急転直下の朝(次の課題)

fc2blog_2014062518452863f.jpg










昨日の朝、
ハチの散歩を終えた私のところに
仕事場の動物達のお世話係のAちゃんが
泣きながら駆け込んで来た。

「姉さん、〈さくら〉が痙攣しています!!!!」
「もう、駄目かもしれない…。」

大急ぎで仕事場の犬小屋へ、

横倒しになって手脚を突っ張るように暴れ、
失禁、脱糞、水入れを頭からかぶったのか全身ビショ濡れ…
眼振、白眼を繰り返し
もう、このまま心臓が止まるのかと思うような状態
五分くらいで痙攣は止まったけれど
〈さくら〉は呆然としたまま…
(何が起きたのか分からないような顔をしている)

急いでお湯を用意して、糞尿にまみれてしまった身体を拭きながら
心臓の動きや、舌の色、眼球の色、歯茎の色、耳の中…
いったい原因がどこなのか、
今すぐ私に出来ることは何なのか、
考えながらのAM7:00…
(病院が開くのはAM9:00)

病院に行くまでに5回痙攣がおきた。
耳の中を拭いたあととか、
プルプルッと頭を振ったあとに倒れることに気づいた。
そして、2~3分間くらいの痙攣…
(耳の奥の三半規管? もしくは、癲癇?)











fc2blog_20140625184640862.jpg











痙攣をおこしている間に
犬小屋の角にぶつけてしまったらしい目の下の傷…

(昨日の朝の痙攣がおさまった後の呆然としている〈さくら〉











どうしても午前中のうちに病院に連れていってやりたかった。
でも、ひとりで運転しながら〈さくら〉が痙攣した時を考えると
誰か一緒に行けないだろうかと…。
(でも、仕事場の同僚や、相方は無理だし…)
で、甥っ子に頼んだ。

8:45には病院についたけど、
私達よりもっと早くに待っている人達がいた…


待合室で〈さくら〉の頭を手のひらで支えて
順番を待った。




〈さくら〉は診察前も診察中も痙攣はおこらず、
身振り手振りで説明することに…。
「いろんな原因は考えられるから検査をして
ひとつひとつ消去していく方法になるよ」と、先生。
まずは、血液検査。
血液検査の待ち時間に頭を振った途端、痙攣が起こった。
待合室に突然横倒しになりバタバタと足掻き出した…
(変な話、そのときの私は痙攣の状態をみてもらえる安堵感があった)
3分間くらいで痙攣はおさまり、眼振の確認も出来ました。











fc2blog_201406251850374b3.jpg











その日結果の出る血液検査は〈内臓系〉。
腎臓、肝臓、血糖値、カリウム…etc…

「問題無し!」
内臓関係の数値からは痙攣を起こす原因は見つかりませんでした。

「あとは、脳神経系か、脳腫瘍」
それは検査が外注になるので翌日以降に分かるとのこと、

「どちらにしても、薬はたくさんあるよ。」
「痙攣を起こす犬猫はとても多いんや。(高齢化もあるけどな)」

〈さくら〉は身体はいたって健康で、食欲旺盛、白内障もまだまだ初期、
と、いうことは
血液検査の結果で脳神経系(癲癇)か、脳腫瘍かが分かったあと、
〈さくら〉に合った飲み薬をこれから試していくことになります。

とりあえず昨日は【痙攣止め】の座薬を先生が入れてくれました。











fc2blog_20140625185104add.jpg











「少し眠くなる薬だからね。
体重に合わせているけれど少し少なめにしているから、
これで痙攣が起こらなければ良いんだけれど
次に痙攣が起こったら、倍の量を入れるようにして」

と、座薬を2回分もらって来ました。











fc2blog_20140625191308363.jpg











今朝、早めに仕事場の〈さくら〉のところに行ったら
私の父がもう居ました。
(犬小屋の見える座敷で昨夜は横になり、
1時間おきに〈さくら〉の様子を見ていたようです。)

「夜には痙攣はおこらんかったよ。」
ほっとしたように私に笑いかけました。

(お父さん、ほとんど眠らんかったんやね…)

座薬の説明はしていたけれど、きっと気が張っていたんだろうな…。












fc2blog_201406251851438a0.jpg










痙攣がおこらないと【痙攣止め】は出来ないから
なんとか朝までもってほしかった。

その願いは聞き入れられたのか
朝の掃除をしている時に父も私もいる時に痙攣がおこりました。
1~2分でおさまって〈さくら〉もたちあがれたところで
父が〈さくら〉の頭を押さえ、私が座薬を昨日の2倍入れました。
この薬の効き目は8~12時間。
(お父さん、もう1日お願いします…。)

越していける事しか来ないはずだから
私達に課せられた次の課題なのでしょうね、











fc2blog_201406251852098a9.jpg











仕事場で卸売配達をしている父、
配達先で〈さくら〉と同じ症状のワンちゃん情報を仕入れてきました。
ー年齢も同じ15才、柴犬。
この五月に今回の〈さくら〉と同じ症状の痙攣を起こし、
それでも足腰が弱らないように毎日散歩にいっている。ー

父には同じ症状のワンちゃんが近くにいたことが安堵になったようです。
(そこのお家もワンちゃんを大事にしているところだから)



〈さくら〉に合ったお薬が、はやく見つかりますように…。

明日には最初の薬が処方されている予定、

脳腫瘍か、癲癇か、
いろいろ勉強させてもらえる毎日です…。

この話は明日に続きます













fc2blog_20140625193202ab5.jpg










〈さくら〉はサマンサの子供、ダリの姉妹です。


(ダリより先に、サマンサより先に逝くなよ…さくら)












fc2blog_20140625185315852.jpg











ダリのお腹はギュルギュル鳴ってる…

今日は一生懸命草を探して食べた。











fc2blog_20140625185847173.jpg











ダリ、

さくらのことを覚えているかい?







皮下輸液250cc

食欲無し、

強制給餌少々…











fc2blog_20140625185913f82.jpg











ダリが行きたがったから河原まで足をのばした

合歓の木に優しい色の花が咲いていた





ねぇ、ダリ、

〈さくら〉を診察してもらっている時に
〈さくら〉の背中を引っ張ってみたら
皮下脂肪もしっかりついていて点滴しやすそうだったよ…
体重も13.5kgあったよ。

私は少し羨ましかったよ。











☀︎
スポンサーサイト

覚悟があれば怖くない(前を向いて進もう)

fc2blog_2014062618523701a.jpg











早朝の仕事場の犬小屋に父は今日も居た

「夜には痙攣はおきんかったんやけど、今、少しおかしい…」

AM5:30ワンコの朝御飯

〈さくら〉の前脚がゆっくり横滑りして広がっていく…
頭がゆっくり左に傾いていく…

(発作の前兆かなぁ)











fc2blog_20140626185309e97.jpg












痙攣がおきない限りは次の座薬は入れられない
倒れることを覚悟で散歩にいった。
父がリードを持ち、私が座薬を持って一緒に歩いた。

排便してすぐに〈さくら〉は倒れた
痙攣がおきた…

〈さくら〉の頭を手のひらですくい上げるように持ち上げて
顔をまっすぐにしてやると痙攣は徐々に止まっていった
父は少し慌てていたが

「慌てないで、ゆっくり押さえてやれば大丈夫だからね。」

私の言葉に頷いた。

(これなら出来ると思ったようだ)


痙攣がおさまらなければ、その場で座薬を入れるつもりだったけど、
思いのほか早くおさまって立ち上がることが出来たので
歩いて帰って、犬小屋に戻ってから座薬を入れました。












fc2blog_20140626185346b54.jpg











〈さくら〉の
生活のリズムと
薬の効力の切れる時間と
発作のタイミングと

これらが私達の生活のリズムに合えば
どちらにも(心の)負担が少なくてすむように思えます。











fc2blog_20140626185515dc4.jpg











仕事が終わって動物病院へ、

外注していた血液検査、結果が出ていました。

〈フェノバルビタール5.0未満〉(基準値15.0~40.0)

【脳腫瘍】なら基準値以上

基準値より少ないので



さくらは【癲癇(てんかん)】でした。


【脳腫瘍】でなかった事にほっとしました…
脳腫瘍だったならば、腫瘍が大きくなるにつれ、
失明、半身麻痺、咬みつき犬になったり、吠えつくようになったり、
どんな症状がこの先出るのか分からなかった。

さくらがさくらでなくなって行く様を
見ることになったかも知れない…。



【癲癇】で良かった。

さくらに合う薬を今夜から試薬はじめていきます。

まずは、一週間、
この最初に処方された薬が
さくらに効く事を願っています。


覚悟があれば、怖くない。

(きっとね、きっと)














fc2blog_201406261854159c8.jpg












発作(痙攣)をうまく抑えながら

食欲を失わない程度の薬の効き目

折り合いをつけながら

気張らず、気負わず、

過ごしていこうね。












fc2blog_2014062618572670b.jpg











雨の止み間のワンコの散歩

(今にも降ってきそうな空模様)











fc2blog_20140626185546a0c.jpg











ダリは今日も小走りさ…











fc2blog_20140626185651d2a.jpg











濡れたアスファルトが気持ち良いのかな…











fc2blog_20140626185624174.jpg











雨に濡れたアガパンサスに蝶が雨宿り…











fc2blog_20140626185844671.jpg











緑の匂いが好きなんだ…











fc2blog_20140626185909351.jpg











久しぶりの久しぶりの久しぶりの

自力の食事(おやつ)

強制給餌じゃないことが嬉しい。




皮下輸液200cc



ダリ、

明日も少しは食べようね…。











さくら

fc2blog_201406301840589a3.jpg











さくらのことを書いておこう…。

さくらは一度里子に出したことがある。
もう、15年前のことだ…

〈野良犬〉と呼ばれた親犬、成犬、仔犬4頭の群れ。
捕獲箱があちこちに仕掛けられ、なんとか助けたくて捕獲した。
怯えて全く人に懐かないダリ以外の仔犬達は里親募集まで辿りつけた
雄の仔犬2頭は、知り合いの所にもらってもらえた。
さくらは新聞の里親募集に連絡をくれた人の所に行くことになった。

「中学生になる孫娘がベージュの仔犬を欲しがっているから」
70過ぎくらいのおばあちゃんが電話をしてきた。

全く知らない人の所に里子に出すのは初めてのことで
私も母も不安でした…
少しでも仔犬のうちにと、向こうが望んだこともあり
生後3ヶ月で保護した仔犬を
生後4ヶ月で渡すことになり

・6月~11月までのフィラリア予防薬は
毎月私達が飲ませに行くこと、

・時期がきたら〈避妊手術〉に私達が連れて行くこと、

これを条件に自宅に届けてきました。










fc2blog_20140630184200c61.jpg











鬱蒼とした山道の突き当たりの一軒家
その先には道はなく、敷地の片側は切り崩した崖、
門から母屋までは山の曲がり面にそうように隠れて見えない。

さくらの行った家はそんな場所にあった。

さくらは40日間、その家に居ました。
母屋の灯りも見えない門の横。崖に面した外。
犬小屋こそあれ、敷物もない。
欲してくれた女の子も中学で部活動をはじめてからは
散歩も行かなくなっていたようで糞がそこかしこに残っていた…
フィラリア予防薬を飲ませ、フロントライン(ノミ取り)をさす時
さくらの足元からノミの群れが顔の中まであがってきた!
ベージュの毛並みに黒いノミの群れが大挙して押し寄せる…
その時のショックが私も母も目に焼き付いている。

2回目も同じような状態で、
さくらが可哀想で可哀想で、泣きながらの道中
(返してほしい)
と、言おうか。
母とそんな話をしていたある日、その家のおばあちゃんから電話が入った。

「あの子、吠えなくて番犬にならないから
他の吠える子と替えてほしい。」

「さくらは返してください!
他に仔犬は居ませんから替わりはありません!」

その日、仕事が終わってすぐに母と迎えにいきました。











fc2blog_201406301841345b1.jpg











決して大事はされていなかっただろうに、
さくらはシッポを振って私達を迎えてくれた…。
もう、挨拶もそこそこに車に乗せ連れて帰った。
ノミだらけのさくらを後部座席に乗せ、
用意していたノミ取りブラシで櫛削りながら
家までの30分を謝りながら帰ってきた…

「辛い思いをさせてごめん」

「寂しい思いをさせてごめん」

「痒いね。痒いね。ごめんね。」

「もう、どこにもやらないからね。」











fc2blog_20140630184233c54.jpg











あれから15年

何年経とうと忘れない光景

私達を恨んだりすることなく
笑って許してくれたさくらに
私達の心は救われた…











fc2blog_201406301842579ba.jpg











15年前…
サマンサファミリー以外にも保護した子達が居た。
手前のリリーも一度は里子に出たけれど戻された、
奥のサリーは首輪をしていた迷い子だったので
保護して探してくれることを願ったけれど
誰も探しあててはくれませんでした…

仕事場の犬3匹は
みんな揃って15才。

リリーは2度前脚に出来た腫瘍を切除している。
歯肉炎を起こして歯も抜いた。

サリーは老化によるイボが身体中に増えている。

そして、
さくらが癲癇をおこした…
(痴呆の症状もではじめたように思う)


みんな長生きしている証だね。











fc2blog_20140630184330962.jpg











日々、表情がなくなっていく

さくらがせつない…。












fc2blog_20140630184357163.jpg











田んぼの水面に空が映る











fc2blog_20140630184450662.jpg











今日もダリは散歩に行った。












fc2blog_20140630184552fdc.jpg











まだまだ、こんなに高くジャンプが出来る…











fc2blog_20140630184618ec0.jpg











ダリの意思は、はっきりしている。


(もう、何も言えません…。)



穏やかに今日も終わっていきます…











☀︎

不幸中の幸い(?)

fc2blog_20140719193928409.jpg











雨の予報を裏切って

入道雲が湧き上がる…

世間的には3連休

私達には繁忙期

晴天で始まりました…。











fc2blog_2014071919423740f.jpg











さくら…

やっと…やっと…
抗てんかん薬に身体が慣れてきたのか
大きなふらつきの中での毎日から抜けられました。

痙攣を起こさせないために欠かせない抗てんかん薬、
それゆえ、常にぼんやり、ふらふらしている状態…
散歩に出てもよく倒れる、
頭を振ってもすぐ倒れる、
後脚をしっかり立てていられない…
ほぼ、20日間くらい、こんな状態が続いてた。

ここに来て、突然しゃっきり歩けるようになりました。
〈薬の効用に身体を合わせてきたらしい)











fc2blog_201407191943312a2.jpg











しっかり踏みしめて歩けるようになってきました。

朝の散歩を待っていてくれるようになりました。

起きている時間が長くなりました。

食欲が出てきました。











fc2blog_20140719194356a4f.jpg











そして、何より

何も映さなくなったような瞳に

光がさしはじめました。

(感情が現れるようになったことは何より嬉しいことです)







今、さくらに朝晩飲ませている抗てんかん薬は
一番緩やかな成分で、
効かなくなるに連れて強い成分に変えていくそうです。
毎日の薬はこの先ずっと続きます。
調子が良いからと飲ませずにいたならば、
次に発作が起きた時、今まで以上の強い痙攣になり、
気付いてやれなければ、脳に酸素がいかず、
さらに状態は重くなるそうです。


毎日、薬を飲ませ続けることは出来るから
さくら、薬に身体を合わせていこうね。


昼間の暑さを吸収したアスファルトが熱い。
あまり早い時間にも散歩に行けなくなった今日この頃…
私が仕事場にいるうちには行けなくなった。
父の負担が増えたなぁ…と、気になったけれど
さくらの調子が良くなったので
以前通り3頭一緒に散歩に出られるようになりました。

リリーと、サリがさくらの “ よろけ ”を
両側から支えながら歩くようです。


(仲間って良いね♡)












fc2blog_20140719194839ebb.jpg












そして、今朝、仕事場の猫クロエが喧嘩傷を負った。
背中の引っ掻き傷は消毒液で治りそうだけれど
お腹の脂肪に残る噛み傷は化膿しそうな傷でした。











fc2blog_201407191941477d0.jpg











さすがに午前中に病院に行くことは
繁忙期のため無理だったので
仕事帰りに動物病院に走りました。











fc2blog_201407191941053eb.jpg











おばぁちゃんなのに気が強いから
深追いし過ぎてしまったのかな…?











fc2blog_20140719194024140.jpg











不幸中の幸いは
クロエは去年から2週間おきに
コンベニアの注射をしてきていた。
化膿止めも含まれているので
傷が化膿せずに済んでいたらしい…
口内炎のあるコだから投薬は難しい、

お腹の傷はホッチキスみたいなものでとめて
化膿止め兼用でコンベニア注射。
抜糸は2週間後…


(傷をこじらさないように大人しくしていてね)














fc2blog_2014071919472992f.jpg











やれやれ疲れた…

日暮れ前にワンコの散歩











fc2blog_20140719194439a75.jpg











元気に飛び出す











fc2blog_20140719194806a5a.jpg











川沿いの道を行く…











fc2blog_20140719194508d9a.jpg











インゲン豆の煮物が

ダリの食欲を増進させてくれた♡

おかげで今日は(も)帰りたがらない…。











fc2blog_20140719194618b43.jpg











ここ2年くらい

足を伸ばさなかった川向こうの散歩道、

今日はそこまで引っ張っていきました。



(なんて、頼もしいコなんでしょうね)











皮下輸液200cc

インゲン豆の煮物をペロッ!!!♡

(やった〜♪)






明日もきっと大丈夫!




今日は疲れた…

明日は休みだ。嬉しいな♪











☀︎

サクラの受難

fc2blog_20141222185527908.jpg











「サクラがな…脚、怪我したけん、4.5日散歩は行かんでな…。」






朝、父が言った。








癲癇をもってしまったサクラと、
力の強いハチの散歩は平日は私がしている。

昨日の日曜日、
仕事場の老犬、サクラ、リリー、サリーの3匹一緒の散歩中
駐車場のコンクリートブロックの一つが
誰かがふざけたのか立てて置かれ、小石が積まれていた。
横向きに直すつもりで近寄った時、1匹のリード紐が引っかかって
ブロックがサクラの足元に倒れた!
癲癇の発作を抑えるための薬をずっと飲んでいるサクラ、
老化による痴呆の症状もあるので、いつも、ぼんやりしている…
ブロックを上手く避けられず前脚を痛めたらしい。

日曜日は動物病院は休みなので
父達は消毒して、包帯を巻いて手当てしていた。
手がパンパンに腫れ上がって、かなり痛みもあるようだ…


仕事が終わって、急いで病院へ!


私達の通院(萩乃と夢路)と合流…











fc2blog_2014122218561781a.jpg










良かれと思って巻いていた
包帯が仇になったようで、
鬱血して、壊死し始めていました…!!!











fc2blog_201412221856536af.jpg











レントゲン撮影。

【小指骨折】

骨折箇所は1カ所ですんでいて良かった。











fc2blog_201412221857316bf.jpg











体重10.2kg

体温38.2

血色は良し。





抗生剤、化膿止め、止血剤、

3日後、もう一度通院です。











fc2blog_201412221858168b0.jpg











力無く、治療中もあまり動じず…

表面に喜怒哀楽が現れなくなったけど

それでも

しっかり抱きしめて

頬を撫ぜたら

すぅっ…と、身体を預けてくるから

きっと、安心しているんだね。







小指1カ所の単純骨折だから外科手術はしないで、
鬱血がとれたら自然に治るだろう…との見たて。

どう言ってもサクラももうじき16才。
【麻酔】で逝ってしまう可能性も大きいから
自然治癒ですめばそれに越したことはない。

痛み止めの薬が効いてきたのか診察台の上なのに
気持ち良さげに眠りはじめました。

もともと大らかな性格のサクラ

腕カバーを巻いた状態でもあまり気にせず、
神経質に舐めたりしないことが一番助かります。







「この傷で、調子を崩して逝ってしまうかもしれん…」

朝、辛そうにそう言っていた父も

先生の見たてを聞いて、ホッと嬉しそうでした。





診察台の上にはサクラ、

診察台のまわりには

父、母、私、相方、先生、助手の女の子二人…




サクラ、

気配で分かっているよね。



みんなの心配している気持ちや、

頑張れって、応援している気持ちや、

大丈夫だよって、安心した気持ちを…





囲まれて、うつらうつら…眠りはじめたのは

サクラも心地良かったからなんだよね…。




早く腫れがひきますように…(祈)








今年は…

最後の最後まで

通院が続きそう(笑)





みんな、頑張れ。











今日の萩乃の血糖値68!!!!

低過ぎ!


食欲はあるし、体重も4.3kg(100g増)

調子は良さそうなんだけど?????


また明後日、調べようね。












☁︎
プロフィール

風人

Author:風人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

風人

Author:風人
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR