武蔵の審判(杞憂に終わる)

fc2blog_2017052519484766c.jpg














ここ数日、気に病んでいた事があった。

















fc2blog_20170525194921a3c.jpg















5月18日(木)、武蔵の10日おきの血液検査日。
クレアチニンが2.6まで下がり、
やっぱり1日2回の皮下輸液が良かったかな…
そう思って嬉しかった日の翌日、
5月19日(金)の夜の皮下輸液の時、
武蔵の乳首の下の〈しこり〉に相方が気づいた。
右側の1番下の乳首の下に1cmくらいの〈しこり〉。
グニグニと柔らかいけど確かな硬さもあって

「なんか……嫌だね…。」

さすがに突然出来た〈しこり〉に不安で
病院に連れて行こうと思ったのだけれど
何せ、ビビリの武蔵だから
まぁ、捕まらない、捕まらない。
土曜日、日曜日、月曜日、火曜日………
病院に連れて行けないままに〈しこり〉は増えて…
やっと捕まえて通院出来た日には
8つの乳首全ての下に〈しこり〉が出来たように見えた。

















fc2blog_20170525195043f7b.jpg















雄なのに【乳癌】なんてあるんだろうか?
雌でも、最初の発情期前に避妊手術が施されていれば
【乳癌】の発生率は低くなるって聞いていたけど…
あぁ、でも稀に【乳癌】になる子もいるらしいし………
痛みがあるわけでもなく、
食欲の減退も
腎不全の療養食だから
もともとポツポツとしか食べないし…
武蔵自体は毛並みも悪くはないんだけれど
病院に連れて行かれる事をあんまりに逃げ隠れするので
〈何か〉原因があるんじゃないかと又、心配し……

相方と二人、朝、夜の皮下輸液のたびに
〈しこり〉確認しては鬱々し……


「一刻も早く、先生に診てもらわなくちゃ!」

焦りの中の日々だった。



















fc2blog_20170525195130cdb.jpg














夢路と伸之助の通院は毎日行っていたから
武蔵の状態を説明はしていたのだけれど、
先生にしても雄猫の乳腺ガンは稀だろうと首をかしげ、
診るまでは何とも言いかねるけど
猫で〈しこり〉はまずほとんどが悪性である事が多く、
【乳腺ガン】、【リンパ腫】だったら進行も早い。
増えているのなら【病理検査】に出してみるとか…
話を聞きながら
きっと私達、暗い顔になっていたんだろうな…。


『案ずるより産むがやすし』


昨日、5月24日(水)やっと武蔵を病院へ、
ドキドキしながら診察台に。


「確かに、乳首が腫れとるけど……………。

!!このお腹の浮腫は皮下輸液が残っとるんやろう!

点滴したんはいつが最後や?」



『今朝、4:00です。』


診察を受けているのは16:00。


「これは、残りすぎやな!」

「(身体が)吸いきれんかった分が重力で下にさがっとるんや!」

「で、先端の乳首まで浮腫んで、

気にして舐めたんかなぁ…

乳首が炎症を起こしとる。」



「うん。これは【癌】じゃないで!」




目の前が一気に明るくなった♪(笑)




















fc2blog_201705251951598b4.jpg














朝夜、150㏄づつの皮下輸液。
1日300㏄の量が多すぎたみたいで
まず夜の皮下輸液は一回止めて見て、
明日からはお腹や乳首の浮腫を見てから
100㏄づつの200㏄に変えることになった。

今朝、武蔵お腹や乳首は腫れがひいていて、
わずかに下腹に水分が残っているように感じたので
50㏄だけ点滴して来た。



良かった♪良かった♪良かった♪良かった♪




新薬《ラプロス》の副作用なんだろうか? とか、
ホルモンバランスが崩れたりしたんだろうか?とか、
いらない心配をいっぱいしてた(笑)

杞憂に終わって本当にホッとした。





もう!

さっさと捕まってくれていれば

杞憂しなくてすんだのに!(笑)

















fc2blog_201705251953089e2.jpg
















10日おきの血液検査は、
そんなに困らず連れて行けていたけれど、
最近、多分武蔵の調子が良いんだ…
小部屋に隔離せずに自由にさせているから
いろいろ逃げ場所を見つけているみたいだ(苦笑)



元気になった証だろうけど、

病院には行くんだよ!





















fc2blog_2017052519542727c.jpg
















やれやれ…



ひと安心。
















fc2blog_20170525195448872.jpg













今日の通院で
武蔵の浮腫がひいた事、
尿量も普通量に戻っている事を先生に伝えると、

「??腎臓機能が回復するかなぁ……?」

「でもな、皮下輸液は前回分が残っていない事を確認してから
その日の輸液量を決めて良いからな。」

そう言ってもらえたから少しラクになった。


私達、自分達のことにはあんまりだけど……
犬猫のことについては真面目すぎるほど真面目だから(笑)
言われた通り毎日続けちゃうんだよね…(苦笑)


様子を見い見い

その日の調子に合わせようね。








武蔵の調子が良さそうなのは嬉しい♪


次の血液検査日は5月28日。



良い数値が出たら良いな。
















スポンサーサイト

余韻(彼女と伸之助)

fc2blog_20170524191715aed.jpg














帰りの時間の寸前まで

伸之助を離さない小さい彼女。






確かに今回の里帰りは一泊二日の短いものだったけど

それでも小さい彼女はほとんどの時間を

伸之助を抱えて離さなかったんじゃないかな?




















fc2blog_20170524191751878.jpg















「お口、あ〜〜ん」

















fc2blog_20170524191823ca5.jpg















「はいっ!眠ります〜〜」

















fc2blog_2017052419185376d.jpg














「はいっ!起きま〜〜す(笑)」




















fc2blog_201705241919305e8.jpg
















クスクス……キャッキャッ………



ずうっと伸之助を抱えたままの彼女。




体重5.2Kgはあるからね



重いと思うよ〜


















fc2blog_201705241920061a3.jpg
















楽しそうな笑い声♪




幸せそうな小さい彼女♪


















fc2blog_20170524192042386.jpg



















帰りの時間が来て


車で帰って行く4人を見送って、



まだまだ


笑い声の余韻の残るなか、






















fc2blog_20170524192124497.jpg















家の中で転がっていたのは


涙目が酷い伸之助。



















fc2blog_20170524192201fc7.jpg
















fc2blog_20170524192244b47.jpg
















お疲れちゃん!伸之助。



















fc2blog_20170524192322212.jpg













愛されすぎるって大変ね(笑)












幸せな時間をありがとう♪






またね♪


















余韻(休日のお手伝い)

fc2blog_2017052319351390c.jpg















日曜日のお手伝いの光景







小さな彼が手で掴んでいるのはソラマメ。







お向かいのOさんが夜、持ってきてくれた♪



「娘さん達来ているんやな、みんなで食べてな。」




Oさんの畑で採れたソラマメ



ありがたいねぇ…♪













fc2blog_201705231935560e4.jpg















そして、

相方は孫達と一緒に

そのソラマメの皮剥きをしてくれた。




















fc2blog_20170523193631091.jpg














小さい彼女は上手にお手伝い


小さい彼は見よう見まねで踊ってる(笑)















fc2blog_201705231937082fa.jpg













相方の横に夢路、


小さい彼の後ろには伸之助

















fc2blog_201705231937569ff.jpg


















玄関入ってすぐが台所……


玄関上がってすぐのスペースが作業場……



(笑)狭い、狭い。




















fc2blog_20170523193838592.jpg


















小さい彼は飽きちゃった…(笑)




リビングに向かってハイハイ………


伸之助を乗り越えて行く(笑)








後ろで転がっていた伸之助、


ギュウ〜〜って踏まれたんじゃないの〜〜



















fc2blog_20170523193924369.jpg













小さい彼女は猫のトイレ掃除も

率先してやっていた。






「ほら、丸い〜〜♪」




「ほら、大きい〜〜♪」






「綺麗にしてへんと猫ちゃん困るんやな…」

















わが家を〈猫部屋〉と呼ぶ小さい彼女は


わが家に来る事を楽しみにしているらしい♪

















☀︎





余韻(休日の光景)

fc2blog_20170522192845613.jpg















センダンの花から青空を見上げる

















fc2blog_20170522192908a06.jpg














サワサワサワ……葉ずれの音


サラサラサラ……花散らし

















fc2blog_201705221929319db.jpg

















日曜日のワンコの散歩






小さい彼女はルパンと一緒















fc2blog_20170522192957ed4.jpg















ルパン、お願いね
















fc2blog_201705221930261e7.jpg

















小さい彼女の家では動物を飼ってはいないから

わが家に来た時だけのワンコの散歩

楽しみにしているらしく




「ルパンを持つ!」



最初から言い続け(笑)
















fc2blog_2017052219305869f.jpg














「行こう!ルパン♪」





嬉しそうにリードを持ってる♪
















fc2blog_20170522193125ab3.jpg
















散歩道の道端の松葉菊が咲いていた


力いっぱい開いているようで


一生懸命な花に思える


















fc2blog_20170522193154519.jpg














松葉菊の咲く小道でみんなを待つ







走ってくるよ




嬉し気に♪















fc2blog_20170522193220caf.jpg
















fc2blog_201705221932592ed.jpg
















fc2blog_20170522193330187.jpg
















「来たよ〜♪」







嬉しそうな様が嬉しいね♪

















fc2blog_20170522193407239.jpg

















キャロルを連れた相方が最後に歩いて来る



















fc2blog_2017052219344351c.jpg
















ワンコの散歩が終わったらすぐに帰途につく予定だから

相方の娘は荷物を片付けるために家に残って、

婿殿が長男の手を引いて

ワンコ散歩に同行してた。















fc2blog_20170522193522a6b.jpg














散歩の小道の途中にある

小さな小さなお堂(地蔵堂)に

小さな彼は手を合わせてた
















fc2blog_2017052219360249e.jpg













彼らの住む京の都には

家の近くに地蔵堂があるそうで

道を通る時に挨拶する事には

小さい時からの習慣になるのかな…








愛らしいことだね♪


















fc2blog_20170522193628f50.jpg
















黄金色の麦畑















fc2blog_20170522193654d73.jpg
















気持ちの良い風が吹く




短かったけれど


楽しい時間を過ごせました♪



















fc2blog_2017052219455898b.jpg
















今日(月曜日)、


小さい彼女との約束、


仕事場の仏壇の横


ルミちゃんのお骨に


紙の花を供えました。




















fc2blog_20170522194632c97.jpg














ルミちゃん、



お前の生き様、死に様に


小さい彼女は何を感じたのだろうね…



















☀︎

【五七日(いつなのか)】朝摘みの花、紙の花

fc2blog_20170521185428dfc.jpg
















今日はサマンサの五七日(いつなのか)

日曜日ごとの七日の法要




先週の日曜日

ルミちゃんを弔った……

七日前の事だったんだ…


















fc2blog_201705211856223f7.jpg
















野の花が夜露を残す早朝

小さい彼女と花を摘みに野原に出た









小さい彼女は相方の娘の子供

昨日と今日の一泊二日で来てくれた。




婿殿と相方の娘、子供達(長女と長男)

一家揃っての帰省は久しぶり

久しぶりだからこそ

子供達の成長ぶりに目をみはる。


















fc2blog_20170521185701362.jpg















朝6時、

まだまだ眠いだろうに

サマンサのための花摘みに

二つ返事で出かけ




庭の花だけでは寂しいから

野原まで花をもらいに行ってくるねと言うと


そうだねってついて来る。

















fc2blog_20170521185741422.jpg















この野原に咲くオオキンケイギクは

誰が植えた花でもないが

特定外来種のこの花の生命力は強くって

あちこちで拡がって

この時期、野原を黄色く彩っている















fc2blog_20170521185812ed2.jpg














何本かいただこうね。




少し長めに切ってね、


家から持ってきた水を入れた壊れたヤカン

家に帰るまで花を入れてね、




私の言葉に


うん、そうだね。


そう答えて花を摘み始める
















fc2blog_20170521185859225.jpg














一本………二本…………。














fc2blog_20170521185933798.jpg















去年まではダンゴムシで遊んでいた子供だった彼女も、

今年の彼女は蜘蛛が嫌いな子供になってた、




「蜘蛛や虫は嫌いや!」




そう言いながらも

黄色い花を追いかけて



「この花、ええな♪」


「この花も元気やな♪」



そう言いながら花を摘む













fc2blog_20170521190009db5.jpg














「サマンサとルミちゃんのお花やな」










相方の娘はブログを読んでくれていたようで

サマンサは保護した時から知っているし、

ルミちゃんの事は見たことはなかったけれど

娘自身も現在、長男に授乳中で

野良犬の話であるとはいえ

乳飲み子を育てる母親の気持ちとして……

張った乳首を思うと涙を流したのだという…

















fc2blog_20170521190054614.jpg














“ 生老病死 ”


幼い長女にも話して聞かせてくれたのだろう



小さい彼女なりに

サマンサとルミちゃんへの追悼を

理解しているようだった














fc2blog_20170521190145689.jpg














花を摘んで


花を飾る






わが家に来た時は必ず庭の花摘みをしていたが

今回の花摘みはまた違った意味合いがあったろうか…















fc2blog_20170521190215c12.jpg














野原の花を全部摘み取るのではなく

少しだけいただこうね…





花を摘み取るという行為は

其処にも花の命をいただく意味があるのだから

ひとつひとつ大切に

花をいただこうね



















fc2blog_20170521190301501.jpg














可愛らしい小さい彼女との

ふたりの朝の花摘みは

穏やかで楽しい時間だった

















fc2blog_20170521190346507.jpg
















庭に咲いた金魚草、

ノコギリソウ、ラベンダー…

















fc2blog_20170521190423f86.jpg
















水切りをしてサマンサへの供花



















fc2blog_201705211905252e2.jpg

















そしてね…





夕べ、小さい彼女からもらった

サマンサとルミちゃんへの折り紙の花




「折り紙で百合の花を折ったんや、

紙の花やから枯れんしな。」

















fc2blog_2017052119060204b.jpg















黄色い紙と桃色の紙の百合の花はルミちゃんへ、

紫色の紙と桃色の紙の百合の花はサマンサへ、

それぞれビニールで巻いて

小さい彼女の字で書いてある。










なんだか嬉しくて

鼻の奥がツーンとした。









ルミちゃんのお骨は

仕事場の仏壇横にあることを告げ、

明日、持っていってお供えするからねって約束して

小さい彼女は、“ うん ” って大きく頷いた。














fc2blog_20170521190630424.jpg













今日は


サマンサの五七日(いつなのか)



昨日は


ルミちゃんの初七日









悲しみも苦しみも


日毎夜毎に遠ざかるのか……





七日ごとの法要は


残された者達のためのものなのかも知れないね…







朝摘みの花、紙の花、


小さい彼女、ありがとう。





思い出してあげることが供養。




うん、そうね。




そう思う。













☀︎
プロフィール

風人

Author:風人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

風人

Author:風人
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR