甘いふたり

fc2blog_201710191939417ee.jpg















甘い名前のふたり……




甘露とジャム。


















fc2blog_20171019194009f23.jpg


















fc2blog_201710191940416ed.jpg
















甘露は転がって誘う



















fc2blog_20171019194112b50.jpg
















眠くなった仔犬は不適(苦笑)




















fc2blog_20171019194140217.jpg

















もう、動く気は無い!!

















fc2blog_20171019194211508.jpg












甘露も眠気に弱いタイプ






もう……


起きていられない……














甘い名前のふたりは


なんだか大らかな性格しているみたいだね















スポンサーサイト

里親候補さん (いちばんめのひと)

fc2blog_20171018190154244.jpg














ちょうど ひと月くらい前の事…


「もし、仔犬が来たら言ってあげたい人がおるんや」



去年の春、
仕事場で保護した仔犬を貰ってくれた
わが家の1軒隣のお家、
〈スポット(旧、乱歩)〉のママが相方に言ってきた。

去年の冬に大事にしていたワンちゃんを亡くした
スポットママの同級生がいて、
そろそろ次のワンちゃんを飼いたいような話を聞いた。
野良ちゃんの仔犬でもちろん良い、
亡くしたコも保健所から引き取った
野良ちゃんの子犬だったから。


「そう言ってる人がいるから」


私達がワンコやニャンコを
拾いやすい事を知っているスポットママは
また拾ってしまった時の行き場として
その話を聞かせてくれたんだろう…

その時点では
〈イチゴ〉ちゃんが産んだ仔犬を探す手立てが無く、
〈イチゴ〉ちゃんが仕事場に連れてくるとは考えられないし、
私達が見つけられる可能性も少ないと思ってた。
そして、
もし、見つけられたとしても
母犬が私達を警戒している現状から
仔犬達も保護できるまで近づくことは
無いんじゃないかと思ってた……



まさか、

まだヨチヨチ歩きの

警戒心すら育っていないような

離乳してすぐの仔犬を

保護することになるとは

全く想定外の事だった。




おかげで

人に懐くのも

環境に慣れるのも

とても早くて

ぬくもり恋しさに

胸や脇に顔をうずめる仕草が愛らしくて……




(この子は幸せになれる!)

(この子を愛してくれる里親さんはきっと見つかる!)



そう思えて、

一番幸せになれる所に繋がるように

祈って、祈って。









スポットママの推薦してくれる人だから
優しくて、真面目で、
ワンコを大切にしてくれる人に違いない。

土曜日の夜明け前に保護して、
土曜日の夕方に病院で検診して、
土曜日の夜にはスポットママに見せて、
その時の写真を
その日のうちにスポットママは同級生にメールして、
翌日の日曜日の夕方には
同級生のAさんは娘さんを連れて見に来た。



保護した翌日だとはとても思えないほど
怯えること無く、落ち着いて
ピトッと胸に顔をつけて抱かれる様に
Aさん親娘も驚くほどで……

「見てしもたら、いかんわ〜〜」

「でも、私は仕事もあるし……
世話をするのはお母さんやから
お母さんが決めて。」


20代半ばの娘さんは
仔犬を抱きしめたままそう言った。


お母さんも娘さんも
ひと目で仔犬を気に入った事は分かってた。
お母さんの気がかりは
来週、旅行の日程が入っていること…




「あの……もし、今日貰って帰りたい場合、
フードの用意をしてないんですけど……。」


『大丈夫。
今、この仔が食べているフードを渡しますから。』



「…………じゃあ、この仔、もらいます。」








トントン拍子に話が進んで、

Aさんは着せていた服や首輪をはずなさきゃ!
と、服を脱がそうとした。

「いやいや、そのまま服も首輪も渡しますから!」

ピンクの服、赤い首輪……
可愛いこの仔にしてあげられる
私達からの贈り物になるんだろうか…


そんなことを考えながら
一緒に買ってあった首輪とお揃いのリードを
娘さんに手渡した時、

不意に………

娘さんの瞳から涙が溢れた………!


「リードを持つと………まだ…辛い…」

「まだ…一年経ってないのに……ええんかな…」


昨年亡くしたワンちゃんの事が思われて

次の仔犬を可愛がることへの

罪悪感のような…

代わりなんていないのに…

最期の時を思い出したのかも知れない…




「そんなに辛いなら、やめとこうか?」

『そうや、涙が出るのならやめとこう。』




「この仔、私達が貰わなかったら
ここで飼って下さるんですか?」

『いえ、この仔は状態の良い仔だから
里親さんは探します。
残っている兄妹達も助けたいから!』

「会いたくなったら来ていいですか?」

『しばらくは仕事場とわが家の行き来ですから、
どうぞ会いに来て下さい。』




お母さんは仔犬をかなり気に入ったようで
心残りのようだった…

だから、

少し待ってみることにして

〈スポット〉ママの同級生で
ママから来た話だったから
諦めたらママの方に連絡があるだろうから
それまで保留ね。

まだ来て2日、

私達ももう少し育ててみたかったから

話を推し進める気にはなれず、

気持ちよくその日の面会を終えました。





最初の里親候補さんが

犬を大切に最後まで飼ってくれる人であることが

話の端々から感じられて

なんだか嬉しい時間でした。






亡くしたコとの素敵な思い出が

きっとたくさんあるんだね、



亡くしたコの存在感が

胸にポッカリ空いたようで

そこに

次の仔犬を迎えていいかどうか

葛藤する時期もあるんだよね。

















fc2blog_201710181902294c1.jpg















寒くなってきたので

玄関からリビングに移動したサークル。
















fc2blog_20171018190252122.jpg


















寂しん坊だね…



人や猫の気配を感じる方に

身体を寄せてきているみたい。



















fc2blog_201710181903202c3.jpg


















4日目の夜、


緊張感の無い姿を見ると


ほっとする♪






















fc2blog_20171018190351b3b.jpg













幸せかい?




幸せでいてほしいな……















仮名〈ジャム〉

fc2blog_20171017193354f86.jpg














仮の名〈ジャム〉



相方さんが決めた呼び名♪




お母さんが〈イチゴ〉だから、


〈イチゴジャム〉ね♪














fc2blog_20171017193420923.jpg















とりあえず仮の名、呼び名をつけたけれど

実は、〈ジャム〉には、もう2組の里親候補さんがいる。







保護した翌日に見に来てくれたAさん親娘と、


保護して3日目の昨日、

かかりつけの動物病院のスタッフさんのひとり。









最初に見に来てくれたAさん親娘の返事次第で

動物病院のスタッフさんのお家に行く……







わが家での生活、


そして毎日の仕事場への出勤も


10日後には貰われていっているかも……

















fc2blog_20171017193447f20.jpg












幸せになれるに決まってる♪



その日まで


栄養いっぱいつけさせて、


楽しく過ごさせて、




愛らしさに拍車をかけなくちゃ。





10日ばかりの名になるけれど




〈ジャム〉




よろしくね。














寝姿

fc2blog_2017101519540946c.jpg















生まれて 今まで ずうっと……


兄妹達と暖め合って眠っていたんだろう






ぎゅう ぎゅう の暖かさの中で


眠っていたんだろう










突然ひとりぼっちになって


寂しくないように


同じくらいの大きさのぬいぐるみ


多めに並べてみた寝床

















fc2blog_20171015195345854.jpg















兄妹達のぬくもりを思い出しているかなぁ……


















fc2blog_201710151954363f7.jpg
















サークルの中、


小さい小さいお姫様♡


















fc2blog_201710151954596aa.jpg

















ぬくぬくの夢を見ているかなぁ…



















fc2blog_2017101621010974c.jpg













夜はリビングに移動して


私が雑魚寝で寄り添って眠る









寂しくなって突然鳴いても


横に居ることに気づくと


すぐに鳴き止む。

















fc2blog_20171016215750ab0.jpg













ふふっ♪




今の寝姿♡





3日目の夜です。




(お姫様、慣れてきたね♪)






















昨日の出来事

fc2blog_20171015195021f30.jpg














昨日の事


10月14日(土)AM4:30

月も星も出ていない真っ暗な夜明け前

今にも雨が降り出しそうな朝

私達の出勤時間







たまたま大きな荷物があったので仕事場の入り口まで車で行き、
相方、夢路、荷物を先に下ろし、
私ひとりで駐車場まで移動する為に
普段は通らない田圃の中の細道にハンドルを切った途端、
暗闇を照らすヘッドライトの中、
細道にひとかたまりの動く “ 何か ” が見えた。
ブレーキを踏んで目を凝らす、
動く “ 何か ” は、小さな4つの塊の集まりで
私の車に驚いで散り散り分散し始めた。

白っぽい塊が3つ、茶色っぽい塊が1つ見えた。



(仔犬だ!)


(イチゴちゃんの子供だ!)


(生き延びていたんだ!)










1週間前くらいから
イチゴちゃんの乳首の腫れが見えなくなって
もう乳を与えていない事は分かっていた。
けれど、仔犬の姿を見る事もなく、
イチゴちゃんも子育てしているように見えなくて
何だかしょんぼりしているように思えて
これは、仔犬達は全滅してしまったのではないか…
ちょうど1週間前の日曜日に
山でものすごい犬の喧騒があった事を
近所の人から聞いていて
イノシシに襲われたか、
カラスやトンビに襲われたか、
野犬の群れに襲われたか、
いろんな事を想像して私達も辛かった…

仔犬達が全滅してしまったのなら
あの時、イノシシの罠にかかったイチゴちゃんを
乳飲児達の為に野に返した事が悔やまれて
それでも
子供達の元に返してあげる事はできたのだからと
自分達に言い聞かせたりしていた。








生きていてくれた!



育てていてくれた!



離乳まで出来たんだ!







一瞬でそう思えて嬉しくなって、
散り散りに逃げていく仔犬達の姿を追おうとしていたら
車の真ん前!
ライトに照らされた中に
私の方を見て動かない白い仔犬が残っていた!

何かを食べていたんだろう
口をクチャクチャと動かしながら
ライトが眩しいと思うのに
こちらを向いてぼ〜っと立ち竦んでいる。

動きが鈍くて、
後ろ脚の運びがたどたどしい…
(多分)4匹の仔犬の中で
一番身体が小さくて
一番歩くのが遅い!


こんなコがこの道路上にいたら
間違いなく車に轢かれる!


停めた車から2メートル、
車から降りて、
ぼ〜っとしているそのコを捕まえるまでわずか1分。
(だって、こちらを見て動かないんだもの…)

右手で持ち上げて、
助手席に乗せて、
仕事場の庭の前で一旦車を停めて
庭の掃除にかかっているお世話係のAちゃんに
仔犬を渡して見ていてもらって、
相方に声をかけて、
今度は2人でさっきの場所に戻った。
(他の3匹も捕まえられそうだったから……)
でも、
白い仔犬一匹の姿の確認は出来たけれど
すぐそばの崩れた空き家の小さな隙間に姿は隠れて見えなくなって
近くでイチゴちゃんの警戒する吠え声が響き始め、
仔犬達はみんな姿を消してしまった……















fc2blog_20171015195146f23.jpg














今日はお前の為に色々揃えたよ、
















fc2blog_2017101519531174e.jpg















ミルク、離乳食、おやつ、パピーフード…

ベッド、服、首輪にリード…
















fc2blog_20171015195533290.jpg















寂しがり屋で甘えん坊で

おっとりのんびりスローリー


















fc2blog_201710151955559ae.jpg















可愛いでしょう♪






「おしっこ〜〜!」


「うんち〜〜!」



排便、排尿の時は鳴く(笑)








あと、


昨日の夜は


ひとりぼっちは嫌だと鳴いた……



抱き上げると胸に顔を埋めて眠る









愛らしい仔犬














この大きさで保護出来たら誰にだって懐いていける。

愛される性格の子犬になって

愛されるお家がきっと見つかる!






他のコ達も保護したい!



(母犬が住処を変えなければいいんだけど)



また探す!


























fc2blog_20171015195725b1b.jpg














今日は朝から冷たい雨


庭の百合も雨に濡れていた

















fc2blog_2017101519562453c.jpg















今日は萩乃の【満中陰】


四十九日の法要の日





本来なら


今日が納骨日




















fc2blog_201710151957458c8.jpg













冷たい雨の中

濡れた土を掘って

冷たい褥に骨を納めるのは辛いから

今日の納骨は止めた。







晴れた日に土に還します









(萩ちゃん、もう少しだけ待ってて)














プロフィール

風人

Author:風人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

風人

Author:風人
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR