夢路の瞳

fc2blog_2013011313414591a.jpg





2006年8月の終わり、
里芋畑の葉の下で、
空を見上げた彼の瞳を視た。


可愛いまあるい
空を映した
碧い瞳


仰向けに倒れながら
ゆっくり
閉じた。





白いはずの
彼の身体は、
ずいぶん汚れていた


近くを通った畑仕事の人が


「その子は、
何か 病気のようで、
明日の命もないようだから、
そのまま そこに
おいときなさい」


そういった。



すでに
体温を失いつつあった
小さな身体を
タオルで巻いて
手で温めながら
とりあえず動物病院へ向かった。



fc2blog_20130113134100f97.jpg







そのコの身体は、

腰のところで折れ、

脚は ピクリとも

動きませんでした。






続きを読む

スポンサーサイト

夢路より






fc2blog_20130113130749e69.jpg




いつか
歩けるかも
願いをこめて

あゆむ君

亜吐夢くん


レントゲン写真みて
あきらめた。






毎日、毎日、
此岸と彼岸を
行き来する。





かよわい
はかない
その姿



fc2blog_20130113130935f95.jpg







夢路より帰りこよ


夢路より
夢路より







祈りの名前

夢路






fc2blog_20130113130836234.jpg

去年の今日





fc2blog_20130113134926eec.jpg
夢路 膀胱破裂!

仕事から帰ると
水入れの前で
首からうな垂れて
沈鬱状態になっている夢路がいた。

オムツを替える

いつもなら
12時間もたてば、
ぐっしょりなはず!

まったく濡れてない!
そういえば最近おかしかった!
そう
おかしかったのに!






病院に行った。
尿管カテーテルを入れて
注射器で抜く。



圧迫排尿では
もう出なくなっていました。



尿管カテーテルを
まさか自宅ですることになるとは思いませんでした。








そんな日々の中

その時は

きたのです。



土曜日

夜 10時…

尿管カテーテルを抜こうとした その時




突然嘔吐?
全身痙攣?
口中蒼白?
眼振?
意識混濁?


意識不明…












もう ナニガナンダカワカラナイ?
かかりつけの病院は、明日の日曜日も休み!
電話帳かたっぱしから掛けた。




こんな時に限って
どこもつかまらない。
呼び出し音が鳴るばかり?
留守番電話が喋るだけ?






気がつけば

12時を過ぎていた。



夢路は、まだ生きている!
意識を失いつつも
まだ、生きている!


朝までは持たない。


だんだん冷えてゆく
夢路のからだを
なすすべなく
ただ、
ひとりで逝かせぬ為に
抱きしめ
泣いていた…

手術

fc2blog_201301131352070cf.jpg




夢路は耐えた


土曜日の夜を越し、
日曜日朝一飛び込んだ病院。
午後一にも押しかけた。


最低だった。
手術もしてもらえなかった。










fc2blog_20130113135629853.jpg
私は、主治医ではないので
ザクロの様になっているであろう
膀胱を手術する事は、出来ません。]

[ こんな身体の
この仔が5年も生きてこれたのは
飼い主さんのおかげでしょう。]




????!!!!???




もう

もう



心は折れて
点滴だけを大量に身体に受けた夢路を
ぐったりと動かない夢路を
抱きしめて
家路に
ついた。

プロフィール

風人

Author:風人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

風人

Author:風人
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR