog_201305021849293bb.jpg












飲食店だから

眉をしかめる人もいるし、

もちろん

保健所からは注意をうける…。



鳥の糞の被害からは

このコ達のおかげで助かっているのだけれど

分かってもらえないのだろうな…




皆、目立たぬように こっそりと、


でも、元気に キラキラと

【庭猫】ならではの

魅力を見せつけてほしいな。












舞ひあがる犬

fc2blog_20130503194147ecf.jpg









舞ひあがる犬




その鼻をそろへ、

その肩をそろへ、

おうおう とひくいうなりごゑに

身をしづませる二疋(ひき)の犬。



そのせはしい息をそろへ、

その眼は赤くいちごのやうにふくらみ、

さびしさにおうおうとふるへる二ひきの犬。



沼のぬくみのうちにほころびる水草の肌のやうに、

なんといふなめらかさを持つてゐることだらう、

つやつやと月夜のやうにあかるい毛なみよ、



さびしさにくひしばる犬は

おうおうとをののきなきさけんで、

ほの黄色い夕闇のなかをまひあがるのだ。



しろい爪をそろへて、

ふたつの犬はよぢのぼる蔓草のやうに

ほのきいろい夕闇の無言のなかへまひあがるのだ。



そのくるしみをかはしながら、

さだめない大空のなかへゆくふたつの犬よ、


やせた肩をごらん、

ほそいしつぽをごらん、



おまへたちもやつぱり


たえまなく消えてゆくものの仲間だ。




ほのきいろい夕空のなかへ、

ふたつのものはくるしみをかはしながらのぼつてゆく。



作 / 大手 拓次














fc2blog_20130503194258900.jpg










一年で最も仕事が忙しいであろう

このゴールデンウィーク



その最中に

野に生きる者の


ひとつの命の灯が消え、

その消えた灯と

同じ運命を辿りそうだった

もうひとつの命を

救うことが出来たかも知れない…








一日のうちに

悲しみと

奮起と

安堵とが

交錯した。










fc2blog_201305031943293b3.jpg








少しだけ

もう少しだけ

落ちついたら

書けそうです…。







ちょっと

疲れをとってから…。










大丈夫。

私にはたくさんの

精神安定剤達がいるから。











fc2blog_20130503200012b48.jpg










ね、 夢路。









明日の朝も早いから

今日はもう眠ります…。










ひとつの終わりひとつの始まり

fc2blog_20130504194113e45.jpg











ひとつのおわりひとつのはじまり






ついこの間

この日は

『縁』に呼ばれた一日でした…。



悲しいことと

奮起することと

安堵することが

重なって

重なって



少し間を置いて

気持ちを落ち着かせてから

この日の事を

思い出したい…。














fc2blog_20130504194257d6b.jpg










【悲しいこと】


5月1日の早朝

山の母犬が、亡くなりました

遺体は私達に見つかる事を

望んでくれたかのように

姿を現してくれました…。


店の一番遠い駐車場の

一番遠い側溝の中

壊死して腐敗している手を

身体の下にして

うつ伏せて死んでいました。


お腹が少し腫れて

少し血を吐いていました。










fc2blog_201305041943182b4.jpg












ただ、

前日は強い雨

にもかかわらず

母犬の身体は夜露程度しか濡れておらず、

カラスなどに荒らされてもいず、

眠っているようにも見えました。



姿が見えなくなって丸2日。

キレイな状態でみつけられた事だけが

わずかな救い…




私達のテリトリーの中の

最も遠い場所

それはまるで、母犬と私達の距離



(信じたいけれど … どうしよう…)


それが

あの母犬の気持ちだったのだろうか…?


何だか

そう思えてしょうがない…












fc2blog_20130504194334603.jpg











(助けてあげられなくて、ごめん…)


何度か捕まえようとしたのだけれど、

怖がらせてしまうばかり…



人の手による罠で

傷をつけられ

精一杯生きて

生きて

生きて

生きて


多分、夜明けとともに

旅立った…。













fc2blog_20130504194415448.jpg














こんな風に

絶え間なくきえてゆく者たちがいる…。




花を手向けて

弔ってあげられました…。





(もう 痛く ないよね 。)


(がんばって 生きたね 。)






(今日 晴れて よかった…。)















fc2blog_20130504211007719.jpg









【奮起したこと】




同じ日


仕事が終わって

母犬との別れを終え

(ペット霊園には私の父が運び)

荼毘に付したあと



何故か

私は相方とともに

母犬の最期の場所へ行った。



そこには

別れを惜しむかのように

共に生きた二匹の犬がいた。










fc2blog_20130504194458fd6.jpg











しんみりと

そのコ達を見ていると

⁈ !


身体の大きな茶色の雄の片手がおかしい?


〈罠〉がかかっている!

何重ものワイヤーを鉄の錠で束ね

腕を堅く締め付けている!



すでに手の先は浮腫が始まり

壊死しはじめている…!



今朝、母犬の遺骸を引き上げる時

このコはまだ普通に歩いていたはず…!



イノシシ駆除の罠なのか

それとも野犬駆除のための罠なのか

〈手作りの罠〉

病院へ行かないととてもはずせそうに無い



そのコが、一生懸命助けを求めているように見えたので

自信は無かったけれど

母犬を捕まえようとしていた時の

首輪、リード、相方手作りの口輪、そして皮のグローブ

それらを手に

相方と両側の通路を挟みうつように

保護を試みました。








痛みに動けなくなっていたそのコは、

怯えた表情はしたものの

意外にも

首輪をかけることは困らず

口輪は少し嫌がりながらも付けさせてくれた。


いつ 痛みのために凶暴になるか分からないので

口輪はしたまま動物病院へ直行しました。












fc2blog_20130504211134c77.jpg













【安堵したこと】


大きな身体は痩せこけて

マダニとノミが

ものすごく沢山いた。




麻酔をかけて

《罠》を切り外し、

傷口の消毒と治療、

抗生物質、痛み止め、化膿止め、

血液検査、便検査、マダニの駆除、

そして、点滴。











fc2blog_201305042107462de.jpg













一部壊死しているものの

何とか肉は落ちずにすみそう。


お腹に虫もいず、

フィラリア症にもなっておらず、




そして

私達が思っていたより

若かった。

(1.5才~2才程度のようだ)


2ヶ月前位から

山で見かけるようになっていた。



交番の方に聞くと、

迷ったのか、捨てられたのか

人懐っこ過ぎて山に追われたらしい…

口笛を吹いてふざけて呼んだ子供に

嬉しがって飛びついたらしく

身体が大きいがゆえに

怖がらせてしまったようだ。




ほとんど食べ物が当たっていなかったようで

便には草しか無く

わき腹も腰も骨が浮き出ている



薬でどんどん落ちていくダニを

どんどん食べようとする。












fc2blog_20130504210811dea.jpg












本当に思う



人に飼われていて

突然捨てられたコは、

自分で食べ物を探せない。




不安の中

仕事場近くにいた

私達が何とか保護しようとしていた群れに

合流していたらしい…。




大怪我を負っていた母犬のそばで

同じくそれより前に罠による怪我で

前足の先を切り落とされたような傷を持つ

白黒ブチのコと一緒に行動していた。



不憫な二匹を守っているかのようだったこのコも、

とうとう母犬と同じ運命を辿りそうだった。



私達を

信じてくれて

ありがとう



ゴールデンウィークで、

病院も休みに入り

5月8日に予定している通院まで

何とか薬で元気に過ごしてほしい

何とか壊死が止まりますように

肉が落ちませんように

早く熱がひきますように





日に日に

人懐こさが増してくる



時々

何か言いたそうに

顔を見ながら泣く



今の境遇に自分が何故なったのか

それすら彼には分からない事なのだろう














fc2blog_20130504210835512.jpg














助けてやりたかった山のコ達は

他にいるのだけれど

だからと言って

目の前で助けを求めているコを、

見て見ぬ振りは

出来なかった…





今 このコは、

先日の出戻り娘『ナナ』や、

里親募集を断念した『舞ちゃん』のいる

仕事場近くの両親の家にいます。


コロ、ポチ、サクラ、リリー、サリー、マイ、ナナ、

八番目の『ハチ』と今日から呼ばれていたりして…。



とりあえず今は

早く怪我が治るように

養生しています…。





(本当に私達一党は、馬鹿だなあ…。)

つくづく

皆で思っています…







この忙しい時期に

こんな事をしていたのです…。

(少し疲れています。)







ただ、

母犬を失った日に(見送った日に)

同じ運命を辿りそうだったコを助けられた事は

私達の心の救いでした…


何故

母犬は保護出来ず、

このコは保護出来たのだろう…




命のわかれ道は

どのように決まるのだろう…





『ハチ』の傷を見るたびに

私達は

必死で生き抜いた

山の母犬を

思い出すのでしょう…。













笑って終われる一日

fc2blog_20130505165606bb5.jpg




わが家の庭の

白薔薇(アイスバーグ)が咲いていました。




この一週間

暗いうちに出勤し、

薄暗くなっての帰宅。




花々の移ろいに

気がつけば

季節も変わっていました。









fc2blog_20130505165659844.jpg






アップルミント

グレープフルーツミント

ノコギリソウ

マジョリカ

オレガノ





ちっさいわが家の

ハーブ園。











fc2blog_20130505165718c34.jpg







料理に使える

タイム

セージ

そしてローズマリー…







もう

初夏の日差しです。










fc2blog_20130505165227608.jpg










このコ(虎鉄)にとって

はじめてのゴールデンウィーク

私達が、

家にいる時間が

最も少なくなる一週間。






不安もしくは

不満のために

とうとう

こんな極悪顏に(笑)




〔他の子達はわかっていたみたい〕









fc2blog_20130505165313c03.jpg







今日は

朝から天気の良い休日





虎鉄の機嫌も直りました(早っ)



もう少しの辛抱だよ。







fc2blog_20130505165424edf.jpg







萩乃は

もう慣れたもの




朝の(どんなに夜中であろうとも)

かつお節がもらえれば

上機嫌。


〔だって、もう14年 こんな時期がくるのだものね〕










fc2blog_201305051654021a3.jpg






4年目の武蔵、

いつもより少し

甘えん坊になる。




控えめで

あまり鳴かないこの子が

いつもより少し

自分をアピールする。








fc2blog_20130505165335f96.jpg







サンルームの日差しが

気持ちいいね。



明るいのは

それだけで

心を晴れ晴れさせる…










fc2blog_20130505165452725.jpg








私達と

ずっと一緒の夢路


〔『ハチ』を保護して病院に行く時も

もちろん一緒。〕



夢路は

何でも知っている。(笑)









fc2blog_20130505165508502.jpg









家での夢路は

よく遊ぶ。




やっぱり皆と一緒は、

嬉しいらしい、







fc2blog_20130505165523198.jpg








今日は何度も

サンルームの椅子に登ってた。







〔窓から見える犬小屋では

相方がワンコ達の毛布を干すために

ワンコと毛布を引っ張りあってる(笑)〕









fc2blog_201305051655476f7.jpg







夢路の元気な目の光。


わが家で

嬉しそうな夢路を見ていると

私は

それだけで幸せになる。















fc2blog_20130505173821e56.jpg







母から電話が二度ほどかかり

『ハチ』が、

穏やかでいい子だって事と、


《こどもの日》だから

『マイ』に赤い首輪、

『ナナ』に、うす紫の首輪とお揃いのハーネス、

『ハチ』に、カッコイイ黒い首輪


買ってきたそうです。(笑)


〔急遽付けていた新しい赤い首輪は、

つけてやりたい今はまだ山にいる

白い犬のために置いておくつもりのようだ。〕






相方と

やっぱり私達一党は…

懲りてないね…と、笑いました。









笑って終われる一日は

本当に幸せだと思う…。













接吻の後に

fc2blog_201305061848384d1.jpg











接吻の後に



三木露風








fc2blog_20130506184142b3b.jpg










「 眠りたまふや。 」



「 否。 」といふ。



皐月、



花さく、



日なかごろ。









fc2blog_201305061842057f0.jpg












湖(うみ)べの草に、



日の下(もと)に、



「眼 閉じ 死なむ 」と



君 こたふ。





( 『 廃園 』 より )








fc2blog_20130506185406944.jpg









ゴールデンウィークも

無事終わり




今は

頭の中が


真っ白です…。


(安堵感からでしょう…)






今宵は

皆に

甘えて過ごします…。





















今日も通院で日が暮れて

fc2blog_20130507193015add.jpg






お椀を逆さまにしたような山々

黄昏時に影をのばす






私にとっては

生まれた時からの

見慣れた風景






はじめて相方とその娘を

連れてきた時

「まんが日本昔話」の世界みたい

そう道産子達は言った。




そう、

作者はこの県出身者でした。


(私も最近まで知らなかった)











fc2blog_201305071934019aa.jpg







道理で


山の形や

川の姿に

馴染んで見ていたものだった。






田舎に住む私達の見ている風景は

まだまだのどかなもので

夜の暗さは

昔のままじゃないかとすら思える…。






《坊や〜良い子だねんねしな〜》



病気や怪我のコがいると

何だか口ずさんでしまいます。(笑)









fc2blog_20130507193145cf9.jpg









今日は

夢路の定期検診日。

『ハチ』も、診察に一緒に連れて行きました。









fc2blog_201305071931121ac.jpg








舐めて

傷口が破れた






そして

ワイヤーの食い込んでいた所が

黒く壊死した

その皮膚が縮んで硬くなり

血行を悪くしてしまうので

その皮を切り取った。










fc2blog_201305071932332bb.jpg








ずいぶん慣れたのですよ。






朝と夕方

投薬もあるので会いにいくと

尻尾を振って迎えてくれます。

(ソーセージに、薬を詰めて食べさせているので

私の姿が、魚肉に見えているのかも知れない。(笑))









fc2blog_20130507193329185.jpg







目を細めて笑っているよう





転がって

お腹をなぜさせてくれるようになりました。





こんな甘えん坊が

山で暮らしていたのは

辛かったろうな…







また、

明後日病院です。


あとは、バベシア症の心配だけです。


(一安心)












fc2blog_201305071935513a1.jpg









「夢路、今日 病院ね。」





(エッ…!)











fc2blog_20130507193455289.jpg









(行かなーい!)






今回


ゴールデンウィークで
少し間があいてしまった。



5/1は、『ハチ』を診てもらうだけで手一杯だった、


20日間近く検査していなかったので

ちょっと心配だったけど、








fc2blog_2013050719363518f.jpg









(だから、いいって言ったのに!)


(母ちゃんの心配性!)







潜血なし、

白血球多し、

比重良し、




いつも通りの夢路。



『ユウちゃん、絶好調。』

先生の診断。





良かった、良かった。





ただ、
だんだん排便が困難になっている事を告げると、
一度「巨大結腸症」になっている夢路は
腸が蠕動運動をしなくなっているらしく
自力排便は出来なくなっているようです。

(腸壁が伸びきってしまっているそうです)



ますます

毎日の日課(浣腸)が、

欠かせぬ事となりました。

(頑張ろ)








fc2blog_2013050720193723f.jpg








5月9日 『ハチ』の治療

5月13日 『キャロル』の避妊手術

5月17日 『夢路』の検診(10日ごと)



フィラリア予防薬

ダニ、ノミ予防薬

(両親宅、仕事場、自宅、合わせると、たくさんなので

名前と体重を書いたメモを渡して用意してもらいます。)



とりあえず、

目下の目標は

『ハチ』の怪我の完治です。






今のところ

順調、順調…。












傍若無人な君

fc2blog_2013050818272690a.jpg






川霧の朝




あたりまえのことだったのだけれど

霧は川の上を流れているのだなぁと

今更ながらに思った…



川の流れそのままに

霧が姿を現していた



岩や、沈下橋の所では

波のように

高く逆巻いていた



何故か

突然 、理解した気持ちになった。

不思議…。








fc2blog_20130508182816bcc.jpg







《エゴの木》が花を咲かせていた。


日陰にひっそりと、

小さく白い花を、

まるで吊り下げているように並んでいた。





落ちている花に気づいて

見上げたら咲いていた。




小さい驚き



ささやかな事が

とても新鮮に感じる時もある。

何故かは分からないけれど、









fc2blog_201305081907140c4.jpg








うつむき加減の虎鉄。

なんとなく深妙な面持ち

(あまり見ない表情)



少しは大人になったかな…?













fc2blog_20130508182548399.jpg








サンルームに

突然現れた作品。







(何?この毛糸?)











fc2blog_201305081826154e0.jpg










犯人は現場に戻る。







まだまだ

大人の階段は遠いです…。







もつれた毛糸に


虎鉄ももつれておりました…











fc2blog_20130508182702499.jpg









相方作



武蔵のための

(オモチャ全部 虎鉄に譲ってしまっていたので)


新しい手作りボール。











fc2blog_20130508182647d11.jpg








喜んで遊んでいた筈だったのに














fc2blog_20130508190730cf4.jpg










すぐに

譲ってしまっていたらしい…





上の子は、

皆 優しいなぁ…





下の子は

与えられる事が

あたりまえな

傍若無人になるらしい…。










意地張らない所が

不思議だな…。













絶え間なく消えてゆく者

fc2blog_20130509194534309.jpg









『ハチ』の通院

日が暮れて






今日も3㎝くらい

壊死した皮膚が切り取られました。



あと残りは腕の内側4㎝くらい

そこの皮膚が切り取れたら

腕の血行を妨げるものはなくなるので

明後日もう一回切り取ります。









fc2blog_20130509194445422.jpg






手の腫れも、熱も引き

すこぶる好調。












山にいる

『ハチ』の多分奥さんが、

昨夜、子供を産んだようだ。

今朝、お腹がへこんでいた…



朝から

『ハチ』が、そわそわしていた…。





やっぱりお前の子供なのかい?






なんとか寝ぐらを突き止めて

保護してやりたい…。

(ひと月が、勝負!)












fc2blog_20130509194619cd4.jpg








野の花は強いから

きっと頑張って育ててる。



『ハチ』は脱走を企てている



そうはさせじと、止めている。





ひとつの群れの

ひとりひとりは

群れを信じている。

群れに帰ろうとする。






私達は

このひとつの群れを

群ごと引き受けようとしている。






お互いの折り合いは

どこで着くのだろうか…。













fc2blog_2013050919455186f.jpg







今日、

駐在さんが来てくれた。




先日、『ハチ』の腕から回収した

《罠》を渡してあった。





動物虐待にならないのか

撤収出来ないのか

問い合わせていたから…






答えは




ー 実際すぐそこまでおりて来ている

イノシシ用の罠だから

違法では無いとのこと。



民間からの依頼で

公的機関が動き、

民間(猟友会)に委託する。ー



そういう流れの中の事のようだ。


だから

今回の罠も、

トラバサミも、

存在し、続け



絶え間なく消えてゆくものは

ずうっと消え続ける…。








fc2blog_20130509194504c55.jpg









もう、こうなったら

乗りかかった船だから

助けてやりたい。





せめて

このひと群れ、



この2年半。

保護しそびれたコ達が

山にいる…。





もちろん

全てでは無い。





消えて(亡くなって)しまった数の方が

圧倒的に多い。



そこに存在していた事を

思い出すと辛い。




生き残る事は

本当に難しい。




野に生きるもの達の

道は過酷だ。







野山を自由に駆け巡っているかのように見える

この子達の身体は

決して自由なものでは無い。

いろいろなものに

蝕まれている…。









私達は

間に合うのだろうか…?



助けられるだろうか…?






見ない事に出来ない私達は

いったい何が出来るのだろうか…。








雨の詩

fc2blog_20130510180237558.jpg







「雨の詩」

室生犀星







雨は愛のやうなものだ

それがひもすがら降り注いでゐた

人はこの雨を悲しさうに

すこしばかりの青もの畑を

次第に濡らしてゆくのを眺めてゐた








fc2blog_20130510180251592.jpg









雨はいつもありのままの姿と

あれらの寂しい降りやうを

そのまま人の心にうつしてゐた

人人の優秀なたましひ等は

悲しさうに少しつかれて

いつまでも永い間うち沈んでゐた

永い間雨をしみじみと眺めてゐた











fc2blog_2013051018030406d.jpg








庭の擬宝珠(ギボウシ)



久しぶりの雨が

大手毬の白い花を散らし

擬宝珠の葉の上に…。





山の母犬を弔い

『ハチ』を保護出来た

あの日から

九日目の雨です。


(あの日から降っていなかったのだなぁ)








fc2blog_20130510180331b0b.jpg






ここしばらく

病院通いで慌ただしかった。



久しぶりに

夕暮れ前に帰って

少しゆったりとした

夢路のデリケートタイムです。







fc2blog_20130510180347dbe.jpg






外は雨の歌

庭の緑が綺麗



夢路の横には

武蔵が寄り添う




私の気持ちが焦っていないので

なんとなく

時間が

ゆっくり過ぎているように感じる









fc2blog_20130510180408242.jpg







まんまるお目々の

黒猫ちゃん






明日の仕事が終わったら

臨時休業

5月15日までの4日間




出かける予定は

動物病院のみ!

(キャロルの避妊手術)

(ハチの通院)



天気も良さそうだから

庭の手入れと、衣更え、


〔お家でバカンス〕

ゆっくり ゆっくり 過ごそ。






明日から

娘と孫がくる予定。

簡単掃除と

眠る場所の確保だけ出来ました。



あとは、おいおい…

来てからね。



気をつけておいでね。











人間の娘の子供

fc2blog_20130512121055e06.jpg







本日晴天


今日から仕事が臨時休業(4日間)






朝はゆっくりはじまりました











fc2blog_2013051212102697a.jpg









サンルームは


『猫達の部屋』



…いつもなら…







昨日より

相方の娘が子供を連れて帰省中










fc2blog_20130512120625efc.jpg









彼女の担当は

うちの末っ子「虎鉄」です。





やんちゃざかりの彼も

何故か彼女の事が大好きで、

ひっくり返されても、

しっぽを摑まれても、

怒ることなく

耐えています(笑)









fc2blog_20130512120658197.jpg






「虎鉄」に誘われて

光のサンルームへ、








fc2blog_2013051212072061b.jpg








話をしているような二人




昨夜は


ふたりでボール投げ、


ふたりで砂遊び(ネコトイレ)


「きゃっきゃっ」と、大きな笑い声。








fc2blog_20130512122949f77.jpg







二才と少しの彼女は、

虎鉄のことを

「コテテツ」と呼ぶ。





「コテテツ〜」「こててち〜」


探しては呼んでいる。






呼ばれて彼も現れる。

お世話しているつもりのようだ…。











fc2blog_201305121239119a1.jpg







今は彼女は出かけた。




お世話がかりは

爆睡中。








(お前もいいとこあるんだね〜)


(明日も明後日もよろしくね。)








婿殿へ


ふたりを寄越してくれて

ありがとう。

《母の日》

楽しく過ごしています。









白い花かご(白い花編)

fc2blog_20130512125347849.jpg





午後からも


さらに陽射しはきつくなり


光降りそそぐ庭








fc2blog_20130512125528064.jpg






庭遊び

(散った大手毬の白い花を拾っています)








fc2blog_201305121254295b2.jpg








白い花びらが


降り積もっています










fc2blog_20130512125450182.jpg







《白い花かご》を持たせたら

喜んで花びら集めをしてくれました。









fc2blog_201305121255472bf.jpg








ダンゴムシが出て来ても

トカゲが走っても

喜んで

土と戯れて

花びら集めをしています。









fc2blog_20130512125606e43.jpg









白い花かごいっぱいの

白い花びら




(ご苦労さま)



ほてった身体で

あとじまい。










fc2blog_201305121253003f2.jpg








今、彼女は外出中。




残された花かご

夢路は興味しんしん、








fc2blog_201305121253145b9.jpg






白い花かご

白い花びら



外の香りを運んでいる











fc2blog_20130512125328cda.jpg








開け放した窓から


カーテンを膨らませて


風が吹いてきた





夢路が

外の風に吹かれている






一日中

窓を開け放していられる

晴天の休日




気持ちのいい

休日。








桐の花

fc2blog_20130513181807811.jpg






本日も夏日

青空と駆け上る風







午前中

動物病院に「キャロル」を預けた帰り道




桐の花が咲いていました。


大きな木





昔、

女の子が産まれると

桐の木を植え、

嫁ぐ時

その桐の木で

嫁入り家具を作っていたそうな…


昔ね…








fc2blog_20130513181904ca7.jpg







今日は

相方は「大工」です。




この休みに

犬小屋前にワンコのための

自由スペースを作る計画。






娘と孫は、

草抜きのお手伝い。









fc2blog_20130513181933f44.jpg





箒とチリトリを両手に

トットコトットコ早走り、



(けっこう速い…)


汗もびっしょりかきました。

元気なのは良いね。









fc2blog_201305131821121ee.jpg








心配して呼ぶ「虎鉄」

返事をする孫、




何かつながっているんだなぁ。










fc2blog_20130513182241e8d.jpg









暑さに茹だる「武蔵」

サンルームの温度も

そろそろ限界…





猫達は北側窓辺でお昼寝。



孫もシャワーを浴びてお昼寝。











fc2blog_20130513182036063.jpg







午後4時


「キャロル」を迎えに行きました。







やはり

仕方が無いとはいえ、

怪我もなく

調子も悪くないコを、

手術させることは辛いです。


麻酔をかけるし、

お腹を切るし、



やっぱり半日

気持ちは沈みがち…









fc2blog_20130513182050d59.jpg









無事な姿に安堵して



少し怯えた態度に

私達も精一杯の愛情を伝え、




心配しているサマンサファミリーの元へ急ぎ帰った。








fc2blog_20130513182126559.jpg







「今日はご飯を食べないかも知れないけれど」と、

病院で言われていましたが

心配して見ている「ルパン」をよそに

しっかりご飯を食べました。





今は皆に守られて

ぐっすり眠っています。






痛かったね。

ごめんね。

ずっと一緒にいるからね。

早く元気になろうね。










明日は「ハチ」の通院です。


天気が良いのは嬉しいけれど

暑い!



この休みの間に

すっかり日焼けしてしまいそうな予感…。









犬小屋前増築計画

fc2blog_201305141212234eb.jpg




野の花は強いな

夏日が続いて

土が乾ききっても

空に向かって咲くものね。








fc2blog_20130514121036e35.jpg




今日は『ハチ』の通院日。


車の中ではおとなしく座っています。

手の痛みもずいぶん楽になったのか

自分で乗り降り出来るようになりました。






fc2blog_20130514121119dfe.jpg





手をついて歩けるようにもなりました。


あと2㎝位だけ残っている

壊死した皮を切り取れれば

この手の治療は終わる予定。



そして今日の通院で

心配していたバベシア症のおそれありー

尿検査でビリルビンがでて、

溶血性貧血がこの先出そうな状態。

検査結果は明後日の通院日には分かるはず…。






fc2blog_20130514121150657.jpg





賢いコ。

お前を助けてやりたいね




出来る限りの治療をして、

早く元気にしてあげたい。

(頑張ろ)










fc2blog_20130514121243059.jpg







『ハチ』を両親の家に連れて帰った後は、

相方は「大工さん」仕様





わが家の手作り犬小屋の増築。









fc2blog_20130514134745339.jpg







シマトネリコの木蔭で

ワンコ達のくつろぎスペースを設けるために

手作りのサークルを制作中。








fc2blog_20130514134652570.jpg







小さい彼女には

木の扉が珍しいらしく

ワンコの気持ちで

遊んでいました。










fc2blog_201305141433285b0.jpg









昨日避妊手術したばかりの『キャロル』

『サマンサ』の後から出てきました。

散歩も元気に走って、

気分もすっかり元通り。

(そんな姿にホロリとしたりして…)





ダリとルパンは小屋の中から

怪訝そうに見ています。

(とっても臆病だから)





そのうち出てくるでしょう。







fc2blog_20130514121403605.jpg






《八雲の薔薇》が咲きました。

5月と、10月に赤い小さな花を咲かせる



白い花が散りつくす頃に咲くので

丁度よく気づく





お休みはあと一日。

さて、

犬小屋増築計画は

完成するのでしょうか?


残すところはペンキ塗り!









去りゆく休日

fc2blog_2013051517363785f.jpg







世間の人より遅れての連休

青空のもと

去っていきます…。





本当に

お天気に恵まれた休日でした。









fc2blog_2013051517382325e.jpg






犬小屋前増築計画は

何とか完成しました。

(おチビさんも手伝ってくれました。)



不器用な私とおチビさんの仕事だったので

随分ムラのある塗りあがり

味のある出来上がりとなりました。(笑)








fc2blog_20130515174018528.jpg







新たに

出入り口が追加され、

小さい花畑は

昨夜、ワンコに耕され潰れました…

(春先のハナニラよさようなら…)









fc2blog_201305151739364c2.jpg







随分広いスペースが取れました。

木陰で眠るのかと思いきや

皆、元の寝床でお昼寝中。

(遊び場扱いしているみたい)








fc2blog_201305151742128eb.jpg






サンルームには

ポテポテと、寝転がる虎鉄と夢路。







fc2blog_20130515174257c35.jpg







椅子の上に武蔵。





この三匹は

外でペンキ塗りをしている 私達を

見たり、寝たり、してました。





特に夢路は、

私の姿が見えないと

いつも 「母ちゃん、母ちゃん!」と、

呼び続けるのだけれど



外だけれど

姿が見えてさえいれば良いようで

おとなしくしてました。








fc2blog_20130515174456e29.jpg






萩乃は、もう、

誰がこようが

何をしていようが

自分の邪魔さえされなければ

いいらしい…。




北側の部屋で

《我関せず》

ずっと寝ています。









fc2blog_20130515173711cbd.jpg





この庭で遊ぶのも

今回、今日が最後の日。

知ってか知らずか

今日も白い花かごを持って花集め


昨日も、その前も、

「青い花集め」

「黄色い花集め」

「紫色の花集め」

興じていました。










fc2blog_201305151737394be.jpg






今日は最後の日だから、

玄関前のアイスバーグ(白薔薇)を

花ばさみで切って

水をいれた花籠に

飾って活けてあげました。




おチビさん

とても喜んで、

お昼寝の時も

枕元に置いて眠っていたようです。

(花を見て喜べるのは素敵だね)










fc2blog_201305151737560e7.jpg







もうじき

この花かごだけが残される

「白い薔薇」

おチビさん、

いつまで覚えていられるのかな?





明日、私達は早朝から仕事なので

見送ってやれないのだけれど

母娘ふたり

気をつけてお帰りよ…。









今、 夕刻…

「かえんないよ!」と、

庭で遊んでいる

おチビさんの声が聞こえてくる。






何だか

今から

さびしいね。











黄昏時は寂しい刻(とき)

fc2blog_20130516194322d08.jpg











白い花かご

白い薔薇




はしゃいでいた子は

もういない…。















fc2blog_20130516194338ae4.jpg














虎鉄が、

あの子を呼んでいる。





今朝、

サヨナラの時

虎鉄は出て来なかったのだそうだ

(バイバイ)

したくなかったのかな…







黄昏時が

寂しさを深めたのか

虎鉄はずうっと泣いている。









ふたりで

遊んで、

喧嘩して、

笑って、

泣いて、




わずかばかりの刻を

兄妹のように過ごした




私達には聞こえない言葉で

しっかり分かりあっていた

(不思議な光景を見ているようだった)













fc2blog_20130516194452df0.jpg











あの子の寝ていた部屋で

何だかひとりで

寂しそう…













fc2blog_20130516194412b4d.jpg











ごみ箱にしていた籠の中

あの子は何処かと

尋ねているのか?



かじってみたとて

出て来ませんよ。







よっぽど好きだったんだなぁ。












fc2blog_201305161944303fb.jpg










娘からの電話

あの子に虎鉄を呼んでもらった、




電話口で

うっとりと、

そして

ガジガジ…


聞こえたのかな?





寂しん坊の虎鉄

一緒に遊べて良かったね。




















fc2blog_2013051619435303b.jpg











君は僕の妹…












刻は

優しいのか

それとも残酷なのか…







時の流れの違うもの達に

一瞬の刹那

同じ刻を与えてくれる









今、

この時の 君は

今だけの

君。




この時の 僕は

今だけの

僕。











次に会える日

僕たちは

どんな刻を

与えられるだろう…。






(虎鉄の想い…。)












邂逅 (かいこう)

fc2blog_20130517180943265.jpg






5月らしい

気持ちのいい一日だった




朝は少し肌寒く

お昼は晴天。

時折、爽やかな風が吹いた

夕暮れ時は涼やかで

日が長くなっていることを思わせる

気怠い明るさを保っている









fc2blog_2013051718100216d.jpg








夢路の検診

キャロルの避妊手術

ハチの通院





さすがにこれだけ続くと

ずっと一日置きの

動物病院通いになる











そんな中、

嬉しい邂逅があった
















fc2blog_2013051718101574e.jpg














一昨年、

夢路が

年は越せないだろうと思われていた頃







同じく、

年は越せないと言われていた

クッキーという名の猫が

通院していた








クッキーの方が先に急性腎不全になり、

飼い主は自宅での皮下輸液、

5日に一度の病院での

静脈注射と、浣腸。



そして、

次の5日間に向けて

点滴セットをカバンに詰めて帰って行く。






クッキーは

おとなしく

抱っこされている。














fc2blog_20130517181029d1e.jpg











久しぶりに

久しぶりに


会えました。




越せないと思われていた年を越し、

最悪の血液検査の数値をたたき出し

なぜ、

生き延びれているのか

解らないコ同士。








お互い、

動物病院を通じて

生き延びていることは知っていても




久しぶりに会えると

嬉しかった。




「噂はかねがね、

うちのコも、生き延びてます。」




お互いが、お互いに…。










fc2blog_20130517180931bfa.jpg










同じ頃に

『死』と、闘っていた。



同じ頃に

『生』をつかんだ。




毎日の通院の中、

自分だけじゃない、

そう知ったことは

随分、励みになったものです。






クッキー、

まだまだ

周りを驚嘆させながら

生き抜きましょうね。







会えて

良かった。













そよぐ幻影

fc2blog_20130518205728218.jpg









そよぐ幻影


あなたは 


ひかりのなかに


さうらうとしてよろめく花、



あなたは


はてしなくくもりゆく 


こゑのなかのひとつの魚、









fc2blog_201305182058113fa.jpg







こころを したたらし、


ことばを おぼろに けはひして、


あをく かろがろと ゆめをかさねる。






あなたは みづのうへに うかび


ながれつつゆふぐれの とほいしづけさをよぶ。




あなたは すがたのない うみのともしび、


あなたは たえまなく うまれでる 生涯の花しべ、






fc2blog_20130518205756137.jpg







あなたは みえ、


あなたは かくれ、


あなたは よろよろとして 


わたしの心のなかに 


咲きにほふ。









fc2blog_2013051820582208e.jpg










みづいろの 


あをいまぼろしの 


あゆみくるとき、


わたしは そこともなく ただよひ、


ふかぶかとして 


ゆめにおぼれる。








fc2blog_20130518205745138.jpg










ふりしきる 


ささめゆきのやうにわたしのこころは 


ながれ ながれて、


ほのぼのと 


死のくちびるのうへに 


たはむれる。











fc2blog_20130518205833c4c.jpg







あなたは


みちもなくゆきかふ 


むらむらとしたかげ、



かげは


にほやかに もつれ、


かげは 


やさしく ふきみだれる。












大手拓次













今日も夢路とハチの通院日。

只今、フィラリア予防接種時期で、

病院は大混雑…。


ふたりとも順調です。

(私は少し疲れぎみ…。)















雨の休日

fc2blog_20130519161352b45.jpg








今日は朝から曇天模様

わずかな青空が

ドラマティックな雲の動きに

かき消えていった…。










fc2blog_20130519161437fc7.jpg










玄関前のアイスバーグも

うなだれて咲いています。





雨は

強く弱く

音を変えて

降り続いています。









fc2blog_20130519161504e8b.jpg












『萩乃』はいっつも寝てる。

見ているだけで

私も眠くなってくる…。





こんな日は

寝てよう日。




この頃

少し忙しくて

一段落して

ほっとして気を抜いたら

風邪ひいた。




今日は

丁度いい休日。










fc2blog_201305191614254cc.jpg










白いクレマチスが

咲いていました。


八重咲きの

フロリダペパーミント

和名を白万重(しろまんえ)





何重にも開く花びらで

形は派手なのですけれど

わが家の庭の

緑の中では

とても清楚に映ります。











fc2blog_20130519161515675.jpg








夢路も眠い。



昨夕の動物病院は

《犬の日》!

フィラリア予防接種時期でもあるけれど

〈てんかん?〉のような小型犬が

かかりつけの病院紹介で移動する事になってバタバタしていて


その間にも

ワンちゃん連れがどんどん受付に来て、

待合室はそんなに広くないので

駐車場で待つ人達も多く、



そんな中

犬の『ハチ』と一緒に診察室へ





紅一点ならぬ

猫一匹状態での尿検査。




混雑解消のため

奥の診察台で次々とワンちゃんが呼ばれるのだけど

すべて『ハチ』と、『夢路』の横を通って行くので

何ともワサワサした空気。




夢路

すっかりオカンムリ…!


(昨日は本当にお疲れさん)










fc2blog_20130519161450f2a.jpg









ワンコの散歩

近くの野原


コスモスのような黄色い花。


金鶏菊(きんけいぎく)とか、

波斯菊(はるしゃぎく)とかの名前だと

思っていたら、




オオキンケイギクというらしい…。
(特定外来生物)

〔 教えて下さった方、ありがとう。〕






何年か前から

良く見るようになった気がする。

柔らかい緑の中で

明るい黄色が揺れている。









fc2blog_20130519161527319.jpg








武蔵は近頃甘えん坊


実は

相方の娘が嫁ぐまでは

わが家には

人は三人

猫も三匹

相方に『萩乃』

私に『夢路』

娘に『武蔵』

何故か、猫達自身が決めていた。

自分の担当がいなくなったと感じ

少し拗ねていたのだけれど

『虎鉄』が来て

自分も甘えていいんだと分かったらしい

今が一番

甘えん坊。










fc2blog_201305191614107cd.jpg










ニゲラ

「霧の中の恋人」 Love-in-a-mist 

というロマンチック名前がついていますが


「茂みの中の悪魔」 devil-in-a-bush 

という別名も…





水草のような

柔らかい葉の中に

水色の妖精のような

淡い花


優しい

夢をみているような花なのです。









fc2blog_201305191615391be.jpg









『虎鉄』も

もちろん夢の中。




はしゃいで過ごした

あの日々を

夢で思い返しているのか

いつも

楽しそうな寝顔





寂しがり屋だから

いつも何かに寄りかかって眠っています。



ただ、

やはり

少しお兄ちゃんになったのか

おねしょが

治りそうな予感。



(本当に子供と一緒です(笑))













今日は

猫より

眠ったかも…。




夢も見ずに

眠ってました。



(休日が終わってしまった…)














癒しの風

fc2blog_201305201850186ac.jpg






夕刻


薄っすらと月がでていた

小さな筋雲の上


パステルカラーの

穏やかな空











fc2blog_20130520184950caf.jpg








ワンコの散歩を終え

家中の窓を開ける



止まっていた空気が

いっせいに流れる



気持ちがいいな。




夢路も

風の中








fc2blog_20130520184850935.jpg








庭のハーブが咲きはじめる


まずは タイムが

うす紫の可愛らしい花をつけました。







パセリ・セージ・ローズマリー ・タイム…

スカボロフェアーの歌詞

美しくて寂し気なメロディーの中に

繰り返される花の名前





ハーブに興味を持ったのは

この曲からかも知れない…









fc2blog_201305201849115b9.jpg








夢路お気に入りの

北側の窓


外からの風は

緑の匂いがする…





私達の家は

小さな森の中の

小さな小屋風…


(実はそこが気に入っている)










fc2blog_20130520184935172.jpg












昔は

山の中の一軒家に

憧れていたけれど




住んでみれば

ほどほどに人の住む

住宅地の中の

庭の中の家



これが

なんとも安心感がある事に気づいた。



丁度いい処に

落ち着けたのだなぁと

今更に思う…








fc2blog_201305201848304f3.jpg









今の小さな庭ですら

小さなジャングルになりつつある



相方は頑張っているのだけれど

今の季節の

草木の成長には

まったく追いつきません…。







fc2blog_20130520184923b41.jpg









そんな

相方の努力の横で


「自然体で良いね」って

「緑の風だね」って

夢路としゃべっている私。






きっと

呆れられていることでしょう…











でもね、


風が通る家は

やっぱり

気持ちがいいし、



表も裏も

緑の庭があるのは

癒しの風が吹いているようで




うちの猫達に

好評ですよ。










癒しの庭

fc2blog_20130521121938a0a.jpg








青紫蘇

赤紫蘇

そして、苺





これらは

両隣りからの

おすそ分け





紫蘇は右隣りから

種が飛んできた




苺は左隣りから

コンテナガーデンの苺が

塀を伝って

ライナーを伸ばし

うちの庭に根付いた。



何だか嬉しいね。









fc2blog_20130521121830be2.jpg








夢路の散歩


青紫蘇の上




緑の影が

日射しの強さを物語る









fc2blog_20130521121853141.jpg









此処には

夢路の好きな草がある





コキア(ほうき草)

柔らかい葉

明るい緑色











fc2blog_201305211219174bf.jpg










葉を乾燥させて

煎じれば

利尿作用がある

(尿管結石の特効薬にもなるらしい)




腎臓には

常に不安のある夢路

だからなのかな?



いつも

ほうき草の 柔らかい葉を

追いかけて

追いかけて

食べている








fc2blog_20130521121807130.jpg









犬も猫も

意外に

自分の体に必要なものを

自分で分かっているような所がある。




夢路も

自分に必要な成分を

きっと知っているのかな?













fc2blog_20130521121745683.jpg












夢路の身体に

効けばいいな



動物病院曰く、

《腐れ落ちた膀胱》を持つ夢路




お前のための

癒しの庭




時々は

庭の漢方を試してみる









fc2blog_20130520185006744.jpg









癒しの庭の

葉の影から

夢路の目線で 覗く景色は

いつもと違う光を透かし

新鮮に思える







毎日、夏日。

夕暮れ時の風が

気持ちのいい季節。










強運の持ち主

fc2blog_20130522181317fa3.jpg








『ハチ』は強運。











今日は通院日。

手の傷の治療は

今日で最後となりました。












fc2blog_20130522181422d94.jpg











最後の壊死した皮膚を

こそげ取り、

罠の痕は残るでしょうが

前を向いて手をつけるようになりました。







「右手の痣はこの子の特徴」

野にいた頃の思い出です。













fc2blog_2013052218143277c.jpg










心配していた

バベシア症。





ビリルビン尿がでた時には

あぁ、やっぱりかと、

暗い気持ちになったのだけれど…







何の加減か分からないけれど

(手の治療のための抗生剤とか、止血剤とか、

そんな薬が効いたのでしょうか?)


溶血が止まっているようなのです…⁇












fc2blog_2013052218135541e.jpg








(赤血球の数値がまだ保たれている)






血液検査の状態が良いので

一旦、治療は終わりです。

投薬も終わり、

しばらくは様子見です。








病院の混雑が落ち着く6月後半に

去勢手術の予約をして

病院を後にしました。













fc2blog_2013052218134146d.jpg











日曜日に

取り寄せしていた

大型の犬小屋も届き、

ゆったり眠れる広さの

『ハチ』の部屋が出来ました。














fc2blog_20130522181409cad.jpg













『ハチ』よ

お前は強運だ。






幸運なら、

捨てられたりしないし、

罠にかかったりしない。



命がけの傷を負ったりしないし、

感染症に罹ったりもしない。


だからお前は幸運ではない。











お前は

強運だから、



命がけの傷を負った時、

その日のうちに見つけてもらえたし、

怯えながらも

人間に命を預けられた…。






辛い治療を、

痛い治療を、

自分のためだと知り、

22日間耐えた。





きっと

バベシア症の発症が止まったのは

そんなお前への

ご褒美なんだね。





様子見だけど、

しばらくは治療が無いよ。

毎日、痛くないよ。




良かったね。







お前の傷痕を見るたびに

あの母犬を思い出す。

あの母犬を思い出してあげられる。








苦しみながら

生き抜いて、

ひっそりと死んでいった

あの母犬の分まで

強運を持って

生きておくれ。


忘れないでいておくれ。





私達も

忘れない…。
















去りゆく五月の詩

fc2blog_20130523180933b81.jpg










去りゆく五月の詩 

 三木露風










われは見る。




廃園の奥、


折ふしの音なき花の散りかひ。


風のあゆみ、


静かなる午後の光に、


去りゆく優しき五月のうしろかげを。














fc2blog_201305231808157f1.jpg











空の色やはらかに青みわたり


夢深き樹には啼〔な〕く、空〔むな〕しき鳥。












あゝいま、園〔その〕のうち


「追憶」〔おもひで〕は頭〔かうべ〕を垂れ、


かくてまたひそやかに涙すれども


かの「時」こそは


哀しきにほひのあとを過ぎて


甘きこころをゆすりゆすり


はやもわが楽しき住家〔すみか〕の


屋〔をく〕を出〔い〕でゆく。















fc2blog_20130523180920ad9.jpg













去りてゆく五月。


われは見る、汝〔いまし〕のうしろかげを。


地を匍〔は〕へるちひさき虫のひかり。


うち群〔む〕るゝ蜜蜂のものうき唄


その光り、その唄の黄金色〔こがねいろ〕なし


日に咽〔むせ〕び夢みるなか……


あゝ、そが中に、去りゆく


美しき五月よ。













fc2blog_20130523180829c9a.jpg















またもわが廃園の奥、


苔古〔ふ〕れる池水〔いけみず〕の上、


その上に散り落つる鬱紺〔うこん〕の花、


わびしげに鬱紺の花、沈黙の層をつくり


日にうかびたゞよふほとり――
















fc2blog_201305231809084ae.jpg














色青くきらめける蜻蛉〔せいれい〕ひとつ、


その瞳、ひたとたゞひたと瞻視〔みつ〕む。




ああ去りゆく五月よ、


われは見る汝のうしろかげを。















fc2blog_2013052318084379a.jpg















今ははや色青き蜻蛉の瞳。



鬱紺の花。


「時」はゆく、真昼の水辺〔すゐへん〕よりして――


















fc2blog_20130523180854949.jpg





















「キャロル」の抜糸が

無事終了…。





これで

あとは、通常どうりの生活。



夢路の10日おきの検診のみ。







いろんな意味で

ホッとした。









やっぱり

歳をとったんだなぁ…


疲れやすくなっている自分を

もてあましぎみ…




無理をしても成し遂げたい事と、

無理がきかなくなって、

体調を崩す自分がいる…。





気をつけて

折り合って行こう。
















父の見た光景

fc2blog_201305241824506d1.jpg











(昨日の夕方のことだった)


ふたりの少年が

野良犬を追っている

手には

玩具の筒型の空気銃を持っている



追われている野良犬は

前脚の先が欠けている


大きく 前脚を引き上げながら

身体を揺らして

逃げて行く…













fc2blog_2013052418252514d.jpg














犬の散歩の途中だった父

怒鳴りつけたのだそうだ…

子供達の名前を聞き

諭したのだけれど

ひとりの子は

自転車で犬を追いかけて

行ってしまったらしい…。

















少年達は

それぞれ犬を飼っている家の子だ。


どちらの家にいる犬も

もとは仔犬の時に捨てられて

拾われて、

それぞれの家で育っている













fc2blog_20130524182549ba2.jpg














なぜ、

君達が

野良犬を追うのだ!?


それも

障害のある犬を

追えるのだ!?





どちらの親も知っている

犬の保護を

見守って

場合によっては

手伝おうとしてくれる

人達だ…








ひとりの少年は

何年か前、

転校して来て

学校になかなか慣れれず

スクールバスに乗るのを嫌がって

毎日、泣いていた…





そんな子が

なぜ、

弱いものを虐めるのか…



自分より

弱いものを虐めて

なにが楽しいのか…






やるせない…














fc2blog_20130524182504a27.jpg













子供達は

子供達の領分の中で生きている





そこには

まだ、

善悪の境は

ぼんやりぼやけているのだろう…




「野良犬が増えて困る」

そんな誰かの言葉ひとつだったのかも知れない

もしくは

本当に純粋に

自分たちに歯向かわず

逃げる姿に興奮して

追いかけたのかも知れない…





ただ、

その光景を思うと

やるせない…


















fc2blog_2013052418253751d.jpg











子供の姿に怯えるようになった…

牛柄だから

『モーちゃん』と、呼んでいる。


『キャロル』の兄妹かも知れない、

『ハチ』の友達。






手の先が罠により

切られてしまっている。

傷口はもう腫れてはいないが

手をつくことは痛いらしい…







一生懸命生きている

一生懸命生きている







やっと

この距離まで

近づいてきた所なんだ







せめて

追わないでいてほしい…







やるせないなぁ…。













『せんだん』の樹

fc2blog_201305251520281b3.jpg










今、山々の

鮮やかな緑の中に

薄紫の花がくすぶるように咲いている。

『せんだん』の樹












fc2blog_20130525152054fc0.jpg










小さい小さい薄紫色の五弁の花が群れている



花は

風車のように

回転しながら散ってゆく

少しでも

遠くに行こうとしているのだろうか…












fc2blog_2013052515204080b.jpg










くすんでいるような

薄い薄い紫色は

ひとつひとつは

目立たない花なのだけれど

群れて咲くと

山の霞のように見える



小さいものは小さいなりに

身を寄せ合って

生きている…













fc2blog_20130525152854ccf.jpg













(やるせない)思いを噛み締めていた昨日…






今朝は



少し(くすぐったい)ような

嬉しい光景を見た。





『せんだん』の樹の花の落ちる山の小道

その木陰に

茶色いワンコを連れた おばあちゃんが、

朝の散歩にやって来て、少し休んでいる…


毎日繰り返されるひとつの光景













fc2blog_20130525152013a78.jpg












今朝、

いつもと違う事があった




昨日の「モーちゃん」、

「モーちゃん」の妹(「ハチ」の奥さん)、

そして、

一匹だけ取り逃がしてしまった

「ナナ」の兄弟、


この三匹が

木陰で休んでいるおばあちゃんの側に

駆け寄って行く、



シッポを振っている。


シッポを

嬉しそうに振っている。



(餌をもらえているようだ)




どの子も

嬉しそうにしている様に

今までの

このおばあちゃんと、ワンコ達の

繋がりが見えて、



(あぁ、辛いことばかりじゃないんだ)

そう 思えた…。





可哀想に思い、

食べ物を与えてくれていた人もいた。



その事が

嬉しかった。












fc2blog_20130525152137fef.jpg













悲しい事も

嬉しい事も

その日その日様々で

その度ごとに

感情が左右される私がいて…




(情けない事だわ…)(笑)















fc2blog_20130525152111d3f.jpg













「母ちゃん…。」




夢路の呆れ顔…





悲しい気持ちの時も


嬉しい気持ちの時も





いつも一緒にいてくれる





それが私の

「励まし」

なんだろうな…。















ゆうるり休日

fc2blog_20130526172227e59.jpg







今日は

ゆうるり休日。



曇天もよう、

時々 晴れ間。


湿った風が吹いていました…













fc2blog_20130526172214da0.jpg












この小麦畑が

もうじき刈り取られ、



水田に変わる


まもなく田植え



そして

梅雨がくる…。












fc2blog_20130526172431574.jpg








今日は

一日中、柔らかな日差し




湿った風とあいまって

なんとも

気持ちの良いお昼寝日和。










fc2blog_20130526172443df7.jpg









萩乃のお腹は

柔らかくて

気持ち良さそ。














fc2blog_20130526172457610.jpg













風の中の夢路

風の匂いに

思いを馳せる…。











fc2blog_20130526172508f8c.jpg











目を開けると

同じ目の高さに

夢路の眼。



いつも

隣にいてくれる…。












fc2blog_2013052617240475a.jpg











一段高い台の上

日差しを避けた

この場所が

今日の武蔵の昼寝場所。













fc2blog_20130526172416d74.jpg












少し甘えたそぶりで

ころりん…



今日の風は

武蔵の好みではないらしい…。



まんまる金眼

静かな時間を過ごしています。












fc2blog_201305261723534b6.jpg











隣の部屋の窓辺に虎鉄。

裏のお家の屋根にツバメ

眼を細めて見ています。











fc2blog_201305261723337ba.jpg













そのまま

眠気に負けてゆく…



身体はだんだん沈み込み

気持ちは前に

身体は後ろに…







おやすみ虎鉄…。













fc2blog_20130526172307df7.jpg












ワンコの散歩

いつも通る道も

少しづつ緑の丈を伸ばし、

初夏の風情に

変わりつつあるような…。















fc2blog_201305262001302b5.jpg








実は昨夜、来客有り。

このテーブルの持ち主

「福ちゃん」の奥さんと、

共通の友人が…

女4人、よく食べ、よく飲み、よく喋り、

夜中に帰って行きました…。





早寝、早起きの私達と、猫達。

さすがに

今朝は朝寝坊…

そして、昼寝に夕寝…





気持ちのいい惰眠を

貪った休日でした…。







ー Fさん、Sさん ー

田舎でごめんね。

また来てね。














梅雨入り

fc2blog_201305271751373c0.jpg












本日 梅雨入り

例年より

10日ほど早い…




「穀雨」「立夏」「小満」

節季とは

よく言ったものだなぁ…。













fc2blog_20130527175208463.jpg

( 暑い… )










夢路の部屋が

蒸し蒸ししている…。




窓は南に向いている



廊下側は閉めているので

窓を開けても

風が流れない…












fc2blog_20130527175157837.jpg


( 退屈だ…。)






夢路は

文句も言わず

繰り返される毎日を

転がって

過ごす…。











fc2blog_201305271752199e1.jpg


( つまんない…。 )






南向きの窓辺には

暑くなると

仕事場の猫達も現れない…

(暑いから…)










fc2blog_20130527175246b2a.jpg



( 病院は…やだ…。)









今日は通院日。


比重良し。

蛋白悪し。(いつも通り)

PH良し。(初めての良し。)





尿検査はマル。






便硬し。

水分不足…




このところの夏日に

水分摂取が足りて無いみたい…



(排便のために病院に来ているコ達も

同じ状態だそう…。)




シリンジで定量の水を

飲ませるようにした方がいいかも…。






梅雨に入るから

少し様子見です。












fc2blog_20130527175259dd7.jpg











裏庭の紫陽花

うっすら色がつきはじめ…





紫陽花って

雨が似合う花だなぁ…






どんよりした空の下

ワンコの散歩


いつものコースの道沿いに

買い物を降ろしている車があった。




ルパンが

怯えて進めない。





「クロちゃんを怖がらせてしまったのね。

ごめんなさいね。」




《高枝切り鋏》



長い棒とか、釣り竿とか、

そんな形態のものが怖い。

きっと

川の側で捨てられて、

兄弟たちもひとりづついなくなり

ひとりぼっちになって

怖い思いもしたのだろう…



何年たっても

変わらない…











fc2blog_20130527175311937.jpg











大きななりをしていても

『おとっちゃま』は、変わらない…







怖がる理由を話したら

家人は急いで

《高枝切り鋏》を片付けてくれました。

あんまりに大急ぎで

片付けてくれたので

なんだかとても嬉しくなって




「ありがとうございます。」





大きな声でお礼を言って

散歩を続けられました。







なんだか気持ちが伝わって来て

なんだかとっても暖かく

散歩コースに

その人の家がある事が

嬉しくなってしまった。








うふふふ…


私は単純だ…。

























真珠抄(娘へ)

fc2blog_20130528173414265.jpg













眞珠抄




北原白秋








ほのかなるもの



ゆめはうつつにあらざりき、うつつはゆめより



なほいとし、まぼろしよりも甲斐なきはなし。





幽かなるこそすべなけれ美しきものみなもろし、



尊きものはさらにも云はず。















fc2blog_20130528173448fb5.jpg













ひとのいのちはいとせめて、日の光こそすべなけれ



麗かなるこそなほ果敢な。星、月、そよかぜ、



うす雲のゆくにまかする空なれども。






ー 一部抜粋 ー













fc2blog_20130528173435c4b.jpg










ニワナナカマドが咲きました

珍糸梅(チンシバイ)とも言うらしい…。

梅雨空のした

緑に映えて美しい。












fc2blog_20130528173400de8.jpg











命は何処からくるのかな

命は望んでくるのでしょう





身体より先に

気持ちが急いでしまったのかな





綺麗な綺麗な

魂だから




きっと

すぐに逢える。





貝に抱かれた

真珠のように



出逢えるその時まで

ゆったり

眠っておいでね…。











fc2blog_20130528173500235.jpg









夕暮れから

雨が降りだした…




今日の雨は

冷たいね…。






泣いて泣いていいんだよ。









かけてあげられる

言葉が見つからないんだよ。






辛かったね


せつないね。










気持ちのいい夕暮れ

fc2blog_20130529184654bf4.jpg







晴れたり曇ったり

雨が降ったり止んだり

じりじり日差しが強かったり

もあもあ湿度が高かったり



落ちつかない天候の一日













fc2blog_20130529184853a54.jpg









ワンコの散歩が終わったら

何より先に窓を開ける

裏庭からはいる風は

夢路の一番のお気に入り













fc2blog_20130529184920cc2.jpg










虎鉄も一緒に風の中





湿気はあるけど

涼やかな風が流れてくる











fc2blog_201305291849325ac.jpg










家に帰ってからの夢路は

やっぱり嬉しそう

生き生きと動く

(仕事場の夢路は寝てばかり…

ひとりだから仕方ないっか…。)












fc2blog_201305291847114ef.jpg










萩乃はいつも通り

起きているのか

寝てるのか

いつもの場所で

横たわる











fc2blog_20130529184721aaa.jpg












武蔵も

マッサージチェア(ほとんど椅子としてしか使われないが)を

お一人さま用ベッドのようにして

眠ってる










fc2blog_20130529184757c54.jpg












やっと

模様替えで

夏らしく

ゴザをひいた










fc2blog_2013052918474654f.jpg










張り切り夢路に

ツメトギされた…


パリョパリョ…





楽しそうだね 夢路







今は一番いい季節

暖房も冷房もいらない

風が気持ちのいい季節







ゆっくりゆっくり

日が暮れる


昼間に部屋にこもった空気が

今は〔夜気〕に冷やされる

この暮れてしまう少し前の

この時間が

好きだなぁ…。









fc2blog_20130529192329511.jpg











ねぇ 夢路

今日の日課(浣腸)も終わり


はしゃいでいた夢路も

〔夜気〕の中で

うつらうつら…










さて、

そろそろ

カーテンを閉めようか…




















十勝の匂い

fc2blog_20130530182938760.jpg









どんより 曇天…

少し肌寒い



薄雲が

下界にまで降りてきているような

しらじらとした景色…












fc2blog_20130530182847787.jpg








玄関にて

朝の

白い光の中の夢路



曇り空でも

朝の光は

玄関の硝子を通して

明るく夢路を包んだ










fc2blog_20130530182901a39.jpg










最近

少し甘えん坊の武蔵

朝は

洗面台の中で

自己アピール



歯磨き中の私を

じっと見つめるので

ついつい空いている手で

鼻筋を撫でてしまいます…。



(少しの時間でも嬉しそうな武蔵)













fc2blog_20130530183005d5b.jpg











朝のおやつ

(かつお節)さえ貰えれば

後はもう

なんのアピールもしない萩乃



少し薄暗い場所が

落ちつくのかな?













fc2blog_2013052918481598d.jpg










独活(うど)が届いた。

十勝から

相方の息子が採ったもの

毎年、時期がくると

採った山菜や、

釣った魚(鮭など)が、

届きます。











fc2blog_20130530182917840.jpg












虎鉄にとっては

はじめての独活(うど)





十勝の匂いがするのかい?






懐かしいね

あの広い空…





今からの季節

勢いよく十勝の季節が変化する

身体が緑に染まりそうに

感じたことを思い出す











fc2blog_2013053019172480b.jpg










虎鉄の後ろの青い絵




そうだった

十勝に住んでいる時に

空に感動して

描いた絵だった

青い空にも感動したのだった…


(懐かしいね)









届けられた食材は

相方が

責任持って料理します。






今回の独活(うど)は、

私の大好きな

〔酢味噌和え〕

灰汁抜きして、酢味噌につけて

食べるのは明日です。

残った葉は、

〔天婦羅〕です。









美味しくいただきます。

ありがとう。































捨てられない『愚作』

fc2blog_20130531175445ddb.jpg








風が吹いている

雲が流れている

太陽が隠れている

光は雲の上にある






暑かったけれど

気持ちのいい風が吹く日だった














fc2blog_201305311754315b9.jpg










窓辺の一番乗りは、萩乃

風の中で

目を閉じる










fc2blog_20130531180038703.jpg






萩乃を上から見た形












fc2blog_2013053117540685d.jpg












昔の『愚作』















fc2blog_20130531180028a65.jpg












窓辺の二番乗り、夢路

風の中で

目を閉じる












fc2blog_201305311753359e5.jpg








夢路を上から見た形













fc2blog_20130531175352a1f.jpg










昔の『愚作』




















fc2blog_20130531175314514.jpg











似てないかなぁ?















fc2blog_20130531175247e2e.jpg











似てないかなぁ?












もう、何年経つのかなぁ?








相方とふたり

週一回の〔陶芸教室〕に通ったことがありまして…

何年経っても初心者のような私達を

叱ることなく

好きなように

好きなものを

作らせてくれる教室でした。




夢路と出逢ってからは

教室には行かず、

自宅で“ こやこや” “こねこね”作り、

乾いたら持って行って

焼いてもらっていました。





二人とも

楽しんで楽しんで

作っていたので

少し変わった

ヘンテコなものばかり

出来ていたように思います。





そんな中、

ちっちゃい陶器の

『萩乃』と、

『夢路』が出来まして、

(その頃は武蔵も虎鉄もまだいなかった)




焼きあがってみたならば

まぁ、粗い粗い…。



飾るに飾れず、




なんとなく似ているようで


捨てるに捨てれず、


今に至る…。










fc2blog_20130531175118f1e.jpg








いつもは

サンルームの

月下美人の下で

こっそり

仲良く

並べています…。









お互いが、

「いいんじゃない?」

「いいんじゃない?」と、

褒めあっていたものだから

面白がった作品ばっかり作り続け、






教室では

『永遠の初心者』と、名乗っていました…(笑)





ふふふ…

楽しかったなぁ…。





ロクロと土は

捨てられず、置いているから

いつかまた、

作りたいな。






いつかね。








プロフィール

風人

Author:風人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

風人

Author:風人
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR